コラム
» 2016年03月21日 07時00分 UPDATE

マネーの達人:「当たるかも!」と思いがち 宝くじ購入に見る家計のリスク思考 (1/2)

宝くじの1等が当たる確率をご存じでしょうか? 夢を追うのは結構ですが、くじに費やしすぎるのは考えものです。今回は、第663回サマージャンボ宝くじを例に、くじ購入が家計に与えるリスクについて考えてみます。

[マネーの達人]
マネーの達人

 「宝くじの1等に当選したことはありますか?」という質問に、ハイと手を挙げる……なんて人はなかなかいないでしょう。それもそのはず、宝くじの1等が当たる確率はかなり低く、狭き門です。

 第663回サマージャンボ宝くじの当選本数と確率は次のとおり。

1等賞金4億円×26人

当選確率は、1000万分の1


 数字だけを見ると「26人も当たる!」「私も当たるかも!」と期待が膨らみますが、この1000万分の1という確率が具体的にどのくらい低いのかを計算してみましょう。

宝くじが当たる確率

年に換算する

 1000万日を年に換算すると、2万7000年前。地球が氷河で覆われており、日本では打製石器が使われていた時代です。その頃から今日までの間のたった1日。これが「1000万分の1の当選確率」です。

人生に換算する

 人の寿命を80年と仮定すると、1000万日は342回生まれ変わってその中のたった1日となります。

クラスに換算する

 学校の1クラスを40人と仮定すると、25万クラス集めた中のたった1人の生徒ということになります。

 ちなみに、第663回サマージャンボ宝くじの発売総額は780億円で、賞金総額は371億7740万円。当選金や経費を除いた残りの約40%は、公共事業に使用されているそうです。

ks_lotto01.jpg
       1|2 次のページへ

copyright (c) "money no tatsujin" All rights reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -