インタビュー
» 2016年04月06日 08時00分 UPDATE

水曜インタビュー劇場(流れ星公演):あなたの“願い”はかなう? 世界初の「人工流れ星」に驚き (1/7)

2018年、人の手で流れ星が流れるかもしれない――。こんな話を聞くと「本当に?」と思われるかもしれないが、宇宙ベンチャーの「ALE(エール)」が開発しているという。「人工流れ星」とは、一体どんなモノなのか。岡島CEOに話を聞いた。

[土肥義則,ITmedia]

 「出世したい。出世……。ちぇ、また言えなかったよ」――。

 流れ星が消えるまでに願い事を3回となえると、その願いはかなう。おまじないのような、伝説のような話を聞いたことがあると思うが、流れ星はすぐに消えてしまうので、実際に言えたことがある人はほとんどいないはず。

 しかしである。数年後、流れ星が流れている間に、願い事を3回言えるようになるかもしれないのだ。「またテキトーなことを言って。まさかスピードが遅くなるっていうの? バカバカしい」と思われたかもしれないが、その“まさか”である。宇宙ベンチャーの「ALE(エール)」が、人の手で流れ星を流そうとしているのだ。

 自然の流れ星は、宇宙空間に漂う数ミリ程度のチリが大気圏に突入し、明るい光を放ちながら燃えることで発生する。同社の岡島礼奈CEOは2001年に「しし座流星群」を見て、「ひょっとしたら自分の手で流れ星をつくれるのではないか」と考え、そこから研究に着手。地上で実証実験を行ったところ、自然に発生する流れ星よりも、ゆっくりとした速度で、かつ長い時間をかけて横切っていくことが分かってきた。

 自然の流れ星を見て「出世したい。出世……ちぇ、また言えなかったよ」と悔しい思いをしたかもしれないが。人工の流れ星を見て「出世したい。出世したい。出世したい」ときちんと言えるかもしれないのだ(もちろん、だからといってなれるわけではない)。

 今後も実験を繰り返し、サービス開始は2018年を予定している。まるで夢のような計画を実現させようとしているわけだが、本当に流れ星をつくることはできるのか。流れ星を流すことでどのようなビジネスを考えているのか。岡島さんに話を聞いた。聞き手は、ITmedia ビジネスオンラインの土肥義則。

yd_star2.jpg 2018年、「人工流れ星」を見ることができるかもしれない(出典:ALE)
       1|2|3|4|5|6|7 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集