連載
» 2016年05月31日 08時00分 UPDATE

スピン経済の歩き方:「石原さとみの眉が細くなったら日本は危ない」は本当か (1/5)

女優・石原さとみさんの眉がどんどん細くなっている。彼女のファンからは「そんなのどーでもいいことでしょ」といった声が飛んできそうだが、筆者の窪田さんは「日本経済にとって深刻な事態」という。なぜなら……。

[窪田順生,ITmedia]

スピン経済の歩き方:

 日本ではあまり馴染みがないが、海外では政治家や企業が自分に有利な情報操作を行うことを「スピンコントロール」と呼ぶ。企業戦略には実はこの「スピン」という視点が欠かすことができない。

 「情報操作」というと日本ではネガティブなイメージが強いが、ビジネスにおいて自社の商品やサービスの優位性を顧客や社会に伝えるのは当然だ。裏を返せばヒットしている商品や成功している企業は「スピン」がうまく機能をしている、と言えるのかもしれない。

 そこで、本連載では私たちが普段何気なく接している経済情報、企業のプロモーション、PRにいったいどのような狙いがあり、緻密な戦略があるのかという「スピン」を紐解いていきたい。


 最近、テレビCMや電車の車内広告などで、石原さとみさんを見かけるたび、心配でしょうがないことがある。

 眉がどんどん細くなっているのだ。

 石原さんといえば、黒髪にキリッとした太い眉が印象的だった。が、この数年で徐々に細くなっていき、今では往時の半分ほどの太さになっている。

 「うっせーな、眉が太かろうが、細かろうがお前には関係ねーだろ」とファンのみなさんからお叱りの言葉が飛んできそうだが、決して石原さんをディスっているわけではない。

 2015年の「世界で最も美しい女性100人」に日本人トップの19位に選ばれた石原さんの美貌の前では、眉の太い、細いなどちっぽけな話だ、と個人的にも思う。ただ、「日本経済」という視点で考えると決してちっぽけな話ではなく、むしろ深刻な事態と言わざるを得ないのだ。

 ご存じのように、石原さんが世の女性に与える影響はハンパではない。昨年、雑誌『美的』(小学館)の「なりたい顔ランキング」では堂々の1位、サイバーエージェントの同じ調査の10代版でも1位、オリコンのランキングでも2位に輝いている。

 「ファッションリーダー」の眉が細くなれば、世の女性たちの眉も細くなるというのは、かつて安室奈美恵さんを「神」と仰いだアムラーと呼ばれる女性たちの眉が平安貴族のようになってしまったという歴史も証明している。

 実際、半年ほど前からそのようなトレンドの兆しを指摘する声も出ている。女性向けのニュースメディア『モデルプレス』では昨年末から、「石原さとみ、北川景子、沢尻エリカも!“細眉”ブームが到来?」(2015年12月10日)、「トレンド復活?今どきふんわり“細眉”はただ細いだけじゃダメ!」(2016年1月11日)と、石原さんら細眉メイクの女優に着目し、ブームの兆しを予測しているのだ。

石原さとみさんの眉がどんどん細くなっている!? (出典:明治)
       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集