調査リポート
» 2016年06月21日 19時10分 UPDATE

20代男性の53.3%が「交際経験なし」 恋愛・結婚意識に「年収」は影響大

20〜40代の恋愛と結婚に関する調査結果が発表された。男女ともに結婚願望や交際経験の有無が低下する結果に……。明治安田生活福祉研究所調べ。

[ITmedia]

 明治安田生活福祉研究所は6月20日、20〜40代の恋愛と結婚に関する調査結果を発表した。同研究所は2005年から結婚や出産に関する意識調査を継続的に実施しており、今回で9回目。結婚願望や交際経験の有無は男女ともに低下しており、特に男性は年収が低いほど結婚や恋愛に対して消極的な傾向があるのだという。

 20〜40代の未婚男女の結婚願望(「できるだけ早く結婚したい」「いずれ結婚したい」)は、男女ともに減少傾向。もともと年齢が上がるほど結婚願望が低くなる傾向があるが、もっとも結婚願望が高くなる20代でも、男性38.7%/女性59.0%。14年に実施された第8回調査の男性57.5%/女性76.9%から20ポイント近く下がる結果となった。

未婚の男女の結婚願望。左から順に、「できるだけ早く結婚したい」「いずれ結婚したい」「結婚したいと思う(思っていた)が、結婚しないと思う」「結婚したいとは思わない」「わからない」

 結婚願望が低くなる要因はさまざまだが、「結婚に希望が持てない」「収入が少ない」「精神的・経済的に自由でいたい」「結婚したいと思える相手がいない」――などが理由として挙げられている。また、「結婚をお金の価値に換算するとマイナスになる」と答えた男性が20代では19.5%、30代では32.5%と、“コストパフォーマンスが悪い”と考えていることも影響しているようだ。

「恋人がいない」「交際経験なし」増加傾向

 恋愛についての調査結果もまとまっている。現在恋人がいる人をみると、20代男性は22.3%で5人に1人。20代女性は33.7%で3人に1人だった。男女ともに低下傾向があるが、男性は08年度の第4回調査結果と比較すると半減している。

「現在恋人がいる人」調査結果

 また、異性との交際経験は、20代男性の53.3%、30代の38.0%が「交際経験なし」という結果に。一方女性の交際未経験者は20代が34.0%、30代が25.7%で、女性の方が交際経験がある人が多いことが分かった。

20〜30代の男女の交際経験調査。左から順に「交際経験なし」「1人」「2人」「3人」「4人」「5人」「6人以上」

 恋愛や結婚に対する意識は、年収が高いほど前向きになり、低いと消極的になる傾向が見られた。特に男性は年収の影響が大きく、例えば「交際経験あり」は同じ20代でも年収200万円未満では28.0%、400万円以上では75.0%と大きな開きが出ている。

恋愛や結婚に対する意識は年収によって変化する

 調査時期は3月11日から3月16日にかけて。全国の20〜49歳の男女3595人を対象に、Webアンケート調査を行った。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集