ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「調査」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

中堅企業の在宅勤務に関する調査レポート:
PR:在宅勤務の業務効率を上げるには? 最新の調査レポートから考える
新型コロナウイルス感染症の拡大防止を目的として、2020年7月に政府から在宅勤務を含むテレワークで働く社員の割合を7割まで高めるよう要請が出された。従業員100〜1000人規模の中堅企業の在宅勤務の導入は進んでいるのか、2020年12月にその実施状況について実態調査した結果、在宅勤務の導入が十分に進んでいない、または課題を抱えながら実施している現状が浮き彫りになった。(2021/1/22)

新たなストレス「感じた」6割:
テレワークのストレス解消、「雑談」の有無で大きな差 「全く会話ない」も3割強
リクルートキャリアが発表した調査結果によると、テレワーク経験者の6割が働き方が変わったことによるストレスを感じており、その解消には「雑談」が重要であることが分かった。(2021/1/23)

調査で判明:
「Web面接だけでは熱意をアピールできない」 緊急事態宣言で20代転職希望者が危機感 
2回目の緊急事態宣言が発出された。20代の転職希望者はどんな不安や危機感を抱いているのか。調査で判明。(2021/1/23)

オーストリアのバイク博物館で火災 歴史的価値のある希少車を含むバイク約230台を焼失、出火原因や損害額は調査中
わずかに収蔵していた貴重なクラシックカーも。(2021/1/22)

花粉シーズンの換気は“壁際”にご用心 ダイキン調査
ダイキン工業が花粉シーズンの窓開け換気をシミュレーション。換気後は壁際に花粉が集まりやすいことが分かった。再び飛散させないために床掃除などの対策が有効。(2021/1/22)

利用サービス上位は「楽天Edy」「iD」「モバイルSuica」――MMD研究所のスマホ決済(非接触)調査
MMD研究所が「2021年1月スマートフォン決済(非接触)利用動向調査」の結果を発表した。利用サービスの上位は「楽天Edy」「iD」「モバイルSuica」となり、利用検討サービスの上位は「楽天Edy」「モバイルSuica」「Visaのタッチ決済」となった。(2021/1/22)

行動変容の難しさ:
夜の街“優良店”でもクラスター、なぜ
新型コロナウイルスで感染の懸念が高いとされる「夜の街」。国立感染症研究所が行った東京・歌舞伎町のホストクラブなどへの実態調査で、積極的に感染防止対策をしていた店舗でもクラスターが発生していたことが判明した。(2021/1/22)

矢野経済研究所が国内市場を調査:
一般用途照明市場、2020年見込みは前年比11%減
矢野経済研究所は、国内の照明市場を調査した。2020年の一般用途照明市場(メーカー出荷金額ベース)は、コロナ禍による経済環境の悪化などにより、前年比11.0%減の8758億円を見込む。(2021/1/22)

コロナ禍のマネジメント:
マネジャーの8割「部下のモチベーション向上」に悩み コロナ禍で前年比1.4倍に
マネジャーの80.3%が部下の「モチベーションを高めること」に悩んでいる──そんな結果が、アルヴァスデザイン(東京都港区)が行った調査で判明した。(2021/1/21)

全15カテゴリーの上位3技術を調査:
2020年に躍進したWeb技術は? 「Web Technologies of the Year 2020」をQ-Successが発表
Q-SuccessはさまざまなWeb技術カテゴリーについて、2021年1月1日までの1年間に使用サイト数が最も増えた上位3つの技術を調査した結果を発表した。コンテンツ管理システムやサーバサイドプログラミング言語、JavaScriptライブラリなど15種類の技術を調べた。(2021/1/21)

「情報へのアクセス速度が生産性に影響している」:
情報過多がストレスとなり生産性低下を招く、OpenTextがリモートワークに関する実態調査
OpenTextは、「情報過多時代におけるリモートワークに関する実態調査」の結果を発表した。日本のオフィスワーカーにとって、情報過多とリモートワークでの情報共有が課題となっており、生産性とストレスレベルに影響を与えていた。(2021/1/21)

キャリアニュース:
40代で未経験の仕事に転職した理由、1位は「やりたい仕事への挑戦」
「Biz Hits」が「40代の転職に関する意識調査」の結果を発表した。「未経験の仕事に転職した理由」の1位は「やりたい仕事、新しい仕事への挑戦」だった。転職後の収入は「下がった」が約半数で、8割近くが「転職してよかった」と回答した。(2021/1/21)

不動産市場の「今」を知る――アットホームラボ調査レポート(1):
【新連載】アットホームラボ調査レポ「コロナ禍でどう変わった?2020年の不動産市況を振り返る」
本連載では、不動産に関する各種データや不動産仲介の現場から集めたリアルな声をもとに、アットホームラボの磐前淳子氏が最新の市場動向について解説していきます。(2021/1/21)

コロナ禍でのクラウド導入、日本は世界28カ国で最下位 「IT投資をコストと考えがち」
トレンドマイクロが、「コロナ禍でクラウドの活用が進んだ」と答えた日本法人の割合は、28の国と地域の中で最下位とする調査結果を発表した。(2021/1/20)

QRコード決済、「利用している」は約3割 現金派に及ばず MMD調査
MMD研究所が、QRコード決済の認知度や利用状況について調査。その結果、「現在利用している」と答えた層は33.3%だった。よく使う支払い方法は「現金」(90.8%)や「クレジットカード」(73.3%)が「スマホ決済」(41.2%)を上回った。(2021/1/20)

スマホ決済の認知率は90%超え、利用トップはPayPay MMDの調査より
MMD研究所は、1月20日に「2021年1月スマートフォン決済(QRコード)利用動向調査」の結果を発表。QRコード決済サービスの上位は「PayPay」「d払い」「楽天ペイ」で、利用開始時期は「2020年1月〜6月」からが最多となった。(2021/1/20)

組み込み開発ニュース:
国内M2M市場、2019年度は前年度比4.5%増の2100億円
矢野経済研究所は、国内M2M市場の調査結果を発表した。2019年度の国内M2M市場は2100億円で、対前年度比4.5%増。2020年度のM2M市場は、コロナ禍もあり、前年度比1.0%増の2120億円にとどまると予想する。(2021/1/20)

CIM:
土壌汚染の調査図面・帳票・CIMを自動で作成可能なシステム、大成建設
大成建設は、土壌汚染の調査図面や帳票を自動で作れる他、リサーチなどで取得した各情報にひも付いたCIMも作成できるシステム「T-CIM/SoilReme」を開発した。(2021/1/20)

「2021年度版 DX動向調査」結果速報(1):
PR:調査で判明「DX推進が停滞した企業」の特徴6つと解決策
デル・テクノロジーズは、従業員数1000人を超える大手企業を対象に2度目のDX動向調査を実施しました。DX推進が停滞した企業の特徴的な傾向が見えてきました。対策を考えます。(2021/1/20)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(177):
Microsoft公式ドキュメントに記された「Sconfig.exe」と「Scregedit.exe」の謎を追え!
前回は、Windows ServerのWindows Updateの設定に関して、「Sconfigサーバー構成ユーティリティー」について触れました。今回は、その調査中に見つけたMicrosoft公式ドキュメントの内容の謎を追います。(2021/1/20)

「在宅勤務への対応」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方全員に中堅企業IT投資動向調査2020追跡調査レポートをプレゼント。さらに抽選で10名様に、Amazonギフト券3000円分をプレゼントさせていただきます。(2021/1/20)

米国、中国は堅調、欧州は後退、日本は遅行 コロナ後の経済けん引役は?
2021年の世界経済は、当初の想定を上回って堅調に回復するかもしれない。バークレイズ証券調査部長・チーフエコノミストの山川哲史氏は、21年の世界経済実質GDP成長率を5.9%と予想し、「成長率はさまざまな予想を1%弱上回る」と話した。(2021/1/19)

読者調査結果:
リモートワークの継続有無で、業績に明暗 「リモートアクセス環境」「PCの社外持ち出し」が“導入の壁”に?
テレワークを継続的に実施している企業と比べると、未実施・頻度が少ない企業は業績の悪化が顕著な傾向にある──ITmedia ビジネスオンラインが実施した読者調査で、そんな結果が浮き彫りになった。(2021/1/19)

警備や販売では不足感:
アルバイトの人手不足が緩和 コロナ禍で採用が減った業種は……
マイナビの調査によると、アルバイトの人材不足が緩和している。新型コロナウイルスの影響もあり、約9割の業種で人手不足を感じているという回答が減少。一方、エッセンシャルワーカーの人手不足感は依然として高い傾向にある。(2021/1/18)

調査で判明:
コロナ禍、20代の転職理由ランキング 3位は「企業・業界の先行き不安」、2位は「休日や福利厚生」、1位は……
コロナ禍で転職を検討している20代も多いのでは。就職情報サイトなどを運営する学情が調査を実施した。転職理由上位は?(2021/1/18)

Weekly Memo:
日本のDXはなぜ“受け身”になりやすい? グローバルと差を生む「CX」という視点
日本企業が取り組むDXはもっとCXに注力すべきではないか。グローバルと比較した最近の調査結果から、そんな課題が浮き彫りになってきた。何をどうすればよいのか考察したい。(2021/1/18)

製造マネジメントニュース:
「日本企業は革新を推進する組織文化やDXへの意欲が低い」アジアとの比較調査
日本マイクロソフトは、アジア太平洋地域と日本企業のイノベーションに対する考え方の比較調査結果を発表した。「危機に強い事業運営には、イノベーション文化が不可欠」と考える経営者の割合は、アジア太平洋地域では98%、日本は69%だった。(2021/1/18)

今日のリサーチ:
コロナ禍における「ご自愛消費」の現状――スナックミー調査
「ご自愛消費」として最も多いのは「スイーツやおやつ」で全体の68%。その他、ランチ38%、ディナー29%と食関係が多く、購入先はECショップが最多。(2021/1/15)

フジと産経、世論調査を再開へ 2020年6月にデータの不正入力が発覚
フジテレビジョンと産経新聞が不正行為の発覚で中止していた世論調査を今月にも再開すると発表した。両社の担当者が調査に立ち会うなど、再発防止策を講じるという。(2021/1/15)

2020年は2515万人分の個人情報が流出 原因の多くは「ウイルス感染・不正アクセス」
2020年、個人情報の漏えい・紛失事故を公表した上場企業とその子会社は88社、事故件数は103件、流出した個人情報は2515万47人分――という調査結果を東京商工リサーチが発表した。(2021/1/15)

製造ITニュース:
国内のクラウド需要調査結果、複数クラウドの利用が一般化
IDC Japanが国内のクラウド需要に関する調査結果を発表した。複数のクラウドを利用する企業が一般化しているが、コストや管理面の課題から、複数のクラウドを統合的に管理している企業は20%ほどだった。(2021/1/15)

「在宅勤務への対応」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方全員に中堅企業IT投資動向調査2020追跡調査レポートをプレゼント。さらに抽選で10名様に、Amazonギフト券3000円分をプレゼントさせていただきます。(2021/1/20)

在宅勤務の経験者に聞いた:
コロナ終息後も「在宅勤務を続けたい」が半数以上 米国での調査結果
在宅勤務が可能な就業者を対象に、新型コロナが終息した後も在宅勤務を継続したいか聞いたところ、過半数が継続を希望。一方で、在宅勤務のデメリットも指摘されている。(2021/1/15)

今日のリサーチ:
正月三が日のテレビ視聴は過去10年間で最高値――ビデオリサーチ調査
正月三が日の総世帯視聴率(HUT)は過去10年で最高値となり、年末年始のテレビ視聴は例年と比較して高水準となりました。(2021/1/14)

20代の貯蓄額大幅増加 既婚者では70万円が126万円に
SMBCコンシューマー・ファイナンスの調査によると、20代の貯蓄額が、コロナ禍前の前回調査と比較して伸びていることが分かった。前回2019年12月の調査で平均53万円だった貯蓄額は、19万円増加して72万円となった。さらに既婚者では前回の70万円から126万円と大幅に増加した。(2021/1/14)

その理由は?:
東京で働く女性2000人に聞いた「リアルに住みたい街の駅」 3位は恵比寿、2位は池袋、1位は?
groove agent(東京都港区)は、東京都に住む20〜30代の独身女性2000人を対象に「住みたい街の駅」とその理由を調査した。その結果、1位は「吉祥寺」次いで「池袋」「恵比寿」となった。(2021/1/14)

日本トレンドリサーチ調べ:
「男は家族を養うのが義務」との意見も 男性の育休取得率はわずか4% 調査で判明
「逃げるは恥だが役に立つ」のスペシャルでもテーマの1つとして挙がった男性の育休取得。実際に取得した人はどのくらいいるのだろうか。(2021/1/14)

製造マネジメントニュース:
50%がコロナ禍で「DX推進を加速した」と回答、日本企業のDX動向調査
電通デジタルは、「日本における企業のデジタルトランスフォーメーション調査」の結果を発表した。2020年度はDXに着手している企業は74%で、2018年度、2019年度から増加していた。また、コロナ禍がDX推進を「加速」したと50%が回答した。(2021/1/14)

SolarWindsのビルド中にSunburstを混入させた手口の詳細が明らかに
SolarWinds Orionプロダクトにバックドアを混在させた方法の詳細がCrowdStrikeの調査によって明らかになった。高度な技術を持った開発者が背後にいることが推測される。(2021/1/13)

事務職のボーナス支給額ランキング 1位はIT事務で「56万3000円」
正社員で働く全国の事務職200人を対象にした2020年冬のボーナス調査の結果。ボーナスの支給があったのは全体の72%(143人)で、平均支給額は34.7万円だった。(2021/1/13)

ベビーカレンダー調べ:
赤ちゃんに人気アイドルと同じ名前を 20年下半期「NiziUネーム」が急増
2020年に注目を集めたガールズグループの1つである「NiziU(ニジュー)」。赤ちゃんの名付けにも影響を与えているようだ。ベビーカレンダーは20年下半期生まれの女の子4万5670人の名前を調査。NiziUのメンバーと同じ読みの名前「NiziUネーム」がデビュー時期に増加していたことが分かった。(2021/1/13)

2020年の旅行業の倒産は26件 コロナ禍にもかかわらず過去20年間で2番目の低水準
東京商工リサーチが2020年1〜12月の「旅行業の倒産動向」調査を発表。(2021/1/13)

調査で判明:
「40代で未経験の仕事に転職した理由」ランキング 3位は「収入アップ」、2位は「倒産・解雇」、1位は……
40代で未経験の仕事に転職するとどうなる? 転職した理由や年収などについて調査を実施した。生々しい声も明らかになった。(2021/1/13)

2020年の宿泊業の倒産は118件 前年比1.5倍増で約半数が新型コロナ関連
東京商工リサーチが2020年1〜12月の「宿泊業の倒産動向」調査を発表。100件代は7年ぶり。(2021/1/13)

宣言後の人出、東京駅と渋谷駅で減少度に差 その理由は?
緊急事態宣言後の人出の減少度合いは、渋谷駅より東京駅の方が高かった――そんな調査結果を、ヤフーのビッグデータ解析チームが発表した。その理由は?(2021/1/13)

医療従事者に次ぐ高さ:
労務担当者の8割が「テレワークできない」日本の現実
エフアンドエムの調査によると、全国の人事/労務担当者の7割以上がコロナ禍で業務に戸惑いを覚えており、労務担当者の8割以上が「テレワークができていない」ことが分かった。業務を効率化するはずの人事/労務クラウドの利用については、機能を活用しきれず、大きな無駄が発生している事実が判明した。(2021/1/13)

「慎重に調査を進める」:
英国がNVIDIAによるArm買収について調査を開始
合併/買収の調査を行う規制機関である英国の競争・市場庁(CMA:Competition and Markets Authority)は、NVIDAがArmを400億米ドルで買収する案件について、調査を開始したという。(2021/1/13)

製造マネジメントニュース:
日本企業にとってのDXは「IT投資の延長」? JEITAが日米間調査レポートを公開
JEITAは2021年1月12日、日米企業を対象としたDX調査レポートを発表した。日本企業は社内の業務プロセス改善を、米国企業は新規事業創出などを目的としたDXを目指している傾向が見られるなど、日米間でDXの取り組み方に相違がある。(2021/1/13)

今日のリサーチ:
2020〜2021年の年末年始におけるテレビCM放送回数 「PC」「お茶」は前年比3倍、「神社仏閣」はほぼ半減
ゼータ・ブリッジは2020年12月27日から2021年1月3日における全国地上波25局、BS放送6局にて放送されたテレビCMの放送回数を調査しました。(2021/1/12)

どこにお金を使ってる?:
コロナ下の「メリハリ消費」ランキング ちょっといいお酒や家電を抑えて1位になったのは?
コロナ禍で「メリハリ消費」の傾向が強まっているかも? サントリービールが全国の20〜50代の男女1000人を対象に調査。どんな商品やサービスの利用が増加しているのか。(2021/1/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。