ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「調査」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

PayPayの100億円還元、最終日は471万人がアプリ起動 ヴァリューズ調査
「PayPay」の100億円還元キャンペーン最終日、約471万人がアプリを起動していた――調査会社がそんな分析結果を出した。(2019/2/15)

パーソル総研調べ:
副業解禁すると本業の会社もハッピーに!? 意外な効能、人事調査で判明
パーソル総合研究所が副業に対する企業人事の意識を調査。副業を許可したことで従業員の定着率やスキルなどが上がる結果に。(2019/2/15)

使いたいコード決済1位は「PayPay」 働く女性の意識調査
ソフトブレーン・フィールドは、2月12日に「《働く女性》キャッシュレス決済に関する意識調査」の結果について発表。QRコード決済を「実際に利用したことがある」は17.5%、「実際には利用していないが、今後利用してみたい」は32.9%に。利用してみたいQRコード決済は「PayPay」が最多で「LINE Pay」「楽天ペイ」と続いた。(2019/2/15)

今日のリサーチ:
VR体験で購入意欲は高まるのか?――マクロミル調べ
VR(バーチャルリアリティー)に関する意識調査です。(2019/2/15)

PayPayユーザー数は、100億円上限額到達の12月13日がピーク ヴァリューズ調べ
ヴァリューズは、2月14日にマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用したスマホ決済「PayPay」の利用動向調査について発表。2018年12月に実施された「100億円あげちゃうキャンペーン」では上限額到達日に約471万人がアプリを起動し、女性とシニアがユーザー増を牽引していることが分かった。(2019/2/15)

当日ドタキャンする人は8%:
転職活動の面接辞退理由、「面倒」「対応悪かった」など挙がる トップ3は?
エン・ジャパンが転職活動の面接を巡る調査結果を発表。辞退経験がある人からは「応募先の対応が悪かった」「面接に行くのが面倒になった」などの理由が挙がった。辞退せず面接に臨んだ人からは「何か質問はありますか?」という“逆質問”に困ったという声があった。(2019/2/15)

アプリユーザーに調査:
パズルゲーマー、実は「ゲーム自体には無関心」!? 意外な実態判明
調査会社がゲーマーのライフスタイルについて調べ、特にパズルゲーム好きな人に着目。実は彼らは暇つぶし目的が多く、ゲームには無関心な結果に。(2019/2/14)

ITの過去から紡ぐIoTセキュリティ:
政府のIoT機器調査、無差別の「力業」に踏み切った背景は
政府が、サイバー攻撃に悪用される恐れのあるIoT機器を洗い出し、ユーザーに注意喚起を行う「NOTICE」を始める。なぜ、こうした力業に踏み切ったのか。(2019/2/14)

今日のリサーチ:
「ボヘミアン・ラプソディ」はなぜ2018年興行収入1位になったのか?――GEM Partners調べ
GEM Partnersは、劇場鑑賞者調査「作品別ポストサーベイレポート」の最新版を発表しました。(2019/2/14)

IT優先度調査で判明
2019年、ストレージ投資の優先度はクラウドとデータ管理 HCIはピーク越え?
IT担当者向けに実施した調査で、ストレージ分野ではオンプレミスとクラウドの両環境においてデータ管理の重要性が急浮上していることが分かった。一方でフラッシュアレイとコンバージドインフラのニーズはピークを過ぎたようだ。(2019/2/14)

制度よりも環境が重要:
約9割の女性が「結婚・出産後も働きたい」 その理由は……?
女性の87%が「結婚・出産後も働きたい」と考えていることがエン・ジャパンの調査で判明。「家庭に入る」は7%にとどまった。女性が「働き続けたい」と考える理由は……?(2019/2/13)

キャリアニュース:
会社員の7割以上が睡眠に不満、約8割が仕事中に眠気
ニューロスペースが「睡眠」に関する調査結果を発表した。会社員の7割以上が睡眠に不満を持っており、約8割が仕事中に眠気を感じていた。(2019/2/13)

上位企業の寡占化進む:
18年4Qのクラウドインフラ市場、AWSとAzureの差が縮まる Alibabaも好調
米調査会社が公表した2018年第4四半期時点でのクラウドインフラサービス市場調査結果によると、1位は米Amazon.comだった。2位は米Microsoft、3位は米Googleだった。4位の米IBMのシェアは下がったが、5位の中国Alibabaは好調。シェア上位企業の寡占化が進んだ。(2019/2/13)

蓄電・発電機器:
需要拡大するリチウムイオン二次電池、市場規模は5年で2倍以上に
調査会社の富士経済がリチウムイオン二次電池の市場調査予測を発表。2022年の市場規模は2017年比2.3倍の7兆3914億円に達すると予測している。(2019/2/13)

マイナビ調査:
全業種でアルバイトが不足 警備や清掃は深刻化
マイナビはアルバイト採用に関する調査結果を発表。あらゆる業種で人手不足が問題化する中、企業はシニア層の積極採用などに躍起になっていることが分かった。(2019/2/12)

副業をしている正社員は10%:
副業のしすぎに要注意!? 「過労で体調崩した」「本業がおろそかに」などの失敗談
副業をしている正社員が10.9%にとどまっていることがパーソル総合研究所の調査で判明。「今後やってみたい」という層は多かったが、「過重労働になり、本業に支障をきたした」「本業がおろそかになった」といった失敗談も挙がった。(2019/2/12)

定額制動画配信サービス、利用経験上位は「Amazon プライム・ビデオ」「Hulu」「U-NEXT」 MMD研究所調べ
MMD研究所が、スマートフォン利用者を対象に行った定額制動画配信サービスの認知度や利用経験に関する調査の結果を公表。利用経験上位は「Amazon プライム・ビデオ」「Hulu」「U-NEXT」で、年代によって利用経験や認知にばらつきが見られた。また、有料での利用経験やメインの動画配信サービスはいずれもトップが「Amazon プライム・ビデオ」となった。(2019/2/12)

「働き方改革」の肝のはずが……:
テレワーク導入企業、わずか10% 「対話が減る」「Web会議が使いづらい」などの声
テレワーク導入企業が10.1%にとどまっていることがレノボ・ジャパンの調査で判明。「業務でのコミュニケーションが減る」などと指摘する声が出た。Web会議システムの使いづらさも課題として挙がった。(2019/2/12)

没後87年以上:
不祥事続き、GAFAが誕生しない日本の処方箋 渋沢栄一に学ぶ
経営トップの逮捕や品質管理問題など、日本企業のガバナンスの欠如やモラルを疑う事件や問題が後を絶たない。政府統計の不適切調査や不祥事の隠蔽もそうだし、日本でGAFA(ガーファ)といわれる先進IT企業が誕生しないことを憂う声も強い。こうした中で、日本の「資本主義の父」と呼ばれる渋沢栄一氏(1840〜1931年)が脚光を浴びている。没後87年以上、渋沢栄一に学ぶものは何か――。(2019/2/12)

ソーラーシェアリング入門(10):
全国の実態調査で見えてきた、ソーラーシェアリングの現状と課題
農業の新しい収益源として注目が集まっている「ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電事業)」について解説する本連載。今回は千葉大学らが実施したソーラーシェアリングに関する全国調査の結果から見えてきた、ソーラーシェアリングの現状と課題について考察する。(2019/2/12)

「ヒプマイ」グッズ“転売疑惑”でタニタ子会社が調査結果報告 「不正行為は確認できず」
レア商品が1人の人物によって大量出品されていたことから、関係者による転売が疑われていました。(2019/2/8)

昇給率は日本が最低:
中国では年収6200万円以上のCEOも アジア5カ国の給与水準調査
中国の製薬会社で働くカントリーマネジャーは年収6200万円超え――。人材紹介会社のヘイズがこんな調査結果を発表した。(2019/2/8)

製造マネジメントニュース:
社運をかけたダンパー開発の功績者が主犯、川金HDの不適切検査
川金ホールディングスは2019年2月7日、同社子会社で発生した免震・制振用オイルダンパーの不適切検査事案について、調査報告書と再発防止策を発表した。調査報告書では免震・制振用オイルダンパー事業に対する当時の経営判断や開発体制など多くの問題点が指摘され、現場が不正を犯す背景が浮き彫りとなった。(2019/2/8)

6つの安全条件から判定:
「安全」なメールサーバは1%、デージーネットが調査
デージーネットはメールサーバの安全性に関するレポートを発表した。「安全」と判断されたメールサーバは全体の1%にとどまり、61%に改善が必要という内容だ。暗号化通信やDNSSECへの対応が課題だとしている。(2019/2/8)

TechTargetジャパン・TechFactory会員 共同アンケート:
PR:名刺管理・名刺管理ツールの利用実態に関する調査
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様に「Amazonギフト券(3000円分)」をプレゼント。(2019/2/8)

TechTargetジャパン・TechFactory会員 共同アンケート
名刺管理・名刺管理ツールの利用実態に関する調査
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様に「Amazonギフト券(3000円分)」をプレゼント。(2019/2/8)

高齢者「運転に自信あり」7割 NEXCO東「高速道路の逆走」について意識調査を実施、65歳以上のドライバーが対象
高速道路の逆走「自分は関係ない」35%という結果も。(2019/2/7)

戦艦「比叡」の船体発見 ポール・アレン氏の調査チーム
ポール・アレン氏(昨年死去)の調査チームは、先の大戦の真珠湾攻撃に参加し第三次ソロモン海戦で沈没した旧日本海軍の戦艦「比叡」の船体を南太平洋ソロモン諸島沖の深さ約1千メートルの海底で発見したと発表した。(2019/2/7)

太陽光:
住宅太陽光の火災事故報告、JPEAとJEMAが見解を表明
太陽光発電協会(JPEA)と日本電機工業会(JEMA)は、消費者庁が公表した「住宅用太陽光発電システムから発生した火災事故等」に関する調査報告書を受け、報道関係者への説明会を共同開催。報告書に対する声明と見解を公表した。(2019/2/7)

今日のリサーチ:
民泊オーナーの懸案事項1位は「騒音などご近所トラブル」――楽天コミュニケーションズ調べ
楽天コミュニケーションズは、民泊オーナー325人を対象に民泊オーナー向けに「第二回 民泊運営に関する意識調査」を2018年12月下旬に実施しました。(2019/2/7)

カーナビアプリの利用者は自動車所有者の4割強
マイボイスコムは、2月6日にカーナビに関するインターネット調査の結果を発表。カーナビの所有率は全体の6割弱、自動車所有者では8割弱に。スマートフォンと連携利用していることは「スマートフォン内の音楽をカーナビで再生」「ハンズフリー通話」が各10%台で、カーナビアプリ利用者は自動車所有者の4割強、スマートフォン所有者の5割強となった。(2019/2/6)

“バズワード”ではなくなった:
AWS×Azure、AWS×GCPなど、マルチクラウドの導入進む ハイブリッドクラウドを超える速さで浸透か
米Kentikが、クラウドサービスの採用率に関する調査結果を発表。AWSとAzure、AWSとGCPなどを併用し、マルチクラウド環境を構築している企業が多いことが分かった。こうした企業の比率は、ハイブリッドクラウド環境の企業を上回っていた。(2019/2/6)

日本の遅れが目立つ:
多くの企業でDXはまだ初期段階に、Dellが全世界を調査
Dellが発表したデジタル変革の状況に関する調査結果によると、組織全体にデジタルトランスフォーメーション(DX)をより広げる必要があると考えているビジネスリーダーの割合は、全世界で78%、日本では66%だった。だが、多くの企業ではDXがまだ初期段階にあった。(2019/2/6)

今日のリサーチ:
CRM/SFAの2018年SaaS利用率は28.0% 2016年より約10ポイント高く――矢野経済研究所調べ
矢野経済研究所は、国内の民間企業を対象にERPおよびCRM/SFAといった業務ソフトウェアにおけるSaaSの利用率について調査しました。(2019/2/6)

他人事ではない?
内部関係者による犯罪を防ぐ「身元調査」「リスク評価」 どう実施する?
内部関係者による脅威は企業に重大なリスクをもたらす。本稿では、内部関係者による脅威を防ぐため、身元調査とリスク評価を利用する方法を取り上げる。(2019/2/6)

QRコード決済、 利用トップは「楽天ペイ」 理由は「ポイントがたまる」
MMD研究所は、2月5日に「2019年2月 QRコード決済サービスの利用に関する調査」の結果を発表。スマホ所有者の利用トップは「楽天ペイ」で、理由トップは「ポイントがたくさんたまるから」となった。一方、利用しない理由は「クレジットカードで十分」「現金で十分」「個人情報や決済情報が漏えいしないか不安」など。(2019/2/5)

部下の意見を聞かない:
7割の人が「上司を尊敬できない」、転職を考えたことは?
現在の上司を尊敬できる人はどのくらいいるのだろうか。転職エージェント「ワークポート」の調査によると、69.8%が「いいえ」と回答した。(2019/2/5)

今日のリサーチ:
屋外広告に関する意識動向調査――オリコミサービス
屋外広告を見て取ったことのある行動は?(2019/2/5)

攻撃に使われたパスワードなどを入力:
IoT機器をNICTがリモートから調査、危険なパスワードであれば利用者に注意
総務省とNICTはIoT機器をリモートから調査し、危険なパスワードが設定されている機器のユーザーにパスワードの変更やファームウェアの更新などを促す取り組みを2019年2月20日に始める。(2019/2/5)

太陽光:
住宅太陽光、パネル不良で火災事故も――消費者庁が調査報告
消費者庁が住宅太陽光発電の火災事故に関する調査報告書を公開。住宅太陽光発電システムによる火災は、施工不良だけでなく、太陽光パネル自体の不良も原因となる他、設置方法によっても被害の度合いに大きな差がでるなど、さまざまな結果が明らかとなった。(2019/2/5)

空き地・空き家対策:
「所有者不明土地」の利活用など調査・測量から環境アセスまでワンストップで提供、パスコと東電用地が提携
パスコと東電用地は2019年1月31日、公共事業の用地確保、土地所有者の調査や補償コンサルタントをワンストップで提供する目的で業務提携した。測量業務で行政支援の実績が豊富にあるパスコと、土地取得や管理のノウハウを持つ東電用地が協業することで、全国で問題となっている所有者不明土地の利活用を大幅に後押しすることが期待される。(2019/2/5)

管理職になりたがらないワケ:
女性の“成長意欲が低い”は本当か?
女性の活躍に関してはさまざまな調査や研究が行われているが、「活躍」を阻害する要因の1つとして女性側の意欲の低さが指摘される。確かに、女性の「昇進意欲」の低さはさまざまなデータが示しているものの、それが女性の仕事への意欲全般が低いと言えるのだろうか?(2019/2/5)

企業のストレージ導入に関する調査レポート
企業のストレージ事情 やはり気になるのは「ファイルサーバ」と「バックアップ」
企業は自社のストレージの状態をどう分析しているか。投資や課題認識はどうなのか。TechTargetジャパン会員を対象にした調査の結果から、企業のストレージ環境の実態を探る。(2019/2/6)

月平均4.1時間:
契約社員の残業時間が最も短い企業は……?
契約社員が働く会社の中で残業時間が短いのはどこ? 企業口コミ・給与明細サイト「キャリコネ」が調査結果を発表した。第1位は……。(2019/2/4)

国によるIoT機器”侵入”調査、その名も「NOTICE」サイト公開 「不正アクセスではない」と理解求める
弱いパスワードを使ってIoT機器へのログインを試み、ログインできた機器のユーザーに注意喚起する試み「NOTICE」を、総務省が2月20日から始める。「国による事実上の不正アクセス行為では」といった批判もあるが……(2019/2/4)

メールの1%は「有害」:
メールのセキュリティ対策を診断、AJSがOffice 365ユーザー向けに無償提供
AJSは、Office 365ユーザーのメールセキュリティ対策の有効性を評価する無償サービス「FireEye FireProof Eメール診断サービス for Office365」の提供を開始する。受信済みのメールを分析して、対策をすり抜けた脅威が潜んでいないかどうかを調査する。(2019/2/4)

移動者数全体は増加:
7744人で茨城が転出超過数トップ 総務省の18年調査
総務省は2018年の住民基本台帳人口移動報告結果を公表した。区町村間移動者数は535万9174人で、前年に比べて増加。都道府県別の転入超過数は東京都が、転出超過数は茨城県がトップだった。(2019/2/2)

NGT48運営、暴行被害騒動で第三者委員会設置 先に取締役会へ報告するタイプ
調査期間は1カ月半をめどとしているとのことです。(2019/2/1)

調査レポート:
2018年の世界スマートフォン出荷、2017年に続き前年比減 Appleは四半期で2位に復帰──IDC調べ
IDCによる最新の世界スマートフォン出荷に関する調査報告によると、2018年通年の出荷台数は前年比4.1%減で、2年連続の前年割れだった。10〜12月期のメーカー別ランキングでは、2四半期連続3位だったAppleが2位に返り咲いた。(2019/2/1)

キャリアニュース:
自動運転関連の登録求人数、前回調査から倍増
「自動運転ラボ」が、自動運転関連の求人数についての調査結果を発表した。主要な6つの転職サイトに登録された自動運転関連の求人数は、2018年末時点で1万675件だった。前回調査との比較では、約半年間で倍増していた。(2019/2/1)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。