ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

「SMB」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

IT導入だけでは「負債」が残る
コロナ禍で「脱はんこ」をいち早く実現したメルカリが語る、IT活用のポイント
2020年4月に電子契約への移行を発表したメルカリで電子契約システム導入プロジェクトを推進した大坪くるみ氏が考える、中小企業のITシステム導入を成功させるためのポイントとは。(2021/5/6)

中小企業も「ウィズコロナ」の働き方へ対応
テレワーク常態化で高まるセキュリティへの不安、調査で見る対策の“糸口”とは
テレワークを導入する上では、PCの手配や、ネットワーク/セキュリティの再設計/構築が欠かせないが、体力のない中小企業がそれらを整備するのは容易ではない。まず何から取り組むべきなのか、調査結果を基に最適解を探る。(2021/5/6)

知識も人材も足りない企業が働き方改革を実践するには?
IT担当者のほとんどが“兼任”、中小企業のIT運用管理はどうすれば楽になる?
VDIや持ち運びに適したPCの導入は、働き方改革に欠かせない要素だが、他業務とIT担当を兼任することも多い中小企業にとって、そうしたITの運用管理は大きな負担にもなる。この課題を解決する方法を、調査結果を基に読み解く。(2021/5/6)

費用も運用の手間もかかるVDIは“非現実的”?
従業員の手元から始める中小企業の働き方改革、テレワークに適したPCの要件は?
働き方改革の推進が急務となる一方、特に従業員100人未満の企業では資金力に限界もあり、テレワーク制度を採用するにしても高価なVDIの導入は現実的とはいえない。そこでまず取り組むべきは、“従業員の手元”にあるPC環境の変革だ。(2021/5/6)

5Gによる柔軟性がカギに
『5Gビジネス』著者の亀井卓也氏に聞く、中小企業が今5Gに取り組むべき理由
コロナ禍でデジタル活用の重要性が再認識されているが、5Gのような先端テクノロジーはどう広まっていくのか。中小企業における5G活用やIT投資のポイントを『5Gビジネス』著者の亀井卓也氏に聞いた。(2021/5/6)

「大企業より中小企業がITを使いこなせる時代」
“伝説のCIO”岡田章二氏が語るDXに必要な経営者の覚悟
「ユニクロ」「GU」を展開するファーストリテイリングで長年にわたりIT部門責任者を務め、同社のグローバル企業への成長をシステム面から支えた岡田章二氏に中小企業のDXにおける課題とチャンスを聞いた。(2021/5/6)

IT製品の導入とDXは何が違うのか
中小企業でDXが進まない理由――政府CIO補佐官 細川義洋氏が語るDX成功の勘所
人々の生活様式、働き方が変わった2020年。中小企業のDXの取り組みはどうなっていたのか、これからDXに取り組む中でポイントはどこにあるのか。ITプロセスコンサルタント、政府CIO補佐官として活躍する細川義洋氏に聞いた。(2021/5/6)

組織も技術もリーダーシップが重要
中小企業は5GやAIとどう向き合えばいいのか 森 正弥氏の戦略論
5GやAIなどの先端技術は今後どのように活用が広まっていくのか。中小企業はこうした技術をどう捉え、どのように活用の道を探っていけばいいのか。国内外の技術動向に詳しい森 正弥氏に話を聞いた。(2021/5/6)

待っていても相談相手は見つからない
コロナがもたらした「全世界同時リセット」 中小企業の勝機を澤 円氏に聞く
コロナ禍で在宅勤務などの取り組みが必要でも、技術リソースの少ない中小企業は二の足を踏みやすい。ITに関する講演や執筆などを数多くこなす、圓窓の代表取締役 澤 円氏に、中小企業がITを活用するためにはどうすればよいかを聞いた。(2021/5/6)

独りで悩まず専門家に相談
「中小企業の経営者は下を向いては駄目」森永卓郎氏が今伝えたいメッセージとは
景気回復の見通しが立たない昨今、日本の中小企業はさまざまな問題に頭を抱えている。経済アナリストの森永卓郎氏は「詳しくないことで悩み続け、貴重な時間を無駄にすべきではない」と中小企業に向けたアドバイスをする。その真意とは。(2021/5/6)

経営層のセキュリティ理解を促進:
経産省が「サイバーセキュリティ体制構築・人材確保の手引き」の改訂版を発表
経産省は、「サイバーセキュリティ体制構築・人材確保の手引き」を改訂して第1.1版を公開した。主に従業員数300人以上のユーザー企業(大企業や中堅企業)の経営層を対象に、セキュリティ体制の構築や人材育成方法をまとめた。(2021/4/28)

製造ITニュース:
クラウド版データ基盤ソリューションに中堅企業向けのプラン追加
ウイングアーク1stは、クラウド版データ基盤ソリューション「Dr.Sum Cloud」に、中堅企業など向けのエントリープラン「Entryライセンス」を追加する。手軽に導入できるため、スモールスタートや迅速かつ簡易的な導入に対応する。(2021/4/27)

「テレワーク=在宅勤務」という誤解
中小企業がテレワークをあきらめてはいけない理由とは
「テレワークとは在宅勤務のことだ」という誤解が広がっている。実施へのハードルの高い在宅勤務にこだわらず、中小企業や製造業、建設業でも、より始めやすいモバイルワークやサテライト勤務で、テレワークを始めるべきだ。(2021/4/20)

IPAのお墨付きサービスでセキュリティ対策を:
UTMを月額1万円以下で 中小企業に向けた5つのセキュリティ製品とは
IPAが、中小企業のセキュリティ対策の促進に向けて「サイバーセキュリティお助け隊サービス」を開始した。コストやセキュリティ要件など一定の審査基準を設けて合致したサービスや製品をブランドとして管理する。(2021/4/19)

未来を共有できるパートナーを
行政DXスペシャリストが語る、中小企業DXに必要なパートナーとは
デジタルトランスフォーメーションの必要性が叫ばれる昨今だが、どうすればよいのか分からず二の足を踏む企業も存在する。DX推進のための第一歩とは何か、行政のデジタル化を推進させるなど数々の経歴を持つ田中淳一氏に話を聞いた。(2021/5/6)

「DX投資の有無は業績の差に現れ始めている」:
デジタル高成長企業の3つの共通点とは 日本CTO協会が「DX動向調査レポート 2021年版」を発表
日本CTO協会は、「DX動向調査レポート 2021年版」を発表した。高成長企業ほど、DXを経営課題として認識し、推進している傾向が見られ、Webサイトやアプリ、電子契約などを活用して顧客との接点をデジタル化していた。(2021/4/14)

デル、中小企業向けノートPC「Vostro」新モデルを発売 第11世代Core/Ryzen 5000シリーズ搭載構成など5製品
デル・テクノロジーズは、企業向けノートPC「Vostro」シリーズの新モデル計5製品を発売する。(2021/4/13)

7割がジョブ型or成果主義、9割が技術役員設置──DXで高成長企業の秘訣は人事制度!
DXにより高い成長率を実現している企業は、約70%がジョブ型雇用もしくは成果主義を採用しており、90%以上がソフトウェア開発出身の技術役員を設置していることが、日本CTO協会の調査で分かった。(2021/4/13)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
ハイブリッドクラウドに一貫性と安全を、調査で見えた統合管理の重要性とは?
中堅企業の間でハイブリッドクラウドの採用が増える一方、クラウド戦略やセキュリティへの配慮が不足し、メリットを十分に享受できていないケースは少なくない。この課題を解消するとみられるのが、単一ツールによる統合管理だ。(2021/4/13)

スーパーシティは立ち上がるか:
会津若松市がアクセンチュアと取り組む産業DX「CMEs」とは
 中小企業の「非競争領域」の効率化を支援する仕組みとして機能するプラットフォームが稼働した。全国中小製造企業の生産性向上に貢献するとしている。(2021/4/12)

緊急事態宣言1年 テレワークなど企業の働き方も変化
2020年4月の緊急事態宣言後、企業では新しい働き方が定着した。大企業がテレワークを導入、中小企業でもIT化が進む。オフィス面積を縮小する動きも出ている。一方、コミュニケーション不足による孤独感や連帯感の希薄化など、課題も残る。(2021/4/12)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
自社の管理能力を超えて拡大するクラウド環境、中堅企業調査から見えた改善策は
2011年からの8年間で、パブリッククラウドを活用している企業の割合は約4倍に増加した。ただ、ハイブリッド化のような環境の複雑化も進んでいる。そこで中堅企業を対象に、クラウド管理環境を合理化するメリットを調査した。(2021/4/9)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
中堅企業がDXで勝ち抜く鍵、調査で見えたハイブリッドクラウド戦略推進のヒント
DXの推進に欠かせない、インフラのモダナイゼーション。その中で特に中堅企業が注目しているのがハイブリッドクラウド環境の構築だが、そこではワークロードの適切な配置と、それを実現するためのインフラの選定が重要になってくる。(2021/4/9)

留意点は:
中小企業でも始めたい労働保険・社会保険の電子申請
労働保険・社会保険関係の電子申請は、数年前に比べて格段に扱いやすくなっており、中小企業でも積極的に利用したいところです。ここでは、電子申請の仕組みと留意点を解説します。(2021/4/9)

DXレポート2をかみ砕く:
中小企業のDX推進を強力に促進 政府が支援する4つの領域と今後の展望は?
短期連載「DXレポート2をかみ砕く」の第3回は、企業が取るべき超短期〜中長期のアクションに対して政府がどのような支援策を提案しているのかを紹介する。(2021/4/8)

自信満々のバトンタッチ――富士通クライアントコンピューティングが社長を交代 Lenovo出身の大隈氏が就任
富士通クライアントコンピューティング(FCCL)が、創立以来初めて社長を交代した。新社長は、Lenovoでアジア太平洋地域におけるSMB事業を担当していた大隈健史氏で、前社長のの齋藤邦彰氏は代表権のない取締役会長となる。(2021/4/1)

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社提供ホワイトペーパー:
中小企業を悩ますデータ保護、シンプルに多様なニーズに対応するには?
中小企業や大企業のブランチオフィスにおいてニーズが高まっているのが、多機能なデータ保護ソリューションだ。複雑な環境でもシンプルに導入・運用でき、低コストにデータを保護できる製品が求められている。その一例を紹介する。(2021/4/1)

「普通」の受け皿をなくさないために:
企業も社長も「長寿」な日本 見て見ぬフリでは済まない「事業承継」のポイントとは?
中小企業が多いことで知られる日本だが、実は「長寿」企業も多い。社長の高齢化も進む中、事業承継が大きな課題となりつつあるが、ポイントはどこにあるのか。(2021/3/29)

デルが国内中堅企業約1500社が対象とした「IT投資動向調査」の最新結果を発表
デル・テクノロジーズは、国内の約1500社の中堅企業を対象にした「IT投資動向調査」の分析結果を発表した。(2021/3/24)

なぜ2年で100を超える業務自動化に成功したのか?
コロナ禍でも事業は拡大できる 社労士事務所のAI-OCR・RPAによるDX奮闘記
中小企業の業務はデジタル化が進んでいない。中小企業の行政手続きを代行する社労士事務所もアナログ業務から脱却できずにいた。悪循環を断ち切り、業務のDXに成功した社労士法人が存在する。同社はいかにしてデジタル化を成し遂げたのか。(2021/3/24)

人気連載まとめ読み! @IT eBook(77):
中堅・中小企業の多層防御、CSIRT構築、サイバー演習の現実解が学べる無料の電子書籍
人気過去連載を電子書籍化し、無料ダウンロード提供する@IT eBookシリーズ。第77弾は、連載『中堅・中小企業向け、標的型攻撃対策の現実解』です。リソースの限られた中堅・中小企業にとって、大企業と同等の頑強なセキュリティ対策を施すのは現実的ではありません。中堅・中小企業が目指すべきセキュリティ対策の“現実解“を解説します。(2021/3/22)

PR:中小企業のテレワークや個人事業主を支援 「低コストで使えるリモートデスクトップ」が生まれた背景は
中小企業のDXが必要とされる一方、IT環境の刷新や構築に必要なコストや人手といったリソース不足も課題として挙がっている。そんな中、最小規模の場合1430円で構築できるWindowsリモートデスクトップサービスを発表した国内ベンダーがある。同社が語る工夫とサービスの背景とは。(2021/3/18)

現場が付いてこなければ意味がない
課題は「現場への定着」、中小企業が目指すべき「AI-OCR・RPA導入の最適解」とは
国内全体で人手不足が進み、その波は中小企業にまで及んでいる。少人数で業務をまわすには業務効率化が不可欠だ。しかし、デジタル化はなかなか進まない。それはなぜか。業務効率化のボトルネックを解消するAI-OCR・RPAとは?(2021/3/17)

【セミナー紹介】IT運用効率化の一丁目一番地:
PR:人材も予算もない中小企業でHCIが導入できる理由――動画で学ぶ「HCI」活用ノウハウ
IT人材不足の深刻さが増す一方、ビジネスや業務のデジタル化は進み、ITシステムはビジネスにおいて不可欠の存在になっている。この背景を受け、ITシステムの運用で悩みを抱える企業をはじめ採用が広まっているのがハイパーコンバージドインフラ(HCI)だ。(2021/3/17)

続出:
JTB、かっぱ寿司……コロナ禍で「中小企業」扱い、なぜ
業績が悪化した大企業が資本金を1億円に減資し、「中小企業」となる動きが相次いでいる。税制上の優遇を受けるための節税目的とみられる。(2021/3/13)

人間力でスズキをグローバル企業にしたカリスマ経営者・鈴木修氏退く
 「ハート・ツー・ハート」。6月に相談役に退く鈴木修・スズキ会長(91)は、この言葉をよく口にする。最初に使ったのは、『俺は、中小企業のおやじ』(鈴木修著・日本経済新聞出版社)によれば、1983年、インド進出の基本契約を締結したとき、インドでの会見の席でだった。「人間は皆同じ。言語、風俗、習慣、環境が違っても、心と心が通じ合うことが重要だ」と述べた。(永井隆)(2021/3/12)

急がれるポストコロナ時代の働き方への対応
予算も時間も限られた企業が“最短距離”でテレワークを始めるには
今までは「予算が」「ノウハウが」と言ってテレワークを導入できずにいた企業も、そう言ってはいられない。ポストコロナ時代に適合した働き方への移行が求められ、中堅・中小企業も人ごとではない。(2021/3/11)

ネットギア、中小企業向けのWi-Fi 6対応無線LANアクセスポイント
ネットギアジャパンは、ビジネス向けのWi-Fi 6対応無線LANアクセスポイント「WAX610」を発売した。(2021/3/9)

煩雑な経理業務プロセスを一気通貫で自動化
AIの力で経理担当者の面倒な「仕訳」「検証」を自動化するクラウド型ERPとは?
企業のDX推進において中核を担うのが、クラウドサービスの活用やアプリケーション間のデータ連携だ。中堅・中小企業でこうした取り組みを効率的に進める上では何が課題となり、どうすれば解消できるのか。詳しく解説する。(2021/3/9)

5Gによる柔軟性がカギに
『5Gビジネス』著者の亀井卓也氏に聞く、中小企業が今5Gに取り組むべき理由
コロナ禍でデジタル活用の重要性が再認識されているが、5Gのような先端テクノロジーはどう広まっていくのか。中小企業における5G活用やIT投資のポイントを『5Gビジネス』著者の亀井卓也氏に聞いた。(2021/3/5)

安心して導入できない真因はどこにある?:
PR:大塚商会に聞く:HCIが中小企業の業務改善に効く理由と導入の「不安」を一掃するヒント
ビジネスのスピードアップに伴い、インフラ運用にも一層の効率化が求められている。特に中小企業ほど効率化は必須だが、改善できていない企業は多い。解決策の一つとなり得るHCIについてもなかなか導入に踏み切れないようだ。その理由と解決策は何か。(2021/3/8)

正確な名刺情報に基づく顧客情報の一元化を支援:
中小企業のDX支援へ「HubSpot CRM」と「Eight 企業向けプレミアム」が機能連携
名刺情報をコンタクト情報と同期させることでユーザー企業は社員が個別に蓄積してきた名刺情報を簡単に共有し、正確な顧客情報を社内で一元管理・活用できる。(2021/3/5)

マネーフォワード、電子契約に参入 紙と電子の一元管理を可能に
マネーフォワードは3月5日、中堅企業を念頭においた電子契約サービス「マネーフォワード契約」を5月から提供すると発表した。(2021/3/5)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(180):
WindowsのSMB v3はSMB v2より新しいが、SMB v3はSMB2である
Windowsネットワークにおけるファイルおよびプリンタ共有プロトコルの標準といえば、「Server Message Block(SMB)」です。DOS/Windows向けの初期の「LAN Manager」から続く歴史の長いこのプロトコルは、下位互換性を提供しながらバージョンアップしてきました。現在、下位互換性を維持するためには、追加の手順が必要な場合があることをご存じでしょうか。(2021/3/3)

接点がなかった客にも積極的にアプローチ
システム開発会社が“地理的に接点のない客”にもリーチできるようになった理由
「設計、開発、保守をワンストップで提供」を強みに、中小企業との直接取引増を目指したインフォニック。そのためには、これまでとは違った営業が必要だった。新たな営業手法で、従来とは違う見込み客へのリーチに成功した事例を紹介する。(2021/3/5)

分かるようで、分からない:
結局、中小企業にとってDXってなんだ?
「DXやってます」と言わなければビジネス自体を否定されんばかりの今の状態だが、中小、小規模にとって、分かるようで分からないのが、DXだろう。 レガシーな大企業さんだけの話かと思っていたら……。(2021/2/28)

4月から施行:
中小企業も適用迫る同一労働同一賃金、「対応済み」は3割 “不合理な待遇差”の判断に悩みも
エン・ジャパンが実施した中小企業の人事担当者への調査によると、4月に中小企業にも適用される「同一労働同一賃金」について、すでに対応が完了している企業は約3割にとどまった。“不合理な待遇差”の判断や、対応に伴う人件費の増加など、課題や悩みも多い。(2021/2/27)

資金調達freee、「CAMPFIRE Owners」と「デジタルアセット担保ローン」に対応
freee finance labは、2月26日、中小企業向けの資金調達を支援するオンライン資金調達プラットフォーム「資金調達freee」にて、新たな資金調達手法に対応した。CAMPFIREが提供する法人向け証書貸付「CAMPFIRE Owners」と、Fintertechが提供する「デジタルアセット担保ローン」の2つ。(2021/2/26)

プレミアムコンテンツ:
中堅・中小企業が選ぶべき「コスパの良いHCI」とは?
従業員100人以下の企業にとって最適なHCI(ハイパーコンバージドインフラ)の条件とは何か。中小企業向けHCI製品の特徴と、いまさら聞けない「HCIの選定時に確認すべき3つの基本的な要素」を解説する。(2021/2/23)

中小企業への調査:
ジョブ型雇用を導入していない理由 2位は「業務の属人化」、1位は?
あしたのチームが、中小企業の経営者を対象に「ジョブ型雇用を導入していない理由」を調査。2位は「業務が属人化しており、ジョブ型への移行が困難だから」。では1位は……?(2021/2/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。