ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「キヤノン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

キヤノン、インスタントカメラプリンタ「iNSPiC ZV-123」を発表
撮影してそのままカラー印刷できるカメラプリンタがキヤノンから。(2019/5/24)

デジタルカメラ総合販売ランキング(4月15日〜4月21日):
デジタル一眼ランキング、ソニー「α6400 ダブルズームレンズキット」再びトップ3に
キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」は12連勝。前回初ランクインのソニー「α7 III ズームレンズキット」は10位キープ。(2019/5/21)

デジタルカメラ総合販売ランキング(4月8日〜4月14日):
デジタル一眼ランキングにソニー「α7 III ズームレンズキット」が初登場
キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」11連勝。ソニー「α7 III ズームレンズキット」が10位に初ランクイン。(2019/5/17)

製造ITニュース:
キヤノンITSと日立のアプリケーション開発基盤が連携、製造業への提案を強化
キヤノンITソリューションズは「第28回 ソフトウェア&アプリ開発展」において、ローコード開発プラットフォーム「Web Performer」と、日立製作所のアプリケーションフレームワーク「Justware」の連携ソリューションを紹介。製造業の基幹システムの作り込みや、IoTを活用したアプリケーションの早期開発などの需要を取り込んでいきたい考え。(2019/5/10)

キヤノン、クラス最小サイズの筐体を実現したA3カラーレーザープリンタなど計15機種を投入
キヤノンは、A3判出力対応のカラーレーザープリンタ「Satera LBP853Ci」など計15機種を発表した。(2019/5/9)

医療機器ニュース:
独自の画像処理技術を搭載した光干渉断層計を発売
キヤノンは、網膜の断層面を見られる眼科機器の光干渉断層計「OCT-A1」を発売した。眼底3次元画像から血管形態を描出する画像処理技術「OCT Angiography」を搭載する。(2019/5/8)

デジタルカメラ総合販売ランキング(4月1日〜4月7日):
デジタル一眼ランキング、キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」10週連続1位
キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」が10連勝。ソニー「α6400 ダブルズームキット」は5位に後退。(2019/5/10)

デジタルカメラ総合販売ランキング(3月25日〜3月31日):
デジタル一眼ランキング、ソニー「α6400 ダブルズームキット」3位後退
キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」は9週連続1位、4週連続2位だったソニー「α6400 ダブルズームキット」は3位に後退した。(2019/4/24)

キヤノンMJ、未知の高度なマルウェアを検出する法人向けクラウドサービス
キヤノンマーケティングジャパンは、法人向けのマルウェア対策サービス「ESET Dynamic Threat Defense」など2製品の販売を開始する。(2019/4/22)

製造ITニュース:
需給計画ソリューションの最新版、検査リードタイムも考慮
キヤノンITソリューションズは、需給計画ソリューションの最新版「FOREMAST Ver.3.1」を発表した。生産完了後の検査リードタイムを考慮した在庫計算機能と、臨時転送計画立案機能などを追加した。(2019/4/23)

キヤノン、省スペース設計のA4インクジェットプリンタ
キヤノンは、コンパクト筐体を実現したA4判対応インクジェットプリンタ「TR703」を発売する。(2019/4/19)

組み込み開発ニュース:
可視光域と近赤外線域で同時撮影できる1億2000万画素CMOSセンサー
キヤノンは、1億2000万画素CMOSセンサー「120MXSI」を発売した。可視光域と近赤外線域で同時に撮影できるため、工場での検査や計測、農業、医療など幅広い分野への応用が期待できる。(2019/4/19)

自動運転技術:
パイオニアがキヤノンと自動運転用LiDARを共同開発、2020年以降の量産へ
パイオニアとキヤノンは2019年4月17日、LiDAR(Light Detection and Ranging、ライダー)の共同開発契約を締結したと発表した。パイオニアはキヤノンが保有する光学技術やノウハウを取り入れることで、高性能な小型LiDARを実現を早めたい考えだ。(2019/4/18)

デジタルカメラ総合販売ランキング(3月18日〜3月24日):
デジタル一眼ランキング、キヤノン「EOS Kiss M」とソニー「α6400」のミラーレス一眼ワンツー4週目
キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」8連勝、ソニー「α6400 ダブルズームキット」とのミラーレス一眼による1位2位は4週連続。(2019/4/16)

キヤノンMJ、Web経由での情報漏えいを抑止する対策サービス「Security Gate for Proxy」
キヤノンマーケティングジャパンは、Web経由での情報漏えいを抑止できる法人向けサービス「Security Gate for Proxy」の提供を開始する。(2019/4/11)

デジタルカメラ総合販売ランキング(3月11日〜3月17日):
デジタル一眼ランキング、初めてトップ3が全てミラーレス一眼に
キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」は7連勝、2位ソニー「α6400 ダブルズームキット」、3位オリンパス「PEN E-PL8 EZダブルズームキット」。(2019/4/15)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
フルサイズEOSの画質が手に入る入門機「EOS RP」
キヤノン「EOS RP」は、エントリーモデルだけどミラーレスEOSらしい使いやすさを実現。しかもフルサイズEOSの画質が手に入る。(2019/3/28)

デジタルカメラ総合販売ランキング(2月25日〜3月3日):
デジタル一眼ランキング、ソニー「α6400 ダブルズームキット」が発売2週目で2位
2月22日発売のソニー「α6400 ダブルズームキット」が2位、5連勝のキヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」に肉薄。(2019/3/27)

分かれるミラーレス戦略 「フルサイズ祭り」と一線画す動き
ミラーレスカメラのシェア争いが激しさを増すなか、各社の商品戦略の違いも目立ち始めた。「CP+」では、ニコン、キヤノンに続いてパナソニックも大型の画像センサーを搭載した「フルサイズ機」を投入するなど、さながら「フルサイズ祭り」の様相を呈した。その一方で、富士フイルムやオリンパスはフルサイズへの参入を否定し、別の分野で勝負する姿勢を鮮明にしている。(2019/3/15)

狙いはボリュームゾーン:
分かれるミラーレス戦略 「フルサイズ祭り」と一線画す動き
ミラーレスカメラのシェア争いが激しさを増すなか、各社の商品戦略の違いも目立ち始めた。2月28日〜3月3日にパシフィコ横浜で開かれたアジア最大のカメラ見本市「CP+」では、ニコン、キヤノンに続いてパナソニックも大型の画像センサーを搭載した「フルサイズ機」を投入するなど、さながら「フルサイズ祭り」の様相を呈した。その一方で、富士フイルムやオリンパスはフルサイズへの参入を否定し、別の分野で勝負する姿勢を鮮明にしている。(2019/3/15)

デジタルカメラ総合販売ランキング(2月18日〜2月24日):
ソニー「α6400 ダブルズームキット」が早くも4位に急上昇 デジタル一眼ランキング
1位はキヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」で4連勝、前回9位で初登場のソニー「α6400 ダブルズームキット」は4位に急上昇した。(2019/3/14)

デジタルカメラ総合販売ランキング(2月11日〜2月17日):
デジタル一眼ランキングにソニー「α6400 ダブルズームキット」が初登場
ソニー「α6400」がフライングで初登場。1位はキヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」で3連勝、2位も3週続いてオリンパス「PEN E-PL8 EZダブルズームキット」。(2019/3/12)

キヤノン、デジカメを遠隔操作できるSDKとAPI提供
キヤノン製デジタル一眼レフカメラなどを遠隔操作するためのSDKとAPIパッケージ「Camera API Package」の提供がスタート。法人向けだが、同社の判断により個人に提供することもあるという。(2019/3/6)

CP+ 2019:
キヤノンがLightningカメラを参考展示
Canonが、Lightning接続100mm/400mmデジタルカメラ「Multifunctional Telephoto Camera」を参考展示していた。(2019/3/4)

CP+ 2019:
「Nikon Z」はマウントアダプターで“万能”説? ソニーFEやキヤノンEFレンズも利用可能に
一番多くのレンズが装着できるのはNikon Zになるかもしれない。(2019/3/1)

外国人エンジニア受け入れの現実とは:
PR:外国人エンジニアの採用は企業にどのような変化を生んだのか――キヤノンITソリューションズの取り組みに学ぶ
「IT人材の不足」が各所で大きな課題となっている中、スキルを持った外国人エンジニアの採用に関心を持つ企業が増えている。では実際に、外国人エンジニアと共に働く現場とはどのようなものなのか。ヒューマンリソシアの「GIT(Global IT Talent)サービス」を通じて外国人エンジニアを派遣活用しているキヤノンITソリューションズに、サービス活用に至った経緯、活用後の現場の状況、今後の展望について聞いた。(2019/3/1)

デジタルカメラ総合販売ランキング(2月4日〜2月10日):
デジタル一眼ランキング、ソニー「α6300 パワーズームキット」が4週ぶりトップ10入り
1位はキヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」で2連勝、2位はオリンパス「PEN E-PL8 EZダブルズームキット」。(2019/3/8)

ミラーレス合戦、広がる価格帯 カメラ見本市「CP+」でアピール
アジア最大のカメラ見本市「CP+」が28日、横浜市で3月3日までの日程で開幕する。これを前にカメラ各社が相次いでミラーレスカメラの新機種を発表、プロ仕様の高級機から手頃な小型・軽量機まで価格帯も広がってきた。昨年はニコンとキヤノンが本格参入し、ミラーレスの国内出荷台数が一眼レフを上回っており、商戦が盛り上がりそうだ。(2019/2/26)

Weekly Memo:
大手とは“共創”の、中堅・中小とは“IT活用”のパートナーに キヤノンMJグループ、組織刷新の効果は
キヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ)グループがIT事業を強化した。複写機やカメラ、プリンタなど多彩な事業を手掛ける同グループが推進するIT事業は、ユーザーから見てどこが魅力なのか。この機会に探ってみたい。(2019/2/25)

キヤノンMJグループ、西東京DCの増設を正式発表 高密度・高集積、20年夏から稼働
キヤノンMJグループが西東京データセンターの敷地内に新棟を建設すると発表。3月1日に着工し、2020年夏の稼働開始を目指す。建設費用は非公開だが、既存棟と同じ150億円程度とみられる。(2019/2/19)

キヤノン、フルサイズミラーレス一眼「EOS RP」発表 RFマウント“大三元レンズ”も登場
キヤノンは2月14日、フルサイズミラーレス一眼カメラ「EOS RP」を発表した。3月中旬に発売する。(2019/2/14)

キャリアニュース:
キヤノンが1位、技術職の残業が少ない企業
企業口コミ・給与明細サイト「キャリコネ」が「技術職の残業が少ない企業ランキング」を発表。トップ3は「キヤノン」「シャープ」「トヨタ自動車」で、1位の「キヤノン」は1カ月の平均残業時間が12.3時間だった。(2019/2/12)

デジカメランキング(1月21日〜1月27日):
デジタル一眼ランキング、オリンパス「PEN E-PL8 EZダブルズームキット」が「EOS Kiss M」を抑え1年ぶり首位
オリンパス「PEN E-PL8 EZダブルズームキット」が2018年1月以来のトップ。キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」の連勝は25週で止まった。(2019/2/14)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
ポケットに入る超望遠、イマドキのコンデジはここまで進化していた(後編)
スマホとデジ一眼が注目される一方、話題に上らなくなってきたコンパクトデジカメ。でも、市場から消えたわけではなかった。後編ではキヤノン「Powershot SX740HS」を取り上げる。(2019/2/9)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
ポケットに入る超望遠、イマドキのコンデジはここまで進化していた(前編)
スマホとデジ一眼が注目される一方、話題に上らなくなってきたコンパクトデジカメ。でも、市場から消えたわけではない。今回はソニーとキヤノンの新製品を取り上げ、その実力をチェック。(2019/2/8)

キヤノンMJ、ペアレンタルコントロール機能も備えた「ESET セキュリティ」新バージョン
キヤノンマーケティングジャパンは、同社取り扱いのセキュリティソフト「ESET セキュリティ ソフトウェア」シリーズの個人向け新バージョンを発表した。(2019/2/7)

デジタルカメラ総合販売ランキング(1月14日〜1月20日):
デジタル一眼ランキング、キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」25週連続1位達成
キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」が25週連続トップ。オリンパス「PEN E-PL8 EZダブルズームキット」がキヤノンのトップ3独占にストップ。(2019/2/5)

デジタルカメラ総合販売ランキング(1月7日〜1月13日):
デジタル一眼ランキング、キヤノンが2週連続でトップ3独占
キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」は24週連続トップ。前回に続いてキヤノン勢がトップ3を独占。(2019/2/4)

デジタルカメラ総合販売ランキング(2018年12月31日〜2019年1月6日):
2018年のデジタル一眼ランキング、キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」が圧倒的強さ見せる
2018年の最終&2019年最初のランキングもキヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」が1位で23連勝。連続トップは22週に。キヤノンはまたトップ3を独占。(2019/1/30)

デジタルカメラ総合販売ランキング(12月24日〜12月30日):
デジタル一眼ランキング、ニコン「D5600 ダブルズームキット」3週連続2位
キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」の連続トップは22週に。キヤノンのトップ3独占をニコン「D5600 ダブルズームキット」が阻止している。(2019/1/28)

キヤノン、クラウド機能とセキュリティ機能を大幅強化したオフィス向け複合機
キヤノンは、オフィス向け複合機最新モデル「imageRUNNER ADVANCE Gen3 3rd Edition」計7シリーズの投入を発表した。(2019/1/11)

製造マネジメントニュース:
スマート工場分野でキヤノンとNSW、日本ヒューレット・パッカードが協業
キヤノンと日本システムウエア、日本ヒューレット・パッカードは、スマート工場分野で同年1月16日から協業を開始すると発表した。(2019/1/11)

ITmedia エンタープライズ セキュリティセミナーレポート:
企業のIoT環境を守る切り札? 「脆弱性スキャナー」「ゼロ・トラスト」「暗号化」3つのツールを紹介
IoT化やクラウド化が進む一方、ますます高度化するサイバー攻撃から企業を守る、有効なセキュリティ対策とは? 脆弱性診断ツールで知られるテナブルをはじめ、セキュリティ製品を手掛けるアカマイ、キヤノンITソリューションズから、専門家が講演を行った。(2019/1/11)

デジカメランキング(12月17日〜12月23日):
デジタル一眼ランキング、キヤノン「EOS Kiss」4機種がトップ10入り
キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」は21週連続1位。トップ10のうち4つをキヤノンの「EOS Kiss」シリーズが占めた。(2019/1/16)

デジタルカメラ総合販売ランキング(12月10日〜12月16日):
キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」が20週連続1位
キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」が20週連続1位を達成。前回初ランクインのソニー「α III ボディ」はトップ10外に。(2019/1/9)

デジタルカメラ総合販売ランキング(12月3日〜12月9日):
ソニー「α7 III ボディ」がデジタル一眼ランキングに6位初登場
トップはキヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」が19週連続。6位にソニーのフルサイズミラーレス一眼「α III ボディ」が初ランクイン。(2019/1/8)

デジタルカメラ総合販売ランキング(11月26日〜12月2日):
オリンパス「PEN E-PL8 EZダブルズームキット」、キヤノン勢のトップ3独占を阻止
キヤノンのトップ3独占は、前回同様オリンパス「PEN E-PL8 EZダブルズームキット」によって阻止された。(2018/12/18)

キヤノンMJ、文庫本サイズのフォトブック「Trad」が999円で注文できるお試しキャンペーン
キヤノンマーケティングジャパンは、同社運営のフォトブックサービス「PHOTOPRESSO」で「Trad999円お試しキャンペーン」を開始した。(2018/12/11)

キヤノン、安定した高速印刷を実現するオフィス向けA3複合機 月額1万3000円からの定額モデルも
キヤノンは、新開発のラインヘッドを採用したオフィス向けA3インクジェット複合機「WG7350F」「WG7350FM」を発表した。(2018/12/6)

亀山電機やキヤノンITSなど4社共同でPoCを実施:
ベルトコンベヤーの故障を未然に防ぐ、IoTを活用した予知保全システム
亀山電機、キヤノンITソリューションズ、toor、サイバネットシステムの4社は、ベルトコンベヤーの故障につながる予兆をいち早く検知する予知保全システムのPoC(概念実証)を実施すると発表した。(2018/12/6)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。