ペロブスカイト太陽電池の耐久性を向上、キヤノンが高機能材料を開発太陽光

キヤノンがペロブスカイト太陽電池の耐久性および量産安定性の向上が期待できる高機能材料を開発。2025年の量産開始を目指す方針だ。

» 2024年06月21日 07時00分 公開
[スマートジャパン]

 キヤノンは2024年6月18日、ペロブスカイト太陽電池の耐久性および量産安定性の向上が期待できる高機能材料を開発したと発表した。今後さらなる技術開発を進め、2025年の量産開始を目指す方針だ。

 次世代の太陽電池として期待されているペロブスカイト太陽電池。より大きな普及に向けた課題の一つとして指摘されているのが耐久性だ。ペロブスカイト層(光電変換層)中の結晶構造は、大気中の水分、熱、酸素などの影響を受けやすく、性能が劣化しやすいという弱点がある。また、大面積のペロブスカイト太陽電池は量産安定性が低いという課題も指摘されている。

 これらの課題を解決する方法の一つとして、光電変換層を膜で被覆し、耐久性を高めるという手法が注目されている。そこでキヤノンは、複合機やレーザープリンターの基幹部品である感光体の開発を通して培ってきた材料技術を応用し、光電変換層を被覆する高機能材料を開発した。

ペロブスカイト太陽電池と新開発の高機能材料を積層した同電池の構造 出典:キヤノン

 開発した材料は、従来は難しかった高い光電変換効率を維持しながら光電変換層を厚く被覆できることが特長だという。従来の被覆層は数十nm程度であるのに対し、新材料は100〜200nmで被覆が可能としている。

新開発の高機能材料を積層したペロブスカイト太陽電池の断面図のイメージ 出典:キヤノン

 今後キヤノンではペロブスカイト太陽電池の量産に取り組む企業との協業を目指して、2024年6月に本材料のサンプル出荷を開始し、2025年の量産開始を目指す方針だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.