ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「一元管理」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「一元管理」に関する情報が集まったページです。

産業動向:
大和ハウスとトプコンが協業、現場のデジタル化やデジタルツイン技術の創出を目指す
大和ハウス工業は2020年11月25日に、デジタルデータによる一元管理で、建設現場の全工程で生産性向上を実現させるべく、トプコンと基本合意書を締結した。(2020/11/30)

JBCC株式会社提供ホワイトペーパー:
一元管理しやすくクラウド連携も容易、Windows Serverユーザーに最適なHCIとは
現代のビジネス要件をオンプレミスで実現する手段といえばHCIが代表的だが、特にWindows Serverの利用企業に効果的なソリューションが「Azure Stack HCI」だ。高い運用性、ライセンスコストの削減、クラウド連携など多数のメリットがある。(2020/11/19)

製造IT導入事例:
キリンホールディングスにDX基盤を導入、顧客データを一元管理
NTTデータが、キリンホールディングス向けに「デジタル・エクスペリエンス・プラットフォーム」を構築した。事業部門ごとのコミュニケーションツールを統合し、顧客データを一元管理することで、SNS活用の新施策などを迅速に実行可能になる。(2020/11/11)

NTTデータ Salesforceでキリンの顧客向けプラットフォームを開発
NTTデータは、キリンの事業活動の土台となる「デジタル・エクスペリエンス・プラットフォーム」を構築した。SalesforceのPaaS「Heroku」で開発された。顧客データを一元管理し、多様化する消費者のニーズに合ったマーケティングを実現する。(2020/10/22)

エンドポイントセキュリティ6つの条件【後編】
エンドポイントセキュリティに必須の「データ保護」「AI」「一元管理」とは
エンドポイントセキュリティ製品は多様な機能を持つ。さまざまなデバイスを適切に保護するために、IT担当者は何に着目してエンドポイントセキュリティ製品を選べばよいのかを解説する。(2020/10/20)

Dynabook、エージェントアプリで社員のPC利用状況を可視化できる管理サービス「Job Canvas」
Dynabookは、社員のPC稼働状況を一元的に管理できる利用状況を可視化できる働き方可視化サービス「Job Canvas」を発表した。(2020/10/14)

製造IT導入事例:
AI技術とデジタルデータを連携し、施工現場を遠隔から一括管理
NECと大和ハウス工業は共同で、デジタル化により施工現場を遠隔管理する実証実験を開始する。現場の映像をNECのAI技術で分析し、大和ハウス工業の事業所に設置したスマートコントロールセンターにて、施工品質や安全を一括管理する。(2020/10/14)

製品動向:
複数の現場“見える化”システムを統合する「Field Browser」を開発、鹿島
鹿島建設は、複数のシステムと連携し、環境データや作業員と建機の情報を一元管理可能なシステムを開発した。新システムは、これまで個別に導入し、運用してきたさまざまな「見える化」システムのデータを集約し、1つの管理画面で運用できるようにする。(2020/10/13)

医療機器ニュース:
検体投入から結果報告までを一元管理する、検査室向けITソリューションを発売
シーメンスヘルスケア・ダイアグノスティクスは、検査室にある複数の分析機と、同社の検体搬送システム「Aptio Automation」を一元管理するITソリューション「Atellica Process Manager」を発売した。(2020/10/12)

Oracle Cloudから運用監視ツール登場 マルチプラットフォーム対応 ログの一元管理、分析、分散トレーシングなど可能
米Oracleが、新サービス「Oracle Cloud Observability and Management Platform」を発表。さまざまなログの収集、解析、アプリケーション監視などを行える包括的な運用監視ツール。DevOpsなどの現場で役立つとみられる。(2020/10/8)

サンワ、スマホから解錠できるIoT宅配ボックスを発売 5万円台半ば
サンワサプライが、通信機能やカメラを備えたスマートIoT宅配ボックスを発売。スマホのアプリで解錠でき、全ての配送情報を一括管理できる。(2020/10/7)

選んだ理由は「安心感」:
PR:監視運用のプロが実践した「コストを抑えた監視基盤」の作り方
監視運用サービスを提供する三菱電機インフォメーションネットワークは「監視対象サーバが増え、コストも増加しつつある」という課題に悩んでいた。増加するコストを抑えつつ、監視の一元管理を実現した方法とは。(2020/10/6)

FAニュース:
位置情報や作業実績をリアルタイムに把握、中小製造業向けIoT化推進サービス
テクノアは、中小製造業向けIoT化推進サービス「まるごとIoT」シリーズの新製品「Ez-Bee」の販売を開始する。ヒトやモノの位置情報や作業実績などをリアルタイムに把握、一元管理でき、製造現場のIoT化を推進する。(2020/10/2)

FacebookとInstagramのアカウントを横断管理する「Accounts Center」オプションで提供開始
Facebookが、FacebookとInstagramのアカウントを一元管理する機能「Accounts Center」のテストを開始した。ユーザーはここでストーリーのクロスポストやアカウント名とプロフィールの統合を管理できるようになる。(2020/9/30)

欧州FM見聞録(5):
FMの関連システムを統合するIWMSで起きている変化
本連載では、ファシリティマネジメント(FM)で感動を与えることを意味する造語「ファシリテイメント」をモットーに掲げるファシリテイメント研究所 代表取締役マネージングダイレクターの熊谷比斗史氏が、ヨーロッパのFM先進国で行われている施策や教育方法などを体験記の形式で振り返る。第5回は、FMの関連システムを一元管理するIWMSに現在起きている変化を紹介する。(2020/9/29)

FacebookとInstagramを横断で活用できる中小ビジネス向け「Business Suite」開始 日本でも
Facebookが、中小企業がFacebookページとInstagramに同時に投稿したり、問い合わせを一元管理できる新サービス「Facebook Business Suite」の提供を開始した。日本でも利用可能だ。(2020/9/18)

製造IT導入事例:
自動車空調メーカーが設計、生産情報をグローバルで一元管理するPLMシステム導入
NECは、同社のPLMソフトウェア「Obbligato」を活用し、設計、生産プロセスをグローバルで一元管理するPLMシステムを、サンデンホールディングスが導入したと発表した。(2020/9/7)

製品動向:
住宅工務店のDX推進、業務一括管理システム「RでGO」リニューアル版
ハイアス・アンド・カンパニーは、建設業務をワンストップで行える管理システム「RでGO」のリニューアル版を提供し、建設ICTの活用で住宅工務店のDX推進を支援する。(2020/8/28)

現場管理:
コンクリート工事の現場管理を省力化、西松建設が業務支援システム
西松建設は、コンクリート工事の施工管理業務支援システム「NCHyper」をハイパーエンジニアリングと共同開発した。工事データのクラウド上で一元管理、各書類への自動転記、電子印の活用により現場管理業務を省力化する。(2020/8/14)

デル・テクノロジーズ株式会社提供Webキャスト:
クラウドネイティブなスナップショット機能を一元管理、データ保護強化の秘策
プロバイダー提供のネイティブ保護オプションを利用したクラウド上のデータ保護は、コストや管理面で課題を招きやすい。そこで注目されるのが、クラウドネイティブなスナップショット機能を外部から一元管理できるSaaSソリューションだ。(2020/8/7)

工場ニュース:
生産と在庫を一元管理できる物流拠点として福島工場に新倉庫を建設
アイカ工業は、化成品を製造する福島工場に危険物立体自動倉庫を新設した。新倉庫を、生産現場に在庫をまとめる「生産立地型拠点」とすることで、拠点間の輸送や複数倉庫への入出庫などをなくして合理化を図り、トータルコストを削減する。(2020/8/3)

NEC、済生会中央病院ら、オンライン診療システムの実証実験 「診察予約、診察、会計、処方せん発行」を効率化
NECと東京都済生会中央病院、済生会熊本病院は、次世代のオンライン診療実現に向けた実証実験を始める。新たな病院情報システムとしてオンライン診療と電子カルテを連動し、診察予約や診察、会計、処方せん送付などの流れを一元管理し、医療業務を効率化する。(2020/7/21)

現場管理:
古野電気、業務車両管理サービス「まかせて可視CAR」
古野電気は、業務車両管理サービス「まかせて可視CAR」を提供開始することを発表した。車両に設置した車載端末から取得した情報を、Web上で一括管理し、安全運転の促進や車両管理業務の効率化をサポートする。(2020/7/6)

自分の資産は死ぬまで持つ? 野村證券が「資産寿命」把握アプリ「OneStock」提供
自分の資産が健康寿命まで持つか。何年持つかを「資産寿命」と呼ぶ。それを計算してくれるスマホアプリを野村證券が提供する。複数の銀行や証券、年金などの情報を取得して資産を一元管理できる。マネーフォワードと共同開発。(2020/6/29)

製品動向:
工事写真や資料を一元管理する新ソフト、NECソリューションイノベータ
NECソリューションイノベータは、建設工事に関する写真や資料、施工方法や実績などの情報を登録し、一元管理する新ソフトウェアを開発した。(2020/6/24)

製造業IoT:
100台規模の機械を一括管理できるIoTワイヤレス稼働監視システムを先行販売
ソナスは、既存の設備や機械への取り付けとモニタリングが容易なワイヤレス稼働監視システムの先行販売を開始した。独自開発のIoT無線「UNISONet」を活用し、工場内の稼働監視業務の省力化に貢献する。(2020/6/19)

現場管理:
福井コンピュータが「現場情報共有クラウド」販売開始
福井コンピュータアーキテクトがダイテックの住宅事業者向け現場管理サービス「現場情報共有クラウド」の取り扱いを開始。工程や、写真、図面の一元管理や現場全体のコミュニケーションツールとして活用できるクラウド型建設現場管理サービスだ。(2020/6/17)

一貫したセキュリティポリシーを手軽に適用
テレワーク環境や拠点ネットワークをSaaS型ファイアウォールで一元管理する方法
安定したクラウドサービスの利用やテレワーク環境の運用には、ネットワークが重要になる。だが通信容量の確保に加え、セキュリティ対策も施したネットワークの運用管理を従来手法で実現するには限界がある。どうすればよいのか。(2020/6/19)

「離れていても情報は1つ」にするには
テレワーク時代の人事部門の課題、散在する人材情報をどう一元化する?
テレワークが急速に進む中、対面で話す機会が減るからこそ人事情報を適切に把握、活用することは重要だ。だが、企業規模が大きくなるほど人事情報は分断されがちだ。どうすれば一元管理し、有効活用できるのか。(2020/6/12)

NTTテクノクロス、チャットで申請や承認ができるサービスを提供開始
ビジネスチャットにおけるスタンプのやりとりなどから、申請や承認、システムとの連携によるデータの一元管理などに対応する。(2020/5/28)

新人IT担当者でも分かる「統合エンドポイント管理」(UEM)【第3回】
間違った「UEM」製品を選ばないための見極めのヒント
「UEM」製品は多様なエンドポイントを一元管理できるが、全て同レベルで管理できる機能を持った製品はない。導入後に「機能が多過ぎる」「機能が足りない」と後悔しないために、見極めるべきポイントは。(2020/5/11)

ファシリティマネジメント フォーラム 2020:
FMに携わる人全員をハッピーにする“人フォーカス時代のFM”とは?
住友セメントシステム開発は、施設の設備や修繕履歴といったFMに関するデータをデジタル化して一元管理する研究を進めている。FMに関する情報が1箇所に集約されれば、管理者だけでなく、オーナーやPMにとってもコストを抑えた修繕計画の立案などに役立てられると期待されている。その先にはBIMとの連携も視野に入れ、BIMモデル上で建築や設備などの各種情報が集約されることで、建物のライフサイクル全体を見渡したFM戦略が立てられると提言する。(2020/5/4)

情報銀行を活用した「パーソナルデータ同意管理サービス」の実証実験開始 個人に分かりやすい規約の提供へ――NTTデータ
NTTデータは、情報銀行の仕組みを活用した「パーソナルデータ同意管理サービス」の実証実験を開始する。個人の規約同意の一元管理機能や、同意判断を助ける指標値について有用性を検証し、2021年度中のサービス実用化を目指す。(2020/5/1)

freee、プロジェクト管理サービス開始 工数や収支を一元管理
クラウド会計ソフトを提供するfreeeは、システム受託開発やコンサルティングのプロジェクトの工数や収支を一元管理できる「プロジェクト管理freee」の提供を始めた。(2020/4/20)

発注業務の効率化や廃棄ロス削減を支援:
キンコーズ、フランチャイズ向け資材管理「鬼ラク!クラウド」を開始 
キンコーズは、フランチャイズビジネスを展開する企業向けに、資材管理サービス「鬼ラク!クラウド」の提供を開始した。加盟店で必要になる販促物の発注、承認、リアルタイム在庫管理などを一元管理でき、業務効率化や廃棄ロス削減を図ることができる。(2020/4/14)

オンライン診療サービス3種を比較【CLINICSオンライン診療編】
オンライン診療も通院もサービス間連携で一元管理の「CLINICSオンライン診療」
サービス間連携により、通常の通院による診療とオンライン診療のデータ/ワークフローを一元管理できるのが「CLINICSオンライン診療」だ。その機能や特徴を説明する。(2020/6/29)

PR:突然テレワーク導入が決まった企業を襲う”セキュリティとネット”の課題 一元管理ツールで不安を解消
(2020/3/23)

グローバル市場の競争を勝ち抜くために:
「気合いで達成する文化」がデータ活用を阻害し、若手を疲弊させる――NECがプロセス改革で得た気付き
グローバル事業の成長を目指し、各事業拠点のデータを一元的に管理、活用するNEC。担当者が「事実に基づく予測」と「現実的な施策」にこだわる背景には、かつてデータが属人化し、本社で若手社員がデータ集計に追われて疲弊していた過去があった。(2020/3/11)

ウェアラブルニュース:
耳音響認証で個人を特定しセンシングデータと連携するヒアラブルデバイスを発売
NECは、耳音響認証技術で個人を特定し、さまざまなセンシングデータを連携させることで一括管理や分析ができるサービス「NEC ヒアラブルデバイストライアルキット」の提供を開始した。(2020/3/5)

みずほ銀・みずほ信託銀、Salesforceの金融業向けCRMを導入 グループで顧客情報を一元管理
みずほ銀とみずほ信託銀が「Salesforce Financial Services Cloud」を導入。クラウド型の顧客関係管理(CRM)/営業支援(SFA)ツールで、みずほFGは今後、顧客情報などをグループ全体で一元管理し、営業力の強化を目指すという。(2020/3/4)

Computer Weekly製品ガイド
分断化されたセキュリティリスクを一元管理する方法
デジタル化の時代は組織に新たなリスクをもたらす。従ってセキュリティ対策も連携性を強化する必要がある。(2020/3/3)

“耳音響認証”で個人認証とバイタル情報を一括管理する「NEC ヒアラブルデバイス」
(2020/2/26)

「耳音響」デバイスで個人認証、現場の業務改善――NECがトライアルサービスを開始
NECは、「耳音響認証」技術で個人の特定が可能なヒアラブルデバイスを活用し、バイタル情報などのセンシングデータとひも付けて一元管理できる「NEC ヒアラブルデバイストライアルキット」の販売を開始した。作業現場で求められる作業状況の把握や作業者の安全確保などに活用できる。(2020/2/14)

FAニュース:
複数ロボットを一括管理できる管理システム、工場内ロボットの集中監視を実現
セイコーエプソンは、製造ラインで複数のエプソン製ロボットを一括管理できる「ロボット管理システム」を開発した。PCやタブレット端末で、工場内の産業用ロボットの集中監視などができる。(2020/1/30)

Winテクノロジ、BitLocker管理ソリューション「PerfectWatch for BitLocker」の機能強化オプションを提供開始
Winテクノロジは、Windows 10に搭載されるHDD暗号化機能を一元管理する「PerfectWatch for BitLocker」の機能強化オプションを発表した。(2020/1/24)

佐川急便がクラウドで運行管理 ドラレコや走行状況、ドライバーの健康情報を集約へ
SGシステムは、複数メーカーのデジタルタコグラフ(デジタコ)に対応するクラウド型運行管理システム「Biz-Fleet」をグループ会社である佐川急便の34営業所に導入する。互換性のない各社のデジタコを一元管理でき、運行管理や安全指導の効率化や強化を図れるという。(2019/12/24)

ソフトバンク、LED一体型カメラを活用した法人向けIoT防犯カメラサービス「SecuLight」2020年春に提供
ソフトバンクが通信機能付き蛍光灯一体型カメラを活用したIoT防犯カメラサービスを法人向けに2020年春をめどに提供を開始する。設置・配線工事などを必要とせず初期費用を抑えられ、遠隔で一括管理することができる。(2019/11/25)

モバイルアプリ向けソリューションをフルファネルで:
「Criteoアプリインストール」が正式ローンチ
新規顧客の獲得から既存顧客とのエンゲージメントやリターゲティング、コンバージョンまでを1つのプラットフォームで一括管理可能な「Criteoアプリインストール」の特徴をGunosy、グリーンモンスターの2社による先行導入事例と共に紹介する。(2019/11/21)

ベテランのノウハウを一元管理:
後任者への引き継ぎもスムーズに SCSKサービスウェアが「暗黙知使えるソリューション」を提供開始
SCSKサービスウェアは「暗黙知使えるソリューション」の提供を開始する。社内のベテラン人材が持つ熟練した技術や経験を一元管理し、後任者にスムーズに継承できるようにする。(2019/11/12)

米国防総省の100億ドルクラウド事業「JEDI」はMicrosoftが落札
米国防総省のデータをクラウドで一元管理する100億ドル規模の事業「JEDI」をMicrosoftが落札した。最有力候補と目されていたAmazonは「純粋に製品を比較すれば結論が異なることは明らかだ」とコメントした。(2019/10/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。