ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「クレジットカード」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!クレジットカード→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でクレジットカード関連の質問をチェック
「クレジットカード」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

電車・バスのVisaタッチ決済、コロナ後にらみ地方で広がる 都市部へ逆流も
鉄道やバスなどの公共交通機関で、クレジットカードを端末にかざして運賃を支払う「タッチ決済」が地方を中心に広がりつつある。導入費用が交通系ICカードより安い点もメリットとされ、都市部でも試験導入する動きが出てきている。(2021/5/7)

電車、バスのクレカ決済、コロナ後にらみ地方で広がる 都市部へ逆流も
鉄道やバスなどの公共交通機関で、クレジットカードを専用端末にかざして運賃を支払うタッチ決済を導入する動きが地方を中心に広がりつつある。(2021/5/5)

電車、バスのクレカ決済、コロナ後にらみ地方で広がる 都市部へ逆流も
 鉄道やバスなどの公共交通機関で、クレジットカードを専用端末にかざして運賃を支払うタッチ決済を導入する動きが地方を中心に広がりつつある。新型コロナウイルスの感染収束後をにらみ、訪日外国人客が使い慣れたカードで簡単に決済できる環境を整える狙いだ。導入費用が現在普及している交通系ICカードより安い点もメリットとされ、都市部の鉄道でも試験導入する動きが出てきている。(黒川信雄)(2021/5/4)

1%還元のマネックスカード、5月19日受付開始 秋までは3%還元
マネックス証券は利用金額の1%を還元するクレジットカード「マネックスカード」を5月19日から発行すると発表した。マネックスカードを使った投資信託の積み立ても、冬以降に提供する予定。(2021/4/27)

ドコモオンラインショップ、月額料金のクレジットカード払いに本人認証サービスを導入
ドコモオンラインショップは新規契約・MNPの手続きで「月々の利用料金の支払い方法」をクレジットカード払いで登録する際、本人認証サービスを導入。dカードなど本人認証サービスに対応したクレジットカードのみ利用できる。(2021/4/26)

みんなの銀行、マネフォと提携しアプリ内で他行口座を一元管理可能に
みんなの銀行は、5月下旬の営業開始と合わせて提供するスマホアプリにて、他の金融機関口座、クレジットカード、電子マネーなどの入出金履歴を一元的に管理できる「レコード機能」を提供する。(2021/4/26)

NEC、自販機向けのタッチ決済対応開始
NECは4月13日、飲料自販機、券売機、精算機向けの支払いプラットフォーム「マルチサービスゲートウェイ」にて、Visaのタッチ決済など、クレジットカードの非接触IC決済に対応する。(2021/4/13)

Visaのタッチ決済とQRコードで改札を通過 南海鉄道の実証実験で見えたこと
南海電鉄が、クレジットカードのタッチ決済に対応した改札機の実証実験を4月3日に開始した。クレジットカードをタッチすることで、Suicaのような交通系ICと同様に電車に乗れる仕組みだ。QRコードを用いた改札通過も検証する。(2021/4/7)

MUFGとAkamaiの“世界最速ブロックチェーン”、商用サービス開始 クレカの決済インフラに
Global Open Network Japanが、ブロックチェーンを活用したクレジットカード会社向け決済ネットワークサービスを開始。クレカ決済時のネットワークコストを大幅に削減できるという。(2021/4/6)

全国のファミマで「タッチ決済(非接触IC)」「Smart Code」「Alipay+」を導入
ファミリーマートは、クレジットカードなどのタッチ決済(非接触IC)、スマホ決済スキーム「Smart Code」、アリペイが提供するクロスボーダー決済ソリューション「Alipay+」を導入。全国約1万6600店が対象となる。(2021/4/6)

コード決済事業者もクレカ番号管理義務 セキュリティ不安は和らぐか?
「割賦販売法の一部を改正する法律案」が閣議決定され、4月1日から施行される。この中では、多様化する決済技術に対応するため、大きく3つの改正が行なわれる。フィンテック関連のセキュリティ不安に対応できるか。(2021/3/31)

CIO、カードサイズの容量8000mAhモバイルバッテリーを4月1日まで1128円オフ
CIOは、クレジットカードサイズのモバイルバッテリー「SMARTCOBY8000」の期間限定セールを開催。クーポンコードを利用すると4月1日まで1128円オフで購入できる。(2021/3/25)

火消しとなるか:
LINE、くすぶる不安 画像やクレジットカード番号はどうなる?
LINE利用者の個人情報が中国の関連会社から閲覧可能だったほか、画像や健康保険証、「LINEペイ」の利用者情報の一部が韓国で保管されていた問題で、出沢剛社長が23日、記者会見を開いた。(2021/3/24)

クレカと同じサイズのアイシャドウパレット! デザインもかわいい韓国コスメ「I‘M MEME」がついに日本に本格上陸
6種類のかわいいメイクアイテムがやってきます。(2021/3/23)

リクルート、Airブランドで法人カード参入 その狙いは?
リクルートは飲食店向けのPOSや決済サービスのAirブランドを冠した法人向けのクレジットカード「Airカード」を1月に提供開始した。最大の特徴は、1.5%という法人カードの中では際立った還元率だ。還元ポイントの税務処理、法人以外の対象者など、疑問点を聞いた。(2021/3/23)

POS機能やレシートプリンタ機能も搭載 ハンディサイズの決済端末「Square Terminal」
Squareは3月16日、新たな決済端末「Square Terminal」を発表した。無線LANとレシートプリンタを内蔵し、手持ちできるハンディサイズの端末1つで現金、クレジットカード、電子マネーといった複数の決済に対応できる。ボディーは大ぶりだが軽量で、画面タッチは軽快に動作する。(2021/3/16)

「LINEポイントクラブ」のマイランクを終了、LINE Payの還元率は一律0.5%に
「LINEポイントクラブ」が、4月30日にメンバーシッププログラム「マイランク」を終了。LINEクレカのポイント還元率が初年度特典3%から2年度特典2%に変更となる。(2021/3/16)

LINEクレカ、2年目は還元率2%に削減 チャージ&ペイは0.5%に
LINEは5月1日以降のVisa LINE Payクレジットカード(LINEクレカ)の還元率を発表した。初年度限定として3%還元を実施してきたが、5月からは「2年度特典」として2%還元に変更する。(2021/3/16)

18歳以上が契約可能、支払いは当面クレカのみ、SIMロック解除必須――ソフトバンクが「LINEMO」の詳細を公開
3月17日にサービスを開始する「LINEMO(ラインモ)」が、サービス仕様の詳細を明らかにした。他社のオンライン専用プラン(ブランド)とは異なり、18歳から本人名義で契約できるが、未成年名義で契約には法定代理人が必要となる。また、ソフトバンク/Y!mobile端末を含めてSIMロックの掛かった端末はロック解除が必須となる。(2021/3/12)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
楽天で相次ぐ“ポイント改悪”……それでも顧客は流出しない?
楽天ゴールドカードのポイント還元率が減少するまで、あと3週間を切った。楽天がポイントにメスを入れる背景には、国際会計基準(IFRS)ではポイント還元のカットは売上高を直接押し上げる効果があるからだ。一方で、このようなポイント還元のカットが今後幾分か重なったとしても、急激な顧客離れは起きにくいと考えている。なぜなら、顧客のスイッチングコストが大きいからだ。(2021/3/12)

アーバンリサーチの公式ECサイトに不正アクセス 会員情報約32万件が流出した可能性
アーバンリサーチが、同社のECサイトが不正アクセスを受け、31万7362人分の会員情報が流出した可能性があると発表。クレジットカード情報について流出の恐れはないとしている。(2021/3/10)

アメックスとヒルトン、米国外初の提携カード「ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カード」
アメリカン・エキスプレス・インターナショナルとヒルトンは3月9日、「ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カード」および「ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード」の発行を開始した。両社が米国以外で提携クレジットカードを発行するのは初めて。(2021/3/9)

楽天カードかたる詐欺メールに注意 偽のログイン画面に誘導しクレカ情報を窃取
フィッシング対策協議会が、楽天カードをかたるフィッシングメールを確認したとして注意喚起。ECサイト「楽天市場」が障害から復旧したなどと偽ってフィッシングサイトへ誘導するという。(2021/3/4)

Suica対応のウェアラブルデバイス「Fitbit Charge 4」発売
フィットビットは、交通系ICカード「Suica」に対応したフィットネスウェアラブルデバイス「Fitbit Charge 4」を発売。端末上のアプリにSuicaと最大6枚のクレジットカードまたはデビットカードを登録できる。(2021/3/3)

漫画でわかる「ポイ活」の始め方 「めんどくさがりは公共料金をクレカ払いに」「おすすめ定番ポイントサイト比較」
このギャル、かしこ!(2021/3/3)

「誰それ知らない!!!」「怖い!!!」 蒼井そら、クレカ不正利用をめぐり“謎の人物・イツキユウ”に振り回される
カードの利用履歴、確かに分かりにくいときある。(2021/2/26)

参拝もキャッシュレス 宮地嶽神社が電子マネー導入
 福岡県福津市の宮地嶽神社が、お守りや祈祷(きとう)などの初穂料に、電子マネーやクレジットカード決済を導入した。全国の神社でも先駆的な取り組みで、新型コロナウイルスの感染防止対策が求められていることも契機になった。導入を後押しした西日本フィナンシャルホールディングス(FH)傘下の九州カードは、キャッシュレス「未開のマーケット」である神社仏閣への普及に力を入れる。(小沢慶太)(2021/2/19)

JCBがクレカ利用の総合調査 伸びるスマホ決済、下がった電子マネー
JCBは継続的に実施ている「クレジットカードに関する総合調査」の2020年版の結果を発表した。それによると、クレジットカードの保有率は87%(昨年から2.1ポイント増加)で、平均保有枚数は3.0枚だった。(2021/2/18)

三菱UFJニコスかたる詐欺メールに注意 偽の会員サイトで個人情報を窃取
フィッシング対策協議会が、三菱UFJニコスをかたるフィッシングメールを確認したとして注意を呼びかけた。クレジットカードが第三者に不正利用されたなどと偽り、偽の会員サイトに誘導するという。(2021/2/17)

買い物でたまったポイントで株式投資できるサービス JCBとマネックス証券が共同開発
JCBとマネックス証券が、クレジットカードで買い物をした人に株式投資用のポイントを付与するサービスを共同開発する。ポイントは買い物をした店舗の運営企業の株式取得に利用できる。(2021/2/17)

3枚以上所有する人が多い:
クレカを選ぶ際、重視する点は? 「ポイントサービスの充実度」を抑えて1位になったのは……
リサーチ会社のマイボイスコムが「クレジットカードの利用」に関する調査結果を発表した。クレカの所有枚数や選定時の基準などが明らかになった。(2021/2/16)

カードで投信積み立て広がる SBIと三井住友カードも開始
クレジットカードで投資信託を積み立てるサービスに各社が力を入れている。SBI証券と三井住友カード(SMCC)は6月30日から、三井住友カードを使った投資信託の積み立てサービスを開始する。(2021/2/8)

ECサイト決済、クレジットカードが減少し「PayPay」が台頭 SBペイメントが調査
SBペイメントサービス株式会社は、ECサイト(物販、デジタルコンテンツ)にでの決済手段の利用実態を調査。2018年調査と比較してクレジットカード決済の利用割合が減少し、PayPay(オンライン決済)などの割合が増加している。(2021/2/5)

のぞき見の心配なし カード番号の記載がないクレジットカード、三井住友カードが発行
券面にカード番号、有効期限、セキュリティコードの記載がありません。(2021/2/2)

三井住友が「ナンバーレスカード」を発行 タッチ決済で最大5%を還元、20%還元キャンペーンも
三井住友カードは2月1日、新しいクレジットカードとして券面にカード番号が一切ない「ナンバーレスカード」を発行する。タッチ決済の利用をさらに促進するために、主要コンビニエンスストア、マクドナルドでの利用でのポイント還元を増量する。バーチャルカードが発行できるので、Apple PayやGoogle Payに登録すれば即時利用できる。(2021/2/1)

三井住友銀、自社共通の「Vポイント」で残高チャージできるモバイル決済アプリ
三井住友カードがモバイル決済アプリ「Vポイント」を公開した。SMBCグループの共通ポイント「Vポイント」やクレジットカード、銀行口座から残高をチャージできる。(2021/2/1)

三井住友カード、完全番号レスに進化 年会費無料、コンビニ常時5%還元も
三井住友カードは2月1日から、「三井住友カード」を変更し、表面だけでなく裏面にもカード番号を記載しない完全番号レスのクレジットカードを提供する。また、ポイントプログラムVポイントでは、Visaのタッチ決済やiD決済での使用を可能にする。(2021/2/1)

米国人よりも日本人の情報が高値で売買:
盗まれた個人情報はダークウェブ市場でどう扱われるのか、Comparitechが調査
比較サイトComparitech.comは、盗まれた個人情報の価格を調査した結果を発表した。盗難クレジットカードやハッキングされたPayPalアカウント、社会保障番号などが40以上のダークウェブ市場でどう扱われているのかが分かる。(2021/1/28)

エポスカードかたる詐欺メールに注意 偽の会員サイトでクレカ情報など窃取
フィッシング対策協議会が、エポスカードをかたる詐欺メールを確認したとして注意を呼びかけた。メールの件名は「【重要なお知らせ】エポスNet ID 必要の再アクティブ化リクエスト」など。(2021/1/26)

QRコード決済、「利用している」は約3割 現金派に及ばず MMD調査
MMD研究所が、QRコード決済の認知度や利用状況について調査。その結果、「現在利用している」と答えた層は33.3%だった。よく使う支払い方法は「現金」(90.8%)や「クレジットカード」(73.3%)が「スマホ決済」(41.2%)を上回った。(2021/1/20)

不正アクセスでペイメントアプリ改ざん 「柿安オンラインショップ」カード情報集出、不正利用も
ECサイト「柿安オンラインショップ」が不正アクセスを受けて顧客のクレジットカード情報が流出し、一部の顧客のカード情報が不正利用された可能性。第三者によってシステムの脆弱性が突かれ、ペイメントアプリを改ざんされたためという。(2021/1/20)

スマホ決済「UNIQLO Pay」開始 会員証QRコードで決済、チャージは不要
1月19日、iOSとAndroid向け「UNIQLO」アプリに、スマホ決済機能「UNIQLO Pay」が追加された。スマートフォンのUNIQLOアプリ上に表示させた会員証QRコードをレジでスキャンすることで決済できる。支払い方法はクレジットカードと銀行口座の2つから選択できる。(2021/1/19)

UCカードの案内かたるフィッシングメールに注意 偽の本人確認でクレカ情報など窃取
フィッシング対策協議会が、ユーシーカードをかたるフィッシングメールを確認したとして注意を呼びかけた。クレジットカードの利用を制限したなどと偽りの情報を表示し、偽サイトへ誘導するという。(2021/1/15)

渋谷区、税金のネット納付可能に クレカ、Apple Pay、Pay-easyに対応
渋谷区は、インターネット経由で区民税などを支払えるようにしたと発表した。「F-REGI 公金支払い」に5日から対応。クレジットカード、Apple Pay、Pay-easy(ネットバンキング)で納付が、24時間可能だ。(2021/1/15)

楽天ゴールドカード、SPU倍率を4倍から2倍に変更 年会費返金も
楽天カードは、楽天ゴールドカードの特典ポイントを+4倍から+2倍に引き下げると発表した。楽天市場で適用になるスーパーポイントアッププログラム(SPU)について、4月1日以降から改訂となる。(2021/1/14)

完全番号レスのクレカ「セゾンカードデジタル」が目指す、カードなしのクレジットカード
クレディセゾンが2020年末に提供を開始した「セゾンカードデジタル」。券面の表にも裏にも一切番号を記載しない「完全番号レス」カードだ。国内初となるこの仕組みはどうやって生まれたのか。担当者に直撃した。(2021/1/6)

2021年のキャッシュレス業界 銀行の逆襲が始まるか
国内では依然としてクレジットカードがキャッシュレス決済の大部分をけん引する。一方で、クレジットカードだけではカバーできない層にまで浸透する新しい決済手段としてスマートフォンを使ったコード決済やアプリ決済が登場し、ニーズの隙間を埋めつつ、従来の決済インフラでは現金利用が中心だった層においてもキャッシュレス経済圏を拡大すべく市場が広がりつつある。(2020/12/31)

2020年のキャッシュレス業界 けん引したのは結局クレカ
20年のデータが出そろっていない段階ではあるものの、18年以降にキャッシュレス決済比率を押し上げたのはクレジットカードの利用増にある。PayPayが100億円規模の大規模キャンペーンを立ち上げ、いわゆるキャンペーン合戦によるシェアの奪い合いが激増したが「一番利用が多いPayPayでさえ全キャッシュレス決済の1割にも満たない」という声を聞いている。(2020/12/31)

チャレンジャーバンクのレボリュート、銀行口座からの入金に対応
送金や海外決済、外貨両替などの機能を持つ金融アプリ「レボリュート(Revolut)」は12月24日、国内銀行口座からの入金に対応したと発表した。これまでは、入金はデビットカードまたはクレジットカードに限られていたが、チャージの選択肢が広がった。(2020/12/24)

なんばと関空など:
クレカで電車に乗れる 南海電鉄の改札でVisaのタッチ決済の実証実験
ビザ・ワールドワイド・ジャパン、南海電気鉄道、三井住友カード、QUADRACの4社は、2021年春から南海電鉄の一部の駅で、Visaのタッチ決済とQRコードによる入出場の実証実験を行うと発表した。改札にVisaのタッチ決済機能を備えたクレジットカードなどをかざすことで、通過と運賃精算を行える。駅の改札で、Visaのタッチ決済による入出場を可能にするのは国内初。(2020/12/24)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。