ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「クレジットカード」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!クレジットカード→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でクレジットカード関連の質問をチェック
「クレジットカード」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

関連キーワード

定食レストラン「やよい軒」が券売機をリニューアル クレカやコード決済など支払い方法を大幅拡充
プレナスが展開する定食レストラン「やよい軒」が、新型券売機を1月末までに順次導入する。導入店舗では、クレジットカードやQRコード決済など、18種類のキャッシュレス決済方法を利用できるようになる。(2022/1/21)

交通反則金などカード払いOKに 政府法案概要判明
交通反則金や旅券(パスポート)、自動車検査(車検)などの国の行政手数料の納付をクレジットカードなどでできるようにする行政キャッシュレス化法案の概要が20日、分かった。現在、印紙を購入して平日に窓口で行うなどの手間がかかる各手数料の納付が、クレカなどでいつでも自宅から可能になる。旅券と車検の手数料キャッシュレス化については令和4年度から実施する予定で、政府は法案を今通常国会に提出する。(2022/1/21)

交通反則金などキャッシュレス化 政府法案概要判明
交通反則金やパスポート、車検などの国の行政手数料の納付をクレジットカードなどでできるようにする行政キャッシュレス化法案の概要が分かった。旅券と車検の手数料キャッシュレス化は2022年度から実施する予定で、政府は法案を今通常国会に提出する。(2022/1/21)

SBI証券、三井住友カード 証券総合口座開設とクレカ発行を同時に申込める新サービス開始
 SBI証券と三井住友カードは1月19日より、SBI証券の証券総合口座開設の申し込みと、三井住友カードのクレジットカードの入会申し込みを同時に手続きできる新サービスを開始した。(2022/1/20)

三井住友カード、利用額の3%を仮想通貨XRPで還元するキャンペーン
三井住友カードは、SBI証券、SBI VCトレードと共同で、クレジットカード利用額の3%を仮想通貨XRPで還元するキャンペーンを実施する。期間は1月20日から4月30日まで。(2022/1/20)

ドコモオンラインショップが「クレジットカード決済」の要件を厳格化 「3Dセキュア 2.0」対応カードが必須に
NTTドコモの直販サイト「ドコモオンラインショップ」で商品代金をクレジットカードで支払う場合の条件が厳格化された。1月12日以降は、「3Dセキュア2.0(EMV3Dセキュア)」に対応するカードを使うことが必須となる。(2022/1/12)

分かりにくいけれど面白いモノたち:
キャッシュレスとスマートフォンの時代に向けた革小物 rethink「ニッチシリーズ」
iPodの実用的なケースを作り出したデザイナーが、コインとクレジットカードを収納できてなおかつ薄く小さい財布を開発した。(2022/1/4)

スイーツパラダイス、通販サイトでの不正アクセスの可能性報告 SNSでは利用者がクレカ不正利用を報告
12月6日ごろから、複数のスイパラ通販利用者が「クレジットカードを不正利用された」とSNSで報告していました。(2021/12/24)

三井住友カード、落とした場所を探せる「Tile」搭載のクレカ発行 世界初
三井住友カードはSB C&Sと業務提携し、探し物トラッカー「Tile」を搭載したクレジットカード、「三井住友カード Tile」を共同開発した。12月16日から1500枚限定で予約を受け付ける。(2021/12/17)

発行手数料5500円:
探せるクレジットカード「三井住友カード Tile」登場 初回は1500枚限定で発行
三井住友カードとSB C&Sが、世界で初めて「Tile」機能を内蔵したクレジットカードを発行する。初回は1500枚限定で発行することにしており、応募者多数の場合は抽選となる。(2021/12/16)

一般消費者への影響は「ほとんどない」?
英国AmazonがVisaクレカの取り扱いを停止、理由は「手数料が高過ぎる」
英国のAmazon.co.ukでは2022年1月19日から、英国発行のVisaクレジットカードが利用できなくなる。Visaはこの決定を批判するが、アナリストは「一般消費者への影響は少ない」とみる。その理由は。(2021/12/14)

世界中で普及するオープンバンキング【前編】
クレカはもう“オワコン” 「オープンバンキング」が決済を変える
「オープンバンキング」による決済が、今後急速に普及する可能性がある。この勢いは「クレジットカード決済の優位性を失わせる」と調査会社は予想する。決済はどう変わろうとしているのか。(2021/12/13)

スイパラ通販利用者がクレカ不正利用被害に 運営元は「因果関係を調査中」
「スイーツパラダイスの公式通販サイトを利用した後、クレジットカードが不正利用された」とする報告がTwitter上で相次いでいる。運営元は公式通販サイトを一時閉鎖。因果関係を調査している。(2021/12/10)

世界中で普及するオープンバンキング【後編】
クレカを“オワコン”にする「オープンバンキング」にVisa、Mastercardが本気の訳
「クレジットカード決済の優位性を失わせる」との声もあるオープンバンキング決済に、大手クレジットカードブランドVisaやMastercardが注力している。両者の意図とは何なのか。(2021/12/20)

【共感しかない】そんなばかな……!? 毎月クレカの“合計額”にだけ心当たりがない
1つ1つの代金には見覚えがあるんですが……。(2021/12/9)

ビットコインが貯まる「bitFlyer クレカ」 提供開始から3日で、申込み件数1万件突破
 暗号資産(仮想通貨)取引所を運営するbitFlyer(東京都港区)と、新生銀行グループのアプラス(東京都千代田区)は、12月1日に提供を開始した「bitFlyer クレカ」の申し込み件数がほぼ3日で1万件を突破したと発表した。(2021/12/7)

「JupyterLab」ベースのノートブック開発環境でAWSリソースを利用:
機械学習を学び、実験できる無料サービス「Amazon SageMaker Studio Lab」プレビュー版が発表
AWSはJupyterノートブックを使用して機械学習を学び、実験できる無料サービス「Amazon SageMaker Studio Lab」のプレビュー版を発表した。クレジットカード番号は不要であり、AWSアカウントすら必要ない。(2021/12/3)

国内初、ビットコインがたまるクレカ「bitFlyer クレカ」発行
利用に応じてビットコインがたまるクレジットカード「bitFlyer クレカ」登場。(2021/12/2)

bitFlyer、ビットコインを還元するクレカ 0.5〜2.5%還元
仮想通貨取引所のbitFlyerは12月1日、利用金額に応じてビットコインを還元するクレジットカード「bitFlyerクレカ」の発行を開始した。スタンダードカードは利用金額の0.5%、プラチナカードは1%を、ビットコインで還元する。(2021/12/1)

利用額の1%を還元:
PayPayボーナスが貯まるクレカ「PayPayカード」、募集開始
PayPayカードが、キャッシュレス決済サービス「PayPay」で利用できる「PayPayボーナス」が貯まるクレジットカード「PayPayカード」の募集を始めた。支払い額に応じてPayPayのポイントが還元されるクレジットカードの発行は初めてとなる。(2021/12/1)

「エヴァ」公式ECでクレカ情報流出か セキュリティコード含む1万7828件
アニメ「エヴァンゲリオン」シリーズなどの著作権管理を行うグラウンドワークス:は、ECサイト「EVANGELION STORE(オンライン)」が第三者の不正アクセスにより、顧客のクレジットカード情報1万7828件が漏えいした可能性があると発表。(2021/12/1)

「EVANGELION STORE」で不正アクセス クレジットカード情報1万7828件に流出の可能性
クレカ情報1万7828件に流出の可能性。(2021/11/30)

番号レスのクレジットカード「PayPayカード」登場 PayPay決済で1〜3%還元
PayPayカードは、クレジットカード「PayPayカード」を12月1日から募集する。PayPay残高にチャージができる他、PayPayの決済手段に追加できる。PayPayカードで決済すると、利用額の1%のPayPayボーナスが付与される。(2021/11/30)

「PayPayカード」正式発表 支払額の1%をPayPayボーナスで受け取れるクレカ
キャッシュレス決済サービス「PayPay」のブランドを冠したクレジットカード「PayPayカード」がZホールディングス傘下のPayPayカード社から登場した。年会費は無料、12月1日から募集を始める。(2021/11/30)

顔認証、クレカ通過、QRコード…… 鉄道技術展で示された「近未来の次世代改札機」の世界
「マスクをしていてもOK」これ重要です。(2021/11/30)

三井住友カード、法人向けビジネスオーナーズ 年会費無料で1.5%還元
三井住友カードは11月29日、中小企業経営者および個人事業主向けの新クレジットカード「ビジネスオーナーズ」の発行を開始した。国際ブランドはVisaのみ。(2021/11/29)

「コジコジ」初のクレカ VISAOカード(コジコジデザイン)発行開始
 日本アニメーション(東京都中央区)は11月19日、「コジコジ」が券面にデザインされたクレジットカード「VIASOカード(コジコジデザイン)」が三菱UFJニコスより発行されると発表した。同日より会員募集を開始する。(2021/11/22)

年会費66万円のダイヤ入り金属クレカ ラグジュアリーカード、最上位カード投入の狙い
金属製クレジットカードを発行するラグジュアリーカードが、年会費66万円の最上位カードを投入する。「ブラックダイヤモンド」と名付けられたこのカードは、金属製であるだけでなく券面に天然のダイヤモンドを埋め込んだ。(2021/11/17)

JCB、オリジナルカードを12年ぶりリニューアル タッチ決済標準搭載
JCBは11月9日、同社の代表的なクレジットカード「JCB ORIGINAL SERIES」を12年ぶりにリニューアルすると発表した。12月上旬に発行する。(2021/11/9)

後払い決済サービス「届いてから(SM)払い」 スマホ決済など10種類以上に対応
 後払い決済サービス「後払いドットコム」の運営を行うキャッチボール(東京都品川区)は11月2日、クレジットカード決済や主要スマホ決済、キャリア決済を搭載した「届いてから(SM)払い」を新サービスとして2022年春より提供すると発表した。(2021/11/4)

急成長するBNPLの業界見取り図:
国内BNPLと分割払いとの違いはどこにあるのか? 【前編】
近年、後払い決済サービス(以下、「後払い」)の伸長が著しい。ECにおいて主要な決済手段として使われているのはクレジットカードだが、近年、「後払い」がユーザーにとって極めて身近な存在となりつつある。(2021/11/2)

スーパーマーケットのECサイトで個人情報25万件が流出か 非会員含む8年分の顧客情報が対象
スーパーマーケットを展開するベイシアは、同社のECサイト「ベイシアネットショッピング」の運営委託先が第三者による不正アクセスを受け、顧客の個人情報25万4207件とクレジットカード情報3101件が流出した可能性があると発表。(2021/11/1)

Androidスマホは対象外:
au PAY カードで「QUICPay+」を設定して決済すると抽選で1万Pontaポイントがプレゼント 12月31日まで
KDDIグループが発行するau PAY プリペイド/クレジットカードにおいて、Apple Pay対応のiPhone/iPadに「QUICPay+」を設定した上で、12月31日までに500円(税込み)以上利用したユーザーを対象とするPontaポイントプレゼントキャンペーンが開催される。当選者数は1000人で、還元ポイントは1万ポイントとなる。(2021/11/1)

マネックス、クレカ投信積立で1%還元 1月以降に開始
マネックス証券は、クレジットカードを使った投信積立サービスの概要を明らかにした。月額5万円まで積立でき、決済額に対して1%をマネックスポイントとして還元する。開始は2022年1月以降を予定している。(2021/10/28)

現金派は買い物前に「Amazonチャージ」で最大2.5%ポイントをゲット! プライム会員ならクレジットカードも使える
タイムセール祭り前に「Amazonチャージ」のキャンペーンをおさらい。(2021/10/22)

「nanaco」のApple Pay対応がスタート JCBやMastercardからのチャージも可能に
セブン&アイ・ホールディングスは、同社の子会社が展開する電子マネー「nanaco」がApple Payに対応したと発表した。JCBやMastercard、American Expressブランドのクレジットカードからもチャージ可能。(2021/10/21)

「北斗の拳」NFT即日完売 “漢の死に様”漫画+動画+保有証明 クレカで買える
「北斗の拳」の名シーンを納めたNFTが即日完売。「南斗六聖拳」6キャラの“死に様”シーンに、オリジナルの演出を加えたアイテムで、4910円・418個限定で発売された。(2021/10/14)

年会費が永年無料の新クレカ「Amazon Mastercard」登場 クラシック/ゴールドから切り替え
三井住友カードは、11月1日から新たな「Amazon Mastercard」を提供開始。年会費を永年無料化し、コンビニエンスストアでのAmazonポイント還元率アップや補償の変更などを行っている。(2021/10/13)

Amazonクレカがリニューアル、年会費を永年無料に ゴールドは事実上廃止
三井住友カードとアマゾンジャパンが「Amazon Mastercard」をリニューアル。年会費を永年無料とし、Amazonプライム会員はAmazon.co.jpの買い物で2.0%のポイントを還元。付帯補償も強化する。一方でゴールドカードについては事実上廃止となる。(2021/10/13)

Amazon、新クレジットカードを発表 年会費永年無料、コンビニでのポイント還元率アップ
従来のクレジットカードも11月より自動的に新サービスに切り替わります。(2021/10/13)

新Amazon Mastercardは、プライム付与のゴールドなし コンビニで1.5%還元
アマゾンジャパンと三井住友カードが発行するクレジットカードがリニューアルし、11月から「Amazon Mastercard」「Amazon Prime Mastercard」の提供を開始する。いずれも年会費は無料で、Amazonの利用で1.5〜2%のポイントを還元するほか、コンビニエンスストアでも1.5%を還元する。(2021/10/12)

BNPL利用者の7割がクレカも保有 なぜ後払いを使う?
3人に1人まで利用経験の増えてきたBNPL(後払いサービス)。しかし、意外なことにBNPL利用者のうち70%がクレジットカードも保有していることが、メルペイが行った調査で分かった。「クレカの与信がおりないから後払いを使っているわけではない」(世代・トレンド評論家の牛窪恵氏)わけだ。(2021/10/11)

ECサイトでの決済手段、クレカが最多 「後払い」で利用したい支払い方法もトップに
 後払い決済サービス「後払い.com」を提供するキャッチボール(東京都品川区)は、ECサイトにおけるスマホ決済の利用動向について調査を実施した。(2021/10/8)

PS3、PS Vita用のPS Storeで「18歳以上のみ対象(CERO Z)」ゲームが購入不可能に クレジットカードなど一部決済方法の終了で
10月27日より。(2021/10/7)

モバイル専用カードレスカード「三井住友カード(CL)」提供開始
三井住友カードは、プラスチックカードを発行しないモバイル端末専用のカードレスカード「三井住友カード(CL)」を提供開始。また、LINE Payでも「Visa LINE Pay クレジットカード(CL)」を提供する。(2021/10/4)

三井住友カード、日本初のVisaカードレスカード発行開始 LINE Pay提携カードも
三井住友カードは、国内初のVisaブランドのプラスチックカードが発行されないモバイル端末専用のクレジットカード「三井住友カード(CL)」の提供を始めると発表。(2021/10/4)

三井住友カード、脱プラスチックのクレカ“カードレス”を発行開始 LINEクレカも
三井住友カードは10月4日、プラスチックカードを発行しないモバイル専用のクレジットカード「三井住友カード(CL)」の発行を開始した。CLはカードレスの略。プラスチックカードなしのVisaクレジットカードは国内初。(2021/10/4)

ワイジェイカード、「PayPayカード」に社名変更 きょうから 金融分野でのPayPayブランドへの統一進める
ヤフーの子会社でクレジットカード事業を手掛けるワイジェイカードが社名を「PayPayカード」に変更した。社名変更に合わせ、本社も福岡から東京のヤフー本社と同じビルに変更したものの、サービス名の「ワイジェイカード」は変更しない。(2021/10/1)

サプリ通販サイトでカード情報9000人分が漏えいか 一部は不正利用された可能性も
「リポカプセルビタミンC公式通販サイト」を運営するスピックは、同サイトに不正アクセスを受け、顧客の会員情報とクレジットカード情報が漏えいした可能性があると発表。一部の顧客のカード情報は不正利用された可能性もあるという。(2021/9/29)

半径300メートルのIT:
「ナンバーレス化」が進むクレジットカード マイナンバーカードへの実装はまだですか?
PINや非接触の決済が増加する中、ナンバーレスのクレジットカードが普及しつつあります。この流れに乗じて他のカードもナンバーレスになってほしいものですが、一筋縄ではいかないようです。(2021/9/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。