ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「支援」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「支援」に関する情報が集まったページです。

製造マネジメントニュース:
昇降機据え付けの危険も体験できる、三菱電機が研修センターを稼働
三菱電機は、昇降機の据え付け技術者を育成する研修センター「匠」を2019年4月1日から稼働する。実習用昇降路や危険体感設備を備え、実際の据え付け現場で起こり得る危険を体験でき据え付け技術者の作業品質や危険感度の向上を支援する。(2019/3/22)

Apple、フェイクニュースから若者を守るため、NLPなど非営利団体を支援
Appleが、若者のメディアリテラシー強化に取り組む3つの非営利団体を支援すると発表した。(2019/3/20)

太陽光パネルのドローン検査を一括運用、NTTドコモが新サービス
NTTドコモがドローンを活用したサービスを支援するプラットフォーム「docomo sky」を発表。第1弾のソリューションとして、太陽光パネルの点検向けサービスの提供を開始した。(2019/3/20)

長野県、RPAとAIでバックオフィス業務を効率化 作業時間削減やミス低減で行政事務の品質向上――富士通と共同実証
長野県は、富士通のRPAツール「Axelute」と公共工事の設計・積算業務支援ソフト「ESTIMA」を活用し、行政事務を効率化する実証実験を実施。RPAでは作業時間を最大88%削減するなどの効果を確認した。職務を単純作業から付加価値の高い作業へシフトさせ、行政サービスの品質向上を目指す。(2019/3/20)

日本全面支援、インドネシア初の地下鉄 試乗会盛況、参加者一日で5万人
インドネシア初となる地下鉄を含む都市高速鉄道が3月末、首都ジャカルタでの開業が予定される。(2019/3/19)

Weekly Memo:
「PC大手のデル」は昔の話――「デジタル変革支援企業」としての強みは?
プロダクトからサービスへの移行が時代の流れとなっている中、今や10兆円企業となったDellはそれに逆らってプロダクトにこだわっているように見える。その真意やいかに――。(2019/3/18)

ITベンチャーが開発:
増える外国人雇用、支援システムが登場 2週間の事務作業がわずか1時間で完了
東京都内のITベンチャーが、増える外国人雇用を支援するシステムを開発した。2週間程度かかる事務作業が、わずか1時間で完了できるという画期的なシステムとは――。(2019/3/18)

製造IT導入事例:
作業者の安全性向上に貢献、IBMとウェアラブル各社が協業
IBMは、Garmin Health、Guardhat、ミツフジ、SmartConeと協力し、同社の「IBM Maximo Worker Insights」を活用した作業者の安全監視支援を実施すると発表した。各社のデバイスなどと組み合わせ、作業者の安全性管理基盤の強化を目指す。(2019/3/18)

超売り手市場:
先輩の「就活は楽勝だった」は、本当か
人手不足倒産など圧倒的売り手市場が続く新卒学生の就活。各大学や大都市では合説(合同企業説明会)が行われ、たくさんの学生であふれかえる……はずですが、実際何が起こっているのでしょうか。大学のキャリア支援の場から見てみたいと思います。(2019/3/17)

「仕事場でAR」が当たり前に?
エンタープライズにARを 「Microsoft HoloLens 2」登場
MicrosoftのARヘッドセット「HoloLens 2」が登場した。仕様が更新され、Microsoftのエンタープライズ向けクラウドサービスを組み込んだ新機能を搭載。IoT(モノのインターネット)への導入を支援するという。(2019/3/16)

ドローン:
大日本コンサルと日立システムズ、国のフィールド試行に橋梁点検用ドローンを適用し「安全装置で通行止め無し」で飛行
大日本コンサルタントと日立システムズは、国が実施する2018年度のフィールド試行業務で、点検記録作成支援ロボットを3案件・7橋脚に適用したことを明らかにした。今回の検証は、「まずは実行して課題をそこから見いだす目的」で行い、結果、必要なラストワンマイルの技術が確認でき、社会実装に向けた大幅な前進になったという。(2019/3/15)

東京五輪、車いす客をロボットが支援 「驚き」より「実用性」アピール
東京オリンピック・パラリンピックの競技会場で、車いすの観客をトヨタの生活支援ロボットがサポート。注文した飲食物などを席まで届けるという。(2019/3/15)

脆弱性情報も提供できる:
Linux Foundation、オープンソース開発に向けた新プラットフォーム「CommunityBridge」を発表
Linux Foundationは、オープンソースソフトウェアの開発に向けた新しいプラットフォーム「CommunityBridge」を発表した。直接的な開発支援以外にも資金調達といった機能を備える。発表と同時に、一部のプロジェクトやメンバー企業に対して、同プラットフォームへの早期アクセスの提供を始めた。(2019/3/15)

3Dプリンタニュース:
積層造形の量産導入を支援するシーメンス、ガスタービン高効率化にも貢献
シーメンスPLMソフトウェアは2019年3月14日、東京都内で記者会見を開催し、積層造形(AM:Additive Manufacturing)における同社の取り組みと採用事例について説明した。(2019/3/15)

工場、ビルのIoTや、IoT見守りサービスの保守を効率化――IoTデバイスを一元管理する「JP1 for IoT」 日立から
日立は、IoTシステムの効率的な運用管理を支援する製品群「JP1 for IoT」を発表。第1弾として、IoT機器の稼働状況やセキュリティ対策状況を一元管理する「JP1 for IoT - デバイス管理」、USBやデバイスの不正接続を監視するアプライアンス2製品を提供する。(2019/3/14)

PR:導入後「コレジャナイ」とならないために……クラウド移行、100社以上を支援 ティーケーネットサービスの”秘策”
(2019/3/14)

医療機器ニュース:
AI解析により内視鏡画像診断を支援するソフトウェア
オリンパスは、AIを搭載した内視鏡画像診断支援ソフトウェア「EndoBRAIN」を発表した。超拡大内視鏡で撮影された大腸内視鏡画像をAIが解析し、腫瘍あるいは非腫瘍の可能性などの診断結果を、数値でリアルタイムに表示する。(2019/3/13)

AI活用:
PR:製造業のAI活用はなぜ進まない? 「業務起点」のアプローチで解決せよ
製造業は顧客ニーズの多様化への迅速な対応や労働力不足に対しAI活用で解決をしようという動きがある。しかし、AI活用で効果をあげるには、データサイエンティストをはじめとした専門家の支援が必要などさまざまな壁があり、多くの企業では意欲はあっても手をこまねいているのが現状だ。そうした課題を受けてNECが開発したのが、AIの検証から導入、活用までをトータルに支援する業種・業務別テンプレート群「NEC Advanced Analytics Platform Solution Templates」である。(2019/3/11)

Yahoo!検索「3.11」で被災地に10円寄付、今年もスタート
「Yahoo!検索」で「3.11」と検索すると、1人につき10円を被災地に寄付するという、東日本大震災の被災地復興支援企画「Search for 3.11 検索は応援になる」をヤフーが今年も始めた。11日の24時間限定。(2019/3/11)

「広告見たユーザーに特典を提供」 Googleがアプリ開発者の収益化支援する「特典アイテム」導入
ユーザーが「広告を見る」を選択して動画を見ると、100コインを受け取れるというような機能。(2019/3/11)

携帯電話網でドローン運用支援「docomo sky」 遠隔操作からデータ分析までワンストップで
NTTドコモは3月8日、ドローンを活用したビジネスを行う企業向けに、携帯電話網を活用してドローン運用をサポートするサービス「docomo sky」の提供を始めた。携帯電話網を使ってドローンとプラットフォームを常時接続することで、複数台の自動飛行や遠隔操作などが可能に。(2019/3/8)

製鉄プラントの故障復旧をWatsonが支援 必要な情報はモバイルで検索――JFEスチール、全製造ラインに導入
JFEスチールは、「IBM Watson」を活用した製鉄プラントの制御故障復旧支援システム「J-mAIster」を開発し、全製造ラインに導入。故障などが発生した際、保全担当者がモバイル端末で過去の事例や復旧に必要な情報を効率的に検索できるようになり、復旧時間を大幅に短縮できたという。(2019/3/11)

FAニュース:
自動車だけでなく産業機器にも必要な機能安全対応、ルネサスが認証取得を支援
ルネサス エレクトロニクスは2019年3月7日、産業機器メーカーの機能安全対応をサポートするソリューション「RX Functional Safety」を発表した。(2019/3/8)

ワークプレース診断で、業務効率と会議の有効性を向上――内田洋行、「会議改善診断サービス」を開始
内田洋行は、ワークプレースの利用状況を診断する「会議改善診断サービス」を発表。会議室予約・運用システム「SmartRooms」や「Microsoft 365」と連動し、働き方に関するデータを集約、分析することで、業務や会議の効率化を図り、企業の生産性向上や働き方改革を支援する。(2019/3/8)

医療機器ニュース:
被ばく線量を可視化し、線量情報を管理できるワークステーション
キヤノンメディカルシステムズは、X線画像診断システムの情報を収集・管理する被ばく線量管理ワークステーション「DoseXross」を発売した。線量分布や閾値を超えた線量値などの情報を直感的に把握でき、医療放射線の適正管理を支援する。(2019/3/7)

mineo、パケットの寄付で仙台市復興支援 災害支援タンクを試せる「防災訓練」も
ケイ・オプティコムは、3月11日に応援パケットを活用した仙台市復興支援を実施。mineoユーザー全員でパケットを共有する「フリータンク」の仕組みを応用し、仙台ふるさと応援寄附を通じて「ふるさとの杜再生プロジェクト」への寄附を行う。また、災害時に開放する「災害支援タンク」が正しく使えるよう、3月11日限定で全ユーザーへ開放する。(2019/3/6)

女性の就業率改善につながるか:
女性起業家、SNS活用で成功へ 支援の輪広がる
女性が会員制交流サイト(SNS)を活用して起業したり、ビジネスを成長させたりする取り組みへの支援が関西各地で広がっている。SNSは無料で情報発信することができ、資本力や事業経験でハンディがある主婦らでも導入が容易なためだ。活用が広がれば、関西の府県で女性の就業率が低い傾向の改善につながることも期待されている。(黒川信雄)(2019/3/6)

エンジニア向け転職支援サービス「Qiita Jobs」 開発チームと求職者をマッチング
エンジニア向けの転職支援サービス「Qiita Jobs」が今春リリースされる。(2019/3/5)

IoTセキュリティ:
IoT機器をサイバー攻撃から守るセキュリティ対策サービスの提供開始
テュフ ラインランド ジャパンは、サイバー攻撃からIoT機器を守る「IoT機器セキュリティ対策サービス」の提供を開始した。セキュリティ診断、IoT機器のGDPR対応などを通じて、IoT機器のセキュリティレベル向上を支援する。(2019/3/5)

ドローン基地局でがれきの下の被災者を空から捜索 携帯電話の位置を推定――KDDIが実証実験
KDDIは、災害発生時などの救助活動を支援する手法として、「無人航空機型基地局(ドローン基地局)」で携帯電話から発信される信号を捕捉し、その位置を推定する技術を開発。被災者の捜索などへの実用化を目指す。(2019/3/5)

製造マネジメント インタビュー:
日本の化学産業は研究開発をデジタル化できるのか「海外勢から2〜3周遅れ」
製造業の中でも、最もデジタル化が進んでいない領域といわれているのが、化学産業の研究開発部門だ。化学産業におけるデジタル化の取り組みを支援するアクセンチュアは、日本の化学産業が、欧米の大手化学メーカーなどの海外勢から2〜3周遅れの状況にあると指摘する。(2019/3/5)

機構改革:
大阪万博やIRを視野に竹中工務店が機構改革、「夢洲開発本部」を新設
竹中工務店は、大阪万博の開催決定やカジノを含む統合リゾート(IR)の実現に向けた動きが本格化していることを受け、社内に新しく「夢洲開発本部」を新設した。大阪夢洲での大規模再開発の窓口を一元化して、総合的に支援していくという。(2019/3/5)

CAEニュース:
オンラインSTEM教育支援環境対応の線形代数学向け補助教材を無償提供
サイバネットシステムは、STEM授業向けオンライン教育支援パッケージ「MapleCLASS」で利用できる教育コンテンツを拡充し、「線形代数学」向け補助教材の無償提供を開始した。(2019/3/5)

“AI社員”にいつでもOB・OG訪問 JALがLINEでチャットbot公開
LINEトーク上で、就活生の質問や疑問に答えるAIチャットbotを日本航空が採用。NTTレゾナントのAI導入支援サービス「goo AI×DESIGN」を活用した。(2019/3/4)

ロボット開発ニュース:
人がロボットを遠隔操作する、家事支援サービスを発表
Mira Roboticsは、ロボットと人による家事支援サービス「ugo」を発表した。遠隔操作でロボットが家事を代行するため、他人を家に入れるという心理的な負担がなく利用できる。(2019/3/4)

地方平均は18万円:
就活費用は「平均16万円」と負担大 意外と想定できていない学生が多い……? 
就職活動支援サービス「サポーターズ」を運営するサポーターズは3月1日、就職活動に関する調査結果を発表。就活にかかった費用の総額は全国平均で16万1312円と、学生にとって大きな負担になっていることが明らかに。地方平均で18万2633円だった。(2019/3/1)

医療機器ニュース:
軟性内視鏡とロボット技術を融合した手術支援システムを開発
慶應義塾大学は、軟性内視鏡とロボット技術を融合させた、軟性内視鏡手術システムの非臨床試作モデルを発表した。小さな切開孔または口・肛門からの挿管で体の奥や管腔内に到達し、繊細な操作ができる。(2019/3/1)

導入前から運用後まで責任を持ってやり切る:
PR:縦割りとは無縁! プラットフォームを生かしてもらうタニウムのエンジニアの「お仕事」とは
タニウムでは、「売ったら売りっぱなし」方式ではなく、導入前の支援から実際の構築、運用開始後のサポートまで一貫して行う新しいタイプのエンジニアを中心に、顧客を支援している。(2019/3/1)

ブロックチェーンで留学生の日本語学習データを記録 語学力の正確な把握に活用――ソニー、富士通らが実証実験へ
ソニー・グローバルエデュケーション、富士通らは、外国人留学生の講座の受講履歴や成績証明の管理にブロックチェーンを活用する実証実験を開始。改ざん不可能な信頼性の高い受講データを基に、個々の語学能力を正確に把握することで、留学後の適切な教育支援が可能になるという。(2019/3/1)

VMwareによるハイブリッドクラウドの実現:
PR:“VMware Cloud™ on AWS”でシンプル&確実なクラウド移行を後押し――TIS×SB C&Sによる検証作業の裏舞台
企業での活用が加速するパブリッククラウド――。これとオンプレミスを組み合わせたハイブリッドクラウドが注目を浴びている。その中でひときわ存在感を放つのが、VMwareとAmazon Web Services(AWS)が共同開発したクラウドサービス「VMware Cloud on AWS」だ。TISとSB C&Sは、企業のクラウド移行を強力に支援するため、VMware Cloud on AWSの事前検証を共同で実施した。(2019/3/11)

製造マネジメントニュース:
SAS Japanの2019年ビジネス戦略、製造業の品質管理などを支援
SAS Institute Japanは、2019年度のビジネス戦略を発表した。「コアビジネス領域の成長」「カスタマーリレーションの強化」「将来へ準備と社会への貢献」の3点を軸に事業を推進する。(2019/2/27)

工場ニュース:
ベトナムの工業団地進出で、愛知県企業の事業展開を支援
住友商事は、同社がベトナムフンイエン省で運営展開する第二タンロン工業団地に関して、愛知県と協定を締結した。同団地に新規入居する愛知県内企業に特化した優遇措置を実施し、ベトナムで事業を展開する同県内の企業を支援する。(2019/2/26)

「米国発プロジェクトなのに、支援者の3割が日本人」 3Dモデルを立体視できる“透明な箱”Looking Glassが日本上陸
3Dデータを立体視できる透明な箱形ディスプレイ「Looking Glass」が日本のクラウドファンディング「Makuake」で受注を開始する。日本語マニュアルとカスタマーサポートが付属する。(2019/2/26)

複数の役割を1チップで実現:
ルネサス、仮想化を実現する車載制御マイコン
ルネサス エレクトロニクスは、仮想化支援機構をハードウェアで実装した車載制御用クロスドメインマイコン「RH850/U2A」を開発した。(2019/2/26)

設計レビュー支援ツール:
PR:自動車業界で広く選ばれている、設計レビュー支援ツールとは
設計レビュー支援ツール「Lightning Review」は、近年ますます品質の確保が重要視される自動車業界のソフトウェア開発現場から生まれ、2017年9月にリリースされたツールだ。誰でも簡単に「伝わる指摘」が記録できることや「確実な修正確認」を可能にすることが評価され自動車業界を中心とした組み込みソフトウェア開発の現場で幅広く利用されている。ここでは「Lightning Review」が選ばれる理由とともに自動車業界での導入事例を紹介する。(2019/3/5)

クラウドファンディング、製品来ないまま倒産 支援金はどうなる? 運営元「Makuake」に聞いた
クラウドファンディングプロジェクトを実施した企業が、製品を届けないまま破産手続きを始めたとして、支援者に波紋が広がっている。支援金はどうなるのか、運営元の「Makuake」に対応を聞いた。(2019/2/22)

「法務格差なくしたい」 AIで起業した現役弁護士の挑戦
AIによる契約書レビューサービスを提供する現役弁護士。多くのスタートアップを法務支援する中で感じた課題とは。(2019/2/22)

CADニュース:
機能強化した調和CSR対応設計支援ソフトウェアの最新版を公開
日本海事協会は、IACSのばら積貨物船と油タンカーのための共通構造規則に対応した調和CSR対応設計支援ソフトウェア の最新版「PrimeShip-HULL Ver.6.0.0」を公開した。算式計算ソフトと直接計算ソフトの機能が強化されている。(2019/2/22)

MVNO値下げ支援 総務省 接続料算定に新方式
MVNOが携帯電話大手3社から通信回線を借りる際に支払う「接続料」について、総務省がMVNO事業者の事業戦略の自由度を高める方向で見直すよう調整している。(2019/2/22)

イノベーションのレシピ:
紙切れ1枚からの起業、ソニーがスタートアップ創出ノウハウを外部提供へ
ソニーは、2014年から取り組んできた社内スタートアップの創出支援制度で得たノウハウを外部提供し、スタートアップ支援に本格的に乗り出すことを発表した。(2019/2/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。