ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「プリンタ複合機」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
プリンタ/複合機 - ITmedia PC USER
質問!プリンター&スキャナー→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でプリンター&スキャナー関連の質問をチェック
「複合機」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

CAD・GIS:
エプソンのCAD向け“プリンタ・スキャナー一体型”A0プラス機、0.88m2の省スペース設計
エプソンは、CAD・GIS向けにプリンタ・スキャナー一体型A0プラス対応の複合機と、ポスター印刷用途で国内初を謳うインクボトル方式のA1プラス対応機の2機種をリリースした。(2021/2/24)

組み込み採用事例:
富士ゼロックスの複合機とプリンタの制御エンジンに採用されたリアルタイムOS
イーソルのリアルタイムOS「eT-Kernel Compact」をベースとしたソフトウェアプラットフォームが、富士ゼロックスの複合機およびプリンタの新機種3製品に採用された。(2021/2/12)

PR:変わるワークスタイル 増えるオフィスの困りごと――エプソンのプリンターやスキャナーで解決しよう!
働き方改革に加え、新型コロナウイルスの影響で、ビジネスにおける「ニュー・ノーマル」が急速に浸透してきた。それに伴い、オフィスでも新たな課題が見えてきた。新しい時代の働き方を支援するエプソンのプリンター、複合機やスキャナーをチェックしてみよう。(提供:エプソン販売株式会社)(2021/1/22)

製造マネジメントニュース:
オフィス事業から脱却するコニカミノルタ、画像IoTプラットフォームが成長基盤に
コニカミノルタが同社グループの中長期の経営戦略を説明。市場縮小が加速している複合機を中心としたオフィス事業について、デジタルソリューションを含めたデジタルワークプレイス事業への転換を進めるとともに、プロフェッショナルプリント事業、インダストリー事業、ヘルスケア事業を拡大させていく方針だ。(2020/11/27)

キヤノン、「imageRUNNER ADVANCE DX」シリーズで「楽楽精算」との連携が可能に 領収書の一括自動転記などに対応
キヤノンは、同社製のオフィス向け複合機「imageRUNNER ADVANCE DX」シリーズ向けのサービス「uniFLOW Online Cloud Scan Advance」に「楽楽精算」との連携機能を追加した。(2020/11/27)

3Dプリンタニュース:
複合機から生まれたリサイクルプラスチック100%の3Dプリンタ用フィラメント
キヤノンエコロジーインダストリーは、同社初の自社開発製品として、リサイクルプラスチック100%の3Dプリンタ用フィラメント2種類を独自開発したことを発表した。(2020/11/25)

キヤノン、特大タンクを備えたA4カラーインクジェット複合機
キヤノンは、特大容量タンク「GIGA TANK」を標準で搭載したA4カラーインクジェット複合機「G3360」を発売する。(2020/10/30)

ブラザー、スマホからの手軽な印刷にも対応したA4インクジェット複合機
ブラザー販売は、インクジェットプリンタ「PRIVIO」のラインアップにA4対応の複合機モデル「DCP-J987N-W」を追加した。(2020/9/29)

エプソン、産業向け大判インクジェットプリンタに複合機モデルなど2製品を追加
エプソン販売は、産業向け大判インクジェットプリンタ「SureColor」に省スペース設計の複合機モデル「SC-T3150M」など2製品を追加した。(2020/9/17)

キヤノン、在宅勤務にも向くコンパクトなビジネスインクジェット複合機
キヤノンは、ADFを標準搭載した省スペース設計のビジネスインクジェット複合機「TR8630」を発売する。(2020/8/25)

サプライチェーン改革:
複合機オプション品の需要予測にAIを活用、コニカミノルタが考える成功のカギ
NECは2020年7月13〜17日、バーチャルイベント「NEC iEXPO Digital 2020」を開催。本稿では、テーマセッションAIの業務適用に向けたポイント〜コニカミノルタが推進する需要予測へのAI活用〜」として登壇した、コニカミノルタ SCM部 部長の神田烈氏の講演内容を紹介する。(2020/8/6)

シャープ、テレワークを支援するスマートオフィスサービスを開始 導入から運用までワンストップサポート
シャープは、オフィス機器と業務支援サービスを組み合わせ、導入から運用までワンストップでサポートするスマートオフィスサービス「COCORO OFFICE」を開始する。対応機器は、デジタルフルカラー複合機とNAS(ネットワーク接続ストレージ)を用意。今後、UTM(統合脅威管理)や電子黒板などを加える他、他社とのサービス連携も図る。(2020/7/29)

製造業IoT:
プラズマクラスター空気清浄機とも連携!? シャープのスマートオフィスサービス
シャープは、同社のデジタル基盤「AIoTプラットフォーム」を用いたスマートオフィスサービス「COCORO OFFICE」の提供を開始する。オフィス向け新製品であるデジタルフルカラー複合機やNASなどのCOCORO OFFICE対応機器の導入と併せて、COCORO OFFICEを5年間利用できるIDをライセンスする方針だ。(2020/7/28)

シャープがスマートオフィスサービス「COCORO OFFICE」を8月3日開始 AIoTを活用して業務効率化支援
シャープがAIとIoT(AIoT)を活用したスマートオフィスサービスを開始する。最初は同社の複合機とNASに付帯する形で販売を開始し、付帯できる製品を順次拡大していく。(2020/7/27)

工場ニュース:
中国の新工場で、複合機の量産を2020年7月から開始
リコーは、中国の新工場で2020年7月から複合機の量産を開始する。IoTや自動化設備の導入などによるデジタルマニュファクチュアリングの推進で、生産性向上を目指す。(2020/7/20)

室内照明でも効果:
シャープ、消臭・抗ウイルスの「光触媒スプレー」を発売 複合機の技術を応用
シャープは、消臭や抗菌、抗ウイルス効果のある光触媒を使用したスプレーを発売した。複合機の開発で培った技術を応用し、光に反応してにおい成分やウイルスなどを分解する光触媒を開発。月3000本を生産する。(2020/7/17)

エプソン、エコタンクを採用したビジネス向けA3カラー複合機など4製品を投入
エプソンは、低ランニングコストでの印刷を実現するエコタンク搭載ビジネスカラー複合機計4製品を発表した。(2020/6/24)

HP、在宅勤務にも向く個人向けA4インクジェット複合機2製品
日本HPは、個人向けA4インクジェット複合機計2製品を発表した。(2020/6/18)

ブラザー、ビジネス複合機キャッシュバックキャンペーンを開始 4月30日まで
ブラザー販売は、同社製ビジネスプリンタ/複合機の購入者を対象とした「ビジネス応援フェア」を開始する。(2020/2/17)

リコーが「Cisco Meraki MX67W」と複合機をワンパッケージ化、導入からサポートまでワンストップ提供
リコーは2020年2月14日から、同社のデジタルカラー複合機「RICOH IM C」と、シスコシステムズのクラウド管理型無線LANキット「Cisco Meraki MX67W」をワンパッケージにまとめた「RICOH IM C6000/C5500/C4500/C3500/C3000/C2500 Cloud Connect Package」の受注を開始する。(2020/2/12)

自然エネルギー:
コニカミノルタが中国生産拠点を再エネ100%で運用、太陽光発電+証書の活用で
コニカミノルタは、中国の複合機生産拠点の1つであるコニカミノルタビジネステクノロジーズ(無錫)に、太陽光発電システムを導入し、使用電力の100%が再生可能エネルギー由来となったことを発表した。(2020/2/10)

塩田流失敗しない製品選び術:
今どきプリンタ複合機はこう選べ!(前編)
オンラインショップの口コミや価格比較サイトなど、情報は多くなったものの、それゆえに製品選びが悩ましくなっていないだろうか。どうしたら大きな失敗をしない製品選びができるのか、ITライター歴35年の筆者がそのノウハウを伝授する。(2020/2/10)

製品動向:
分譲マンションの共用部サブスク、月額500円で設備やオカムラの家具を更新
日鉄興和不動産は、subsclifeのサブスクリプションプラットフォームを活用したマンション共用部の家具や設備をニーズに合わせて更新できるサブスクリプションサービスを開始する。入居者は月額500円の共益費で、共用部のコーヒーマシンやWi-Fi機能、ネットワーク複合機、オカムラのオフィス家具が設置されたワークスペースを利用することができる。(2020/2/3)

クラウド連携で業務効率化を実現するコンパクトなA4カラー複合機
リコーは、省スペース設計のA4カラー複合機「RICOH IM C300」シリーズを発表。企業向けソリューション「RICOH Intelligent WorkCore」に対応するモデルだ。(2019/11/28)

変革の最後の一手は:
足かけ10年の組織変革 コニカミノルタが語る「DX推進」に必要なもの
コニカミノルタは、複合機とITサービスの進化型統合プラットフォーム「Workplace Hub」をDXの一環として展開している。同社で“画像IoT”の技術開発をけん引する江口俊哉氏にDX推進に向けた取り組みを聞いた。(2019/11/27)

Amazonで消耗品の自動注文、京セラの複合機が対応 トナー切れを防止
京セラのIoT対応複合機・プリンタが、消耗品の自動注文サービス「Amazon Dash Replenishment」に対応した。トナーの残量が減ると、交換用トナーを自動で注文してくれる。(2019/11/26)

リコー、各種クラウドサービスとの連携も可能なA4カラー複合機
リコーは、クラウドサービス連携機能も備えたA4カラー複合機「RICOH IM C300」シリーズ2製品を発表した。(2019/11/25)

キヤノンMJ、大量給紙にも対応したオフィス向けA3モノクロレーザー複合機
キヤノンは、ビジネス向けA3モノクロレーザー複合機「Satera MF7525F」を発表した。(2019/11/13)

CAD/GIS:
30mのスキャンを可能にするCAD/GIS向けエプソン初の大判複合機
エプソンは、CAD/GIS向けで、これまでラインアップに無かったスキャナーとの一体型プリンタ「SC-T5450M」を2019年10月末に発売した。低価格と省スペース設計の提案で、現在3位に位置する国内コーポレート市場のシェア獲得に乗り出す。スキャナーは独自に開発し、道路や橋梁などの長尺図面であっても、最大30.48メートルまでの読み取りが可能になる。(2019/11/6)

エプソン、カラー複合機の購入で最大6000円分のVisaギフトカードがもらえるキャッシュバックキャンペーン
エプソン販売は、対象製品の購入で最大6000円のVisaギフトカードを進呈するキャッシュバックキャンペーンを発表した。(2019/10/21)

特集:サブスクリプション×DX:
リコーの挑戦、複合機製造業のサービスプロバイダー化とは
オフィス用複合機メーカー、リコーはペーパーレス化によって消耗品ビジネスからの転換を余儀なくされた。製造業が「モノを作って、売る」という従来型のビジネスから脱却するために変革したものとは。(2019/10/21)

施工管理:
複合機とクラウドを連携させる建設業向け「施工管理コミュニケーション変革パック」
リコージャパンは、同社の新世代複合機「RICOH IM C シリーズ」とオクトが提供する施工管理アプリ「&ANDPAD(アンドパッド)」を連携させるクラウドアプリ「RICOH カンタン施工管理 for ANDPAD」を開発。これら複合機とクラウドアプリを組み合わせた「施工管理コミュニケーション変革パック」を2019年9月より提供開始する。(2019/9/13)

キヤノン、特大タンク「GIGA TANK」採用のインクジェット複合機2製品
キヤノンは、特大容量タンクを標準搭載したインクジェット複合機計2製品の販売を開始する。(2019/8/29)

太陽光:
リコーがA3複合機を再エネ100%で生産、RE100の達成へ前進
リコーは、RE100の達成に向けた取り組みの一環として、A3複合機の組み立て生産に使用する全ての電力を、100%再生可能エネルギー由来の電力で賄うと発表した。(2019/8/20)

リコー、連続出力速度が向上したA4カラーレーザープリンターと複合機を発売
リコーが、A4カラー出力に対応するレーザープリンターと複合機の新製品を8月21日に発売する。省スペース設計ながら高生産性をうたい、5GHz帯のWi-Fi(無線LAN)やWi-Fi Directに標準対応する。(2019/8/8)

従来の不満点を徹底解消:
エプソン、プリンタを再デザインしたエコタンク2モデルを投入 手差しA4スキャナーも
エプソン販売が、大容量インクタンクを採用したエコタンクシリーズの新モデルとして、染料/顔料の2種類のブラックを含む5色のインクを搭載したA4インクジェット複合機「EW-M752T」と、4色染料の「EP-M552T」を発表した。(2019/7/25)

シャープ、受付業務にも向く省スペース設計のA3カラー複合機
シャープは、業界最小クラスの設置面積を実現したとするA3カラー複合機計2モデルを発売する。(2019/7/1)

工場ニュース:
米国向け主要複合機の生産拠点を中国からタイ工場に移管、米中貿易摩擦対策で
リコーは、米国向け主要複合機の生産を中国からタイに移管すると発表した。米中貿易摩擦によって今後起こり得るリスクを回避するのが目的だ。(2019/6/7)

日本HP、作業フローを簡略化できる「スマートタスク」搭載のビジネスインクジェット複合機
日本HPは、小規模オフィス向けのビジネスインクジェット複合機「HP OfficeJet Pro 8000」「同 9000」シリーズを発売する。(2019/6/6)

キヤノン、特大タンク「GIGA TANK」搭載のインクジェットプリンタ3製品
キヤノンは、特大容量タンクを標準装備したインクジェットプリンタ/複合機計3製品を発表した。(2019/5/29)

第4次産業革命の現在地:
ITのタッチポイントとしての複合機、ビジネス変革進めるコニカミノルタの挑戦
コニカミノルタは2019年4月25日、複合機の新製品を発表するとともに国内での複合機事業の戦略を発表。合わせて、同社が推進するIoT基盤「Workplace Hub」の進捗状況について複数メディアによるグループインタビューを実施した。(2019/4/26)

エプソン、エコタンク搭載で使い勝手を重視したA4モノクロ複合機
エプソンは、大容量インクタンクを標準装備したA4モノクロ複合機/A4モノクロプリンタ計3機種を発表した。(2019/4/18)

リコーの複合機、コピーやスキャナーを音声で操作可能に 「Alexa for Business」で開発 2019年夏に米国で展開
リコーは、「Alexa for Business」を活用して、オフィス機器の音声操作サービス「RICOH Intelligent Voice Control」を開発する。第1弾として、新世代複合機「RICOH IM Cシリーズ」を音声で操作可能にし、2019年夏に米国市場で提供を開始。米国以外へのサービス展開も順次対応予定としている。(2019/4/11)

リコー、音声で複合機を操作できる「RICOH Intelligent Voice Control」を開発 米国で提供予定
リコーは、アマゾン ウェブ サービスが提供する「Alexa for Business」を中核にした複合機の音声操作サービスを発表した。(2019/4/8)

リコー、大型タッチパネルを装備したA4モノクロ複合機「RICOH IP 500SF」など3機種
リコーは、10.1型タッチパネルを標準装備したA4モノクロ複合機「RICOH IP 500SF」など計3機種を発表した。(2019/4/3)

西松建設で現場の事務業務が“35%削減”、富士ゼロックスが複合機とクラウド連携サービス
富士ゼロックスは、建設現場の働き方改革を支援するサービスの提供を開始した。同社の複合機を活用し、クラウドストレージ「Working Folder」とデータ処理サービス「かんたんデータエントリサービス」を連携させたもので、データ入力や書類作成に関わる業務を簡略化させる。既に西松建設の現場に導入され、データ入力や書類作成の業務で35%が削減されたという。(2019/3/26)

リコーがシスコを採用し、複合機を起点としたネットワークとセキュリティのサービスを展開へ
リコーとシスコシステムズは2019年2月26日、両社の協業を通じ、リコーがシスコのネットワークおよびセキュリティ関連の製品を採用し、リコー製品ユーザーに向けて月額料金制のサービスを提供すると発表した。(2019/2/27)

製造ITニュース:
複合機とITサービスの統合プラットフォーム、新規アプリケーションが登場
コニカミノルタジャパンは、同社のシステム基盤「Workplace Hub プラットフォーム」で利用可能な4つのアプリケーションについて発表した。従量課金への対応により、導入企業のコスト最適化に貢献する。(2019/2/15)

ブラザー、A3対応ビジネスインクジェット複合機3機種を発表
ブラザー販売は、A3両面プリントに対応したビジネスインクジェット複合機3機種を発表した。(2019/1/17)

キヤノン、クラウド機能とセキュリティ機能を大幅強化したオフィス向け複合機
キヤノンは、オフィス向け複合機最新モデル「imageRUNNER ADVANCE Gen3 3rd Edition」計7シリーズの投入を発表した。(2019/1/11)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。