ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「企業」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「企業」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

PR:“ゲーセン衰退”で注目される「オンラインクレーンゲーム」 映像配信の課題に先駆者企業はどう立ち向かった?
(2020/2/19)

東京都・東大・NTT東、ローカル5Gで協定 技術を検証、中小企業での活用促す
東京都と東京大学、NTT東日本が「ローカル5G」について協定を結んだ。通信技術の研究・検証や、応用できる分野の検討の他、中小企業による活用を後押しする。(2020/2/21)

大企業では2020年4月からなのに……:
同一労働同一賃金、肯定派より否定派の企業が多数 「人件費がさらに上がる」「派遣の苦しい声だけを取り上げている」
同一労働同一賃金に関する調査結果が発表。調査結果では、肯定派より否定派の企業の方が多いと分かった。大企業では20年4月から対象となるが、対応済みの企業は少ないようだ。(2020/2/21)

リクナビの合同企業説明会、3月末まで全て中止に 新型コロナウイルスの感染拡大を鑑み
就活解禁は3月1日。(2020/2/21)

ジョージアを狙ったサイバー攻撃、ロシア軍の情報機関GRUが関与と米英が断定
ジョージア政府や企業などのWebサイトが改ざんされ、国営放送局のサービスにも支障が出たサイバー攻撃について、ロシア軍参謀本部情報局(GRU)が関与したと米英が断定した。(2020/2/21)

「食品ロス」削減への現在地:
東京駅で「売れ残り」救出、その効果は? 食品ロス対策に“企業間連携”が欠かせない理由
東京駅改札内の店舗で、売れ残り商品を従業員向けに販売するサービスの実証実験が実施された。事業者にとっては、廃棄コストの削減や、欠品を出さないように商品を用意できるメリットがある。幅広い業界が関わる食品ロス対策には、企業や行政の連携が有効だ。(2020/2/21)

三菱ケミカルHD小林喜光会長が斬る(前編):
「ノーベル賞は過去の栄光」――三菱ケミカルHD小林喜光会長が語る「日本が“2流国”に転落しないための処方箋」
「技術立国ニッポン」が揺らいでいる。AIや5Gなどの先端分野では中国が日本のはるか先を走り、「ものづくり」で高度経済成長を牽引した日本企業の存在感は低下している。そんな中で、日本はどのような科学技術政策を取っていけばいいのだろうか。経済界を代表する論客の一人である小林喜光・三菱ケミカルホールディングス会長(経済同友会前代表幹事)に、日本の技術の現状と求められる対応策を聞いた。(2020/2/21)

さらなる生産性の向上を目指して
管理部門で受け継がれてきた「請求業務の非効率」を解消する方法とは
企業の管理部門では、今は必要ない昔ながらの“作法”や非効率な作業が常態化していることがある。受け継いできた“慣習”を見直し、スマートな管理部門を実現するにはどうすればよいか。(2020/2/21)

岐路に立つオープンソース精神
ライセンス変更によるOSSのクラウド利用制限を巡る懸念
AWSはオープンソースを搾取している。OSS企業のライセンス変更に始まりNew York TimesによるAWS批判記事へと発展した騒動は今、ライセンス変更に対する疑問に進展した。他のOSS企業・団体の意見とは?(2020/2/21)

ポスト・メイカームーブメント(1):
「ひとりメーカー」Bsizeが生き残ったシンプルな理由
2010年代に起きた「メイカームーブメント」を振り返るとともに、2020年代に始まる「ポスト・メイカームーブメント」の鍵となる企業や技術、コミュニティーを紹介する連載。ハードウェアの量産や経営に苦労するスタートアップがいる中、モノを作り続け、成長につなげることができているのはなぜか? 日本のメイカームーブメントの先駆けとして知られ、当時「ひとりメーカー」としてメディアにも大きく取り上げられた、Bsizeの八木啓太氏にお話を伺った。(2020/2/21)

PR:サブスクビジネスで中小企業を支援 「次の130年」を見据えたNTT東日本の戦略
NTT東日本は、2019年からDaaS(Device as a Services)という新しいPC利用形態を提供する新サービス「おまかせデータレスPC」を展開している。通信インフラ企業である同社が中小企業向けにDaaSを展開する理由は何か。その狙いを聞いた。(2020/2/21)

新型肺炎 中小の資金繰りを支援 フィンテックベンチャー続々  
 新型コロナウイルス感染の拡大や記録的な暖冬もあって、中小企業の間では、手元資金が枯渇する懸念が急速に高まっている。そのなかで、IT(情報技術)を活用した金融サービスを手がけるフィンテックベンチャー企業が、資金繰りに悩む中小企業に向けた新サービスに力を入れている。(2020/2/20)

東大、京大、早慶、MARCH――難関大の就活生が注目する企業、IT業界で上位だったのは?
東大、京大、早慶、MARCHに通う2021年卒の就活生が注目している企業について、オープンワークが調査結果を発表。総合商社やメーカーの他、ITコンサルティング企業やSIerが人気だった。3大メガバンクはいずれもランク外だった。(2020/2/20)

Citrixに侵入、ネットワーク内部に5カ月間潜伏したVPN攻撃が判明 その手口は
攻撃者がVPNの脆弱性悪用や弱いパスワードを突く「パスワードスプレー」の手段を使って標的とする企業のネットワークに長期間潜み、情報を盗み出している実態が浮き彫りになった。(2020/2/20)

テレワークでも“誰がどれだけ忙しいのか”を可視化 NECが統合型サービスを発表
NECソリューションイノベータとNECは、企業のスマートワーク推進を支援する「NEC 働き方見える化サービス Plus」の提供を2020年3月1日から開始する。勤務状況の可視化により、業務改善や生産性の向上、チームコミュニケーションの活性化などを支援する。(2020/2/20)

Innovative Tech:
1枚の顔写真にリアルな動きを 韓国企業「MarioNETte」開発
他人の動きで人の顔を操ることができる。しかも自然に。(2020/2/20)

「日本は災害に対する意識が高い」:
日本本社が考える海外のリスクと、アジア拠点が考えるリスクに隔たり デロイト
デロイト トーマツ グループは、リスクとクライシスに関する企業の意識や取り組みについての調査結果を発表した。それによると、国内リスクの第1位は自然災害。アジア拠点の不正行為は、半数以上が管理職以上によるものだった。(2020/2/20)

人気連載まとめ読み! @IT eBook(61):
企業ネットワークに問題あり、どうすれば改善できる?
人気過去連載を電子書籍化して無料でダウンロード提供する@IT eBookシリーズ。第61弾では『羽ばたけ!ネットワークエンジニア』第1〜24回を1冊のPDFとしてまとめました。さまざまなネットワーク技術を利用して、既存の企業ネットワークを改善するヒントを紹介しています。(2020/2/20)

池田純のBizスポーツ:
ここにきて、プロ野球以外でもIT企業が続々とスポーツビジネスに参入するワケ 「ITスポーツ第2世代」の狙いに迫る
楽天、ソフトバンク、DeNAに続き、IT企業のプロスポーツ参入が増えている。メルカリ、ミクシィ、サイバーエージェントら「ITスポーツ第2世代」の狙いはどこにあるのだろうか? そして、どのような未来が待っているのか? 横浜DeNAベイスターズの初代球団社長、池田純氏が斬る。(2020/2/20)

政府、デジタルプラットフォーマー規制法案を閣議決定 取引条件の開示など義務付け
政府が「デジタルプラットフォーマー」を規制する新法案を閣議決定。ECサイトやアプリストアなどの運営企業に対し、取引条件の開示や運営状況の報告などを求める。(2020/2/19)

Dell、EMC買収で獲得したセキュリティ企業RSAを21億ドルで売却
Dellが2016年にEMC買収で獲得したセキュリティ企業RSAを約21億ドルで売却する。EMCが2006年にRSAを買収したのとほぼ同額だ。(2020/2/19)

「Teslaを含む最先端AI開発組織は規制されるべき」とイーロン・マスク氏
全人類の利益になるデジタル知能の開発を目指して2015年に設立されたOpenAIの変化についてのMIT Technologyの記事を受け、同社を立ち上げたイーロン・マスク氏が、OpenAIはもっと透明性を高くすべきであり、(自身の企業である)Teslaを含むAI開発企業は規制されるべきだとツイートした。(2020/2/19)

文科省、ポケモンでプログラミング教育 企業と連携してカリキュラム開発へ
文部科学省は、小学校で4月に始まるプログラミング教育に向け、行政と企業が連携してカリキュラムを開発する「未来の学び プログラミング教育(みらプロ)2020」の概要を発表した。ポケモン社は、ゲーム制作の仕事の紹介やプログラミングの体験授業などを行う。(2020/2/19)

アマゾンを超越し続ける「ザッポス」という存在
今から10年ほど前に『ザッポスの奇跡』という本を書いた。当時、アメリカのビジネス界に旋風を巻き起こしていた「ザッポス」という靴のネット通販会社の「企業文化戦略」についての本だ。ザッポスはどのようにして、あのアマゾンに「負け」を認めさせるに至ったのか。(2020/2/19)

Accenture Technology Vision 2020:
「多くの企業は“ひと”や社会への影響を十分検討できていない」 アクセンチュア
アクセンチュアは、世界の技術トレンドに関する調査レポート「Accenture Technology Vision 2020」を発表した。同レポートは、消費者のデジタル技術に対するニーズや期待に、企業が対応しきれていないと指摘する。(2020/2/19)

パナソニックが考える「2020以降の街づくり」:
パナソニック LS社が東南アジアでハウジング事業を本格化、2030年度に売上450億円を目指す
パナソニック ライフソリューションズ社は、東南アジアでハウジング事業を本格化している。現地における市場の成長度合いに合わせ製品を展開していくとともに、“工業化”“高齢化”“高機能化”をテーマにした商材でパートナー企業を開拓している。2030年度における海外売り上げ目標である1000億円のうち、450億円を東南アジア市場の売り上げが占める。(2020/2/19)

カードゲームでRPA導入のポイントを学べる研修サービスが登場
NTTデータは、カードゲームを使ってRPA導入のポイントを学べる企業向けの研修サービスを2020年3月1日から開始する。RPA導入で起こりやすいイベントをカードゲームにしており、RPAツールの利用やRPA業務アセスメントなどのノウハウを分かりやすく理解できるという。(2020/2/18)

エネルギー管理:
国内初の「民間電力取引所」でP2P取引実証、住友林業が再エネ活用を視野に
住友林業が国内初の民間電力取引所を活用した電力小売事業の実証実験を開始すると発表。電力取引基盤の開発を進めているベンチャー企業のデジタルグリッドが開発するプラットフォームを利用するもので、住友林業が仲介事業者として、発電家と需要家側で電力の直接取引(P2P取引)を実施する。(2020/2/18)

20卒は8割ほどの企業で採用終了:
人手不足でも「人数より質」の企業は増加 インターン参加者を優遇する企業は7割超 21卒の採用動向
21卒の採用動向に関する調査結果が発表。今回から経団連のルールが廃止となったが、大きな変化はなさそうだ。20卒の採用は8割以上が終了している。大企業ほど、終了した割合は高かった。(2020/2/18)

「業界特化テンプレートでAI導入が加速」:
AIがより「知的」に? インフォアが「2020年の企業のAI活用に関する予測」を発表
インフォアジャパンは、「2020年の企業のAI活用に関する予測」を発表した。企業内で従業員と双方向コミュニケーションをとるなど、AIがより「知的」になり、業界に特化したテンプレートによってAIの導入と利用が活発化するという。(2020/2/18)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(99):
Azure Backupの新機能「バックアップエクスプローラー」、プレビュー提供開始
企業のIT基盤がオンプレミスを超えてクラウドに拡張されるにつれ、クリティカルな企業データを確実に保護することが重要になります。「Azure Backup」にプレビュー機能として追加された「Backup Explorer(バックアップエクスプローラー)」は、毎日のバックアップの監視を効率的にしてくれるでしょう。(2020/2/18)

Microsoft純正DaaSの強みとは
DaaSの新しい選択肢「Windows Virtual Desktop」の向き不向きを見極める方法
テレワークを実現するITとして、オンプレミスVDIとDaaSのどちらにすべきかと検討する企業は少なくない。「Windows Virtual Desktop」(WVD)はDaaSの新たな選択肢となるか。WVDが向いている企業、向いていない企業の見極めのポイントは。(2020/2/20)

2020年のAIトレンド【後編】
「AI」の進化が“脱クラウド”を加速させる? その理由とは
人工知能(AI)技術の進化や多様化は、自然言語処理のさらなる高度化をもたらし、企業のクラウド利用に影響を与える可能性がある。それはどういうことなのか。専門家の声を基に2020年のAI関連市場の動向を予想する。(2020/2/18)

パブリッククラウドへの一本化は正しいのか?:
PR:クラウドからオンプレミスへ──最新のITプラットフォームの選び方
企業が目指すべきITインフラの姿はパブリッククラウドに収束するのか? オンプレミスとクラウドの関係は? これらを支えるサーバには何が求められているのか? ニュータニックス・ジャパンが2020年1月に東京で開催した「インビジブルプラットフォームの実現 それはEnterprise Cloudの実現への近道 One Platform. Any App. Any Location.」から、登壇者の講演内容を紹介する。(2020/2/20)

新型コロナ、イベント中止か開催か 迫られる「苦渋の選択」
日本国内でも新型コロナウイルス感染症の感染者数が増えつつある中、大規模なイベントの開催可否について各主催者が判断を迫られている。中止する企業と開催する企業、それぞれの理由は。【追記あり】(2020/2/17)

「労働力の確保」が大きな課題:
20年度「賃上げする」企業は5割超 最も賃金改善が進みそうな業界は……
帝国データバンクによると、2020年度に賃金改善を実施する見込みの企業は53%。人材の確保や定着を目的に賃上げを実施する企業が多かった。(2020/2/17)

10〜12月期GDP、想定外の落ち込み 消費税増税の影響大きく
 令和元年10〜12月期の実質国内総生産(GDP)が1年3カ月ぶりのマイナス成長に陥ったのは、消費税増税による個人消費の落ち込みが主因だ。落ち込み幅は想定よりも大きく、消費税の増税が消費マインドに与える打撃の大きさを見せつける結果となった。新型コロナウイルスによる肺炎の拡大で企業活動は打撃を受けており、1〜3月期は2四半期連続のマイナス成長になるとの観測もある。(2020/2/17)

東京都の担当者に聞く:
NTTデータで働く協力会社社員が新型肺炎に感染 その時企業はどうすべきか
NTTデータ社内に常駐していた協力会社社員が新型肺炎に感染。保健所によって濃厚接触者が特定され、NTTデータは在宅勤務の指示を行った。社員が感染した場合、企業はどうすべきか?(2020/2/17)

ストレス軽減する福利厚生:
IT業界で「ホワイト度」が高い企業 2位はNTTドコモ、1位は?
企業の口コミサイト「キャリコネ」を運営するグローバルウェイが発表した「情報・通信業界の“ホワイト度が高い企業”ランキング」によると、1位はグーグル。福利厚生に対する評価が高い。(2020/2/17)

Weekly Memo:
「全国中小企業クラウド実践大賞 全国大会」にみる3つのクラウド活用ポイント
クラウドサービスを有効活用する中小企業を表彰する「全国中小企業クラウド実践大賞 全国大会」が開催された。そこから中小企業におけるクラウドサービス活用のポイントを筆者なりに挙げた。(2020/2/17)

デニム風、スーツ風……おしゃれ作業費が増えている
きつい、汚い、危険の「3K」イメージを返上したい。建設や運輸などの企業で最近、おしゃれで着心地もよい作業着の採用が相次いでいる。(2020/2/17)

CES 2021では利用できる? イーロン・マスク氏のTBC、ラスベガスのトンネル開通
CESの開催でおなじみのラスベガスコンベンションセンターで、イーロン・マスク氏のトンネル掘削企業The Boring Companyによるトンネルが開通した。「CES 2021」では無料で会場内を高速移動できるようになる見込みだ。(2020/2/17)

今だからこそ!モデルベース開発入門(2):
モデルベース開発は、自動車メーカーと大手サプライヤーだけのものではない
モデルベース開発は、自動車メーカーやティア1サプライヤーだけのものではありません。ティア2以下のサプライヤーや中小企業にも無関係ではないのです。また、モデルの活用を「やらなければならない」と思うのではなく、自分のためでもいいのです。(2020/2/17)

モノづくり業界転職トレンド(17):
企業に「会いたい」と思わせる職務経歴書はどう書く?
不透明な市況感を背景に、企業は採用に慎重になっている。面接で“会って”もらうためには、その前の書類選考での「職務経歴書」が重要となる。では職務経歴書はどう書けばいいのか。転職コンサルタントに話を聞いた。(2020/2/17)

マスクド・アナライズのAIベンチャー場外乱闘!:
「大手と同じことをやっても勝てない」 サイバーエージェント傘下のプロレス団体社長に学ぶ、ベンチャーの戦い方
年商500万円からサイバーエージェント傘下入りを果たしたプロレス団体・DDTプロレスリングの高木三四郎社長に、ベンチャー企業の戦い方を聞いた。高木社長はどうやってDDTという団体を成長させたのか。(2020/2/17)

製造マネジメント インタビュー:
製造業が「DX」を推進するための3つのステージ、そのポイントとは?
製造業のデジタル変革(DX)への取り組みが広がりを見せる中、実際に成果を生み出している企業は一部だ。日本の製造業がDXに取り組む中での課題は何なのだろうか。製造業のDXに幅広く携わり、インダストリアル・バリューチェーン・イニシアティブ(IVI)のエバンジェリストを務める他2019年12月には著書「デジタルファースト・ソサエティ」を出版した東芝 デジタルイノベーションテクノロジーセンター 参事の福本勲氏に話を聞いた。(2020/2/14)

特集:継続的に儲けるための「セキュリティバイデザイン」入門(1):
DX時代の今、経営層やエンジニアに問い直す、「セキュリティ対策」と「セキュリティバイデザイン」の意義とは
近年の複雑化、多様化するサイバー攻撃を迎え撃つセキュリティ対策は、迅速なサイクルを回す開発が求められるデジタルトランスフォーメーション(DX)の阻害要因になるのではという意見もある。その中、DXとセキュリティの両立に有効なのが「セキュリティバイデザイン」だ。では、企業がセキュリティバイデザインに取り組む上で、どのような課題があるのか。(2020/2/17)

D-WaveのCEOに聞く「量子コンピュータ」の可能性【前編】
D-Waveが直面した「量子コンピュータ」の“限界”とは? どう乗り越えるのか
複雑な計算問題を解くのに優れている量子コンピュータは、企業の課題解決にも役立つ可能性がある。量子コンピュータベンダーD-WaveのCEOに、量子コンピュータの用途と開発状況を聞く。(2020/2/17)

視点:
データ資本主義がもたらす人間中心の社会〜思考のROI(投資対効果)最大化〜
「データは新しい石油(Data is the new oil)」といわれているが、企業にはさまざまなデータ、あるいはデータ化されていないアナログ情報が活用されずに眠っている。(2020/2/17)

目の前に迫る「2025年の崖」
残り5年 DXを目指す企業は「レガシーシステム」とどう向き合うべきか
DXレポートで示された「2025年の崖」を回避するため、取り組みを始めている企業も多いだろう。だがその取り組みにブレーキをかけるものがある。「レガシーシステム」だ。DXを目指す企業はレガシーシステムとどう向き合うべきか。(2020/2/20)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。