ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「意識調査」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「プログラミングよりも別のことを……」という声も:
「家族に教えてほしい」が最多 MMD総研が小中学生のプログラミング教育に関する意識調査
MMD総研が実施した「2020年1月 小中学生のプログラミング教育に関する意識調査」の結果によると、小中学生の半数以上が「学校以外でプログラミングを学びたい」と回答し、学校以外では家族に教えてほしいと考えている人が最も多かった。(2020/1/20)

新成人の73.1%が「ドラレコは必需品」 “あおり運転”報道の影響で
ソニー損害保険が新成人のカーライフ意識調査を実施。「ドライブレコーダーは必需品だと思う」という問いに「あてはまる」と回答した新成人は73.1%に達したという。(2020/1/10)

「収入さえあればよい」「組織に縛られないスキルほしい」 今どき大学生のキャリア観は?
マイナビが大学1、2年生を対象にしたキャリア意識調査の結果を発表した。(2020/1/10)

今日のリサーチ:
「車を所有する経済的な余裕がない」新成人が63.4%――ソニー損害保険調べ
毎年恒例となった新成人のカーライフ意識調査です。(2020/1/8)

キャリアニュース:
ITエンジニアの約6割が「技術的スキルだけでは生き残れない」と回答
VSNが、ITエンジニアを対象とした仕事に関する意識調査の結果を発表。「技術的スキルだけでは生き残れない」と55.9%が考えていた。また、今後高めたい能力として、自身で解決策を提案できる「コンサルティング力」を挙げた人が最も多かった。(2019/12/19)

キャッシュレス決済が増えた県は?:
貯蓄上手の福島県、お賽銭をたくさん入れる愛知県、消費増税で我慢する岩手県――47都道府県の「お金」意識が明らかに
ソニー生命保険が発表した「47都道府県別 生活意識調査2019」の集計結果。福島県の人に倹約志向が強い傾向があり、消費増税後に買いたいものを我慢するようになったのは岩手県の人に多かった。年末年始の消費に関する予算の違いも明らかになった。(2019/12/18)

収入、仕事面が自慢の地域も:
「自分は働き者」という人が多い都道府県は? 隣県の“ライバル関係”も明らかに
ソニー生命保険が「47都道府県別 生活意識調査2019」の集計結果を発表。働き方や仕事に対する意識の県民性が明らかになった。所得水準や勤務先の多さを自慢に思う地域、「自分は働き者」と考える人が多い地域とは?(2019/12/17)

グローバル人材に「合わせられない」日本の上司:
外国人部下に日本人上司の4割強「自己主張強い」「日本の常識通じない」とギャップ
外国人部下を持つ日本人上司に意識調査。4割強が「自己主張強い」「日本の常識通じない」と回答した。3割が「ノウハウ無く手探り」と、マネジメントへの苦労が浮き彫りに。(2019/12/10)

今日のリサーチ:
東京五輪に関する企業の意識調査(2019年)――帝国バンクデータ調べ
帝国データバンクは、東京五輪に関する企業の見解について調査を実施しました。46.8%がオリンピック開催は日本経済の持続的成長に有効と回答しています。(2019/11/25)

今日のリサーチ:
「土日・祝日に働くこと」に約6割がネガティブな印象――パーソルキャリア調べ
パーソルキャリアは、「土日・祝日に働くこと」についての意識調査の結果を発表しました。(2019/11/23)

キャンセル料への理解は広がる:
飲食店の無断キャンセル、5割がグルメサイト利用 「取りあえず予約」が温床に
「取りあえず予約」という気軽な気持ちが無断キャンセル発生につながる――。TableCheckが実施した消費者意識調査で、無断キャンセルに関する利用者側の意識が明らかになった。(2019/11/21)

投資予算が過去15年で最大に:
企業の技術投資が世界で拡大、KPMGコンサルティングがCIOを対象に意識調査
KPMGコンサルティングの意識調査「Harvey Nash/KPMG 2019年度CIO調査」によると、技術への投資を拡大した企業の割合が過去最高となった。人材不足は、データ分析やサイバーセキュリティ、AI(人工知能)分野を中心に、2008年以来最高の水準に達した。(2019/10/25)

「効果的なイノベーションを阻害」:
CEOの8割が従業員のスキル不足を懸念 PwCが「第22回世界CEO意識調査」発表
PwCは「第22回世界CEO意識調査」の結果を発表した。「自社の従業員に対して、業務上必須のスキルが不足していることに不安がある」と回答した割合は8割。スキル不足の結果「効果的なイノベーションが創出されない」などの悪影響が出ていた。(2019/10/24)

今日のリサーチ:
ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本における結果を発表しました。(2019/10/18)

モビリティサービス:
コネクテッドサービスの有料加入者は5%、約40%は「今後も利用しない」
デロイトトーマツグループは「転換期を迎えた自動車産業の注目すべき3つの論点」をテーマとし、メディアセミナーを開催。本稿では同セミナーの中から、「CASE」についての消費者意識調査の内容を3回に分けて掲載する。第3回は「コネクテッド」と「モビリティサービス」についての消費者意識の変化について紹介する。(2019/10/7)

自動運転技術:
「自動運転車は既存自動車メーカー製でなくてもよい」と3割以上が回答
デロイトトーマツグループは「転換期を迎えた自動車産業の注目すべき3つの論点」をテーマとし、メディアセミナーを開催。本稿では同セミナーの中から、「CASE」についての消費者意識調査の内容を3回に分けて掲載する。第2回は「自動運転(A)」についての消費者意識の変化について紹介する。(2019/10/4)

電気自動車:
日本でEVが普及しないのは「高い」(と思われている)から
デロイトトーマツグループは「転換期を迎えた自動車産業の注目すべき3つの論点」をテーマとし、メディアセミナーを開催。本稿では同セミナーの中から、「CASE」についての消費者意識調査の内容を3回に分けて掲載する。第1回は「電動化(E)」についての消費者意識の変化について紹介する。(2019/10/3)

日本マーケティングリサーチ機構の調査:
働き方改革、半数が「内容理解していない」 6割が「成功しない」 変わってほしいのは「給与」
日本マーケティングリサーチ機構が、「働き方改革に関する意識調査」の調査結果を発表。ワードの認知度が高まる一方で、内容の理解に課題があることが分かった。また、6割程度の人が、改革に冷たい視線を向けている実情も明らかに。変わってほしい労働環境は「給与」がトップだった。(2019/9/30)

今日のリサーチ:
Web広告を「あまり表示してほしくない」が9割――Macbee Planet調査
Web広告に関する意識調査です。(2019/9/30)

非接触決済は「使い勝手が良い」、QRコード決済は「お得である」――スマホ決済のイメージに差 MMD研究所調べ
MMD研究所が、非接触決済利用者とQRコード決済利用者を対象とした「2019年9月 スマートフォン決済の利用に関する意識調査」の結果を発表。非接触決済は「使い勝手が良い」、QRコード決済は「お得である」といったスマホ決済へのイメージなどについて聞いている。(2019/9/26)

今日のリサーチ:
シニアの過半数はスマホで地図を見る――ソニー生命調査
ソニー生命による「シニアの生活意識調査2019」の結果から。(2019/9/12)

「若者のPC離れ」はウソ? PCに関する意識調査、プラネット調べ
プラネットは、「パソコンに関する意識調査」の結果発表を行った。(2019/9/11)

キャッシュレス決済導入済みの個人店は35.2%、導入しない理由は「現金で十分」「手数料」
MMD研究所は、8月29日に「2019年7月 消費者/個人店経営者から見るキャッシュレス意識調査 第2弾〜個人店編〜」の結果を発表した。キャッシュレス決済を導入している個人店は35.2%、導入サービスは「クレジットカード」「QRコード決済」が多い。(2019/8/29)

SHIBUYA109に来る若い女性の7割は「ヲタ」 15〜24歳までの女性を対象にした「ヲタ活」意識調査の結果が発表される
みんな何かに夢中!(2019/8/20)

今日のリサーチ:
幸せとは「好きなことを仕事にする」こと――ソニー生命保険「中高生が思い描く将来についての意識調査」
全国の中高生に対して将来の夢や希望を調査してみた結果、「好きなことを仕事にする」が最多でした。また、女子の方がそう回答した人の比率が高くなりました。(2019/8/16)

バイクは「若返り効果」がある!? ナップスがライダー意識調査
バイク乗りは若く見える、らしいですよ。(2019/8/9)

調査で判明:
PR:現場が求めるオフィス向けディスプレイの選定基準は?
生産性を向上させるディスプレイ選びのポイントとは? ITmediaビジネスオンライン編集部が実施した「法人向けディスプレイ企業導入に関する意識調査」から見えてきたのは……(2019/7/26)

今日のリサーチ:
消費税率引き上げに関する企業の意識、実施の是非は拮抗――帝国データバンク調査
帝国データバンクは「消費税率引き上げに対する企業の意識調査」を実施しました。(2019/7/19)

回答者の多くが「仕事のスピードが上がった」:
リモートワークは「家族との関係が改善し運動不足が進む」? キャスター意識調査
キャスターが発表したリモートワークによる働き方と生活の変化に関する意識調査によると、リモートによって作業効率が向上するだけでなく、家族関係も良好になったことが分かった。(2019/7/18)

「これ全部手作業ですか……?」:
「日本式な考え方」に違和感を持つ外国人エンジニア プレイネクストラボ調査
プレイネクストラボが、同社が運営するサービスに登録する外国人ITエンジニアを対象に実施した意識調査によると「日本文化が好き」や「日本最先端技術を学びたい」との回答がある半面、仕事に対してルールを優先する一方で非効率で生産性に対する意識が低い点などに疑問を感じていることが分かった。(2019/7/12)

調査対象の8カ国のうち51%が被害に:
「日本は実際の被害は少ないが、危機意識は諸外国より高い」 F-Secure意識調査
F-Secureの個人情報保護に関する意識調査によると、家族の誰かが何らかサイバー犯罪の被害を受けたことがあると回答した割合は51%、自分がサイバー犯罪などの被害に遭うのではないかと感じていると回答した割合は71%だった。(2019/7/11)

「メインスキルはC言語が最も多い」:
50代でフリーランスを目指すエンジニアが増加中? レバテックが意識調査
レバテックの調査によると、同社と契約している50代以上のフリーランスエンジニアは2017年から1.6倍に増えている。フリーランス歴1年未満のエンジニアが全体の27.9%を占め、50代からフリーに転身する人がある程度存在する。(2019/7/8)

製造マネジメントニュース:
ビッグデータ活用に関する意識調査、関心と知識は上昇傾向に
日立製作所と博報堂は、個人情報の取り扱いやビッグデータの利活用などに対する意識調査「第4回 ビッグデータで取り扱う生活者情報に関する意識調査」の実施結果を発表した。(2019/6/25)

雇用延長を求める声も:
自分が受け取れる年金額、約6割が「把握していない」
働き方コンソーシアム(CESS)が「働き方と年金とキャリア設計などに関する意識調査」を発表。30〜59歳の働く男女1010人のうち、自身が加入する年金や将来受け取れる年金額を約6割の人が把握していないことが分かった。(2019/6/11)

「SD-WAN と ネットワーク運用管理」意識調査
簡単な調査にご協力いただいた方の中から抽選で10名様に「Amazonギフト券(5000円分)」をプレゼント。(2019/6/13)

今日のリサーチ:
パーソナルデータ利活用に対する不安は若い人ほど少ない――日立製作所と博報堂が意識調査
パーソナルデータ利活用に対する生活者意識の変化や、AIによるプロファイリングへの期待と不安などを調査。(2019/6/10)

職場には子どもが過ごせる環境がない 親の意識調査から見る「子連れ出勤」の壁
子連れの通勤電車はとても大変。(2019/5/30)

今日のリサーチ:
「オンラインで完全なプライバシー確保は不可能」と考えている人が過半数――カスペルスキー調べ
日本を含む世界21カ国を対象に実施した、オンラインにおける個人のプライバシーに関する意識調査です。(2019/5/27)

スマート化/リノベ:
IoTで「防災持続力を備える家」、パナソニック ホームズが全国展開
パナソニック ホームズは、「防災持続力を備える家」を開発し、全国の展示場でキャンペーンを展開している。新しい家のあり方を考えるに当たって、独自に実施した防災に対する意識調査から市場ニーズを分析した。(2019/5/14)

今日のリサーチ:
スマートフォンを2週間取り上げられても構わない人は全世代で6%以下――Adobe調査
Adobeが実施した消費者のモバイル利用に関する意識調査です。(2019/5/13)

製造ITニュース:
ブロックチェーンは幻滅期に移行、一方で将来への期待感は高水準
ガートナー ジャパンは、国内企業のブロックチェーンに関する意識調査結果を発表した。ブロックチェーンを理解している経営層は16.7%と減少したが、企業の65%がブロックチェーンの将来に大きな期待を寄せていることが分かった。(2019/5/13)

今日のリサーチ:
メルカリ調査、若者のワンショット消費(例:洋服を買ったら着て写真撮ってインスタに投稿してすぐ売る)が拡大
メルカリは「2019年度フリマアプリ利用者と非利用者の消費行動に関する意識調査」の結果を発表しました。(2019/4/26)

キャリアニュース:
新入社員の4割以上が「仕事での失敗」「職場の人間関係」に不安
日本能率協会が「2019年度 新入社員意識調査」の結果を発表した。新入社員と上司側との意識の差や、過去調査と比較することで分かった、仕事や働き方に対する新入社員の考え方の変遷などがまとめられている。(2019/4/25)

自動運転技術:
自動運転の需要調査、公道実証にはネガティブな印象、MaaSは高齢者から期待大
損害保険ジャパン日本興亜は2019年4月22日、自動運転車やMaaS(Mobility-as-a-Service、自動車などの移動手段をサービスとして利用すること)に関する意識調査の結果を発表した。2017年に実施した同様の調査と比較して、自動運転機能を利用する意向や、自動運転車の普及に対する期待が高まっていることが分かった。また、MaaSの認知度は低いものの、利用してみたいという回答は半数を占めた。(2019/4/23)

柔軟な働き方にニーズ:
求職者の意識は「時短」や「テレワーク」に、Indeedが過去6年間のデータを分析
Indeed Japanは「柔軟な働き方」に関する求職者の意識調査結果を発表した。2019年4月から働き方改革関連法が順次試行されることを受けた。Indeedで検索された柔軟な働き方に関連する単語の検索数は、6年間で約2.8倍に増加した。検索数が最も増えた単語は「時短」で約10.4倍。検索数第1位は「在宅」だった。(2019/4/22)

携帯電話の買い替えは消極的、端末費用の自己負担額1位は「1万円程度」 携帯市場の意識調査
携帯市場がいわゆる「分離プラン」に関する携帯電話費用意識アンケートを実施。端末費用の負担が増えることを「知っている」が46%、「知らなかった」が54%となり、買い替えについては「安い端末を探して買う」が40%、「買い控える」が27%と消極的になっている。端末費用の自己負担額1位は「1万円程度」となった。(2019/4/18)

ノルマのきつそうな会社は嫌:
20年卒学生はどんな会社で働きたい? 「やりたい仕事ができる」よりも……
マイナビが2020年卒業予定の学生に就職意識調査を実施した。「どんな会社で働きたいか」という項目では、これまで19年間トップだった「自分のやりたい仕事ができる会社」が2位に転落。1位になったのは……。(2019/4/15)

働く女性499人に聞く:
「神経をすり減らす」「指示に一貫性がない」 女性が悩む職場の人間関係、1位は「上司」
人材会社のエン・ジャパンが働く女性を対象に「職場の人間関係」に関する意識調査を実施。女性が職場で最も関係に悩んだ相手は「上司」だった。(2019/4/12)

電力供給サービス:
電力自由化から4年、消費者の「スイッチング意欲」は停滞傾向に
2019年4月で電力自由化から4年、ガス自由化から3年になるが、消費者の認知度や意識はどう変化したのか――。電通が2018年12月に全国を対象に実施した「エネルギー自由化に関する生活者意識調査」の結果を公表した。(2019/4/2)

消費者はどれだけキャッシュレスに賛成? 店舗のコード決済導入率は?
MMD研究所は、3月27日に「2019年1月 消費者/個人店経営者から見るキャッシュレス意識調査」レポート結果を公開。店舗側に導入しているキャッシュレス決済は「クレジットカード/デビットカード」が70.8%、「QRコード決済」が30.8%。キャッシュレス化の促進について消費者の57.7%が「賛成」と答えている。(2019/3/27)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。