ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「意識調査」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

スマート化/リノベ:
IoTで「防災持続力を備える家」、パナソニック ホームズが全国展開
パナソニック ホームズは、「防災持続力を備える家」を開発し、全国の展示場でキャンペーンを展開している。新しい家のあり方を考えるに当たって、独自に実施した防災に対する意識調査から市場ニーズを分析した。(2019/5/14)

今日のリサーチ:
スマートフォンを2週間取り上げられても構わない人は全世代で6%以下――Adobe調査
Adobe Systemsが実施した消費者のモバイル利用に関する意識調査です。(2019/5/13)

製造ITニュース:
ブロックチェーンは幻滅期に移行、一方で将来への期待感は高水準
ガートナー ジャパンは、国内企業のブロックチェーンに関する意識調査結果を発表した。ブロックチェーンを理解している経営層は16.7%と減少したが、企業の65%がブロックチェーンの将来に大きな期待を寄せていることが分かった。(2019/5/13)

今日のリサーチ:
メルカリ調査、若者のワンショット消費(例:洋服を買ったら着て写真撮ってインスタに投稿してすぐ売る)が拡大
メルカリは「2019年度フリマアプリ利用者と非利用者の消費行動に関する意識調査」の結果を発表しました。(2019/4/26)

キャリアニュース:
新入社員の4割以上が「仕事での失敗」「職場の人間関係」に不安
日本能率協会が「2019年度 新入社員意識調査」の結果を発表した。新入社員と上司側との意識の差や、過去調査と比較することで分かった、仕事や働き方に対する新入社員の考え方の変遷などがまとめられている。(2019/4/25)

自動運転技術:
自動運転の需要調査、公道実証にはネガティブな印象、MaaSは高齢者から期待大
損害保険ジャパン日本興亜は2019年4月22日、自動運転車やMaaS(Mobility-as-a-Service、自動車などの移動手段をサービスとして利用すること)に関する意識調査の結果を発表した。2017年に実施した同様の調査と比較して、自動運転機能を利用する意向や、自動運転車の普及に対する期待が高まっていることが分かった。また、MaaSの認知度は低いものの、利用してみたいという回答は半数を占めた。(2019/4/23)

柔軟な働き方にニーズ:
求職者の意識は「時短」や「テレワーク」に、Indeedが過去6年間のデータを分析
Indeed Japanは「柔軟な働き方」に関する求職者の意識調査結果を発表した。2019年4月から働き方改革関連法が順次試行されることを受けた。Indeedで検索された柔軟な働き方に関連する単語の検索数は、6年間で約2.8倍に増加した。検索数が最も増えた単語は「時短」で約10.4倍。検索数第1位は「在宅」だった。(2019/4/22)

携帯電話の買い替えは消極的、端末費用の自己負担額1位は「1万円程度」 携帯市場の意識調査
携帯市場がいわゆる「分離プラン」に関する携帯電話費用意識アンケートを実施。端末費用の負担が増えることを「知っている」が46%、「知らなかった」が54%となり、買い替えについては「安い端末を探して買う」が40%、「買い控える」が27%と消極的になっている。端末費用の自己負担額1位は「1万円程度」となった。(2019/4/18)

ノルマのきつそうな会社は嫌:
20年卒学生はどんな会社で働きたい? 「やりたい仕事ができる」よりも……
マイナビが2020年卒業予定の学生に就職意識調査を実施した。「どんな会社で働きたいか」という項目では、これまで19年間トップだった「自分のやりたい仕事ができる会社」が2位に転落。1位になったのは……。(2019/4/15)

働く女性499人に聞く:
「神経をすり減らす」「指示に一貫性がない」 女性が悩む職場の人間関係、1位は「上司」
人材会社のエン・ジャパンが働く女性を対象に「職場の人間関係」に関する意識調査を実施。女性が職場で最も関係に悩んだ相手は「上司」だった。(2019/4/12)

電力供給サービス:
電力自由化から4年、消費者の「スイッチング意欲」は停滞傾向に
2019年4月で電力自由化から4年、ガス自由化から3年になるが、消費者の認知度や意識はどう変化したのか――。電通が2018年12月に全国を対象に実施した「エネルギー自由化に関する生活者意識調査」の結果を公表した。(2019/4/2)

調査で判明:
金融詐欺、狙われる高齢者は「金融知識に自信がある」人
自分の金融知識に対して自信のある高齢者ほど金融詐欺に遭いやすい――。フィデリティ投信がまとめた意識調査で、こんな高齢者の姿が浮き彫りになった。「人生100年時代」の到来で資産運用の重要性が高まる一方で、高齢者を狙った投資詐欺や振り込め詐欺などの被害が頻発している。金融教育や高齢者向けサービスの重要性が改めて問われている。(2019/4/1)

消費者はどれだけキャッシュレスに賛成? 店舗のコード決済導入率は?
MMD研究所は、3月27日に「2019年1月 消費者/個人店経営者から見るキャッシュレス意識調査」レポート結果を公開。店舗側に導入しているキャッシュレス決済は「クレジットカード/デビットカード」が70.8%、「QRコード決済」が30.8%。キャッシュレス化の促進について消費者の57.7%が「賛成」と答えている。(2019/3/27)

事業継続できますか:
2018年の災害では34.2%で「BCPが機能した」、NTTデータ経営研究所が調査
NTTデータ経営研究所は、「東日本大震災発生後の企業の事業継続に係る意識調査」の結果を発表した。「平成30年7月豪雨」と「平成30年北海道胆振東部地震」の2つの災害でBCPが機能したと回答した割合は、東日本大震災と比較して1.7倍に増加した。(2019/3/12)

最も信頼できる情報源は「テレビのニュース番組」 中高生のニュースに関する意識調査 MMD研究所調べ
MMD研究所が12歳〜18歳の中高生を対象とした「2019年3月 中高生のニュースに関する意識調査」の結果を発表。78.4%が「テレビ番組視聴中にスマートフォンを操作」と答え、普段利用するメディア上位は「SNS」「テレビ」「動画アプリ」に。最も信頼できると思う情報源は「テレビのニュース番組」が60.1%でトップとなった。(2019/3/5)

車載セキュリティ:
自動車業界にセキュリティ意識調査、不十分な対応やリソース不足が目立つ
シノプシス(Synopsys)は2019年2月20日、東京都内で会見を開き、自動車業界のセキュリティの取り組み状況に関する調査結果を発表した。調査はSAE(米国自動車技術会)と共同で、グローバルの自動車メーカーやサプライヤーなどを対象に実施した。(2019/2/21)

使いたいコード決済1位は「PayPay」 働く女性の意識調査
ソフトブレーン・フィールドは、2月12日に「《働く女性》キャッシュレス決済に関する意識調査」の結果について発表。QRコード決済を「実際に利用したことがある」は17.5%、「実際には利用していないが、今後利用してみたい」は32.9%に。利用してみたいQRコード決済は「PayPay」が最多で「LINE Pay」「楽天ペイ」と続いた。(2019/2/15)

今日のリサーチ:
VR体験で購入意欲は高まるのか?――マクロミル調べ
VR(バーチャルリアリティー)に関する意識調査です。(2019/2/15)

高齢者「運転に自信あり」7割 NEXCO東「高速道路の逆走」について意識調査を実施、65歳以上のドライバーが対象
高速道路の逆走「自分は関係ない」35%という結果も。(2019/2/7)

今日のリサーチ:
民泊オーナーの懸案事項1位は「騒音などご近所トラブル」――楽天コミュニケーションズ調べ
楽天コミュニケーションズは、民泊オーナー325人を対象に民泊オーナー向けに「第二回 民泊運営に関する意識調査」を2018年12月下旬に実施しました。(2019/2/7)

今日のリサーチ:
人生100年時代の「働き方」に関する意識調査――SOMPOホールディングス
SOMPOホールディングスは、「人生100年時代の『働き方』に関する意識調査」を実施しました。(2019/1/30)

7割が「個人で会社を買う」に興味:
独立・起業したい理由は「定年後の不安」 資金をためている人の平均額は……
経営承継支援が実施した「独立・起業に関する意識調査」によると、独立・起業したい理由は「定年退職後の収入に不安がある」が多かった。一方で、半数以上がまだ資金をためていない。ためている人の平均額は1259万円だった。(2019/1/21)

軽減税率制度の認知は9割超、準備の必要性も5割超に リクルート調査から
POSレジアプリ「Airレジ」を提供するリクルートライフスタイルは、小規模店舗を対象に実施した「消費増税・軽減税率制度に関する店舗の意識調査」の結果を発表。軽減税率制度について94.1%が「知っている」と回答し、準備状況については制度を認知している店舗の50.3%が必要性を感じていると答えた。(2019/1/18)

若者の車離れは本当か? 平成最後の「新成人」に意識調査、経済的な余裕がないと回答60%以上
新成人の自動車に対する意識調査の結果が発表されました。(2019/1/14)

本当に脅威なのか:
AI・ロボットに仕事を奪われないためのスキルとは?
10年後、あなたの仕事はAIに奪われる? ユーキャンが20〜40代のビジネスパーソン約300人を対象にした意識調査を行った。(2019/1/9)

今日のリサーチ:
台湾とタイではどのSNS広告がクリックされるのか――アウンコンサルティング調べ
アウンコンサルティングは、台湾とタイのWeb広告に関する意識調査を実施しました。(2019/1/9)

Androidの最新スマホ、女性の7割が「よく知らない」 MMD研究所の調査
MMD研究所は、12月26日に「2018年秋冬発売の最新スマートフォンに対する意識調査」の結果を発表した。購入意向が高いのはiPhone XS/XS Maxで、iPhone XS/XS Max/XRは「デザインがいい」、Pixel3/Pixel3 XLは「魅力的な端末である」という意見が多く集まった。一方、iPhoneには「端末代金が高い」という声も約3割挙がっている。(2018/12/26)

今日のリサーチ:
2人に1人が月に1度は衝動買い、1万円以内なら許容範囲――グルーポン・ジャパン調べ
グルーポン・ジャパンは、グルーポンユーザー3041人を対象に「衝動買いに関する意識調査」を実施しました。(2018/12/26)

日本の職場のいいところは?:
外国人に聞いた、日本で就職する際に苦労したことは? 英語話せるのに“アジア人”はダメなケースも……
日本に住む外国人向け総合メディアを運営するYOLO JAPANは12月25日、日本に住む外国人を対象に実施した労働環境に関する意識調査の結果を発表した。日本で仕事を探す際にハードルとなっていることは何か聞いたところ、多くの日本人は外国人とのコミュニケーションに不安を抱えている現状がうかがえた。(2018/12/25)

今日のリサーチ:
女性の約7割が「クリぼっちはかわいそうじゃない」――JADMA調査
女性1万人を対象にした「クリぼっち」に関する意識調査です。(2018/12/24)

情報共有の仕組みづくりを求める声も:
長引く会議、使用目的不明の資料作成など…… 6割以上の勤務先で「無駄な業務あり」
総合求人情報サイト「はたらこねっと」を運営するディップは12月20日、業務効率改善に関する意識調査の結果を発表。現在の勤務先に「無駄な業務・作業がある」と回答した人は6割以上いることが分かった。(2018/12/20)

男性は女性のスマホ利用に敏感:
異性の「食事マナー」は気になる? 女性が不快に感じたトップは「店員への横柄な態度」
結婚相手紹介サービスを手掛けるオーネットは12月18日、独身男女を対象に異性の食事マナーに関する意識調査の結果を発表。73.9%は異性と食事をする際に相手の食事マナーが「気になる」と回答した。(2018/12/18)

19年10月実施予定:
軽減税率の「内容理解している」人は4割未満 増税後は8割以上が「買い控え」
マーケティングリサーチのインテージは12月18日、2019年10月に10%へと引き上げられる消費税増税に関する意識調査の結果を発表。増税と同時に実施される軽減税率について「内容を理解している」人は36.2%にとどまることが分かった。(2018/12/18)

中古端末意識調査 男性の半数が端末を売ることへ「抵抗なし」
MMD研究所は、12月13日に「2018年中古端末に関する意識調査」の結果を発表した。男性の半数以上が端末を売ること、3割以上が買うことに「抵抗がない」と回答。中古端末への抵抗の理由上位は「バッテリーの持ちが心配」「誰が持っていたかわからない」「性能の劣化が心配」となった。(2018/12/13)

バンダイが「小中学生のお年玉に関する意識調査」 を発表 お年玉の平均額は小学生で2万1382円
「お年玉」の平均額や使い道などを調査。(2018/12/12)

今日のリサーチ:
日本の広告主は変われたか? アドベリフィケーションに関する意識調査2018――Momentum
Momentumは「アドベリフィケーションに関する意識調査2018」の結果を公表しました。(2018/12/10)

アルコールが抜けるまでの時間、4割が知らない タニタ「飲酒運転」社会人の意識調査の結果発表
飲み過ぎや遅い時間の飲酒で「翌朝に飲酒運転をしてしまう」ケースにも注意するよう呼びかけています。(2018/12/9)

「危険」を認識していても「対策法」を知らない――ノートン「セキュリティ」意識調査
ノートン(Norton)ブランドで個人向けコンピューターセキュリティ製品を展開するシマンテックが、日本人を対象とするセキュリティ意識調査を実施。セキュリティリスクを認識していても、具体的にそれを低減・排除する“すべ”を知らないユーザーが一定数いることが分かった。(2018/12/7)

30〜40代は特に後ろ向き:
3割の人は「キャッシュレス社会」を望んでいない 「決済手段多すぎ」とサービス乱立に戸惑う声も……
近接通信ソリューションなどを提供するスマート・ソリューション・テクノロジーはこのほど、キャッシュレス社会に対する意識調査の結果を発表。多くの人がキャッシュレス社会はいずれはやってくると考えていることが分かった。(2018/11/28)

今冬の過ごし方では“インドア派”が増加:
家計で見直したい費用1位は? もっとお金をかけたいことは? 意識調査
総合情報サイトなどを運営するオールアバウトと大阪ガスが家計などに関する意識調査を実施。多くの人が生活インフラ費用を見直したい意向があることが明らかとなった。(2018/11/27)

働き方改革の影響も:
若手社員の半数以上は「3年後は今の企業で勤務していないと思う」 その理由は?
3年後も今の会社で勤務し続けていると思う? 与信管理を手掛けるリスクモンスターが若手社員を対象に仕事や会社に対する満足度について意識調査を実施。「3年後は勤務し続けていないと思う」と回答した若手社員は半数以上いた。(2018/11/26)

回答者の中から抽選で10名様にAmazonギフト券5000円分が当たる
「仮想化インフラについての課題」意識調査
簡単な調査にご協力いただいた方の中から抽選で10名様に「Amazonギフト券(5000円分)」をプレゼント。(2018/11/21)

20代は「家族」「お金」よりも「インターネット」を重視 動画視聴利用意向の高さも明らかに So-net調べ
インターネット接続サービス「So-net(ソネット)」が、11月21日のインターネット記念日に合わせて「インターネットに関する意識調査」実施。結果を公表した。「家族」「お金」よりも「インターネット」を重視するなど、特に20代ではインターネット依存度が高いことが明らかとなった。(2018/11/19)

収入が増えない……:
2割は「昨年より購買姿勢が消極的になった」 節約したいもの1位は「通信費」 生協連調べ
日本生活協同組合連合会はこのほど、消費などに関する意識調査の結果を発表。昨年と比べ購入姿勢が「消極的になった」と答えた人は22.8%いた。(2018/11/16)

混雑や旅費高騰を懸念:
19年「GW10連休」はうれしくない? 「サービス業のため無関係・無関心」といった声も……
2019年のGWは祝日に挟まれた4月30日〜5月2日が休日になることで、前後の土日を含めると「GW10連休」が実現する見込みだ。これを受け、オンライン総合旅行サービス「エアトリ」が19年のGWに関する意識調査を実施した結果……(2018/11/15)

キャリアニュース:
副業を禁止する企業に「魅力を感じない」――8割以上が回答
マクロミルが「副業」に関する意識調査の結果を発表。勤め先が副業を認めているという回答者は16.7%で、今後副業を希望する人は44.1%いた。さらに、副業を禁止する企業に約83%が「魅力を感じない」と回答した。(2018/11/13)

iPhoneはシニアにも人気、スマホ所有率1位 MMD調査から
MMD研究所は、11月7日に「2018年10月 シニアのスマートフォン、 生活に対する意識調査」の一部結果を発表した。スマートフォン所有率は59.9%、フィーチャーフォン所有率は30.5%となり、MVNO利用率は19.6%に。不安に感じていることは「自分の健康」が63%で最多となった。(2018/11/7)

今日のリサーチ:
CDOの台頭によりCIOの役割に変化──Harvey Nash/KPMG 2018年度CIO調査
世界84カ国のCIOとITリーダーを対象に実施した意識調査です。(2018/11/6)

最も長かったのはロシア:
日本人はキレイ好きじゃなかった? 世界9カ国、掃除時間が最も短かったのは日本
ドイツの掃除機機最大手メーカーのKarcherが、世界9カ国を対象に掃除に関する意識調査を実施。1週間の掃除時間が最も短い国は日本だったという。(2018/10/30)

今日のリサーチ:
小中学生に持たせる最初のスマホ、過半数の親が「Android」を選択――J:COM調べ
小中学生のスマホ利用に関する親の意識調査です。(2018/10/25)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。