ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「スマートハウス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「スマートハウス」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

CES 2021:
お古のGalaxyスマホを「赤ちゃんモニター」などに再利用 サムスンの環境保護プログラム
韓国Samsung Electronicsは、買い替え後不要になったスマートフォンを新たなスマートホーム機器として再利用できるようにするプログラム「Galaxy Upcycling at Home」を発表した。2021年中にGalaxyスマホの機能として導入するとしている。(2021/1/15)

Samsung、「Tile」のようなBluetoothロケーター「Galaxy SmartTag」を米国で30ドルで発売へ
Samsungが「Galaxy S21」シリーズ発表イベントで、Galaxy端末と連携するスマートトラッカー「Galaxy SmartTag」を発表した。BLEをサポートし、鍵や財布、バッグなどに付けておくと紛失しても探してくれる。米国では29.99ドルで発売する。(2021/1/15)

いまさら聞けないクルマのあの話(7):
「新車全て電動車」はどうなった? 年末に発表されたグリーン成長戦略をおさらい
2021年は、グリーン成長戦略の実行に向けて多くの企業が動き出す1年となるでしょう。グリーン成長戦略でどのような目標が掲げられたか、自動車を中心におさらいします。(2021/1/7)

STマイクロ VIPer31:
小型の高電圧オフラインコンバーター
STマイクロエレクトロニクスは、高電圧コンバーター「VIPerPlus」シリーズに、小型で高電圧のオフラインコンバーター「VIPer31」を追加した。内蔵のパワーMOSFETは800Vのアバランシェ耐性を備える。(2020/12/21)

ソニー、天井から見守るスマートホームサービス センサー付きシーリングライト活用 月額3938円から
ソニーネットワークコミュニケーションズが部屋の天井に設置したシーリングライトを使う見守りサービス「MANOMAライトプラン」の提供を始めた。(2020/12/14)

STマイクロ リファレンス設計:
Alexa Voice Service対応のUIリファレンス設計
STマイクロエレクトロニクスは、Amazonから「AVS Integration for AWS IoT Core」の利用認定を受け、音声ベースのUI開発を簡略化できるリファレンス設計を発表した。スマート機器での利用を見込む。(2020/12/10)

Googleアシスタント、Samsungのスマートデバイスの操作が可能に(日本語でも)
GoogleとSamsungがスマートホーム製品で提携し、SamsungのアプリでGoogleのNestカメラやサーモスタットを制御できるようにする。また、SmartThingsアプリとGoogleアシスタントをリンクさせることで、Samsungのスマート家電をGoogleアシスタントで操作できるようにする。(2020/12/9)

IoT家電を取り扱う+Styleが“とがったSIMフリースマホ”を販売する狙い
世界各国のIoTガジェットや、自社ブランドのスマート家電など、ネットにつながる家電製品を取り扱う+Styleが、SIMロックフリースマートフォンのコーナーを新設した。ラインアップも大幅に拡充し、TCLの5Gスマートフォン「TCL 10 5G」を独占的に先行販売。同社の主力はIoTガジェットやスマート家電だが、なぜSIMロックフリースマホの販売を強化するのか。(2020/12/8)

JVCケンウッド、AlexaやGoogleアシスタント搭載のワイヤレスイヤフォン発売
JVCケンウッドは、音声アシスタントを搭載したワイヤレスイヤフォン「WS-A1」「WS-A1G」を発売。話しかけるだけで音楽リスニングや電話、ルーティン機能、ナビ案内などの操作が行える。市場想定価格は3万5000円前後。(2020/12/3)

「Apple Watch」によく似たスマートウォッチ、防犯カメラのWyzeが20ドル(約2100円)で発売へ
米国では防犯カメラメーカーとして知られるWyzeが、「Apple Watch」によく似た「Wyze Watch」を19.99ドル(約2100円)で発売する。ディスプレイは液晶でGPS追跡機能などはないが、Apple Healthとの接続も可能。防水レベルはIP68でバッテリーは9日間持続可能だ。(2020/12/3)

【Amazonブラックフライデー】Fireタブレットが最大6000円OFF Amazonデバイスのセールまとめ
Alexa対応のスマートホーム家電もまとめています。(2020/11/27)

原宿に次ぐ都心型店舗:
IKEA渋谷、11月30日にオープン イケア初の7階建て店舗
家具・インテリア販売などを行うイケア・ジャパンは1、都心型店舗の2店舗目となるIKEA渋谷を11月30日に開業する。(2020/11/26)

3万円台の5G対応SIMフリースマホ、+Styleが先行販売 格安SIMの取り扱いも開始
「+Style」はSIMフリースマホの販売を拡充し、中国TCLの5G対応スマホ「TCL 10 5G」を独占先行販売する。(2020/11/10)

テレワーク時代のスマート家電:
これ以上スマート家電を導入できないだと?――スマートリモコンとWi-Fiルーターで切り抜けた
スマート家電を活用することで、少しでも在宅ワークを快適にしていこうという本連載。今回はスマートホーム化する中で避けては通れない、ボトルネックとなる製品にフォーカスした。(2020/11/5)

AIによる予知保全を可能に:
ルネサス、モーター制御用マイコン4製品を発売
ルネサス エレクトロニクスは、Armコアを搭載した32ビットマイコン「RAファミリー」として新たに、モーター制御用マイコン「RA6T1」グループ4製品の量産を始めた。「Google TensorFlow Lite」を活用すれば、モーターシステムの予知保全が可能となる。(2020/10/30)

iOS 14では“背面タップ”でスクショを撮れる 他にも便利なショートカットあり
iOS 14では、iPhoneの背面をダブルタップまたはトリプルタップすることでショートカット操作が可能になった。スクリーンショットも割り当てられる。「アクセシビリティ」関連の機能も簡単に呼び出せる。(2020/10/29)

Huaweiの受注減でも衰えず:
TSMC、HPC分野の受注で力強い成長
TSMCは、今後数年間はHPC(High Performance Computing)が同社の成長を主にけん引すると予想しており、その成長は現在のスマートフォン事業を上回る見通しだという。(2020/10/23)

人工知能ニュース:
「Jetson Xavier NX」搭載で屋外利用が可能な映像エッジAIデバイスを発売
EDGEMATRIXは、映像エッジAIデバイス「Edge AI Box」シリーズの最新機種として、組み込みAIボード「Jetson Xavier NX」搭載の屋外用「Edge AI Box - NX Outdoor」と屋内用「Edge AI Box - NX Indoor」を発売した。(2020/10/21)

“カンブリア爆発”のさなか:
AIチップ新興企業に成熟の兆し
ここ数年の間、AI(人工知能)チップ新興企業の“カンブリア爆発”(一気に出現すること)について書かれた記事が多くみられるようになった。初期に登場した一部の企業は、自社のAIチップを搭載したモジュール/カードなどを広く提供することによって、実世界においてデザインウィンを獲得したり、世界的な流通チャネルを構築するなど、成熟しつつあるようだ。(2020/10/19)

車載、家電、産機、スマホにも:
ついに解禁された「60GHzレーダー」の可能性を聞く
2020年1月、日本でもついに「60GHzレーダー」が解禁となった。今回、同技術の開発を進めるインフィニオン テクノロジーの担当者がその技術の概要、展望と自社の取り組みを語った。(2020/10/19)

Google、Nestシリーズ代表作のサーモスタットを刷新 「Soli」搭載で130ドルに
Googleが2014年に買収したNest Labsの代表的な製品であるサーモスタットを大幅に刷新した。先代より100ドル以上安くなり、Google Homeアプリに対応し、Pixelシリーズから消えたセンサー「Soli」を搭載する。(2020/10/13)

【Amazonプライムデー】Fire TV Cubeが6000円OFF! KindleやEchoシリーズなどAmazonデバイスまとめ
Alexa対応のスマートホーム家電も一緒にまとめました。(2020/10/13)

「Boards&Solutions」:
5GやエッジAIで進化する産業オートメーションがテーマ
産業オートメーションやスマートシティー、エッジコンピューティングをテーマとしたカンファレンス「Boards and Solutions 2020」が、2020年10月13〜14日にオンラインで開催される。オープニングでは、ArmのIoT部門でバイスプレジデントを務めるJohn Heinlein氏が、産業オートメーションにおけるイノベーションが、OT(運用/制御技術)とITの融合や、クラウド to エッジ向けのソフトウェア実装などによって加速しているというトレンドを取り上げる。(2020/10/9)

「CEATEC GO」など新ツール発表:
来場目標「20万人超」、CEATECの来場登録開始
CEATEC実施協議会は2020年10月1日、初のオンライン開催となる「CEATEC 2020 ONLINE」(会期2020年10月20〜23日)の来場者事前登録を開始した。会期中の来場者数目標として、「20万人超」を掲げている。出展企業/団体数は300以上となる見込みだという。(2020/10/1)

Amazon.co.jpで「Amazon Echo」新製品が予約開始! 球体デザインになった「Echo Dot」や初の車載モデル「Echo Auto」など
「Amazon Echo」第4世代が新登場!(2020/9/25)

テレワーク時代のスマート家電:
Amazon純正 スマートプラグで電源ボタンのない“あいつ”を操作する
Amazon純正のスマートプラグを利用すれば、音声で電源のオン/オフが行える。扇風機や電球などを使う際に重宝するが、電源ボタンのない“あいつ”も操作できるようになる。(2020/9/16)

Citrix Overseas Report:
2020年代、人工知能は「働く」体験をどれだけ変えるのか?
「良い顧客体験」だけが注目される時代は終わりました。企業が高い成果を出して顧客満足度を上げ、成長につなげるためには、従業員が気持ちよく働ける環境を用意できるかが重要です。そこで鍵を握る技術こそAIですが、具体的にどのような可能性を秘めているのでしょうか?(2020/9/17)

組み込み採用事例:
サムスンの「Galaxy Note20 Ultra」がUWB技術を採用
NXP Semiconductorsは、同社のUWB高精度測距ソリューション、組み込みSIM、近距離通信、セキュアエレメントユニットがSamsung Electronicsの新型スマートフォン「Galaxy Note20 Ultra」に採用されたと発表した。(2020/9/8)

モビリティサービス:
スマートシティのオープンイノベーションへ、TRI-ADやJR東日本などが集結
トヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント(TRI-AD)は2020年8月26日、スクラムベンチャーズ(Scrum Ventures)が主催するオープンイノベーションプログラム「SmartCityX」に参加すると発表した。(2020/8/27)

ルンバ、家具認識や掃除スケジュール提案など追加 挽野社長「アイロボット史上、最大のアップデート」
アイロボットジャパンが、ロボット掃除機「ルンバ」「ブラーバ」のソフトウェアアップデートを公開した。AIの活用で、掃除スケジュールの提案、家具の画像認識、進入禁止エリアを自動で見つけるなどの新機能を追加した。(2020/8/26)

製造業マネジメント インタビュー:
米国製造業は日本より「古い」? ベンチャーに聞く産業用IoTの普及状況
IIoTの日本国内での普及状況は、海外と比較するとどのように評価できるのか。米国シリコンバレーを拠点にIIoTを始めとしたIoTソリューションの開発、導入サービスなどを提供するMODEでCEOを務める上田学氏に、米国と日本でのIIoTの広まり方の違いなどを尋ねた。(2020/8/20)

個人情報漏えいにつながる恐れも:
AmazonのAlexaに脆弱性、修正もスマートデバイス経由の個人情報流出に警鐘
Amazonは問題を修正。「IoTデバイスは本質的に脆弱で、適切なセキュリティ対策が欠如していることから、攻撃の格好の標的になる」と、セキュリティ企業は警鐘を鳴らしている。(2020/8/14)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
暑い夏こそ活用したい! スマホで温度湿度を表示、家電の自動起動もできる「SwitchBot 温湿度計」を試す
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は、家電も操作できる温湿度計を試した。(2020/8/4)

Google、米警備大手ADTに4億5000万ドル出資し、Nestシリーズをホームセキュリティパックに
Googleは、米警備大手ADTに4億5000万ドル出資し、同社のスマートホーム製品NestシリーズをADTのホームセキュリティサービスに統合する長期的提携を結んだ。ADTのサービスの一環として、ADTの従業員が家庭にNestのカメラやNest Hubなどを設置する。(2020/8/4)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
Amazonのタブレット「Fire」を買ったらしておくべき5つのこと
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は、Amazonの格安タブレット「Fire」シリーズを利用する際に、確かめておきたいTipsをまとめた。(2020/8/3)

組み込み開発ニュース:
SOTB採用の低消費電力マイコンに256KBフラッシュを搭載
ルネサス エレクトロニクスは、同社の低消費電力マイコン「REファミリー」に、256KBのフラッシュメモリを搭載した「R7F0E01x82xxx」を追加した。独自のSOTBプロセス技術により、低消費電力で優れたエネルギー効率を備える。(2020/7/31)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
定番スマートリモコンの最新モデル「Nature Remo 3」は買いか? 進化点をチェックした
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は、定番スマートリモコンの最新モデルを試した。(2020/7/29)

熱中症の注意やみまもりも スマートホームサービス対応ガス警報器「快適ウォッチSMART」発売
新コスモス電機とソフトバンク子会社のエンコアードジャパンが連携し、スマートホームサービスに対応した新世代のガス警報器を発売する。都市ガス大手の東邦ガス(名古屋市)と西部ガス(福岡市)が採用し、採用事業者は順次拡大する方針だ。(2020/7/20)

Xiaomi、「Mi Smart Band 5」や完全ワイヤレスイヤフォンなどIoT新製品を発表
Xiaomiは7月15日、「Xiaomi Ecosystem Product Launch」を開催。ウェアラブル端末「Mi Smart Band 5」や完全ワイヤレスイヤフォン「Mi True Wireless Earphones 2 Basic」などを発表。日本での展開は未定。(2020/7/16)

iOS/Android向けAmazon Alexaアプリ、ハンズフリーで操作可能に
iOSとAndroid向けのAmazon Alexaアプリで、Alexaがハンズフリーで利用できるようになった。7月8日以降今後数週間かけて、Alexaアプリが提供されている地域で利用可能になる。アプリ上でAlexaがウェイクワードを認識すると、使用しているモバイル端末の画面下に青い線が点灯する。(2020/7/8)

約3mm角のパッケージ品も投入:
組み込みコントローラ「RE01グループ」を拡充
ルネサス エレクトロニクスは、消費電力が極めて小さい組み込みコントローラ「RE01」グループとして、内蔵のフラッシュメモリ容量が256kバイトの新製品を追加した。外形寸法が約3mm角の小型パッケージ品も新たに投入する。(2020/7/6)

エネルギー分野での活用が広がるAI【後編】
エクソンモービル、シェブロンや新興エネルギー企業は「AI」をどう使う?
エネルギー業界におけるAI技術導入が加速している。老舗の大手企業が導入に本腰を入れ始めただけではなく、新しい技術を武器に異業種の企業が急速に存在感を高めている。(2020/7/3)

Googleさん:
Android 11 β1を使ってみました
一般ユーザーからのフィードバックが目的の「Android 11 β」の最初のバージョンが公開されたので、さっそくPixel 3にインストールして触ってみました。(2020/6/14)

プラススタイルが「スマート全自動コーヒーメーカー」を投入する理由
プラススタイルが6月25日に「スマート全自動コーヒーメーカー」を発売する。コーヒー豆と水をセットしておくことで、アプリからの操作でコーヒーを入れられる。同社は「キッチン」向けの製品を強化し、「寝ている間に小人が動くような」世界を目指す。(2020/6/11)

コストに課題も:
Wi-Fi 6の導入は進む? IoTがけん引役に
新しいWi-Fi規格「Wi-Fi 6」(IEEE 802.11.ax)が急速に無線LAN市場の主要なけん引力になりつつある。IDC(International Data Corporation)の市場調査アナリストによると、Wi-Fi 6対応のAP(アクセスポイント)は、2020年第1四半期に出荷されたAPの出荷台数の11.8%、売上高の21.8%を占めたという。(2020/6/11)

+Style、スマート家電16商品が最大40%オフセール開催 6月15日まで
プラススタイルは、6月9日に「+Style ボーナスセール '20夏の陣 〜おうちスマート化計画〜」を開催。スマート家電のセット商品など16商品を最大40%オフで販売する。期間は6月15日まで。(2020/6/9)

Computer Weekly製品ガイド
クラウドファーストの終焉――クラウドへの集約とエッジへの分散
エッジコンピューティングはIT業界で最も重要なトレンドの一つであり、クラウドに取って代わるかもしれないという見方もある。(2020/5/29)

製造ITニュース:
国内IoT市場予測、2024年には12兆6000億規模に
IDC Japanは、国内IoT市場について、産業分野別予測とユースケース別の分析結果を発表した。国内IoT市場のユーザー支出額は、2019年から2024年まで年間平均成長率12.1%で成長し、2024年には12兆6363億円に達すると見込んでいる。(2020/5/11)

EE Exclusive:
Huawei対Xiaomi 中国モバイル黄金期 勝者2社の対照的な戦略
中国のモバイルビジネスが黄金期だった2005年から2014年を生き抜いたのは、ほんの一握りのスマートフォンメーカーだ。その中でも対照的なHuaweiとXiaomiの戦略を振り返る。(2020/4/30)

組み込み開発ニュース:
低消費電力で小型ネットワーク接続機器に適した32ビットマイコンを発表
STMicroelectronicsは、32ビットマイクロコントローラー「STM32L4+」シリーズに、「STM32L4P5」「STM32L4Q5」を追加した。低消費電力かつ低コストを必要とする小型ネットワーク接続型機器での利用を見込む。(2020/4/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。