ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

「IEEE」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

The Institute of Electrical and Electronics Engineers:米国電気電子学会

関連キーワード

組み込み開発ニュース:
電池を気にせず5G並みの高速通信、Wi-Fi 6は工場ネットワークの主役となるか
無線LAN技術の業界団体であるWi-Fi Allianceは2019年9月19日、東京都内で記者会見を開催し、最新の通信規格「Wi-Fi 6(IEEE 802.11ax)」の認証プログラム「Wi-Fi CERTIFIED 6」の提供を開始したと発表した。(2019/9/20)

「Wi-Fi 6」認証プログラム開始 「Galaxy S10」や「iPhone 11」がサポート
無線LAN標準化団体のWi-Fi Allianceが、「Wi-Fi 6」(「IEEE 802.11ax」の一般向け名称)の認証プログラムを開始した。最初に認定を受けるスマートフォンは韓国Samsung Electronicsの「Galaxy S10」だ。(2019/9/17)

次期iPhoneはWi-Fi 6対応?
Wi-Fi 6ことIEEE 802.11axが次期iPhoneに搭載されるという予測が業界内で高まっている。(2019/9/4)

製造業IoT:
HD-PLC改めIoT PLCは住空間のCANを目指す、パナソニックが普及に本腰
パナソニックが技術開発に注力している電力線通信(PLC)の事業展開について説明。これまでHD-PLC(高速電力線通信)として推進してきたが、2019年3月のIEEE 1901aとしての国際標準化を受けて、IEEEでの呼称である「IoT PLC」に改めた上で展開を拡大する方針だ。(2019/8/29)

「Wi-Fi 6」の本領【後編】
「Wi-Fi 6」の本当のすごさは“速さ”ではなかった? その真価とは
製品認証プログラム「Wi-Fi 6」と共に知られる無線LAN新規格の「IEEE 802.11ax」は、そのスループットに大きな注目が集まっている。しかしこの新規格の魅力は、それだけではない。(2019/8/22)

「Wi-Fi 6」の本領【前編】
「Wi-Fi 6」無線LANルーターの速度が宣伝通りにならない“納得の理由”
無線LANのデータ伝送速度は仕様通りには実現しないことがほとんどだ。これは製品認証プログラム「Wi-Fi 6」と共に知られる新規格の「IEEE 802.11ax」にも当てはまる。その原因は何だろうか。(2019/8/14)

バッファローが「Wi-Fi 6」対応ルーターを近日発売 ティーザーサイトを公開
バッファローが、最新のWi-Fi(無線LAN)規格である「Wi-Fi 6(IEEE 802.11ax)」に対応するルーターを近日中に発売することを発表。ティーザーサイトを公開した。(2019/8/8)

市場には準拠品が登場
「IEEE 802.11ax」が“期待外れのIEEE 802.11ac”とは違うこれだけの理由
「IEEE 802.11ax」と「IEEE 802.11ac」を比べた場合、新しい規格である前者のメリットは大きい。製品認証プログラム「Wi-Fi 6」と共に知られるこの新しい規格には、どのような新機能を期待できるのだろうか。(2019/8/5)

ASUS、ゲーム向け機能を多数装備した11ac無線LANルーター
ASUS JAPANは、IEEE 802.11ac接続に対応したゲーミング無線LANルーター「ROG Rapture GT-AC2900」を発売する。(2019/8/1)

D-Link、11ac Wave2対応の無線LANアクセスポイント
ディーリンクジャパンは、IEEE 802.11ac Wave2接続に対応した無線LANアクセスポイント「DAP-2680」を発表した。(2019/7/30)

無線LAN市場の今【前編】
「IEEE 802.11ac」が無線LAN市場を席巻 新規格「IEEE 802.11ax」との違いは
企業が無線LANインフラのアップグレードを進める中で、無線LAN規格「IEEE 802.11ac」は企業向け無線LAN市場の成長に重要な役割を果たした。次世代規格「IEEE 802.11ax」はどうなるだろうか。(2019/7/23)

「Wi-Fi 6」は何が違う?
次世代無線LAN「IEEE 802.11ax」がもたらす4つのメリット
次世代無線LAN規格「IEEE 802.11ax」には、新しい仕組みが多数搭載されている。従来規格よりも性能の向上が期待できるが、具体的にどのようなメリットがあるのだろうか。(2019/7/10)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版:RPA導入が成功する冴えたやりかた
特集はRPA導入を阻む存在とその解決方法、パスワードのない世界を実現する条件、IEEE 802.11ax技術解説の後編の3本。他に、初期の5G対応スマートフォンがどのようなものになるかの予測、二要素認証が安全とは言えなくなった現状などの記事をお届けする。(2019/7/5)

PR:IT担当者を疲弊させる「割に合わない」セキュリティ対策――社内の無線LANの“落とし穴”とは?
企業ネットワークでも、今や使えて当たり前の「インフラ」となった無線LAN。安定した通信環境のため、法人向け製品を選択すべきという理解が広がってきたが、それでもセキュリティに不安を抱き、IT管理者に負担を強いるような状況になっていないだろうか。実は、見落としがちな重要な技術「IEEE 802.1X」と「適切な認証方式の選択」にこそ解決の鍵がある。(2019/7/5)

バッファロー、11ac対応のエントリー無線LANルーター
バッファローは、IEEE 802.11ac接続に対応した無線LANルーター「WSR-1166DHP4」シリーズを発売する。(2019/6/26)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版:次世代無線LANの衝撃
特集は次期無線LAN規格「IEEE 802.11ax」解説。この規格が何を解決するのか? 他にIntelとAMDの最新サーバ向けCPUの技術解説、AIがGDPRに抵触する可能性、Windows Server 2008のサポート終了で加速するコンテナ化などの記事をお届けする。(2019/6/25)

中小企業と大企業でポイントは異なる
ドラフト版「Wi-Fi 6」の無線LAN製品を今すぐ購入する際の注意点
「IEEE 802.11ax」(Wi-Fi 6)はまだ正式承認前だ。ドラフト版のIEEE 802.11axに準拠した無線LAN機器を今すぐ購入する方がいいのか。それとも正式承認を待つべきだろうか。(2019/6/3)

キャンパスネットワーク製品群のリフレッシュが完了:
シスコがWi-Fi 6対応アクセスポイントと、Cat6K後継スイッチを発表
シスコシステムズは2019年5月30日、「Wi-Fi 6(IEEE 802.11 ax)」に対応したWi-Fiアクセスポイント5機種と、「Cisco Catalyst 6000」シリーズの後継である「Cisco Catalyst 9600」を国内発表した。(2019/5/31)

ワイヤレスジャパン2019:
「IEEE 802.11ah」の実証実験、日本で初公開
802.11ah推進協議会は、「ワイヤレスジャパン2019」で、920MHz帯の周波数を用いる新たなWi-Fi規格「IEEE 802.11ah」の公開実証実験を行った。(2019/5/30)

ネットギア、802.11ax対応の高機能無線LANルーター「Nighthawk AX12」
ネットギアジャパンは、最新のIEEE 802.11ax規格に対応した無線LANルーター「Nighthawk AX12」を発売する。(2019/5/30)

アイ・オー、11b/g/n対応のエントリー無線LANルーター
アイ・オー・データ機器は、IEEE 802.11b/g/n接続に対応した無線LANルーター「WN-SX300GR」を発売する。(2019/5/29)

COMPUTEX TAIPEI 2019:
Intelが「第10世代Coreプロセッサ(Ice Lake)」を発表 第9世代Coreプロセッサの新製品も
開発コード「Ice Lake」と呼ばれていた、IntelのモバイルPC向け新プロセッサが正式発表された。同社としては初めてAI(人工知能)に最適化した処理エンジンを搭載し、GPUも刷新。Thunderbolt 3とWi-Fi 6(IEEE 802.11ax)も内包している。(2019/5/28)

総務省から実験試験局免許を取得:
「802.11ah(Wi-Fi HaLow)」の実証実験を公開
802.11ah推進協議会は、IoT(モノのインターネット)通信システムに向けたWi-Fi規格「IEEE 802.11ah(Wi-Fi HaLow)」について、総務省から「実験試験局免許」を取得した。「ワイヤレスジャパン2019」でその実証実験を公開する。(2019/5/23)

準拠品は徐々に増加
ドラフト版でも「Wi-Fi 6」の無線LAN製品を買うべきなのか?
ネットワークベンダー各社が新しい無線LAN規格「Wi-Fi 6」に準拠したデバイスを発表した。ただし同規格はまだIEEEで承認されていない。この無線LAN新規格への適切な投資タイミングとは。(2019/5/13)

アナログ回路設計講座(22):
PR:始動するPoE++(IEEE 802.3bt)―― PoE++対応受電装置を実現するために
IEEEの次世代Power over Ethernet(PoE)規格「IEEE 802.3bt/PoE++」がいよいよ始動しました。本稿では、この最新PoE規格と、規格の魅力をさらに引き出すチップセット「LTC4291-1/LTC4292」を解説します。(2019/5/10)

これまでと根本的に違う点
次世代無線LAN「Wi-Fi 6」がIoTを普及させる3つの理由
新しい無線LAN規格の「IEEE 802.11ax」(Wi-Fi 6)には、IoT(モノのインターネット)普及を促す一助となり得る機能が幾つかある。注目すべき特徴を解説する。(2019/4/21)

バッファロー、単三アルカリ乾電池よりも軽い小型軽量の11ac対応トラベルルーター
バッファローは、IEEE 802.11ac接続に対応した小型無線LANルーター「WMR-433W2」シリーズを発売する。(2019/4/17)

ESEC2019&IoT/M2M展:
LPWA版Wi-Fi「802.11ah」のデモを国内初披露、2.4GHz帯干渉問題も解決
サイレックス・テクノロジーは、「第8回 IoT/M2M展 春」において、「国内初」(同社)というIEEE 802.11ahのデモを披露した。(2019/4/17)

組み込み開発ニュース:
国際標準規格「IEEE 1901a」に認定、最大1Gbpsが可能な次世代電力線通信技術
パナソニックは、同社が提案するIoT向け次世代PLC技術が、国際標準規格「IEEE 1901a」として承認されたと発表した。利用状況に応じて周波数帯域を制御することで、通信速度を切り替えたり通信距離を拡張したりできる。(2019/4/16)

「IEEE 1901a」として承認:
パナソニックの次世代PLC技術、国際標準規格へ
パナソニックは、同社が提唱するIoT(モノのインターネット)向け次世代PLC技術が、国際標準の通信規格「IEEE 1901a」として承認されたことを発表した。(2019/3/26)

最大1Gbpsの次世代PLC、国際標準に
パナソニックが提案していた次世代PLC技術が国際標準規格「IEEE 1901a」として承認された。利用状況に応じて周波数帯域を制御し、通信距離や通信速度を変更できる。(2019/3/25)

新規格「IEEE 802.11ac/ax」への移行が重要に
「IEEE 802.11a/b/g」時代の無線LANを使い続けるべきではない理由
旧型無線LAN機器のアップグレードを先延ばしにすることは危険だと、専門家は警告する。それはなぜなのか。(2019/3/25)

アイ・オー、11n対応のエントリー無線LANルーター
アイ・オー・データ機器は、IEEE 802.11n接続に対応したエントリー無線LANルーター「WN-SX300FR」を発表した。(2019/3/13)

エレコム、アンテナ付きで通信安定性を高めたUSB外付け型11ac無線LANアダプター
エレコムは、USB接続に対応したIEEE 802.11ac接続対応の無線LANアダプター「WDC-433DU2H2-B」を発売する。(2019/2/26)

IEEE 802.11axは何をもたらすのか(後編)
いつIEEE 802.11axにアップグレードすべきか
802.11axは5Gと競合するのか。企業は急いでネットワークを802.11axにアップグレードすべきなのか。802.11ax導入の展望を紹介する。(2019/2/26)

IEEE 802.11axは何をもたらすのか(後編):
いつIEEE 802.11axにアップグレードすべきか
802.11axは5Gと競合するのか。企業は急いでネットワークを802.11axにアップグレードすべきなのか。802.11ax導入の展望を紹介する。(2019/2/20)

IEEE 802.11ax規格に対応:
ローデ、WLAN 2×2 MIMOシグナリングテスター
ローデ・シュワルツ・ジャパンは、IEEE 802.11ax規格に準拠したRF特性を測定できるWLAN 2×2 MIMOシグナリングテスター「R&S CMW270」を発売する。(2019/2/20)

IEEE 802.11axは何をもたらすのか(前編)
新高速規格「IEEE 802.11ax」が解決する無線ネットワークの課題
接続端末の増加や用途の変化により、無線ネットワークにはさまざまな課題が生じている。これらを解決しつつ高速な通信を実現すると期待されているのが次世代規格「IEEE 802.11ax」だ。(2019/2/14)

ラピスセミコンダクタ ML7404:
エリア外でもIEEE 802.15.4kを使ってSigfox網へ、LPWAブリッジ通信で実現
ラピスセミコンダクタは、SigfoxおよびIEEE 802.15.4k/IEEE 802.15.4gの複数無線通信規格に対応する無線通信LSI「ML7404」を活用し、Sigfoxのサービスエリアの拡張を実現する「LPWAブリッジ通信用ソフトウェア」を開発した。(2019/2/13)

村田製作所 ミリ波帯(60GHz)RFアンテナモジュール:
60GHz対応のミリ波帯RFアンテナモジュール
村田製作所は、通信事業者の基地局など、屋外での用途に適した「ミリ波帯(60GHz)RFアンテナモジュール」を発表した。無線LAN規格IEEE802.11adに対応し、次世代高速ワイヤレスネットワークの構築に必要な大容量通信を可能にする。(2019/2/12)

Computer Weekly日本語版のお知らせ
次世代無線LAN規格「IEEE 802.11ax」が解決する「困った問題」
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2019/2/6)

Computer Weekly日本語版
次世代無線LAN規格「IEEE 802.11ax」が解決する「困った問題」
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2019/2/6)

エレコム、業界最薄のスリム筐体を採用した11ac対応の無線LAN中継器
エレコムは、薄型デザイン筐体を採用するIEEE 802.11ac接続対応の無線LAN中継器「WTC-1167US」シリーズを発売する。(2019/2/5)

Sigfoxのサービスエリアを拡張:
ラピス、LPWAブリッジ通信ソフトウェアを開発
ロームグループのラピスセミコンダクタは、「Sigfox」と「IEEE802.15.4k」という2種類の低電力広域通信(LPWA)間をブリッジ通信するためのソフトウェアを開発し、提供を始めた。(2019/1/30)

製造業のIoTスペシャリストを目指そうSeason2(5):
IEEE 802.15.4を用いた「ZigBee」と「6LoWPAN」の基礎知識
製造業でIoTを導入したプロジェクトを成功させるには、幅広い知識が必要です。今回は、IoTのセンサーネットワークとして用いられるIEEE 802.15.4準拠の通信プロトコル「ZigBee」と「6LoWPAN」について取り上げます。(2019/1/24)

NECプラットフォームズ、11ac対応のスタンダードホーム無線LANルーター「Aterm WG2600HS」
NECプラットフォームズは、IEEE 802.11ac接続に対応するホーム無線LANルーター「Aterm WG2600HS」を発表した。(2019/1/15)

組み込み開発ニュース:
IoTエッジノード向けリアルタイムOS「μT-Kernel 3.0」の開発評価キットを発売
パーソナルメディアは、IEEEの世界標準仕様に準拠したリアルタイムOS「μT-Kernel 3.0」の開発評価キット「μT-Kernel 3.0リファレンスキット」を発表した。組み込み機器やIoTエッジノードの実行環境を再現し、プログラム開発を支援する。(2018/12/28)

太陽誘電 WYSAGVDXG、WYSEGVDXG:
802.11ac対応の無線通信モジュール
太陽誘電は、IEEE 802.11acに準拠し、最大433Mビット/秒の高速通信に対応した無線通信モジュール「WYSAGVDXG」「WYSEGVDXG」を発表した。(2018/12/25)

IoT時代の課題を解説
無線LAN新規格「IEEE 802.11ax」「11ah」はなぜ必要か
接続デバイス数の増加や利用シーンの多様化によって新たな課題が浮上する無線LAN。新規格の「IEEE 802.11ax」と「IEEE 802.11ah」がその課題をどのように解決できるのか説明する。(2018/12/27)

ASUS、IEEE 802.11axにドラフト対応した無線LANルーター「RT-AX88U」を発表 最大通信速度は4804Mbps
ASUS JAPANは、次世代規格のIEEE 802.11axにドラフト対応した無線LANルーター「RT-AX88U」を発表した。(2018/12/21)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。