ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「携帯電話」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

本田雅一の時事想々:
耳を疑う、武田総務相の発言 携帯値下げ「メインブランド以外は意味なし」指摘への戸惑い
携帯電話料金の値下げを巡って、武田総務大臣が「メインブランドについては新しいプランが発表されていない。これは問題だ」と発言したが、筆者は市場競争を阻害することになると指摘。どういうことかというと……。(2020/11/23)

武田総務相「携帯料金、主力ブランドで新プランないのは問題」 「羊頭狗肉では不親切」と批判
携帯電話の料金値下げを巡り、携帯事業者のメインブランドで新しい料金プランが発表されていないことを受け、総務省の武田良太大臣が会見で不快感を示した。(2020/11/20)

7〜9月の携帯出荷台数は2019年から6.5%減、新型コロナの影響も
IDC Japanは、11月18日に国内の従来型携帯電話/スマートフォンの2020年第3四半期(7〜9月)出荷台数を発表。前年同期比6.5%減の675.1万台で、減少の要因としては新型コロナウイルス感染症の影響や5G対応の新機種発売に伴うものと考えられる。(2020/11/18)

ドコモ回線未契約者の「ドコモ口座」「d払い」の利用に携帯電話番号登録を必須化 11月26日から
NTTドコモが、同社の携帯電話回線を契約していない「ドコモ口座」「d払い」ユーザーに対して、連絡先携帯電話番号の登録を必須化する。SMSを受信できる11桁の携帯電話番号を「dアカウント」サイトから登録する必要がある。(2020/11/16)

プランが増えただけの携帯値下げ、本格競争は楽天通信網整う来夏?
政府が最優先課題とした携帯電話料金の値下げを巡り、KDDIとソフトバンクは新プランを導入して対応すると表明。値下げではなく料金プランが増えただけだが、政府もとりあえずは矛を収めた。価格競争が本格化するのは来夏以降になる見込みだ。(2020/11/12)

「頭金0円」は本当に安い? 消費者庁が携帯電話の「頭金」などに関して注意を呼びかけ
「安い!」と思ってもよく確認してから購入しよう。(2020/11/11)

携帯値下げ、元は楽天対抗プラン 本格競争は楽天通信網整う来夏?
 菅義偉(すが・よしひで)政権が最優先課題とした携帯電話料金の値下げ−。KDDI(au)とソフトバンクが早々に格安ブランドで新プランを導入して対応すると表明し、政府もとりあえずは矛を収めた。だが、両社が打ち出したのは、今春の導入を検討したが、出す必要がなくなった「楽天対抗プラン」にすぎない。一気に盛り上がりをみせた割には、主力ブランドの値下げにまでは踏み込まず、本格的な料金競争は先送りになった。(2020/11/11)

「頭金0円」広告は優良誤認の恐れあり 総務省と消費者庁が注意喚起
総務省と消費者庁が、携帯電話における「頭金」について注意喚起を行った。頭金とは、割賦で購入する際に、販売価格の一部として支払う金額のことをいう。しかし携帯電話業界では異なる意味で頭金が使われている。(2020/11/10)

総務省、携帯電話の「頭金」に注意喚起 「消費者に誤認与える」
総務省らが携帯電話業界の「頭金」表示について、あらかじめ決められた本体価格の上乗せの意味で使われている場合があるとして消費者に注意を呼び掛けている。(2020/11/10)

AI革命へ次の一手は 攻めに転じるソフトバンクG
投資先の株価回復に加え、米携帯電話大手TモバイルUSなどの株式売却益が寄与した。(2020/11/10)

ものになるモノ、ならないモノ(88):
「ローカル5G」は、エリアカバレッジがお寒い状況の「5G」を救い、日本のデジタル化を進めるか
携帯電話事業者の5Gエリア展開の遅れを補完する制度「ローカル5G」。その概要と活用事例、Wi-Fi 6との違いについて解説する。(2020/11/9)

楽天モバイル、MNP転出手数料0円に 本人確認にAIによるeKYC導入
楽天モバイルが携帯電話の契約やMNP転出の手数料の無料化を発表した。本人確認にはAIによるeKYCを導入し、回線の即日開通を実現する。(2020/11/4)

中国の5G対応携帯1億台 影を落とす米中対立 開始1年
中国で5Gの消費者向けサービスが始まってから1年。2020年だけで5G対応の携帯電話の出荷台数は1億台を超えている。一方、米国との対立激化が、中国Huaweiのスマートフォン出荷に影響を与えるなど、今後には不透明感も漂う。(2020/11/4)

パブリックコメントを募集:
総務省が「MNPガイドライン」の改定案を公開 転出手数料の原則無料化や引き留め禁止を盛り込む
総務省が「アクション・プラン」で盛り込んでいた、MNP(携帯電話・PHS番号ポータビリティ)制度のガイドライン改定に動き始めた。11月3日から、改定案に対するパブリックコメントを受け付ける。(2020/11/2)

元ベテラン店員が教える「そこんとこ」:
新型コロナウイルスの影響で遅れた「新型iPhone」の発売 携帯ショップへの影響は?
2020年の新型iPhoneは、新型コロナウイルスの影響もあり発表と発売が約1カ月ずれ込みました。そのことによって、携帯電話の販売店にはどのような影響があったのでしょうか……?販売スタッフから話を聞きました。(2020/11/2)

携帯大手2社は値下げせず、中容量の新プラン 競争活発化は不透明
政府の携帯電話料金の値下げ要請に対し、KDDIとソフトバンクは値下げではなく低価格帯の新プランを導入して対応することになった。値下げ競争の活発化につながるかは不透明だが政府は一定の評価をしているという。(2020/10/29)

政府方針を受けた動きか:
UQ mobileの新プラン「スマホプランV」が2021年2月以降に登場 月間20GBで3980円
KDDIと沖縄セルラー電話の「UQ mobile」ブランドのスマホプランに、月間20GBで3980円の新しいプランが追加される。菅義偉内閣が打ち出した「携帯電話料金の値下げ」を受けた動きであると思われる。(2020/10/28)

携帯値下げ阻む複雑プラン 菅政権、利用者目線でメス入れられるか
総務省は携帯電話料金の引き下げについて、過度に複雑な料金体系が値下げの阻害要因になっていると指摘した。一方政府の要請を受けプランはむしろ複雑化しており、料金体系の低廉化と簡素化をどう両立するかも問われている。(2020/10/28)

「利用者理解」「多様なサービス」「MNPの簡素化」が柱――総務省が「アクション・プラン」を策定 公正競争環境の整備を進める方針
総務省が「モバイル市場の公正な競争環境の整備に向けたアクション・プラン」を公表。今後の携帯電話市場における“公正な”競争環境を整備すべく取る行動を具体的にまとめている。柱は「利用者理解」「多様なサービス」「MNPの簡素化」だ。(2020/10/27)

楽天モバイルも含めた4キャリアのモバイル回線、世界的に見て品質はどう?
Opensignalが、「2020年10月-日本のモバイル・ネットワーク・エクスペリエンスについての分析報告書」を公開。2020年6月1日から9月末までに収集された日本の携帯電話事業者4社のデータを分析。スピードと遅延については、ダウンロードではドコモが1位だった。世界約100カ国との比較も紹介された。(2020/10/27)

石川温のスマホ業界新聞:
料金プランはシンプルかそれとも多様な選択肢か――武田総務相の発言から見える「矛盾」
菅義偉内閣が発足してから、携帯電話料金の値下げに関する議論が活発化している。武田良太総務大臣は「プランのシンプル化」を進める方針を示唆する一方で、「料金・サービスの幅広い選択肢」の重要性を説いている。両者は矛盾するのだが、どうするのだろうか……?(2020/10/23)

「格安」受け皿もなく:
ドコモ困った、値下げプランどうする?
菅義偉内閣が求める携帯電話料金の値下げについて、ソフトバンクが5千円以下の新プラン創設を検討していることが明らかになるなど、携帯各社による対応が大詰めを迎えている。悩ましいのは、NTTドコモだ。(2020/10/18)

5Gの時代:
iPhone12、携帯3社の商戦火ぶた 価格戦略は?
携帯電話大手3社が16日午後9時から、アップルのスマートフォン「iPhone」で初めて高速大容量の5G移動通信システムに対応した「12」シリーズの予約を受け付ける。3社は端末を2年後以降に返却するなどの仕組みを導入し、消費者の負担感を抑える価格戦略をとっている。(2020/10/17)

政府の「携帯料金値下げ」は何が問題か 競争を削ぐ“その場しのぎ”の先にあるもの
菅内閣が掲げる「携帯電話料金の値下げ」には問題が多い。どこがポイントなのか。(2020/10/16)

石川温のスマホ業界新聞:
武田総務相が携帯電話利用者と意見交換会――そこそこ使うくせに「高い」と文句を言うのは難癖か
武田良太総務大臣が「携帯電話利用者」との意見交換会に臨んだ。「利用者」の中には、「そこそこ使うのに安くしてくれ」という旨の主張や、「安くなってもサポートをしっかりしてほしい」という旨の主張もあった。いっそのこと、菅義偉総理大臣がMVNO(格安SIM)に乗り換える位の周知が必要なのではないか。(2020/10/16)

武田総務相インタビュー詳報「流れができれば携帯電話の乗り換え競争始まる」
武田良太総務相が、携帯電話料金の値下げについて、大手携帯各社に「諸外国に対して遜色ない水準」の実現を求めたことを明らかにした。具体的な引き下げ率は明示せず、市場競争を行う中で経営者が判断するべきとしている。(2020/10/15)

携帯料金4割下がるのか “国民の声”でアピールも、デメリットの議論必要 
 携帯電話料金について、武田良太総務相が8日に利用者と意見交換会を開いたのは、料金値下げが政府の独断ではなく、国民の総意であることをアピールするねらいがある。携帯大手各社も値下げに応じる意向だが、菅義偉(すがよしひで)首相がイメージする「4割値下げ」へのハードルは高い。政策的な手段が限られる中、十分な値下げが実現できるかは不透明で、世論の声を盾に事業者への圧力を強める。(2020/10/9)

携帯料金値下げ、一般ユーザーの要望は? 武田総務大臣との意見交換会で見えたこと
10月8日、武田総務大臣と携帯電話利用者の意見交換会が総務省で開催された。安くて分かりやすく、納得感のある料金やサービスを実現すべく、今後の政策立案に役立てることが会の目的。武田総務大臣は「料金プランの中身が分かりにくいという話が印象的だった」と話す。(2020/10/9)

大きなけん引役:
5Gが開くメモリの市場機会
DRAMおよびNAND型フラッシュメモリ企業の幹部は、メモリ市場の未来が次世代の携帯電話にいかにけん引されるかについてよく語っている。現在、大きなけん引役となっているのは5G(第5世代移動通信)だ。(2020/10/8)

iモード公式サイト、21年11月末に終了へ
NTTドコモが、3G携帯電話(フィーチャーフォン)向けインターネットサービス「iモード」の公式Webサイトを2021年11月30日に終了する。(2020/10/7)

武田総務大臣、10月8日に携帯利用者と意見交換会を開催 ただし非公開
総務省は、10月8日に「武田総務大臣と携帯電話利用者との意見交換会」を開催。しんぐるまざあず・ふぉーらむ、主婦連合会、老テク研究会、全国消費生活相談員協会、クラウドソーシング協会が参加する。(2020/10/6)

武田総務相、携帯電話ユーザーと意見交換会 料金やサービスについて聞き取り
武田良太総務相が一部の携帯電話ユーザーと、サービス内容や料金について話し合う意見交換会を開く。利用料の値下げなどに向けた政策立案に役立てる。(2020/10/6)

楽天モバイル、「分割払い」を誤って「一括」で処理 原因はクレジットカード決済システムの不具合
楽天モバイルが、携帯電話を分割払いで購入した一部の客に対し、誤って一括払いで販売していたと明らかにした。クレジットカード決済のシステムの不具合が原因で、現在は修正済みだという。(2020/10/6)

石川温のスマホ業界新聞:
KDDI高橋社長が「菅総理4割値下げ」を真摯に受け止め――「マルチブランドで低廉な料金を提供していく」
KDDIが2020年秋冬商戦に向けた発表会を開催した。auブランドのスマートフォンを全機種5Gにしたことが注目ポイントではあるが、記者としては菅義偉総理大臣が掲げる「携帯電話料金の値下げ」に対する高橋誠社長の受け止めが気になるところで……。(2020/10/2)

J.D.パワーの法人携帯満足度調査、2020年はKDDIが1位に
J.D.パワーは、9月30日に「2020年法人向け携帯電話サービス顧客満足度調査」の結果を発表。大企業・中堅企業市場部門、中小企業市場部門ともに1位はKDDIとなった。(2020/9/30)

NTTによるNTTドコモの完全子会社化 KDDIとソフトバンクの反応は?
NTTがTOB(株式公開買付)によるNTTドコモの完全子会社化を発表した。携帯電話事業でドコモ、固定通信事業でNTT東日本やNTT西日本と競合するKDDIやソフトバンクは、この動きをどのように受け止めたのだろうか。(2020/9/29)

ビジョンなき“携帯料金値下げ”は「サービス品質」と「国際競争力」の低下をもたらす
内閣総理大臣に就任した菅義偉氏は、「日本の携帯電話料金世界で最も高い」と発言し、電波利用料の引き上げにも言及。寡占が指摘されている携帯大手3社によりいっそう強い圧力をかけて料金引き下げを求めるとみられている。市場寡占は望ましいものではないが、値下げによる弊害も考えられる。(2020/9/29)

組み込み開発 インタビュー:
パナソニックの携帯電話技術は息絶えず、sXGPとローカル5Gで生きる
パナソニックの携帯電話関連事業は既に“過去のもの”というイメージが強い。しかし、基地局関連技術については、2014年9月の事業売却以降も、テクノロジー本部で研究開発が続けられてきた。同本部の開発担当者に、カナダの通信機器向けICベンダーであるオクタジックとの共同開発を含めた、基地局関連技術の今後の展開について聞いた。(2020/9/29)

携帯大手、値下げとデジタル基盤整備で板挟み
KDDIの高橋誠社長は、菅義偉首相の看板政策である携帯電話料金の値下げについて「真摯に受け止め、対応方針を検討していきたい」と語った。一方、5Gの整備も同時に進めなければならず、値下げと投資の狭間で難しいかじ取りが迫られている。(2020/9/28)

J.D.パワーの2020年携帯満足度調査、ドコモが5年ぶりに1位
J.D.パワーは、9月25日に「2020年携帯電話サービス顧客満足度調査」の結果を発表した。総合満足度1位は2015年以来となるNTTドコモで、au、ソフトバンクと続く。(2020/9/25)

石川温のスマホ業界新聞:
菅総理「4割値下げ」圧力にキャリアは戦々恐々――キャリアの大幅値下げにMVNOは生き残れるのか
第99代内閣総理大臣に就任した菅義偉氏。その前段階から主張していた「携帯電話料金の値下げ」に本格的に着手する見通しだが、それで苦しくなるのは大手キャリアよりも、「格安」をウリにしてきたMVNOだ。(2020/9/25)

「モバスペ」終了 “ホムペ”の老舗、17年の歴史に幕
携帯電話専用のホームページ作成サイトとして知られたモバスペが全サービスを終了する。「魔法のiらんど」「@peps!」などと並び、当時の10代を中心に広く利用されていた。終了の理由は「諸般の事情」。(2020/9/23)

石野純也のMobile Eye:
ついに携帯電話として独立したApple Watch ただし料金プランには課題も
2020年のApple Watchは、正統進化した「Series 6」と廉価モデルの「SE」を用意した。SEのような廉価モデルは、シェアを拡大する上で重要になる。watchOS 7のファミリー共有設定もシェア拡大の鍵を握るが、auが提供する料金プランには課題があると感じた。(2020/9/19)

元ベテラン店員が教える「そこんとこ」:
「緊急事態宣言」解除後の携帯電話ショップはどんな様子? 話を聞いてみた
新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく「緊急事態宣言」が解除されました。携帯電話の販売店の様子はどうなっているのでしょうか。数人の現役スタッフに話しを聞いてみました。(2020/9/16)

携帯業界、菅総裁に戦々恐々 電波利用料見直しも
自民党の新総裁に菅義偉官房長官が選出され、携帯電話料金の値下げを巡る議論の活発化が予想される。電波利用料の見直しを行う可能性もあり、携帯キャリア大手は戦々恐々としている。(2020/9/16)

組み込み開発ニュース:
遊休周波数を有効活用、秒周期で周波数を再割り当てする技術を開発
ソニーは、使われていない周波数帯域の再割り当てができる「ダイナミック周波数共用技術」を開発し、1分未満の周期で携帯電話基地局を制御することに成功した。限りある電波資源を有効活用できる。(2020/9/16)

携帯業界、菅総裁に戦々恐々 電波利用料見直しも
 自民党の新総裁に14日、菅義偉(すが・よしひで)房長官が選出されたことで、世界的にも高水準とされる日本の携帯電話料金の値下げをめぐる議論の活発化が予想される。値下げは総務相経験もある菅氏の肝いりの課題で、首相として、さらに踏み込んだ政策を打ち出す可能性もある。消費者にとっては朗報だが、電波利用料の見直しまで言及された携帯大手は、戦々恐々としている。(2020/9/15)

石川温のスマホ業界新聞:
菅次期首相が記者会見で「携帯電話料金」に言及――「値下げ」よりも「5G成長戦略」に期待
自由民主党の総裁(党首)選挙に、菅義偉官房長官が立候補した。ダントツの有力候補である菅氏が総裁としての公約に掲げた「携帯電話料金の引き下げ」に、業界には激震が走っている。(2020/9/11)

5Gは「過度な期待」のピークに ガートナーハイプ・サイクル
ガートナー ジャパンは9月10日、「日本における未来志向型インフラ・テクノロジのハイプ・サイクル2020年」を発表した。それによると、現在「過度な期待」の頂点に位置しているのが新しい携帯電話通信規格の「5G」だった。(2020/9/10)

ドコモ、au、ソフトバンクで通信障害発生中 九州地方を中心に台風9号/10号の影響で
台風9号と台風10号の影響で、NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの携帯電話に障害が発生。台風が最も近くを通った九州地方を中心に、本州や四国の一部において携帯電話が使いづらかったりつながらなかったりする状況となっている。(2020/9/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。