ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「携帯電話」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

ITmedia Mobile 20周年特別企画:
Nokiaが世界を制した時代から中国メーカーの台頭まで 海外のモバイル業界20年を振り返る
今から約20年前、日本人がiモードなど携帯インターネットを活用しはじめていたころ、海外では携帯電話といえば通話とSMSの道具だった。しかしその後すぐに黎明(れいめい)期のスマートフォンが次々と登場。2007年にiPhoneが出てくるとスマートフォンの時代となり、海外の端末メーカーの躍進が始まった。(2021/5/7)

空き時間のスマホ利用は約8割 2014年調査から増加へ――マイボイスコム調べ
マイボイスコムが、「暇つぶし」に関するインターネット調査結果を発表した。空き時間/暇な時間にスマートフォンや携帯電話を利用する人は8割弱となり、2014年調査と比べて増加している。(2021/4/30)

ITmedia Mobile 20周年特別企画:
iモード全盛期からスマホアプリまで 20年のモバイルコンテンツと文化を振り返る
今から20年前の2001年といえば、携帯電話からインターネットサービスが利用できる「iモード」が普及し始めた頃だった。2006年頃からは、PCで人気となっていたSNSがモバイルの世界に入ってきた。その後、スマホが普及したことで、コンテンツ市場にもパラダイムシフトが起きた。(2021/4/30)

回線契約ない客への端末販売拒否が横行 総務省の覆面調査で明らかに
総務省が公表した覆面調査の結果、携帯キャリア3社の代理店で、回線契約がない客に対し携帯電話のみの販売を拒否するケースが多発していることが明らかになった。電気通信事業法に定める「通信料金と端末代金の分離」などが形骸化する恐れがあるとして、総務省は各社に是正を求める方針。(2021/4/26)

携帯電話の“オンライン解約”解禁へ議論 ドコモと楽天は対応、KDDIとソフトバンクは慎重な姿勢
総務省主導の下、携帯電話回線のオンライン上での解約について議論が進んでいる。4月26日に開かれた会合で、NTTドコモは全面的に解禁する方針としたが、KDDIとソフトバンクは慎重な姿勢を見せた。(2021/4/26)

ドコモは積極的、auは慎重――携帯電話回線の「Web解約」受け付け、各社の状況は?
NTTドコモが3月24日からWebを使った携帯電話回線の解約を受け付け始めた。一方で、KDDIと沖縄セルラー電話が展開するauブランドでは、Webを使った解約手続きの導入に消極的なようだ。総務省の会合で、KDDIはその理由を説明した。(2021/4/26)

石川温のスマホ業界新聞:
楽天モバイルに東名阪以外で使える5G向け周波数帯を割り当て――三木谷さんは「貧乏クジ」をひかされてしまったのか
総務省が5Gでの利用を前提に1.7GHz帯(東名阪エリア以外)の携帯電話基地局開設計画を募集した。総務省での審査の結果、この帯域は楽天モバイルに割り当てられることが決まった。サービスを開始したばかりの楽天モバイルにとって朗報……と思いきや、そうとも言いきれないもある。(2021/4/23)

「dカード GOLD」の会員数が800万を突破 ahamo限定10%還元も
NTTドコモの提供するクレジットサービス「dカード GOLD」の会員数が、4月9日に800万を突破。入会すると携帯電話やドコモ光の利用料金の支払いでポイントがたまり、ahamo限定で利用額の10%還元特典も利用できる。(2021/4/16)

Mobile Weekly Top10:
スマホの「ながら充電」に要注意/「AQUOS sense5G」開発の裏側
中古携帯電話を手がける「携帯市場」と、東京都調布市にキャンパスを構える国立大学「電気通信大学(電通大)」が、スマートフォンの「ながら充電」に関する共同研究の成果を発表しました。ながら充電はバッテリー寿命を縮めることはよく知られていますが、なぜ縮めることになるのかはよく知っておくべきです。(2021/4/12)

消費者庁が「携帯料金」に関する注意喚起を更新 大手キャリアの最新料金プランを反映
消費者庁が「携帯電話に関する注意喚起」の内容を一部更新した。2020年12月から公開している料金面での注意喚起について、NTTドコモと楽天モバイルの新プランを反映している。(2021/4/6)

中国勢の追い上げに耐えられず LGの携帯電話撤退、国産ケータイも撤退の歴史
一時は世界シェア3位となった韓国LGの携帯電話事業からの撤退は、中国Huaweiなど中国勢の追い上げに耐えきれなくなったためだ。日本メーカーも、多くがiPhoneの登場を機に撤退に追い込まれており、LGの決断は市場での生き残りの厳しさを改めて示した。(2021/4/6)

LG Electronicsの携帯電話事業撤退 日本法人がFAQを公開 OSバージョンアップ含むソフトウェア更新などは継続
LG Electronicsの携帯電話事業撤退に伴い、日本法人のLGエレクトロニクス・ジャパンが「よくある質問」を公開した。サポートは今まで通りに継続して提供される。一方で、一部のアプリ/サービスの提供が終了する。(2021/4/5)

LG、携帯電話事業から撤退
競争の激しい携帯電話セクターから撤退することで成長分野にリソースを集中できるとしています。(2021/4/5)

LG、スマホ事業から撤退 AIなど他分野にリソースを集中
韓国LG Electronicsが、全世界でスマートフォン事業から撤退すると発表。同社は「携帯電話市場から撤退することで、ロボティクスやAIなど、他の領域にリソースを注げる」としている。(2021/4/5)

LG Electronicsが携帯電話事業から撤退 電気自動車/IoT/B2Bソリューションに注力
韓国LG Electronicsが、7月31日までに携帯電話事業から撤退することを発表した。競争の激しい携帯電話端末(スマートフォン)市場に注いでいたリソースを、電気自動車/IoT/B2Bソリューションといった成長分野に振り向けるという。(2021/4/5)

総務省、「携帯電話ポータルサイト(正式版)」を公開 料金プランの見直し手順など解説
総務省が携帯電話の料金プランなどに関する情報をまとめた「携帯電話ポータルサイト(正式版)」を公開。料金プランの見直し手順やMVNOの仕組みなどを解説することで、消費者のニーズに合ったプラン選択に役立てたい考え。(2021/4/2)

総務省の「携帯電話ポータルサイト」が正式版に デザインを一新して知りたい情報にアクセスしやすく
総務省が「アクション・プラン」の取り組みの1つとして挙げていた「携帯電話ポータルサイト」が正式版となった。暫定版からサイトデザインが一新され、知りたい情報にアクセスしやすくなった。(2021/4/2)

ドコモ、携帯にデータを残したまま修理するサービス 4月から提供
NTTドコモが、携帯電話のデータを残したまま修理するサービス「預かり修理(データあり)」を4月1日に始める。価格は4950円(税込)。(2021/3/29)

データや設定を残したまま修理 ドコモが「預かり修理(データあり)」開始
NTTドコモはデータを削除することなく修理を実施し、携帯電話をそのまま返却できる「預かり修理(データあり)」を提供開始。修理拠点で実施可能と判断した場合のみ、修理代金とは別に4500円(税別)を支払えば利用できる。(2021/3/29)

法人向け5Gデバイスを本格展開する京セラ 通信機器メーカーとしての強みは?
1989年に携帯電話市場に参入した京セラは、長らく端末事業を展開しており、2000年代に入って車載・産業機器向け通信モジュールも開発してきた。端末メーカーの知見を生かして、設計からサポートまでをワンストップで行う「京セラコネクティングサービス」も提供している。2021年5月には法人向けのミリ波対応5Gルーター「K5G-C-100A」を本格販売する。(2021/3/25)

ドコモがWebでの「回線解約」を受け付け開始 dアカウントが必要
NTTドコモが、My docomo(Web)において携帯電話回線の解約と、即時解約を伴うMNP転出の手続きを受け付け始めた。契約状況によっては従来通りドコモショップでの手続きが必要な場合もあるので注意しよう。(2021/3/24)

1人暮らしの94.5%が携帯以外の自宅回線あり Office Withが調査
Office Withは、1人暮らし世帯を対象としたネット環境の利用状況調査を発表。94.5%が自宅に携帯電話以外の通信環境があると回答し、そのうち75.3%が光回線などの固定回線という結果になった。(2021/3/23)

新幹線の「列車公衆電話サービス」が6月30日終了 利用者減少と携帯電話エリア拡大を受けて
JR旅客鉄道5社が新幹線の車内で提供してきた公衆電話サービスが、6月30日をもって終了する。ただし、サービス終了に伴い設定変更が必要となるため、6月7日から順次サービスを利用できない列車(編成)が発生する。(2021/3/18)

JR東など5社、新幹線での公衆電話サービスを終了 全区間の通信エリア化受け
JR東日本など5社が、新幹線車内での公衆電話サービスを終了すると発表。各社が管轄する全ての新幹線路線で携帯電話を使った通話が可能になったためとしている。(2021/3/18)

6月30日に終了予定:
新幹線の列車公衆電話サービス終了 携帯電話の普及などを受け
NTTコミュニケーションズがJR5社に提供している列車公衆電話サービスを終了する。携帯電話の普及などが理由。(2021/3/18)

通信プラン変更・乗り換え検討中は37% 検討先トップのキャリアは?
携帯電話のプラン変更や乗り換えを「検討している」と答えた1万3962人を対象に、次の検討先を聞くと、「docomo(ahamo以外のプラン)」が最も多く24.7%、次いで「ahamo」が21.8%、「Rakuten UN-LIMIT」が18.1%となった。(2021/3/15)

激化する価格競争:
「今後利用したい携帯電話会社」ランキング 圧倒的な差をつけて1位になったのは?
調査会社のマイボイスコムが携帯電話会社のイメージに関する調査の結果を発表。「CMの印象が良い」や「先進的だと思う」企業が明らかに。「今後使ってみたい」ランキングの1位は?(2021/3/10)

携帯電話の格安プラン、一番お得なのはどこ? 「ahamo」がリード 楽天は2台目以降の選択肢
携帯電話会社の新料金プランが出そろいつつある。菅義偉首相の意向を受けた形で大幅に値下げされたが、最も賢くプランを選ぶにはどうすればいいのか。現時点では2700円に値下げしたドコモの「ahamo」が一歩リードしている。(2021/3/9)

ソフトバンク訪問販売代理店でユーザー情報の不正取得 2015年〜2018年に6347件
ソフトバンクの訪問販売代理店などで、同社の携帯電話サービスなどの契約手続きを行ったユーザー情報6347件が不正に取得されたことが判明。同社の顧客データベースからの情報流出はないとしている。(2021/3/4)

通話料金の設定権移行に先行:
NTT東西の固定電話からau/ソフトバンク携帯電話への「通話料金」が値下げへ 5月1日から
NTT東日本、NTT西日本、NTTドコモ、KDDIとソフトバンクの5社が、固定電話から携帯電話への通話について、料金の設定権をNTT東日本とNTT西日本に移行することに合意した。それに先駆けて、NTT東西の固定電話からauとソフトバンクの携帯電話に発信した際の通話料金が値下げされることになった。(2021/3/3)

KDDIとソフトバンク、固定電話から携帯への通話料値下げ
 KDDI(au)とソフトバンクは2日、NTT東西の固定電話から携帯電話にかける際の通話料について、5月1日からNTTドコモと同じ3分あたり60円に値下げすると総務省の有識者会議で明らかにした。現在の通話料はKDDIが90円、ソフトバンクが120円だった。(2021/3/3)

ahamoユーザー限定の「dカード特典」 データ増量やポイント還元など
NTTドコモは、「ahamo」のユーザー限定の「dカード特典」を提供する。ahamoの料金をdカードまたはdカードGOLDで支払うと、毎月のデータ量を増量する。ahamoの携帯電話をdカードGOLDと連携すると、毎月最大300ポイントを進呈する。(2021/3/1)

現在は表示:
ドコモとKDDI、解約ページなどが表示されない 総務省が指摘
総務省は26日、NTTドコモとKDDIが一時期、自社の携帯電話などの解約ページなどがウエブ検索しても表示されない設定になっていたと公表した。いずれも現在は検索すると表示されるようになっている。(2021/2/27)

ドコモとKDDI、回線解約ページを検索エンジンから隠ぺい 総務省の指摘受け修正
NTTドコモとKDDIが携帯電話の解約手続きを案内するWebページを検索できないようにしていた。総務省の指摘を受け、両社は検索できるようサイトを改修した。(2021/2/26)

「折りたたみ式携帯電話」がカッコよかったあの頃…… ギャルに憧れた小学生の“ガラケー”の思い出を描いた漫画が懐かしい
各社個性的な機種が多かったガラケーのお話です。(2021/2/25)

IIJ、2Gで780円の新プラン 余った容量のシェアや繰越が可能に
インターネットイニシアティブ(IIJ新プラン)は2月24日、MVNO携帯電話サービスの新プランとして「IIJmioモバイルサービス ギガプラン」を4月1日から提供すると発表した。(2021/2/24)

通信各社が災害用伝言板を提供 東北地方の地震を受けて
福島県沖を震源とする地震の影響で、携帯キャリア各社が「災害用伝言板」「災害用音声お届けサービス」を提供している。NTT東日本とNTT西日本は「災害用伝言ダイヤル」を提供中。手持ちの携帯電話で安否情報の登録や検索ができる。(2021/2/14)

2020年国内携帯の出荷台数は2007年以降で過去最低 サムスン電子と富士通が躍進
MM総研は、2月10日に「2020年(暦年)国内携帯電話端末の出荷台数調査」の結果を発表した。楽天MNO開始でSIMフリースマホは387.9万台(前年比25.3%増)となり、スマホ全体の12.9%に拡大している。(2021/2/10)

スマホ利用者の月額料金は平均5334円、月間データ通信量は平均7.56GB MM総研が調査
MM総研は、2月9日に「携帯電話の月額利用料金とサービス利用実態(2020年12月時点)」の調査結果を発表した。スマートフォン利用者全体の月額利用料金は5334円で、月間データ通信量は平均7.56GBとなった。(2021/2/10)

回線レンタル料、月内に値下げ開示へ 携帯大手3社
携帯電話大手3社が接続料を値下げする方針を明らかにした。各社共通の接続料を定めて適用する方式を取り入れる。新方式は格安事業者が一部の設備を自前で用意しなければならないが、全てを携帯大手に依存しない分、接続料は大幅に安くなる。(2021/2/9)

「私の青春」を演出しようと歴代の携帯電話を並べて撮影→「検挙された犯罪組織」と化して笑い呼ぶ
白基調のモデルばかりで、カラーで撮っても大差ないという。(2021/2/8)

ユーザーが乗り換えたいキャリア1位は? 携帯電話会社の新料金プラン発表を受けて
docomo・SoftBank・auの新料金プラン発表を受け、ユーザーがどの携帯キャリアへ乗り換えを検討したのか意識調査。結果は?(2021/2/8)

ドコモ、請求書などの再発行を有料化 4月請求分から
NTTドコモが、これまで無料としていた携帯電話料金の請求書や口座振替案内などの書類再発行を有料化する。(2021/2/8)

新プランで収益悪化懸念 携帯大手増益、非通信に力
携帯電話大手3社は、いずれも営業利益が前年同期比で増益となった。一方、春以降は携帯料金の値下げによる収益悪化は避けられない。金融事業など非通信事業の拡大で、値下げ分を補う事業に育てられるか、底力が問われる。(2021/2/8)

料金値下げの影響は「総合力」でカバー 日本は米国やインドとは違う――ソフトバンク宮内社長との一問一答(2021年2月版)
ソフトバンクの宮内謙社長が、社長としては最後となる決算説明会に登壇した。この記事では、説明会で行われた質疑応答のうち、携帯電話事業に関連する主なやりとりを紹介する。(2021/2/5)

5Gビジネスの神髄に迫る:
楽天モバイルに聞く、法人向け5Gビジネス 「楽天経済圏」と「ミリ波」がカギ
携帯電話事業に新規参入した楽天モバイルだが、実はコンシューマー向けだけでなくビジネス開発に向けた取り組みも進めている。パートナーとなる企業らと、5GやIoTを活用した新たなサービスを開発する「楽天モバイルパートナープログラム」を打ち出している。ノエビアスタジアム神戸では、5Gを活用した新しい試合観戦などの実証実験を行っている。(2021/2/4)

新作iPhone、ペースメーカー利用者に注意喚起のワケ 15センチ離して使用呼びかけ
 日本のスマホ市場で圧倒的な人気を誇る米IT大手アップルは、最新スマートフォン「iPhone(アイフォーン)12」シリーズについて、端末の磁石や電磁場が医療機器に干渉する恐れがあるとして、15センチ離して使用するよう注意喚起した。ほかのスマートフォンや携帯電話はどうなっているのか。(2021/2/3)

ATMで電波遮断、AIが通話警告……コロナ禍でも止まぬ特殊詐欺被害、根絶に“水際対策”強化
巧妙なうそで高齢者らから現金をだまし取る特殊詐欺。警察当局や関係機関が力を入れているのが、ATMでの携帯電話の電波遮断やAIを活用した注意喚起といった“水際対策”だ。警察幹部は「あらゆる手で被害を封じ込める」と力を込める。(2021/2/3)

iPhone 12、ペースメーカー利用者に注意喚起のワケ 15cm離して使用呼びかけ 他のスマホは?
米Appleは、iPhone 12シリーズについて、医療機器から15cm離して使用するよう注意喚起した。総務省は他のスマートフォンや携帯電話についても、携帯端末との距離が15cm程度以下にならないよう注意喚起している。(2021/2/3)

元ベテラン店員が教える「そこんとこ」:
必要としている人は確実にいる 無理やり売りつけることはない――携帯ショップの現役店員に聞く「オプション品販売」
携帯電話ショップでは、携帯電話本体だけではなくオプション品やセキュリティソフトウェアも販売しています。しかし、SNSそれに伴うトラブルも散見されます。店頭スタッフにとって、オプション品の販売はどのような位置付けなのでしょうか。話を聞いてみました。(2021/2/3)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。