ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「無線LAN」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

無線による情報通信ネットワークの総称。IEEE802.11委員会が各種標準規格を規定しており、主に2.4GHz帯や5GHz帯などの無線用の周波数帯を介したデータ通信を指す。
無線LAN − @ITネットワーク用語事典

-こちらもご覧ください-
質問!ネットワーク機器→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でネットワーク機器関連の質問をチェック
質問!ワイヤレス・無線LAN→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でワイヤレス・無線LAN関連の質問をチェック

無線LANと移動通信システムの進化【前編】
「Wi-Fi 6」と「5G」は融合する――識者が示す“未来の無線通信”
高速なデータ伝送を実現する無線技術として「Wi-Fi 6」と「5G」がほぼ同時に登場した。無線LANや移動通信システムといった無線技術はこれまでどのように進化し、どのような方向へ向かうのか。識者に聞く。(2020/9/14)

社内LANとは異なる対策が必要
「家庭内無線LAN」を安全に使う7つの対策
家庭内無線LANのセキュリティ確保には何に注意し、どのような対策を講じる必要があるのか。主要な7つの対策を紹介する。(2020/8/29)

ASUS、2.5GbEポートも備えたWi-Fi 6対応のゲーミング無線LANルーター
ASUS JAPANは、Wi-Fi 6接続に対応した無線LANルーター「RT-AX86U」を発売する。(2020/8/28)

名刺サイズの超小型PC「ラズパイ」で遊ぶ(第25回):
ラズパイを無線LANルーター化する 〜ブリッジモード編〜
前回はラズパイを無線LANルーター化する方法についてご紹介しました。今回はブリッジモードでのアクセスに挑戦します。(2020/8/28)

TP-Link、実売8800円のWi-Fi 6対応無線LANルーター
ティーピーリンクジャパンは、Wi-Fi 6接続に対応した対応無線LANルーター「Archer AX20」を発表した。(2020/8/24)

名刺サイズの超小型PC「ラズパイ」で遊ぶ(第24回):
ラズパイを無線LANルーター化する 〜アクセスポイント編〜
家庭内で無線LANルータを使っている人は多いかと思います。今回はそのルーター機能をラズパイに持たせて、ラズパイを使った無線LANルーターの構築方法についてご紹介します。(2020/8/14)

ASUS JAPAN、RGBで光るWi-Fi 6対デュアルバンドゲーミング無線ルーター「RT-AX82U」を発表
ASUS JAPANは、RGBライティングを採用した無線LANルーター「RT-AX82U」を8月21日に発売する。(2020/8/7)

Wi-Fi 6は4機種を投入:
ジュニパーがAI機能の「Mist」をWANにも拡張、「全ての構成要素がそろった」
ジュニパーネットワークスは、同社のAI機能「Mist」を無線LAN、有線LANに加え、WANに拡張した。これで機械学習/AIにより自律運用ネットワークを目指す同社の取り組みは、全ての構成要素がそろったことになるという。(2020/8/5)

PCやスマホでテレビを視聴できるチューナー「Xit AirBox」新製品が8月7日発売
ピクセラは、PCやスマートフォン向けのテレビチューナーブランド「Xit」の新製品「Xit AirBox」(XIT-AIR110W)を8月7日に発売する。無線LANルーターやモバイルWi-Fiルーターなどと接続し、ワイヤレスで地上・BS・110度CSデジタル放送が視聴できる。プロジェクター付きシーリングライト「popIn Aladdin/popIn Aladdin 2」にも対応する。(2020/7/30)

ホームネットワークの基礎知識【前編】
在宅勤務では「有線LAN」と「無線LAN」のどちらを選ぶべきか?
在宅勤務などのテレワークを実施する際は、クライアント端末を有線LANと無線LANのどちらに接続するべきなのか。選択のポイントを紹介する。(2020/7/25)

「Wi-Fi」の根幹技術【後編】
無線LANの「ダウンリンクMU-MIMO」と「アップリンクMU-MIMO」の違いとは?
無線LANを高速化する技術「MU-MIMO」には「ダウンリンクMU-MIMO」と「アップリンクMU-MIMO」がある。両者はどう違うのか。(2020/7/22)

「無線LAN」の根幹技術【中編】
「MISO」「MIMO」や「3x3」「4x4」とは? 無線LAN選びの基礎知識
無線LANはどのような方式でデータを送受信するかによって、データ伝送速度に違いが出る。それを理解するための「SISO」「SIMO」「MISO」「MIMO」や「1x1」「2x2」「3x3」「4x4」の違いを紹介する。(2020/7/17)

ベルキン、トライバンド接続をサポートした11ac無線LANルーター
ベルキンは、IEEE 802.11ac接続に対応する無線LANルーター「MR9000X」を発売する。(2020/7/10)

TP-Link、税別3900円の11ac対応エントリー無線LANルーター WPA3にも対応
ティーピーリンクジャパンは、エントリー価格帯を実現したIEEE 802.11ac対応無線LANルーター「Archer A6」を発表した。(2020/7/9)

「無線LAN」の根幹技術【前編】
無線LANを高速化する「MU-MIMO」は「SISO」と何が違うのか
無線LANを高速化する重要な技術に「マルチユーザーMIMO」(MU-MIMO)がある。これを正しく理解するために知っておくべきポイントを紹介する。(2020/7/8)

ピクセラ、PC・スマホで地デジ視聴できるワイヤレステレビチューナー「Xit AirBox lite」6月26日発売
ピクセラは、6月26日に地上デジタル放送が視聴できるテレビチューナー「Xit AirBox lite(XIT-AIR50)」を発売。自宅のルーターに追加しアンテナ線と接続するれば、無線LANがつながる場所でテレビ番組を視聴できるようになる。(2020/6/19)

TP-Link、最大1300Mbps接続に対応した税別5000円台の11ac無線LANルーター
ティーピーリンクジャパンは、IEEE 802.11ac接続に対応したエントリー価格帯の無線LANルーター「Archer C80」を発売する。(2020/6/19)

5G対応モデルも10月以降に追加:
使い勝手を強化したモバイルPC「LAVIE Pro Mobile」登場 USB Type-C端子から映像出力も可能に
NECの軽量モバイルPC「LAVIE Pro Mobile」に2020年夏モデルが登場。先代のコンセプトをキープしつつも、第10世代CoreプロセッサやWi-Fi 6対応無線LANモジュールを搭載し、キーボードやタッチパッドのサイズを拡大するなど使い勝手を向上している。(2020/6/16)

「IEEE 802.11ac」とは格段の違い
アメフト強豪大学が「IEEE 802.11ax」を選んだ理由 9万人の競技場で高速通信
「IEEE 802.11ax」(Wi-Fi 6)は旧世代の無線LAN規格とは別物だという評判がある。それは本当だろうか。アメリカンフットボールスタジアムに導入したオクラホマ大学に、IEEE 802.11ax導入の理由と効果を聞いた。(2020/6/15)

コストに課題も:
Wi-Fi 6の導入は進む? IoTがけん引役に
新しいWi-Fi規格「Wi-Fi 6」(IEEE 802.11.ax)が急速に無線LAN市場の主要なけん引力になりつつある。IDC(International Data Corporation)の市場調査アナリストによると、Wi-Fi 6対応のAP(アクセスポイント)は、2020年第1四半期に出荷されたAPの出荷台数の11.8%、売上高の21.8%を占めたという。(2020/6/11)

アイ・オー、税別1万円を切るWi-Fi 6無線LANルーター
アイ・オー・データ機器は、Wi-Fi 6接続対応の無線LANルーター「WN-DAX1800GR」を発売する。(2020/6/10)

バッファロー、アンテナ4基を搭載したWi-Fi 6対応無線LANルーター「WXR-5700AX7S」など3モデル
バッファローは、Wi-Fi 6規格に対応した無線LANルーター3モデルを発表した。(2020/6/4)

「IEEE 802.15.4」の方が適している場合も
IoTデバイスで「IEEE 802.11」無線LANを採用すべき理由と、注意すべき限界
IoT(モノのインターネット)デバイスの通信手段として、低コストでの通信を可能にする無線LANが広く利用されている。ただし、その通信範囲や消費電力には課題がある。(2020/6/3)

ぷらっとホーム、手軽にVPN環境を構築できる「EasyBlocks Remote Office」用子機に無線LAN対応モデルを追加
ぷらっとホームは、同社が提供する「EasyBlocks Remote Office」のラインアップに無線対応子機モデルを追加した。(2020/5/27)

モバイル「ThinkPad X」に2020年モデル登場 Wi-Fi 6対応無線LANを搭載
レノボ・ジャパンが、ThinkPadの2020年モデルを一挙に発表。5月29日から順次発売される。この記事では、モバイルの「Xシリーズ」の新製品を簡単に紹介する。(2020/5/26)

「IEEE 802.11ax」に新たな展開
「Wi-Fi 6E」とは? 全ての無線LANを過去にする衝撃
FCCが無線LANの6GHz帯使用を承認し、無線LANのデータ伝送速度を飛躍的に向上させることが可能になった。その可能性と課題とは。(2020/5/24)

Dell Technologies スモールビジネス事業統括本部提供eBook
「5G」があれば無線LANもLTEも不要? 企業ネットワークはどう変わるのか
「5G」が注目される理由の一つは、従来の移動体通信システムの枠を超えて活用できる可能性があるからだ。5Gを幅広い用途で活用できるのはなぜなのか、具体的に紹介する。(2020/5/22)

「5G」「Wi-Fi 6」の違いを徹底比較【前編】
「5G」と「IEEE 802.11ax」(Wi-Fi 6)をどちらか一方ではなく併用すべき理由
移動通信システムの「5G」と、無線LANの「IEEE 802.11ax」(Wi-Fi 6)。これらは競合する部分もありつつも、互いに連携できる“友人”のような関係にある。(2020/5/20)

「切れる」「遅い」「不安定」に自動対処
無線LANで最大の課題「トラブルにどう対処したらいいか分からない」をどうする
無線LANを利用している組織が抱える最大の悩みは通信トラブルだ。だが途方に暮れることはない。ユーザー企業でも管理ツールを活用することで自ら迅速に対処できる。(2020/5/13)

TP-Link、メッシュ接続もサポートしたWi-Fi 6対応無線LANルーター
ティーピーリンクジャパンは、メッシュ接続機能を備えたWi-Fi 6対応無線LANルーター「Deco X20」を発売する。(2020/5/14)

スマホ利用者のWi-Fi利用率、自宅で90.1% ドコモ「モバイル社会研究所」調べ
NTTドコモの「モバイル社会研究所」が、スマホ利用者のWi-Fi(無線LAN)利用について調査を実施。スマホを利用する際にWi-Fiを利用する場所を聞いた所、自宅が90.1%と圧倒的に高い結果となった。(2020/5/13)

テレワークがIT部門に与えた影響【前編】
在宅勤務1割から9割へ急増のバイオ企業、悩みは「社員宅の無線LANトラブル」
テレワークで発生するトラブルは原因の特定が難しい傾向にある。新型コロナウイルスの感染拡大に伴いテレワークを推進した企業のIT部門は、どのような課題に直面しているのか。(2020/5/11)

ASUS、Wi-Fi 6に対応した無線LANルーター「TUF-AX3000」 “ゲーム用”有線LANポートを搭載
ASUS JAPANは、最新のWi-Fi 6規格に対応した無線LANルーター「TUF-AX3000」を発表した。(2020/5/8)

デバイスとデータの増加に備える
「IEEE 802.11ax」(Wi-Fi 6)の導入をためらうべきではない“これだけの根拠”
新たな無線LAN規格「IEEE 802.11ax」の利点を理解していても、コストや実績を気にして導入をためらう企業は少なくない。ただし企業ITの現状を踏まえると、先送りは必ずしも正しい判断とは言えない。それはなぜか。(2020/5/3)

「Microsoft Teams」や「Slack」にも影響
「Zoom」がテレワーク需要で不具合 自宅の無線LANトラブルが原因の苦情も
テレワークによるWeb会議サービスへの需要の高まりに伴い、「Zoom」でサービスの不具合が頻発した。「Microsoft Teams」「Slack」といった競合も同様だ。利用の急速な拡大がもたらす影響を整理する。(2020/4/29)

国内企業向けネットワーク機器市場は2024年まで年率マイナス2.5%の見通し IDC予想
2024年までの「国内企業向けネットワーク機器市場」は、「ワイヤレスファースト」の浸透で無線LAN機器市場がけん引するも、イーサネットスイッチとルーター市場はマイナス成長に転じる見込み。リプレース需要などの市場押し上げ要素をうまく捉えられるかが、成長の鍵になるという。(2020/4/28)

「IEEE」から「Wi-Fi 6」まで
いまさら聞けない「IEEE 802.11ax」の必修12用語 あなたは幾つ知っている?
最新世代の無線LAN規格「IEEE 802.11ax」(Wi-Fi 6)は多様な要素技術で構成され、さまざまな組織が関わっている。IEEE 802.11axの理解を助ける、主要な関連用語を紹介しよう。(2020/4/26)

バッファロー、Wi-Fi 6対応ルーター新モデル3製品を予告 特設ページを開設
バッファローは、Wi-Fi 6対応無線LANルーター計3製品の予告を行った。(2020/4/23)

3つの注意点を整理
「WPA2」から「WPA3」への無線LANセキュリティの移行はなぜ難しいのか?
無線LANのセキュリティプロトコルを「WPA2」から「WPA3」に移行するのは単純ではない。それはなぜなのか。移行の際に注意すべき点をまとめた。(2020/4/19)

ASUS、Wi-Fi 6に対応したエントリー無線LANルーター
ASUS JAPANは、最新のWi-Fi 6接続に対応した無線LANルーター「RT-AX56U」を発売する。(2020/4/17)

バッファロー、IPv6もサポートした11ac対応無線LANルーター
バッファローは、IEEE 802.11acに対応した無線LANルーター「WSR-2533DHPL2」シリーズを発表した。(2020/4/15)

テレワーク負担軽減へ ベンチャーで一時金や手当の導入広がる
 新型コロナウイルス感染拡大を受けた政府の緊急事態宣言が発令されてから14日で1週間。大企業だけでなく、ベンチャー企業でも在宅勤務などのテレワークが進んでいるが、「仕事で使った自宅の光熱費や通信費の負担はどうなるのか」「家にはパソコンや無線LANがない」といった不安の声も少なくない。少しでも不安を解消しようと、一時金や手当を支給するベンチャー企業が増えている。(2020/4/14)

「電波の自動調整」「セキュリティ」が基本
「止まると仕事ができない」重要なインフラである無線LANを今再検証すべき理由
オフィスの無線LANが止まったら、仕事にならない。無線LANの「重要インフラ化」が進むにつれ、高まるのは運用担当者の責任だ。今こそ、ユーザーエクスペリエンスの維持、セキュリティの確保といった基本に立ち返り、再検証すべきだ。(2020/4/16)

古田雄介のアキバPick UP!:
アクションカム、無線LANアダプタ、電源タップ……アキバで人気急増のテレワークアイテム
アキバのPCパーツショップの売れ筋が、緊急事態の様相を深めてきている。動きの激しいアイテムは、どこのショップもテレワークに関連したものだった。(2020/4/13)

エレコム、メッシュ接続をサポートした11ac対応無線LANルーター
エレコムは、メッシュネットワークの構築が可能な11ac対応無線LANルーターセット「WMC-2HC-W」を発売する。(2020/4/7)

産業動向:
東京都が「TOKYO FREE Wi-Fi」で停電時に役立つバックアップ電源機能を実装
東京都は、NTT、NTT東日本と連携し、東京都が提供中の公衆無線LANサービス「TOKYO FREE Wi-Fi」の機能を増強する。(2020/4/7)

「Wi-Fi 6」って何だ?
過去の無線LAN規格にはない「Wi-Fi 6」特有の機能 決定的に違うのは何?
「Wi-Fi 6」が「Wi-Fi 5」の単純な改良版だと考えてはいけない。これらの規格にはデータ伝送を高速化する点だけに限らない大きな違いがあるからだ。(2020/4/7)

利便性と危険性は表裏一体
「無線LAN」はなぜ危ないのか? 有線LANとの違いが生むリスク
物理的な配線を利用する有線LANと利用しない無線LANでは、どのような違いがあるのか。無線LANのセキュリティを向上させるため、その違いと保護のベストプラクティスを学ぼう。(2020/4/4)

「LAN」新規格の動向【中編】
“10Gbps”を目指す無線LAN規格「IEEE 802.11be」とは? センサー機能も搭載
IEEEは無線LAN規格「IEEE 802.11ax」に続く新規格「IEEE 802.11be」の標準化を既に進めている。これまでになかった無線LANの用途を実現するというIEEE 802.11beの機能を見てみよう。(2020/4/3)

アイ・オー、メッシュ接続対応の11ac無線LANルーターに子機セットモデルが追加
アイ・オー・データ機器は、同社製の11ac対応無線LANルーター「WN-DX1167GR」に子機を付属したセットモデルを発表した。(2020/4/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。