ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

「Internet of Things」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Internet of Things」に関する情報が集まったページです。

今必要とされるデータ利活用のためのスキルを体系化:
「データサイエンティストのためのスキルチェックリストとタスクリスト」 データサイエンティスト協会が無料で公開
データサイエンティスト協会とIPAは、「スキルチェックリスト」と「タスクリスト」の読み解き方や活用方法を記した公式ガイドブック『データサイエンティストのためのスキルチェックリスト/タスクリスト概説』を刊行した。(2020/7/9)

全社横断でDXに取り組む企業と隔たり:
事業部間の連携不足がDXを阻害 アクセンチュアの調査レポート
アクセンチュアは、調査レポート「デジタル変革の投資を最大化する5つの指針:部門の枠を超えたコラボレーションがもたらす効果」を発表した。DXに取り組む企業の多くが、事業部間の連携不足で投資効果を十分に得られていないとしている。(2020/7/6)

エネルギー分野での活用が広がるAI【後編】
エクソンモービル、シェブロンや新興エネルギー企業は「AI」をどう使う?
エネルギー業界におけるAI技術導入が加速している。老舗の大手企業が導入に本腰を入れ始めただけではなく、新しい技術を武器に異業種の企業が急速に存在感を高めている。(2020/7/3)

自動化と統合管理が完成形、さらに企画力も:
PR:withコロナの時代、企業それぞれに合った「ゼロトラストセキュリティ」を始めるには
テレワークやクラウドサービスの活用に伴い、にわかに「ゼロトラストセキュリティ」というキーワードをあちこちで耳にするようになった。具体的にどんなコンセプトを指し、どこから取り組めばよいのだろうか。(2020/7/2)

「5G」がもたらす「IoT」の変化【前編】
「5G」はなぜ「エッジコンピューティング」でこそ使うべきなのか?
「IoT」やその延長線上にある「エッジコンピューティング」の普及と、「5G」の台頭が同時に起きていることには、どのような意味があるのだろうか。5Gでエッジコンピューティングはどう変わるのか。(2020/7/1)

エネルギー分野での活用が広がるAI【前編】
スマートグリッドを「AI」で強化 データで資源を有効活用
エネルギー分野でのAI(人工知能)技術の活用が広がりつつある。AI技術は既存の技術をどう変え、どのようなメリットをもたらすのか。(2020/6/26)

過去の予測は約7割が実現:
20年後に実現する技術とは? 文部科学省が未来予測
文部科学省は日本の科学技術政策に関するトピックをまとめた2020年版「科学技術白書」を公開した。2040年の未来予測や新型コロナウイルス感染症の流行を記載している。(2020/6/19)

日本でも販売してほしい
「スマートな」ホームカメラ「Ranger IQ」のある快適生活
Imouの「Ranger IQ」は魅力的なホームカメラだ。人間を識別して自動追尾し、異常な行動があればアラートを発する。会話もできるのでコミュニケーションにも使える。(2020/6/19)

国内IoTインフラストラクチャ市場、2024年までプラス成長 IoTエッジ層でのデータ分析ニーズが増大傾向――IDC予測
IDC Japanによると、2020年の国内IoTインフラストラクチャ市場は、前年比5.1%増の1048億円規模になるという。IoTエッジ層でのデータ分析処理ニーズが高まりつつあることから、今後もIoTエッジインフラを中心に市場拡大が見込まれ、2024年まで年成長率14.6%でプラス成長が続く見通しだ。(2020/6/18)

アズビルが解き明かす「BAS」解体新書!(2):
【BAS徹底解剖】BEMSのクラウド化〜現在から将来に向けた対応〜
建物には、空調、照明、監視カメラEV/ESさまざまな設備機器が導入されている。それらを効果的に運用するシステムとしてビルディングオートメーションシステム(Building Automation System、BAS)が存在する。本連載では、制御・計測機器メーカーで各種ビル設備サービスを展開するアズビルが、「建物の頭脳」ともいえるBASやシステムを活用したエネルギー管理システム「BEMS」を紹介し、今後の可能性についても解説する。第3回目は、BEMSのクラウド化について紹介していく。(2020/6/4)

「IEEE 802.15.4」の方が適している場合も
IoTデバイスで「IEEE 802.11」無線LANを採用すべき理由と、注意すべき限界
IoT(モノのインターネット)デバイスの通信手段として、低コストでの通信を可能にする無線LANが広く利用されている。ただし、その通信範囲や消費電力には課題がある。(2020/6/3)

UiPath、RPA管理ツールのクラウド版を提供開始 サポート新製品も発売
クラウド版の管理ツールは、RPAプラットフォームの導入から保守運用までをクラウド上で実現できる。また、RPA業務サポート用の新製品群は、ビジネスユーザーやRPA初心者にも簡単に使用できる設計だ。(2020/5/28)

クラウド採用計画の調査結果を発表 Nutanixが小売業界を対象に
Nutanixが企業のクラウド採用計画の調査結果を発表した。調査は24カ国の地域で、小売業界のIT部門の意思決定者2650人を対象に行った。小売業界のビジネスリーダーが重視するクラウドサービスとは。(2020/5/26)

IoTセキュリティベンダー5選【後編】
IoTセキュリティ製品選びで知るべき「Fortinet」「SonicWall」「VDOO」の違い
IoTデバイスを狙う攻撃に対抗するIoTセキュリティ製品。その主要ベンダー各社にはどのような特徴があるのか。(2020/5/26)

IoT向けネットワークで脚光
無線PAN規格「IEEE 802.15.4」とは? 「ZigBee」「Wi-SUN」が採用
IoT向けのネットワーク技術にはさまざまな種類がある。その中でも重要な無線PAN規格「IEEE 802.15.4」と、その関連規格を紹介しよう。(2020/5/25)

NECと豊田通商、AI、IoTでクロマグロ幼魚のサイズ測定を自動化
「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成を目指すNECと豊田通商は、AI(人工知能)、IoT(Internet of Things)を活用し、水産業の持続可能な資源の供給をどのように推進していくのか。(2020/5/22)

「LPWA」の主要キーワード
いまさら聞けない「LoRa」と「LoRaWAN」の違いは? IoTの要素技術
センサーなどのIoTデバイスを接続する無線通信に使われる技術や規格として「LoRa」や「LoRaWAN」がある。両者はどう異なり、どのように使われているのだろうか。(2020/5/22)

「password」「123456」などでログイン可能:
「注意喚起対象件数は毎月300件程度で推移」 NICTがNOTICEの実施状況を公表
NICTらは、脆弱なIoT機器やマルウェアに感染しているIoT機器の利用者に対する注意喚起状況を公表した。特定のIDとパスワードでログインでき、注意喚起対象となったIoT機器は2249件だった。(2020/5/19)

セキュリティの課題は残るが:
パンデミック克服ではIoTが主導的役割を果たす
新型コロナウイルス(COVID-19)などの感染症を打ち負かす上で重要な役割を担っている技術の中でも、特にIoT(モノのインターネット)は、人類の“技術兵器”の重要な一部だといえる。例えば、コスト削減や、自動や遠隔での介護や診断、新たに利用可能になった患者データなどは、IoTがヘルスケア分野にもたらしたさまざまな変革の中のほんの数例として挙げられる。(2020/5/11)

IoTセキュリティベンダー5選【前編】
IoTセキュリティ製品選びで頭に入れておきたい「Armis」「CENTRI」の違い
攻撃者がIoTデバイスを悪用して企業LANに侵入することを防ぐためには、IoTデバイスのセキュリティ対策が重要だ。こうした課題への対策となるIoTセキュリティ製品の主要ベンダーを紹介する。(2020/5/11)

IBMが5Gとエッジコンピューティング向けソリューションを発表、Red Hat OpenShift上で稼働
IBMは、5Gとエッジコンピューティングに向けた新たなサービスとソリューションとして、「IBM Edge Application Manager」と「IBM Telco Network Cloud Manager」を発表した。いずれも、Red Hat OpenShift上で稼働する。(2020/5/8)

「5G」のタイプと注目機能【後編】
「5G」を生かし切る「ダイナミックシェアリング」「URLLC」「eMBB」とは?
「5G」には特有の機能がある。高速通信やIoT向けの用途を補強するためのこれらの機能は、5Gを企業の標準的な通信手段として活用できる可能性を高める。どのような機能なのか。(2020/5/8)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(106):
新型コロナウイルス感染拡大に伴うWindowsサポート期限の延長について
Microsoftは2020年5月にサポート終了を迎える「半期チャネル(SAC)」のWindowsについて、「2020年11月」までサポート期限を延長することを発表しました。また、2020年7月に予定されていた「Azure IoT Hub」でのTLS 1.0/1.1のサポート廃止も無期限の延期としました。(2020/4/24)

「5G」のタイプと注目機能【前編】
「ローバンド5G」「ミッドバンド5G」「ハイバンド5G」の違いは 3種の5Gを比較
「5G」は3つのタイプに分類できる。それぞれどのようなメリットとデメリットがあるのだろうか。(2020/4/24)

ITとOTを融合したEmpress×HPE Edgelineソリューション:
PR:グローバル標準のIIoT実現のために急がれるOPC UA対応
工場内には独自仕様の通信プロトコルを使用した設備装置やFA機器が数多く存在している。グローバルなサプライチェーン/バリューチェーンから取り残されないためにも業界標準のIIoTへの対応が不可欠だ。(2020/4/27)

ITとOTを融合したEmpress×HPE Edgelineソリューション
グローバル標準のIIoT実現のために急がれるOPC UA対応
工場内には独自仕様の通信プロトコルを使用した設備装置やFA機器が数多く存在している。グローバルなサプライチェーン/バリューチェーンから取り残されないためにも業界標準のIIoTへの対応が不可欠だ。(2020/4/27)

チリで実用化
「IoTセンサー」と「自動機械学習」(AutoML)が森林火災検知に一役買う
Entel Oceanは、IoTセンサーとDataRobotの自動機械学習(AutoML)製品を使用して、チリの森林火災を自動的に検知している。人よりも迅速に火災を検知できる、その仕組みとは。(2020/4/15)

デジタル技術のスキル向上が継続的に必要:
「自動化技術によって仕事が減る」と懸念している割合は64%――CompTIAが技術導入に関する調査結果を発表
CompTIAは世界中で実施した調査「International Trends in Technology and Workforce」の結果を発表した。ほとんどの業種や業界がデジタル技術に精通したワークフォース開拓が重要だと認識しており、IT人材の需要がこれまでになく高まっていることが分かった。(2020/4/14)

VDIのサインインストーム問題を低コストで解決するには:
PR:ERP、VDI、仮想化基盤──インフラクラウド化の重要ポイントはどこなのか?
企業ITのモダナイゼーションで忘れられがちな部分がある。ERPやVDI、仮想化基盤やHPCといったインフラだ。クラウドの活用が鍵となるが、落とし穴はないのだろうか。VDIモダナイゼーションを例に、クラウド移行、リフト&シフトの注意点をまとめた。(2020/4/15)

エッジデバイスの情報をブロックチェーンに登録:
IoT機器の真正性を確保するセキュリティサービス、NECが2020年7月から販売開始
NECは、IoT機器の真正性を確保するセキュリティサービスを販売する。セキュアなシステムの構築に向けて、エッジデバイスとその管理ソフトウェア、IoTセキュリティ製品群を提供する。(2020/4/10)

カメラ内で目的に応じた画像処理を実現可能:
ディープラーニングなどに活用可能なカメラ「VRK-C301」を発表 パナソニック
パナソニックはディープラーニングなど高度な画像解析を活用したサービス展開が可能となるカメラ「VRK-C301」の提供を開始する。CPUを搭載し、多様なアプリケーションに対応できるという。(2020/4/7)

多くの企業が抱えるセキュリティの課題とは、IDCがIIoT/OTセキュリティ対策の実態調査
IDC Japanが発表したIIoT/OTシステムのセキュリティ対策に関する実態調査を発表した。(2020/4/2)

「@ITセキュリティセミナー2020 新春」基調講演:
犯罪捜査、オリンピック、新型コロナウイルスから見えてくる、世界と日本のサイバーセキュリティ事情
新型コロナウイルスの影響によるライブ配信での実施となった「@ITセキュリティセミナー2020 新春」の基調講演に、元インターポールで現ヤフー 執行役員の中谷昇氏が登壇。世界と日本のサイバーセキュリティ事情について講演した。(2020/3/27)

ANAの人材トレーニング拠点にローカル5G導入 NEC
ANAグループの教育機能を一箇所に集約した総合トレーニングセンターでローカル5Gを導入し、これまで収集できなかったデータを活用した訓練のパーソナライズ化を目指す。(2020/3/30)

Weekly Memo:
AWSはなぜ強い? パートナー戦略にみるクラウドビジネスの“深化”
クラウドサービス市場をリードするAWSのビジネスの最新状況が、AWSジャパンが開催したパートナー向けのイベントで明らかになった。その中から同社のビジネスの“深化”を探ってみたい。(2020/3/30)

専用クラウドサービスを無料で利用できる:
JavaScriptで開発可能なIoT入門キット「obniz Starter Kit」、CambrianRoboticsが発売
CambrianRoboticsは、IoT開発入門キット「obniz Starter Kit」を発売した。8つの電子部品モジュールが付属し、これらをボードコンピュータの専用インタフェースに接続して使う。(2020/3/25)

データロスによる損失額は100万ドル超、デル テクノロジーズがデータ保護に関する調査結果を発表
デル テクノロジーズは、データ保護に関する調査結果を発表した。企業が管理している平均データ量は1年間で約40%増え、13.53PBに達した。ダウンタイムによって発生する平均損失額は81万18ドル。データロスによる平均損失額は101万3075ドルだった。(2020/3/23)

SMBやTelnet、SSHプロトコルの利用が目立つ:
攻撃トラフィックが急増 エフセキュアが2019年下半期の攻撃トラフィックを調査
エフセキュアは、2019年下半期の攻撃トラフィックに関する調査レポートを発表した。2019年に発生した攻撃イベントは、2018年から大幅に増えた。SMBやTelnet、SSHプロトコルを利用した攻撃が目立った。(2020/3/13)

NECがシーメンスと協業、製造業向けにAIを活用したIoTソリューション提供開始
製造業向けにAIを活用したクラウドソリューションを提供、プラントや産業機械などに設置したセンサーからデータを収集して蓄積し、監視や分析まで可能とする。(2020/3/10)

ウェアラブルデバイスや専用センサーを利用
スマートフォンを使った「患者遠隔監視システム」とは? 2大手法を紹介
患者の通院回数を減らすのと同時に、医療サービスを向上させる――。その手段になり得るのが、モバイルデバイスとアプリケーションを組み合わせた「患者遠隔監視システム」だ。主要な実現手法を説明する。(2020/3/2)

クラウドと通信環境を一括で KDDIが「グローバルIoTパッケージ」提供開始
KDDIは「グローバルIoTパッケージ」の提供を開始する。クラウドサービスと通信回線、通信機器をまとめたパッケージサービスで、IoT機器からのデータ収集や蓄積、見える化、活用を可能にする。(2020/3/3)

Weekly Memo:
DX時代に注目されそうな「エクスペリエンスマネジメント(XM)」とは何か
DX時代のキーワードの1つである「エクスペリエンス(顧客体験)」。これを「マネジメント」するソリューションがにわかに注目されている。両方の言葉を略して「XM」と呼ぶこの分野、果たして何をするのか。(2020/3/2)

Microsoft Focus:
オフィス家具をIoT化、オカムラが目指すオフィス家具ビジネスの新しい形
オカムラは、オフィスを作ったらそれで終わりという売り切りビジネスをIoTを使って転換しようとしている。「OKAMURA Office IoT構想」でオカムラが目指す先とは。(2020/2/26)

黎明期のエッジコンピューティング【後編】
「エッジコンピューティング」の成功企業になるためにやるべきこととは?
エッジコンピューティングは現段階では用途が限定的だが、数年でさまざまな業界に取り組みが広がるとみられる。自社がエッジコンピューティングに取り組み、メリットを引き出すにはどうすればよいのか。(2020/2/26)

「プラットフォームサービスへつなげる」:
「eSIMのファーストペンギンに」、ソラコムがiPhone/iPad向けグローバル通信サービスを日米英で販売開始
ソラコムは2020年2月21日、eSIMを使ったiOSデバイス向けの海外データ通信サービス「Soracom Mobile」を、日・米・英で提供開始したと発表した。IoT(Internet of Things)では多様なサービスを展開している同社だが、コンシューマー向けサービスは初めて。ただしソラコムは、単なる海外SIM事業者になろうとしているわけではない。(2020/2/24)

地上にはないリスクを想定
「衛星IoTネットワーク」とは? 宇宙で通信する意味と、地上にはない問題
地上でどのようなネットワークでも直面する問題として、ハードウェアの老朽化がある。宇宙空間にある人工衛星を使った「衛星IoTネットワーク」を構築する場合、どのような問題が発生するのだろうか。(2020/2/21)

黎明期のエッジコンピューティング【前編】
「エッジコンピューティング」が“バズワード”で終わるかどうかを分ける条件
「エッジコンピューティング」は今、最も注目すべき分野の一つであることは間違いない。ただし実際の取り組みが進むかどうかは話が別だ。普及の条件とは。(2020/2/19)

パケットを攻撃対象(宛先ポート番号)別に分類:
「NICTER観測レポート2019」公開、2019年の特徴的な3つのサイバー攻撃とは
NICTのサイバーセキュリティ研究所は、「NICTER観測レポート2019」を公開した。調査スキャンが総パケットに占める割合は53%。それを除いた攻撃パケットの約半数がIoT機器で動作するサービスや脆弱(ぜいじゃく)性を狙った攻撃だった。(2020/2/13)

5Gサービス向けセキュアアプリケーション製品群「Orion 5G Security Suite」をA10が提供開始
A10ネットワークスは「A10 Orion 5G Security Suite」の提供を開始する。5G通信事業者に向けたセキュアアプリケーション製品群。既存の4G/3Gネットワークインフラストラクチャにも導入でき、今後の5G展開にも活用できる。(2020/2/6)

Philips製スマートライト「Hue」経由で不正アクセスに成功 IoTデバイスの闇とは
「電球のように一見平凡で単純なデバイスもネットワークの制御やマルウェアを仕込むなどの目的で悪用できる」とCheck Pointは解説する。(2020/2/6)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。