ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

「Internet of Things」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Internet of Things」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

IoTなどの脅威リスクを再評価する必要がある:
「外部ネットワークへの接続部分での事件や事故が多い」 IDCがIoTなどのセキュリティ対策に関する実態調査
IDC Japanは、IoT/IIoTとOTシステムのセキュリティ対策に関する実態調査結果を発表した。セキュリティの事件、事故を経験した企業は36.4%。IDCは「外部ネットワークへの接続部分での事件や事故が多い」としている。(2021/5/6)

循環器疾患患者の「6分間歩行試験」を在宅で実現
Apple Watchの心臓チェック機能が「臨床的に正確」だと判明 何がすごいのか?
スタンフォード大学の研究によると、在宅で「Apple Watch」を用いて6分間歩行距離試験を実施したデータは、臨床的に正確で有意義な洞察をもたらす。その事実は、医療機関や患者にとってどのような意味があるのか。(2021/5/1)

名刺サイズの超小型PC「ラズパイ」で遊ぶ(第40回):
庭の水やりで身近なIoTを体験、自動水やりシステムの構築 〜水分センサーの取り付け〜
ラズパイを使って土中の水分量をもとにした水やりシステムを構築します。(2021/4/30)

2025年の国内IoT市場は10.2兆円規模へ スマートホームがけん引――IDC予測
IDC Japanによると、国内IoT市場のユーザー支出額は年間平均成長率10.1%で成長し、2025年に10兆1902億円に達する見通し。産業分野別では、製造業に次いで、個人消費者の支出額も堅調な伸びが見込まれ、スマートホームといったユースケースが市場をけん引する予測だ。(2021/4/9)

「特許審査の基本的な考え方になじみのない人」が対象:
漫画でAIやIoTの特許審査基準を解説、特許庁が「漫画審査基準〜AI・IoT編〜」を公開
特許庁は、AIやIoT関連技術を題材として、特許の審査基準の基本的な考え方を漫画化した「漫画審査基準〜AI・IoT編〜」を公開した。(2021/4/6)

単なる「見える化」では終わらせない:
PR:PoC地獄から製造業を解放するIoT本格活用に向けたトータルソリューションを提案
国内製造業のIoTへの取り組みが加速する一方で、多大な時間やコストをかけてPoCを繰り返しているにもかかわらず、いつまでたっても実用に至らず力尽きてしまう現場も少なくない。そうした現場に対して、HPCシステムズとPTCジャパンは、すぐに生産現場に導入して運用を開始でき、“見える化”の実現だけで停滞しがちなIoT活用を着実にステップアップできるトータルソリューションを提案する。(2021/3/31)

経験ゼロから始めるIoTデバイス入門(後編):
IoTデバイスにも必須の「技適」とは何か、どんなデバイスを選ぶべきか
IoTデバイスの基本的な構成から、必要な認証、デバイス選定までを前後編で解説する本連載。後編では、IoTデバイスを日本国内で使うために必要な認証いわゆる“技適”についての解説を行った上で、目的に応じてどのようなデバイスを選定していくべきかについて紹介する。(2021/3/9)

視点:
データ駆動型経営の現在地と未来(前編)〜DIDM(Data Informed Decision Making)とKKD〜
DX推進の鍵として注目されるデータ駆動型経営。根幹にあるのは全件全量全粒度データ分析に基づく意思決定。(2021/3/8)

IoTの大量導入で起こるネットの混雑を防止:
IoT向けの新技術を既存のTCP/IPと共存、国内発の技術が国際規格に承認
経済産業省は、国内発のネットワーク技術が「ISO/IEC 30161-1」として2020年11月27日に正式に国際規格として発行されたと発表した。IoTの大量導入に備えた情報指向ネットワーク技術を既存のTCP/IPネットワークと共存できる。(2021/2/24)

医療機器ニュース:
医療、ヘルスケア分野におけるIoT関連の国内市場調査を報告
富士キメラ総研は、医療およびヘルスケア分野における、IoT関連の国内市場調査の結果を発表した。遠隔医療関連、スマートウェアソリューションの市場拡大が予想されている。(2021/2/17)

経験ゼロから始めるIoTデバイス入門(前編):
IoTデバイスに不可欠な「アンテナ」「無線モジュール」「SIMカード」の役割
IoTデバイスの基本的な構成から、必要な認証、デバイス選定までを前後編で解説する本連載。前編では、基本的な構成の中でも、通信に関する機能を持つ「アンテナ」「無線モジュール」「SIMカード」について詳しく解説する。(2021/2/8)

いまさら聞けない建築関係者のためのFM入門(9):
最新のFMに触れる、そして学ぶ方法(上)−Webセミナーに参加する−
本連載は、「建築関係者のためのFM入門」と題し、日本ファシリティマネジメント協会 専務理事 成田一郎氏が、ファシリティマネジメントに関して多角的な視点から、建築関係者に向けてFMの現在地と未来について明らかにしていく。今回は、JFMAが毎年開催している日本ファシリティマネジメント大会(通称:FMフォーラム)が2021年2月17日に開幕することを受け、合計70から成るセッションの概要を紹介する。(2021/2/2)

Go AbekawaのGo Global!〜Jonas Rydenhag編(後):
モデルとしてキャットウォークを歩くのは楽しいが、今はコードを書くことが楽しい
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。退職する前任者に代わり、八楽のエンジニアリングを支える存在になったJonas Rydenhag(ヨナス・リデンハグ)氏。ファッションモデルの経験を持つ異色のCTOが考える「成長するための7つの習慣」とは何か。(2021/2/16)

「サプライチェーンリスク」にどう備える?:
PR:サーバ運用管理は「テレメトリー+AIOps」で激変 最新技術の潮流を見る
サーバの運用管理が変化を迎える中、サーバ流通時の不正プログラム混入など「サプライチェーンリスク」への懸念が高まっている。企業はサーバの運用管理をどう設計すべきか。最新技術を紹介する。(2021/1/19)

TechTarget発 世界のITニュース
OSSのTCP/IPスタックに33種類の脆弱性「Amnesia:33」を報告 Forescout
IoTデバイスなど各種デバイスに広く採用されているオープンソースのTCP/IPスタック4種類に、リモートコード実行を含む複数の脆弱性があることが判明した。その影響は。(2021/1/13)

年末年始を新たな学習のきっかけに:
経済産業省が「無料でデジタルスキルを学べる講座」を教えてくれるWebサイトを開設
経済産業省は、無料のオンライン学習コンテンツを紹介するWebサイト「巣ごもりDXステップ講座情報ナビ」を開設した。AIやデータサイエンス、クラウドなどに関するオンライン講座が掲載されている。(2020/12/28)

コロナ禍で進化するウェアラブルデバイス【第4回】
「ヘルスケア用ウェアラブルデバイス」が医療を変えるための3つの課題
コロナ禍でオンライン診療のニーズが高まる中、ヘルスケア用ウェアラブルデバイスの臨床的な利便性が分かってきた。ただし普及に至るには、解決が必要な3つの課題がある。それは何か。(2020/12/17)

高齢者の活動を検知:
IoT電球を使って高齢者の日常生活に異常がないかどうかを検知
NTTレゾナントとユニマットRCは、高齢者の自宅に設置したIoT電球の点灯情報から高齢者の行動パターンの変化を求め、AIによって高齢者の日常生活機能の低下リスクを推定する「でんきゅうAIレポート」を共同開発した。(2020/12/10)

コロナ禍で進化するウェアラブルデバイス【第3回】
医師が語る「ヘルスケア用ウェアラブルデバイス」がオンライン診療に役立つ訳
コロナ禍のオンライン診療では、ヘルスケア用ウェアラブルデバイスが問診の助けになる可能性がある。ヘルスケア用ウェアラブルデバイスを活用するマサチューセッツ総合病院の医師に、その可能性を聞く。(2020/12/10)

CC-Link協会20周年これまでとこれから(4):
PR:“ニューノーマル”でスマート工場化が加速、CC-Link IE TSNの進むべき未来
工場の自動化を支え続けてきたCC-Link協会(CLPA)は2020年、設立20周年を迎えた。20年の歴史の中でのモノづくりの変化とこれから求められることについて全4回の連載で紹介してきたが、最終回となる今回は、CLPA代表幹事である三菱電機が描く工場の未来像を紹介するとともに、CLPAによる産業用ネットワークの果たすべき役割と今後の取り組みについて伝える。(2020/12/9)

コロナ禍で進化するウェアラブルデバイス【第2回】
「Amazon Halo」のすごさとは? 電子カルテとの連携がもたらすインパクト
ヘルスケア用ウェアラブルデバイス市場にAmazon.comの「Amazon Halo」が新たに登場した。Amazon Haloがもたらす価値とは何か。同社はどのような戦略でヘルスケア分野に参入したのか。専門家の見解は。(2020/12/1)

データの価値を引き出すデータベース:
PR:スペシャリストが語る「なじみ深いSQL ServerがDXの基盤になる理由」とは何か
DXを推進する上で、データベースの課題に悩む企業は少なくない。SQL Serverを熟知したスペシャリストによると「企業になじみのあるSQL Serverがそのままデータの価値を引き出すためのDX基盤になる」という。(2020/12/1)

送受信の制御で低消費電力化も
IoTに適した無線LANの条件とは? 「IEEE 802.11ah」「11af」「11ba」から探る
無線LANで着目すべき点はデータ伝送速度だけではない。特にIoTを想定した場合、省電力機能や電波の到達距離などにも注目すべきだ。IoTに適した無線LAN規格の検討ポイントを紹介する。(2020/11/27)

安全、安心を通して新たな「IoT」を確立
IoTで高まる“傍受・改ざん”リスク、データの安全性と信頼性はどう確立する?
IoTが急速に普及し、建物設備や産業機器の脆弱性を突いた攻撃や、データ流出・改ざんの被害に遭うケースが増えている。これを防ぐには、ネットワークレベルにとどまらず、機器の製造/物流から廃棄までライフサイクル全体の保護が必要だ。(2020/11/25)

コロナ禍で進化するウェアラブルデバイス【第1回】
Apple Watchが開拓した「ヘルスケア用ウェアラブルデバイス」活況の訳
Apple、Googleに加えてAmazon.comも参入し、活発化する「ヘルスケア用ウェアラブルデバイス」市場。各社が同市場に注目する背景には何があるのか。(2020/11/23)

「IoT機器を適正に利用するためのICT人材を育成」:
総務省が「無料で受講できるIoTの入門講座」を開講
総務省は、オンライン講座「IoT入門ウェブ講習」を2021年3月24日まで開講する。IoT機器などの電波利用システムを、適正に利用するためのICT人材を育成することが目的。無線通信の方式の違いによる特徴や関連する法制度などを解説する。(2020/11/12)

データは集めた、それからどうする?
社内のデータ分析担当者を「AI人材」にする支援ツールとは
企業が保有するデータは、新たなビジネスを生み出す資産だ。しかし、大量のデータを処理する作業に追われて肝心の分析がおろそかになっていないだろうか。データサイエンティストのいない企業で、AIによるデータ分析を実現する方法とは。(2020/11/4)

クラウドニュースフラッシュ
IBM Cloudの「大阪リージョン誕生」は何がうれしいのか?
IBMの大阪リージョン開設や国内のパブリッククラウド市場予測、SMBCモビットの「Red Hat OpenShift」導入事例など、クラウドに関する主要なニュースを取り上げる。(2020/10/30)

5分で読める簡単解説:
いまさら聞けない「サイバーフィジカルシステム」
現在大きな注目を集めている「サイバーフィジカルシステム(CPS)」。このサイバーフィジカルシステムがどういうことを示し、製造業にとってどういう意味があるのかを5分で分かるように簡単に分かりやすく説明します。(2020/10/16)

商用ニーズに対応:
ローカル5Gの免許申請から運用まで、富士通がワンストップでサービス提供開始
富士通は、ローカル5GやプライベートLTEなど、自営無線システムサービスを提供する。導入前の技術検証からシステムの構築、運用までをワンストップで提供し、通信機能などを月額料金で利用できる。(2020/10/9)

大きなけん引役:
5Gが開くメモリの市場機会
DRAMおよびNAND型フラッシュメモリ企業の幹部は、メモリ市場の未来が次世代の携帯電話にいかにけん引されるかについてよく語っている。現在、大きなけん引役となっているのは5G(第5世代移動通信)だ。(2020/10/8)

いまさら聞けない建築関係者のためのFM入門(6):
ファシリティの現状を知り、CAFMを活用するためには?
本連載は、「建築関係者のためのFM入門」と題し、日本ファシリティマネジメント協会 専務理事 成田一郎氏が、ファシリティマネジメントに関して多角的な視点から、建築関係者に向けてFMの現在地と未来について明らかにしていく。今回は、ファシリティの現状を知り、CAFMを活用するための術を説いていく。(2020/10/6)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
相次ぐオンライン展示会、出展者/参加者は何を感じているか
出展者、参加者の感想を聞きました。(2020/10/5)

クラウドニュースフラッシュ
情報漏えいの“真犯人”は「クラウドサービスの設定ミス」だった?
クラウドサービスと情報漏えいの関係を示す調査結果や、オンプレミスのインフラで「SAP HANA Enterprise Cloud」を動かす新サービスなど、クラウドに関する主要なニュースを6本取り上げる。(2020/9/30)

18カ月で完了の見込み:
ソフトバンク、Armを最大400億ドルでNVIDIAに売却
ソフトバンクグループは2020年9月13日(米国時間)、Armの全株式を、最大400億米ドル(約4.2兆円)でNVIDIAに売却すると発表した。売却完了は2022年3月ごろになると見込んでいる。(2020/9/14)

ソフトバンクグループが英Armの全株式を米NVIDIAに最大400億ドルで売却へ 取引完了まで18カ月かかる見通し
ソフトバンクグループが、同社が運営するファンドや子会社を通して保有していた英Armの全株式をNVIDIAに売却することで合意した。売却は各国の規制当局の承認を前提に行われることになるため、完了するまでに18カ月程度かかる見通しだ。(2020/9/14)

「電力使用データに応じて保険料を割り引く」といった使い方も:
IoTを活用して家庭の防災や見守りを支援 三井住友海上、NTTドコモなど4社が共同開発
三井住友海上火災保険と東京電力パワーグリッド、NTTドコモ、エナジーゲートウェイの4社は、防災と減災、省エネ、高齢者や子どもの見守りといった課題に向けて、先進デジタル技術を活用した新商品やサービスを共同で開発する。(2020/9/10)

「SNSを介した犯罪」などにも注目:
クラウドの情報セキュリティを新たに掲載 IPAが「情報セキュリティ白書2020」を発行
IPAは、「情報セキュリティ白書2020」を発行した。2020年版は、クラウドに関する情報セキュリティの被害の実態や課題、SNSを介した犯罪など青少年を取り巻くネット環境を新たなトピックとして取り上げた。(2020/9/8)

牛に首輪型IoTデバイス、発情や疾病の兆候をリアルタイム検知――ファームノートが自社牧場を新設
農業ITベンチャーのファームノートホールディングスは、北海道標津郡に自社牧場を新設し、酪農生産のDXを実証する第1号牛舎として生産を開始した。牛に装着する首輪型IoTデバイスなどの活用により、酪農業務の効率化と生産性向上を目指す。(2020/9/8)

クラウドニュースフラッシュ
クラウドサービスを医療業界が利用したくなる最大の理由とは?
クラウドサービスの利用に踏み切る理由には、業種ごとの特徴はあるのか。医療関連企業がクラウドサービスを使う「ある理由」を明らかにした調査結果など、クラウドサービスに関する主要なニュースを6つ紹介する。(2020/8/31)

セキュリティ対策が甘くなりがちな家庭内の機器に注意:
2020年5月は「企業のサービスサイトへの攻撃」が多かった? BBソフトサービスがダークネット観測リポートを発行
BBソフトサービスとクルウィットは、「ダークネット観測リポート(2020年4月〜6月分)」を発行した。ダークネットで観測したデータを基に、IoT機器などへのサイバー攻撃の傾向をまとめた。5月は、送信元を詐称したSYN-ACKパケットが増加した。(2020/8/27)

リアルから秒速:
今秋リリース Appleの「App Clip」は、消費行動オンライン化の“出島”になる
Appleの技術戦略には、ネットビジネスのトレンドを先取りするヒントが隠れています。そんなAppleが今秋「App Clip」をリリース予定にしています。リアル世界からオンライン領域へのユーザー流入を促す仕組みとして期待されますが、劇的な起爆剤になるでしょうか?(2020/8/27)

三井物産流通HDとNTT Com、ブロックチェーンやIoTを活用した「サプライチェーンDX」の共同実証で合意
三井物産流通ホールディングスとNTTコミュニケーションズは、NTTのブロックチェーン技術とRFIDなどのIoTを活用した「サプライチェーンDX」の共同実験を実施する。商品やモノの流れを管理する「サプライチェーン情報基盤」を構築し、サプライチェーンの全体最適化や課題解決を目指す。(2020/8/18)

スマート工場に潜むサイバーセキュリティリスク(1):
スマート工場で見逃されている2大侵入ポイントとは?
スマート工場化が加速する一方で高まっているのがサイバー攻撃のリスクである。本連載ではトレンドマイクロがまとめた工場のスマート化に伴う新たなセキュリティリスクについての実証実験研究の結果を基に注意すべきセキュリティリスクを考察する。第1回では、工場の「スマート化」とは何かを定義するとともに、そこから見えたスマート工場特有の侵入経路について解説する。(2020/8/17)

感染症対策など、入室できる人数が限られたときにも手術が可能に:
商用5GとIoTを活用した遠隔手術の実証実験 東京女子医大とNTTドコモが実施
東京女子医科大学とNTTドコモは、商用5Gを活用した遠隔手術支援システムの実証実験を実施する。IoTを活用したスマート治療室で執刀中の高精細映像を、遠隔地にいる専門医にリアルタイムで送信する。(2020/7/27)

ほぼ月刊AWS(1):
RedshiftとAurora、知らないうちにどんどん進化するAWSの2つのデータサービス
Amazon Web Servicesに関する新たな動きを月単位でまとめる新連載、「ほぼ月刊AWS」。第1回は、エッジとデータ関連サービス、既存システムのクラウド移行に関する新たな動きについてまとめます。(2020/7/27)

人材、ノウハウがなくても大丈夫:
PR:AI活用のハードルを一気に下げる、AutoMLツール最前線
攻めと守りの両面で、規模や業種を問わず不可欠になりつつあるAI活用。もはや「PoC止まり」も許されなくなりつつある今、各種制約がある中でもプロジェクトを進められる方法とは。(2020/7/15)

IoTセキュリティ:
ULがIoT機器のセキュリティレベルを5段階でレーティング、短期間かつ安価に評価
UL Japanは、開発した製品が米国や欧州のIoTセキュリティの法規制に準拠することを示す「IoTセキュリティレーティング」のサービスを日本国内向けに提供開始すると発表した。IEC 62443など従来のIoTセキュリティの国際標準に関する認証を取得するのと比べて、短期間で評価が完了するとともに、コストも大幅に少なくて済むことが特徴だ。(2020/7/20)

VerizonとIBMが協業開始 エッジコンピューティング分野で5GとAIを連携
VerizonとIBMは、エッジコンピューティングの分野で協業すると発表した。Verizonの5Gネットワーク技術と、IBMのAIなどの技術を組み合わせて資産の追跡と管理に向けたソリューションを提供する。(2020/7/20)

ベンダーロックインさせないためのインフラ整備とは:
ANAが「リアルなサンドボックス」から発信する、5Gのオープンイノベーション
ANAは、羽田空港を再現する訓練施設として設置した拠点「ANA Blue Base」にローカル5Gのインフラを敷いた。同社の構想する「ハニカム構造のイノベーション」を支える、IT部門の取り組みを追った。(2020/7/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。