ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

「Internet of Things」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Internet of Things」に関する情報が集まったページです。

DX運用のためのITIL 4(5):
ITIL 4でサービスリリースを短縮するには? 「HVIT:ハイベロシティIT」を解説(前編)
DX時代の運用管理者を対象に、ITIL 4の生かし方を解説する本連載。第5回は、ビジネス目標を達成するためにデジタル技術をどう活用すべきかのヒントとなる「HVIT」(ハイベロシティIT)を取り上げる。(2024/2/15)

DXの要になるネットワーク
IoTに「eSIM」や「iSIM」を使うと何がうれしいのか? 企業に定着する理由
Omdiaの調査で、世界各国のユーザー企業がIoTの活用を広げていることが分かった。IoTのネットワークにeSIMやiSIMを用いてモバイル回線を利用する動きも広がっている。(2024/2/9)

Broadcomによる買収後のVMware
Broadcomが「VMware買収」をした真の結末とは? 生き残る製品、旅立つ製品
BroadcomがVMwareの買収を2023年11月に完了した。買収後も開発や提供が続く可能性が高いVMware製品、売却になる可能性のある製品は何か。VMware製品が今後どうなるのかを考える。(2024/1/18)

「変化を捉えて未来を見通す分析を活用することが重要」:
政府、研究機関などのインテリジェンスを集約 NRIセキュアがインテリジェンスセンターを設立
NRIセキュアテクノロジーズは「NRIセキュアインテリジェンスセンター」を設立すると発表した。「経営、事業課題の意思決定」「インテリジェンス活用文化の構築」「セキュリティ対応力強化」などを支援する。(2024/1/11)

AIによる業務改革が本格化:
AIセントリックな組織、ナレッジのマルチモーダル化 ITRが「2024年に来る」と予測するIT戦略テーマを発表
ITRは、2024年に企業が注目すべき12のIT戦略テーマ「ITR注目トレンド2024」を発表した。同社は「AI革命が新たなステージに突入したことを認識し、DXを推進することが企業に求められている」としている。(2023/12/1)

福田昭のデバイス通信(432) 2022年度版実装技術ロードマップ(56):
電子機器の進化を支援する電子デバイスのパッケージ技術
今回からは、「2022年度版 実装技術ロードマップ」の第3章「電子デバイスパッケージ」の概要説明に入る。(2023/11/27)

「今の取り組みが未来の自社にどう貢献するのか」を明確に:
ガートナーは「IoTプラットフォームが熱い」と分析 企業はDX推進のためにどのような技術を導入しているのか
ガートナージャパンは、国内企業のDX推進技術の導入状況に関する調査結果を発表した。それによると最も導入されているDX推進技術は「IoTプラットフォーム」だった。(2023/11/9)

事業部門とIT部門の協力が不可欠:
PR:本当に進んでいる? 調査から見えてきた「データ活用」の今
「DXを成功に導くにはデータの整備、活用が不可欠」といわれるようになり、はや数年。企業はどのような業務に活用しているのか? DXのように価値創出につなげているケースは多いのか? 200人が回答した調査結果を、有識者と分析した。(2023/9/11)

海外医療技術トレンド(98):
米国でヘルスケアデータを扱う非医療機器の規制がさらに強化される理由
本連載第8回で取り上げた米国の「非医療機器(Non-SaMD)」を取り巻くプライバシーやサイバーセキュリティの規制が大きく変わりつつある。(2023/8/18)

5Gの経済効果を分析する【後編】
Vodafoneが「経営統合」と「5G SA」で描く未来
Vodafone UKの調査では、英国人が5Gによって医療や公共、鉄道などの領域で変革を期待していることが分かった。同社は5Gを活用した未来の社会像も発表しており、5Gによりイノベーションを起こせるとアピールする。(2023/8/17)

ビジネスパーソンのためのIT用語基礎解説:
PoCの概要や進め方、「PoC疲れ」に陥らないためのポイントをサクサク学ぼう
IT用語の基礎の基礎を、初学者や非エンジニアにも分かりやすく解説する本連載、第11回は「PoC」です。ITエンジニアの学習、エンジニアと協業する業務部門の仲間や経営層への解説にご活用ください。(2023/8/16)

5Gの経済効果を分析する【中編】
大ブームのAIよりも5G? 英国民が期待する「5Gの変革」とは
Vodafone UKの調査では、英国人はAI技術よりも5Gによって日常生活がより便利になると期待する傾向にあることが分かった。5Gによる変革が期待されている領域は複数に及ぶ。(2023/8/10)

5Gの経済効果を分析する【前編】
「最低でも10億ポンド」を5Gで節約できるシナリオとは? Vodafoneが調査
5Gの普及で社会はどれほどの恩恵を受けられるのか。Vodafoneの調査では社会全体で莫大(ばくだい)な支出や時間を節約できることが分かった。英国の国民健康保険料を年10億ポンド減らすことができる試算だ。(2023/8/3)

リアルタイムOS列伝(37):
今は亡きセンサーネットワーク向けRTOS「Nano-RK」はカーネルを持たない
IoT(モノのインターネット)市場が拡大する中で、エッジ側の機器制御で重要な役割を果たすことが期待されているリアルタイムOS(RTOS)について解説する本連載。第37回は、現在は入手がほぼ不可能になってしまった「Nano-RK」を取り上げる。(2023/8/1)

本社機能との関係やガバナンスの体制といった調整作業についても説明:
「スマート工場に必要なセキュリティ対策」について解説したドキュメントをIPAが公開
IPAは「スマート工場化でのシステムセキュリティ対策事例 調査報告書」を公開した。実際にスマート工場を運用している国内のモデル事業者の実施内容を基に、具体的なセキュリティ対策を「具体性」「網羅性」「一覧性」という観点でまとめた。(2023/8/1)

「専用5G」は工場で使えるか【後編】
「プライベート5Gは工場で使えるのか」を実証 “合格”したテストの中身は?
ソフトウェアベンダーのRockwell Automationら4社は、プライベート5Gを製造業でも利用できるかどうかの実証に取り組んだ。4社は何をテストし、どのような示唆を得たのか。(2023/7/27)

「専用5G」は工場で使えるか【前編】
製造業が「プライベート5G」で“変化に強くなる”明白な理由
5Gをユーザー組織が運用できる「プライベート5G」は、製造業で新たなユースケースを生み出すと期待されている。プライベート5Gが何に役立つのかを検証する共同研究が始まった。(2023/7/20)

目的の言語化から始めることがDXの重要ポイント:
PR:IoTで実現する現場のデジタル化 はじめの一歩
DXにとってデジタル化は手段であって目的ではない。DXの第一歩は現場の課題を捉えて「デジタル化の目的を言語化すること」だ。IoTを活用したDXの事例を紹介する。(2023/7/11)

サイバー保険から全く補償金が出なかったケースも:
数分でランサムウェア攻撃を検知しているのに75%が身代金を支払っているのはなぜ? フォーティネット
フォーティネットジャパンは、「2023年ランサムウェア グローバル調査レポート」を発表した。ランサムウェアによる被害が続いており、企業の半数が被害を受けていることが分かった。(2023/7/6)

転換期を迎えた「5G」【後編】
5Gの技術進化はまだ続く 「SA」「ミリ波」「Open RAN」の今後の動向
5Gの導入が世界的に拡大している。市場では、特にどのような技術への関心が強まっているのか。今後の動向と併せて紹介する。(2023/6/27)

マルウェアの66%は「悪意のあるPDF」で拡散:
半年で「ChatGPTの模倣ドメイン」が約9倍に増加 パロアルトネットワークス
パロアルトネットワークスは、「Unit 42 ネットワーク脅威トレンドレポート 2023」を公開した。依然として脆弱性を悪用した攻撃が主流となっており、2022年より55ポイントも増えていた。(2023/6/23)

転換期を迎えた「5G」【中編】
「プライベート5G」(ローカル5G)の約半数を占めるのは“あの業界”
世界的に5Gの導入が拡大する中、どの業界が「プライベート5G」をけん引しているのか。ネットワーク関連製品ベンダーによる調査結果を紹介する。(2023/6/20)

転換期を迎えた「5G」【前編】
5G「世界の普及状況」の現在地 2023年以降も加速の見込み
「5G」の利用が世界的に拡大している。各国における5Gの導入はどのような状況で、特にどの国で活用が進んでいるのか。ネットワーク関連製品ベンダーによる調査結果を紹介する。(2023/6/13)

「ユニークで価値のある機能を提供する」:
セキュリティ専門家がリアルに活用、「オンラインデバイス検索ツール」5選 ESET
ESETは、インターネットに接続されたデバイスやサービスを検索するツールを紹介した。それらのツールは脅威インテリジェンスの取り組みを強化する必要がある企業にとって「ユニークで価値のある機能を提供する」という。(2023/5/31)

2026年度は88億円に成長:
工場や研究所が「EDR/NGAV」ではなく「NDR」を選ぶ理由とは ITR
ITRは、国内NDR市場規模の推移と予測を発表した。2021年度の売上金額は、対前年度比57.5ポイント増の43億円。2021〜2026年度の年平均成長率を15.4%と見込み、2026年度には88億円に成長すると予測している。(2023/5/31)

6G普及に欠かせない「ユーザー体感」【後編】
「6G」への期待値は“高速さ”ではなかった 過去のモバイル通信との大きな違い
商用化に向けた準備が進む「6G」の実際の活用開始は数年後になる可能性が出てきた。6Gサービスを成功させるには、早い段階で知恵を絞らなければならない。そのポイントは何なのか。(2023/5/24)

6G普及に欠かせない「ユーザー体感」【前編】
「6G」は実用化が早まっても“すごい技術”だけでは浸透しない 何が駄目なのか
「6G」の商用化に向けた準備が進み、数年後には活用が始まる可能性がある。その際、“あること”が6Gサービスの普及に欠かせないと調査会社は指摘する。そのあることとは。(2023/5/18)

IPAが「デジタル時代のスキル変革に関する調査結果」を発表:
「スキルが評価されない」のは気のせいではない? 約7割の企業で“IT人材の評価基準がない”ことが判明
IPAは、「デジタル時代のスキル変革等に関する調査(2022年度)」の報告書を公開した。それによると多くの企業で、キャリアアップのための計画的な配置や育成がされておらず、IT人材のスキルが適切に評価できていないことが明らかになった。(2023/4/25)

Stack Overflow実施の技術トレンド調査:
開発者はどんな技術に興味を持っているのか――AIは実用性はないもののポジティブな印象
Stack Exchangeが運営する開発者向けQ&Aサイト「Stack Overflow」は、技術トレンドについてどのように感じているかを開発者に尋ねた調査結果を公開した。(2023/4/11)

Innovative Tech:
スマートテレビのリモコン操作から個人情報を盗み出す攻撃 屋内のIoTエアコンなどを悪用
香港中文大学などに所属する研究者らは、スマートテレビを操作する家庭用の赤外線(IR)リモコンからIR信号を取得し、機密情報を抽出する攻撃を提案した研究報告を発表した。(2023/4/3)

非IT企業が着手しやすいIoTサービス開発の現在:
PR:3大キャリアに接続可能 気軽に導入できるオールインワンIoTサービスの実力は
自社事業にITを使った新しい付加価値を組み込む上で、IoTを活用するシーンがあるだろう。だが、IoT活用に一歩を踏み出せるのは技術者を抱えている一握りの企業に限られていた。この課題を「オールインワン」「IoTの開発を含めた低価格サービス」で解決するという企業がある。(2023/3/29)

Azure、AAD、M365に潜む脅威の検知を支援 CISAがデータ収集ツールを提供開始
CISAは、Microsoftのクラウドプラットフォーム向けのインシデント対応ツール「Untitled Goose Tool」を公開した。脅威兆候の察知などに役立つとされている。(2023/3/25)

膨大なデータを生かすためには「ストレージの垣根をなくす」ことが重要:
PR:DXの推進で避けては通れない「データ管理」に求められる4つの要件
日々の業務や意思決定など企業活動と密接に関わっているデータ。DXやデジタル化の推進に伴い、多くの企業で扱うデータ量が増加の一途をたどっている。今後のストレージ戦略において、何を重視すればいいのか、どのような管理が有効なのか。デル・テクノロジーズに聞いた。(2023/3/29)

時代は「統合」から「分離」へ:
PR:マイクロサービス化による「DB分割」で開発、運用が難しくなるこれだけの理由
ビジネス環境や技術の激しい変化に追従するため「マイクロサービス」に注目が集まっている。だが有識者によると「システムの機能を小さなサービスで切り出すだけではデータベースの面で複雑さが増し、管理が難しくなる」という。(2023/2/21)

通信網が行き届かない地域にも
農業系NPOが「プライベート5G」を導入 「IIoT」で何が可能に?
オーストラリアの非営利組織AgriFood Connectが、「5G」をプライベートネットワークとして利用する「プライベート5G」を導入した。その目的とは。(2023/2/16)

働き方と紙業務の最新動向【第3回】
プリンタはもう“ただの印刷機器”ではない? 変わりゆく企業のオフィス
2023年は印刷分野で新たな動きが顕著になる可能性がある。調査会社Quocircaのトレンド予測を基に、3つの注目動向を紹介する。(2023/2/14)

2026年には25兆1104億円に:
キーワードは「CX」と「GX」? IDCが国内第3のプラットフォーム市場予測を発表
IDC Japanは、国内第3のプラットフォーム市場の予測を発表した。2022年の市場規模は、対2021年比7.0%増の20兆992億円の見込み。2021〜2026年の年間平均成長率を6.0%と見ており、2026年には25兆1104億円に達すると予測する。(2023/2/13)

産業用メタバースとデジタルツインの違いは?:
推進ベンダーが「産業用メタバースなら生産性向上と人材不足解消を両立させられる」とうたう、その根拠
IDC Japanは、国内の産業用メタバース/デジタルツイン市場動向の調査結果を発表した。IDC Japanは「同市場の発展によって、より良い働き方やより高い生産性、CO2排出量の削減、安全安心な社会などが実現する」としている。(2023/2/8)

無線通信の周波数問題【後編】
「5G」も「Wi-Fi 6E」もなぜ周波数“6GHz”を使いたいのか?
無線LAN規格「Wi-Fi 6E」や「5G」(第5世代移動通信システム)の利用に関して、6GHzの周波数帯に関する問題が議論を呼んでいる。無線通信は今後どうなるのか。(2023/1/31)

無線通信の周波数問題【前編】
無線LAN「Wi-Fi 6E」の6GHz帯は“無意味”なのか“使える”のか?
無線LAN規格「Wi-Fi 6E」への関心が徐々に集まりつつある中、無線LAN利用の今後を左右するある議論が浮上した。6GHz帯の利用に影響する問題だ。(2023/1/23)

モバイル通信の革新が進む【後編】
「6G」時代はいつになる? モバイル通信業界の現在地
技術開発や用途開発が急速に進んでいるモバイル通信分野。「6G」の時代に向けて、業界はどのような状況にあるのか。(2023/1/17)

欧州のIoT機器セキュリティ対策最新動向(2):
整合規格が未定の中、欧州向けIoTセキュリティの設計開発をどう進めるか
IoT機器を狙ったサイバー攻撃の脅威が現実のものとなる中、世界各国でセキュリティ対策の整備が進んでいる。本連載では欧州当局が出すセキュリティ要件や規制動向に焦点を当て、国内製造業が意識すべきポイントを解説していく。(2023/1/13)

モバイル通信の革新が進む【前編】
“6G誕生”へ 「5G」の先にあるモバイル通信の進化
「5G」の活用や「6G」の登場が見込まれるモバイル通信分野。どのような動向に注目しておくべきなのか。レポートを基に要点を紹介する。(2023/1/10)

ランサムウェア攻撃の標的のトップは医療業界:
攻撃者が1億円以上の価値を見いだす「医療業界の弱点」 チェック・ポイントが指摘
チェック・ポイントは、2022年第3四半期のサイバー攻撃に関する動向調査の結果を発表した。最もランサムウェア攻撃の標的とされたのは医療業界。サイバー攻撃全体でも3位だった。(2023/1/5)

製造マネジメント インタビュー:
日立北米インダストリー事業のミッシングピース、買収の決め手は文化の親和性
日立のインダストリーグループが北米市場でのさらなる成長に向けてフレックスウェア イノベーションを買収した。日立の買収の狙い、フレックスウェアが買収を受けた理由などについてフレックスウェア CEOのスコット・ウィトロック氏と日立で北米インダストリー事業を統括する小財啓賀氏に聞いた。(2022/12/23)

求められるのは「没入性」や「共有性」:
「スマホの次」は何が来る? NRIが2028年までのIT市場を予測「6G」「耐量子計算機暗号」なども
野村総合研究所は、ITに関連する主要産業に関する2028年度までの国内市場の動向分析と市場規模の予測を発表した。「通信サービス」「デバイス」「メディアと広告」「マーケティング」「データ流通」「プライバシーとセキュリティ」「HR Tech」について取り上げている。(2022/12/23)

「受験しやすさを向上させる、IT人材の育成と確保を推進」:
IPA、情報処理安全確保支援士試験の所要時間を90分短縮 影響は?
IPAは、情報処理安全確保支援士試験と一部の情報処理技術者試験で、午後試験の出題構成などを変更する。情報処理安全確保支援士試験の所要時間を90分短縮し、情報処理技術者試験では高度試験の組み込み分野で、試験区分を1つに集約する。(2022/12/22)

NEWS
竹中工務店が築23年の自社ビルを「スマートビル」として再生
竹中工務店グループが築23年の「竹中セントラルビル サウス」を改修、スマートビルとして開業した。このスマートビルを実現した「Smart Secure Service」と、「ビルコミ」のデータ処理基盤とは。(2022/12/12)

NEWS
文具メーカーのぺんてるが手軽にIoT構築ができる「Gravio」を導入
デジタルトランスフォーメーション(DX)を推進するぺんてるは、社内のIoT化を進めるに当たり、人材育成や開発での課題に直面した。同社はその課題を解決するために、アステリアの「Gravio」を導入した。(2022/12/9)

NEWS
KDDI、SIM1枚で複数キャリアを切り替える「冗長化ソリューション」を提供
2022年7月に起きたKDDIの大規模障害。IoT機器を扱う企業で進む、通信障害発生時のバックアップ体制強化のニーズを受けて、KDDIが他キャリア回線に自動で切り替えできるサービスを発表した。(2022/12/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。