ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「家電」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「家電」に関する情報が集まったページです。

三菱電機 SLIMDIP-W:
白物家電インバーターのパワー半導体モジュール
三菱電機は、白物家電のインバーターを駆動するパワー半導体モジュール「SLIMDIP-W」を発表した。低ノイズ化と高キャリア周波数時の電力損失を低減し、白物家電の省エネおよび騒音低減を可能にする。(2020/1/17)

“世界最大”家電IT見本市 「ソニー」「トヨタ自動車」など気を吐いた日本企業 
米ラスベガスで開催された世界最大の家電IT見本市「CES2020」には4400を超える企業が出展し、約17万人が参加、日本の企業の発表にも注目が集まった。夕刊フジで「まだまだスゴい家電の世界」(火曜掲載)を連載するジャーナリストの大河原克行氏が最新事情をルポする。(2020/1/16)

CES 2020:
前回と同じ服装だと、外出前に鏡が警告 「レパートリーが少ない」と思われる事態を防止
パナソニック子会社の家電メーカーShiftallが、人前へ出る時に前回と同じ服装かを判別する鏡を開発した。「CES 2020」でプロトタイプを展示する。(2020/1/8)

CES 2020:
Samsung、ボール型で人なつこい家庭用ロボット「Ballie」を披露
Samsungが、手の平に乗るサイズでボール型の家庭用AIロボット「Ballie」を披露した。発売時期などは不明。転がりながらオーナーの後をついて回り、スマートホーム家電を制御したり、オーナーにさまざまな通知をしたりする。(2020/1/8)

CES 2020:
「Googleアシスタント」の今年の新機能は家族用掲示板や家電の起動予約など
Googleが、CES恒例の「今年提供予定のGoogleアシスタントの新機能」を紹介した。家族で確認できる掲示板機能やコーヒーメーカーなどの家電の起動予約、Webページの長文朗読などだ。(2020/1/8)

au PAY、家電量販店で20%還元キャンペーン 最大1万ポイントを付与
家電量販店の対象店舗で「au PAY」を使って支払うと、最大20%のau WALLET ポイントを還元するキャンペーンを実施中。期限は1月13日まで。最大1万ポイントを付与する。(2020/1/6)

【Amazon初売り】ファッション、家電からキッズ用品まで、まだまだ買える福袋まとめ
福袋は並ばずに買えるAmazonで。(2020/1/4)

【Amazon初売り】2020年最初のビッグセール開幕! ゲーム、家電、ドライブレコーダー、ズワイガニなどがセール価格で
正月といったら福袋でしょ(2020/1/3)

エディオン、プログラミング教室「ロボ団」買収
家電量販大手のエディオンは、子供向けプログラミング教室「ロボ団」を全国展開する「夢見る」を買収したと発表した。(2019/12/24)

医療機器ニュース:
マットレスと家電を連携し、個々に合った快適な快眠環境をサポート
パナソニックと西川は、マットレスと家電を連携させ、よりよい睡眠環境を提供する「快眠環境サポートサービス」を共同開発した。2020年3月18日より、パナソニックがECサイト「くらしサービスストア」で提供開始する。(2019/12/23)

Mobile Monthly Top10:
2019年を振り返る(1月編):PayPay家電祭り/みんなの興味は“旧機種”に?
2019年1月は、家電量販店が「独自」にPayPayに対するポイント還元を行ったことが大きな話題となりました。2018年12月にPayPayが実施した「100億円あげちゃうキャンペーン」の還元を見越した施策であると思われます。(2019/12/17)

iPhone 11シリーズに対応、魚眼やマクロなどのレンズ付き耐衝撃ケース「ShiftCam2.0」
レイスリンクス・エンタープライズは、iPhone 11シリーズに対応するレンズ付きのケース「ShiftCam2.0」を12月14日に発売する。価格は9900円(税込)からで、家電量販店やオンラインショップなどで販売する。複数のレンズを切り替えて使える他、耐衝撃にも対応する。(2019/12/13)

大塚家具がヤマダ傘下へ 自力再建断念、久美子社長まだ続投
 経営再建中の大塚家具と家電量販店大手のヤマダ電機は12日、両社が資本提携し、ヤマダが大塚家具を30日に子会社化すると発表した。ヤマダが大塚家具の第三者割当増資を引き受け、議決権の過半を取得する。大塚家具は創業者一族の対立で企業イメージが悪化。業績不振が続き身売りに踏み切った。大塚久美子社長は続投し、経営の立て直しを目指す。(2019/12/12)

マットレスとIoT家電が連携して眠りをサポート、パナソニックとふとんの西川
寝具メーカーの西川とパナソニックがセンサー内蔵マットレスとネットワーク対応の家電が連携する「快眠環境サポートサービス」を発表した。利用料は月額990円(税込)。(2019/12/10)

コストコが日本でネット通販をスタート 「1350万円の指輪」も販売
コストコホールセールジャパンは、日本国内向けのネット通販を始めた。日用雑貨や家電、アウトドア用品、ジュエリーなどを販売する。(2019/12/10)

【Amazonサイバーマンデー】家電買い換えなら今! テレビ、冷蔵庫、ルンバなど家電系ピックアップ
ソニーやシャープ、パナソニックなどの家電も大量セール中。(2019/12/7)

家電のトリセツURLをQRコードにして貼っておく! いざというとき助かるアイデアに賛美の声
みんな取説ってどう保管してる?(2019/12/5)

コマが自分で動くスマートチェス盤、オンライン対局にAI対戦も
家電ECサイト「+Style」を運営するプラススタイルが、スマホアプリと連携し、対戦相手のコマを自動的に動かす「Square off スマートチェスボード」を発売した。(2019/12/2)

Xiaomiの日本参入は12月9日 Twitterで発表 「予定よりも早く会える」
Xiaomi(シャオミ)が12月9日に日本市場に参入すると発表。日本向けに投入するスマートフォンや家電製品を発表するとみられる。(2019/12/2)

大手企業だけが活躍の場ではない:
快進撃続けるアイリスオーヤマの「おじさん技術者」たち 元「東芝」技術者のもと“テレビ”でも旋風を起こせるか
アイリスオーヤマ初の音声操作可能なテレビを開発するために陣頭指揮を執ったのは、東芝を早期退職してアイリスに入社したテレビ事業部長の武藤和浩さんだ。同社の家電事業部の社員は出身企業が異なる「混成部隊」だ。シャープや東芝出身の40〜50代以上もおり、中には30代で前の会社に見切りをつけてアイリスに移ってきた技術者もいるという。果たしてアイリスの「混成部隊」はテレビ事業でも旋風を起こすことができるのだろうか。(2019/11/29)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
ドバイブランド? スマートウォッチが無料でもらえる謎の格安スマホを発見
ドバイといえば世界最大級のショッピングモールがあり、中でも「ドバイモール」は家電量販店だけでも5店舗以上あります。ひっそりと売られていた無名メーカーのスマートフォンが気になります。3〜4年前のスマートフォンが半額程度で売られていることもあります。(2019/11/26)

あの会社のこの商品:
2万台以上売れた「焼きペヤングメーカー」が、できるまでのこと
関東でカップ焼きそばといえば「ペヤング ソース焼きそば」。絶大な人気を誇るペヤングを焼いてつくる調理家電「焼きペヤングメーカー」をご存じだろうか。大阪に本社を構えるライソンという会社がつくったものだが、開発秘話を聞いたところ……。(2019/11/25)

楽天、11月末からブラックフライデーセール開催 家電やカメラなど“黒い”商品が割安に
楽天が19年もブラックフライデーセールを行うと発表。「楽天市場」「Rebates」が対象。“黒い”商品などを割安で販売する他、ポイント付与率が上がるキャンペーンも行う。(2019/11/21)

日本モレックス RASTコネクターシステム:
コネクターシステムに電線対電線用を追加
日本モレックスは、家電製品や自動車照明の電源用途向け電線対基板用「RASTコネクターシステム」に、電線対電線用のバージョンを追加した。(2019/11/21)

【トップ直撃】飲食店業界に革命! 来店10分前でも予約できる「超直前予約アプリ」を展開 トレタ・中村仁代表取締役
 忘年会シーズンに向けて知っておいて損はない会社とアプリだ。飲食店向けの予約・顧客台帳をデジタル化するサービスを手がける企業が、一般ユーザー向けに来店10分前でも店を予約できる超直前予約アプリ「トレタnow(ナウ)」を展開している。家電業界から広告代理店、飲食店経営を経て起業したトップは、飲食店業界の予約システムに革命を起こそうとしている。(中田達也)(2019/11/20)

あの会社のこの商品:
20万台売れた! 「銘柄ごとの炊き分け」に目を付けたアイリスオーヤマの炊飯器
2009年に家電事業に本格参入したアイリスオーヤマ。ユニークな機能を持った商品が多いが、その中でも「銘柄量り炊き炊飯器」が注目を浴びている。銘柄量り炊きとは何か? どれほどユニークなのかというと……。(2019/11/20)

決済額の10%をPayPayボーナスで還元する「家電量販7Days」 ソフトバンクとY!mobileユーザー限定で12月16日から開催
PayPayが、家電量販店で決済額の10%を還元するキャンペーンを12月16日から実施する。今回のキャンペーンはソフトバンクまたはY!mobileユーザー限定となる。(2019/11/15)

PayPay、12月に10%還元の「家電量販7Days」 ソフトバンク、ワイモバユーザー限定
PayPayが年末に10%還元キャンペーン「家電量販7Days」を実施する。ソフトバンクとワイモバイルユーザー限定だ。(2019/11/15)

【Amazonタイムセール祭り】11月4日23:59まで! スマホ、家電、梅干し、オールフリー……気になる商品をまとめてみました
ラストスパートだ!(2019/11/4)

限定1万台は変わらず:
ドコモショップなどで「Galaxy S10+ Olympic Games Edition」が購入可能に 事前予約制
NTTドコモが1万台限定で販売している「Galaxy S10+ Olympic Games Edition」が、全国のドコモショップや主要な家電量販店でも購入できるようになった。ただし、Webサイトでの事前予約が必要となる。(2019/11/1)

GIGABYTE、スリムノート「AERO」シリーズにOffice 365搭載モデルなど4構成を追加
台湾GIGABYTE Technologyは、同社製ノートPC「AERO」シリーズの家電量販店向けラインアップにOffice 365搭載モデルなど計4構成を追加した。(2019/10/30)

IoTセキュリティ:
開発中の家電も「マルウェアのおとり」に、パナソニックのIoTセキュリティ対策
パナソニックは2019年10月25日、東京都内で記者向けに技術セミナーを開催し、IoT(モノのインターネット)製品に対するサイバー攻撃の現状や、製品セキュリティにおける同社の取り組みを説明した。(2019/10/28)

シャープ公式Twitterの家電相談が正直すぎて話題に 「ゲーム用モニターのおすすめは?」→「他メーカーの方がいいと思います」
苦手分野については他社を勧め、得意分野ではしっかり自社製品を勧める割り切り。(2019/10/25)

KDDIが“どこでもドア” 5G普及で産業構造変革も
最新の家電・ITの展示会「CEATEC2019」で、NTTドコモやKDDIが第5世代移動通信システムの新技術を披露し、注目されている。(2019/10/17)

MONOist×JOBS 転職市場動向:
製造業全体の求人件数 前月比は横ばい、前年同月比は6%増
技術者の転職市場を毎月レポートする「MONOist×JOBS 転職市場動向」。製造業全体の求人件数は前月比だと横ばい、前年同月比だと6%増でした。業種別の求人件数では、自動車・家電・精密機器が前月から増加、職種別では「研究・開発」が増加、「品質管理・品質保証」が減少しています。(2019/10/16)

「脱・家電見本市」進むCEATEC かつての主役、電機大手の存在感は薄れ……
15日に開幕した最新の家電・ITの展示会「CEATEC(シーテック)2019」は、初出展となる航空大手ANAホールディングス(HD)など例年以上に多彩な顔ぶれがそろい、新技術や新製品をアピール。「脱・家電見本市」が進む中、パナソニックが初めて単独出展を見送るなど、かつての主役だった電機大手の存在感低下が目立つ形となった。(2019/10/16)

ソフトバンクC&Sがシャオミ系家電メーカー3社と提携 日本でロボット掃除機やスマート照明を販売
ソフトバンクC&Sが中国Xiaomi系列のIoT家電メーカー3社の製品を取り扱う。第1弾はロボロックのロボット掃除機「Roborock S6」で、10月18日から家電量販店などで販売する。(2019/10/11)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
Appleのスマスピ「HomePod」で家電を操作、試して分かった競合との違い
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はHomePodを使って家電を操作するには何が必要なのか、どのように設定すればよいのかを探ってみた。(2019/10/11)

タッチベゼル搭載のスマートウォッチ「Galaxy Watch Active2」が11月上旬以降に発売
サムスン電子ジャパンは11月上旬以降にスマートウォッチ「Galaxy Watch Active2」を発売する。全国のauショップや家電量販店などで販売される。フェースデザインのカスタマイズ性が向上し、センサー類が強化されたことで、より高精度なデータを記録できるとしている。(2019/10/10)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
Xiaomiがカメラに力を入れるAndroid Oneの最新モデル「A3」
Xiaomiのスマートフォンも、今やずいぶんメジャーな存在になり、欧州の先進国でも家電量販店で見かけることが増えてきました。同社のスマホには独自の「MIUI」を標準搭載していますが、2017年からAndroid Oneスマートフォンの投入も開始。2019年には3世代目となる「A3」が発売されました。(2019/10/2)

パナ元社員が自社製品買い戻し転売 詐欺容疑で逮捕
勤務先の家電製品を販売代理店から買い戻して不正に入手するなどしたとして、大阪府警捜査2課などは1日、詐欺の疑いで、パナソニック元社員、尾崎正典容疑者(45)=大阪市平野区平野上町=を逮捕した。同課によると、「競馬などのギャンブルに使うためにやった」などと容疑を認めているという。(2019/10/2)

組み込み開発ニュース:
三菱電機から「世界最高レベル」のトレンチ型SiC-MOSFET、信頼性と量産性も確保
三菱電機は、1500V以上の耐圧性能と、「世界最高レベル」(同社)の素子抵抗率となる1cm2当たり1.84mΩを両立するトレンチ型SiC-MOSFETを開発した。家電や産業用機器、自動車などに用いられるパワーエレクトロニクス機器の小型化や省エネ化に貢献する技術として、2021年度以降の実用化を目指す。(2019/10/1)

人工知能ニュース:
軽量組み込みAI技術が「Cortex-M」に対応、産業機械や自動車、家電で活用可能に
エイシングは、組み込みAIの自律学習と予測を可能にする独自技術「DBT」を、Armの「Cortex-Mシリーズ」へ実装し、提供を開始した。産業機械や自動車、家電などの制御向けMCUへ、クラウドを介さないAIの組み込みが容易になる。(2019/9/27)

シャープ、白物家電の国内生産撤退 八尾事業所停止
 シャープは25日、国内唯一の白物家電の生産拠点で、冷蔵庫を製造していた八尾事業所(大阪府八尾市)のラインを止めた。昨年8月に今年9月までに海外に移管すると表明しており、計画通りの国内撤退となった。(2019/9/26)

アイリスオーヤマ、大型家電を強化 「2022年度に売上高1兆円を目指す」
アイリスオーヤマが、ドラム式洗濯機と4K対応液晶テレビの市場に本格参入する。2022年度の売上高1兆円を目指し、大型家電事業を強化する考え。(2019/9/25)

体当たりッ!スマート家電事始め:
欧州との差は開くばかり IFAで聞いたコネクテッド家電の現在
今年はIFAの会場でちょっとした異変があった。昨年まで大々的にアピールしていた「コネクテッド家電」という言葉があまり聞かれなくなったのだ。なぜか。(2019/9/24)

「走る蓄電池」が被災地で活躍 自動車各社がEV貸与
台風15号による広域停電が長期化している千葉県で、電動車が「走る蓄電池」として活躍している。これまでに自動車各社は85台以上を派遣した。電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)、燃料電池車(FCV)に搭載している大容量電池が「非常用電源」となり、洗濯機や冷蔵庫、電子レンジといった家電に電気を供給したり、住民のスマートフォンの充電に使われたりしている。(2019/9/24)

IFA 2019:
主要メーカーの5Gモデムが出そろう、量産も本格化
米国の「CES」に相当する欧州最大の家電展示会「IFA2019」(2019年9月6〜11日)がドイツのベルリンで開催され、Huawei、Samsung Electronics(以下、Samsung)、Qualcommの各社が5G(第5世代移動通信)モデムを統合したモバイルプロセッサを発表した。(2019/9/17)

IoT家電を使うだけで仮想通貨が稼げる そんな世の中は夢物語ではないかも
(2019/9/17)

画面を見ずに音声で操作する「LINEカーナビ」、LINEの送信や家電操作にも対応
LINEは音声で操作できるカーナビアプリ「LINEカーナビ」の提供を開始した。トヨタ自動車のカーナビゲーションエンジンと、LINEの日本語音声認識、音声合成技術を活用した。(2019/9/6)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。