XREALとRokidの“いいとこ取り” 新スマートグラス「VITURE Pro」は調光や視度調整に対応 GACKTコラボモデルも登場

» 2024年05月21日 18時45分 公開
[金子麟太郎ITmedia]

 米VITUREは5月21日12時(日本時間)にスマートグラス「VITURE Pro(ヴィチュアー・プロ)」の予約販売を開始した。直販サイトでの販売価格は7万4880円(税込み)。VITURE公式ストア、Amazon.co.jp、楽天市場、一部家電量販店などが取り扱う。

VITUREPro スマートグラス 「VITURE Pro(ヴィチュアー・プロ)」

 VITURE Proはスマートフォンと接続し、スマートフォンの画像や映像をグラス内のディスプレイに出力できる。グラス内をのぞくと、大きなスクリーンで見ているかのような体験が可能。現行モデル「VITURE One」の進化版という位置付けだという。

 見た目はVITURE Oneから大きく変わらず、ソニーセミコンダクタソリューションズ社製のOLEDパネルを中心としたコア部材を刷新し、画面サイズが約10%広くなり、リフレッシュレートや輝度が向上したことで、場所に左右されず快適に使えることが売りになっている。

 ディスプレイの解像度は1920×1080ピクセル、視野角(FOV)は46度、輝度は4000ニト、リフレッシュレートは最大120Hzだ。

 ボタン1つでグラスの透過度を2段階に切り替えられる。より没入したいときは透過度を0.5%に下げ、現実空間を見ながらコンテンツも見たい場合は40%に上げる。グラス上部のダイヤルを回すと、視度を調整でき、軽度の近視なら追加レンズが不要となる。

 透過度の切り替えは「XREAL Air 2 Pro」に、視度調整は「Rokid Max」などにある機能で、VITURE Proはそれらの“いいとこ取り”をしたような製品といえる。

 ボディーサイズは約53.7(幅)×47.7(高さ)×163(厚さ)mmで、重量は約78gだ。カラーはジェットブラック、マシュマロホワイト(GACKTコラボモデル)の2色展開。どちらも専用ケース、ノーズパッド(サイズ別4種)、マグネット式ケーブルが付属する。GACKTコラボモデルにはGACKTのロゴ入りレンズフードが付属する。

VITUREPro スマートグラス GACKTコラボモデルの新色マシュマロホワイトは数量限定で販売される

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年06月24日 更新
  1. 「株主はドコモの月額料金を半額にしてほしい」「NTTの社名変更は?」 NTT株主総会の質疑応答まとめ (2024年06月21日)
  2. マイナンバーカードを使った本人確認を手軽に デジタル庁が「デジタル認証アプリ」を公開 無料で利用可能 (2024年06月21日)
  3. “ミッドレンジの王者”OPPOを猛追するモトローラ 「OPPO Reno11 A」vs「moto g64 5G」に注目 (2024年06月22日)
  4. マイナンバーカードで本人確認できる「デジタル認証アプリ」が登場 使い始めるには? (2024年06月24日)
  5. ドコモ販売ランキング:実質2万円以下で2年使える「iPhone 14」が1位に【6月10日〜6月16日】 (2024年06月22日)
  6. Huawei待望のカメラフォン「Pura 70 Ultra」に注目 20万円超えでも「欲しい」と思える仕上がり (2024年06月23日)
  7. 現行Androidスマートフォンの価格まとめ【2024年6月編】 「OPPO Reno11 A」「moto g64 5G」を安く買えるのはどこ? (2024年06月24日)
  8. 「完全ワイヤレスイヤフォン」ってそんなに良いもの?(そもそも有線の方が良くないですか?) (2024年06月22日)
  9. 光るスマホ「Nothing Phone(2a)」の背面、実は日本製のポリカーボネート樹脂だった (2024年06月22日)
  10. ダイソーで550円の「(USB)Type-Cイヤホン」を試す 万が一に備えた代替品としては十分だが、音がちょっと気になる (2024年06月23日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー