ニュース
» 2016年06月30日 08時00分 UPDATE

日本唯一の飲料&液状食品展示会「Drink JAPAN」:何気なく飲んでいるドリンクには、こんなスゴいテクノロジーが詰まっている (1/2)

国内唯一の飲料と液状商品の展示会「Drink JAPAN」が開催された。私たちがふだんゴクゴク飲んでいるドリンクの裏には、スゴいテクノロジーが詰まっていた! イベントの様子を写真レポートでお届け。

[青柳美帆子,ITmedia]

 6月29日から7月1日にかけて、東京ビッグサイトで第1回「Drink JAPAN(ドリンク・ジャパン)」が開催される。これまでになかった日本唯一の飲料と液状食品の開発・製造展だ。会場内のブースにずらりとそろうのは、有名メーカーのドリンク……ではない。ペットボトルのキャップ、ラベル貼り、ドリンクの詰め込み――と機械が並ぶ、“メカメカしい”展示会だ。

 同時開催するのは、医薬と化粧品業界の専門技術展「インターフェックス ジャパン」、医薬品原料国際展「in-PHARMA JAPAN(インファーマ)」。主催はいずれもリード エグジビション ジャパンだ。

東京ビッグサイトで6月29日から7月1日にかけて開催する「Drink JAPAN(ドリンク・ジャパン)」

 Drink JAPANが開催されるきっかけとなったのは、医薬・化粧品の技術展インターフェックス ジャパンの出展企業が、健康ドリンクやゼリーなどの飲料・液状食品の商品開発に乗り出したこと。せっかく一堂に会するのだから、飲料系の展示も一緒にできないか――という要望があったのだという。

 今回は、東京ビッグサイトの東1ホールと東4ホールを使い、合わせて180社が参加した。本来なら初開催ということもあり、この半分程度の規模を想定していた。しかし問い合わせが相次ぎ、スペースを拡大。それでも完売となった。

 「これまで飲料・液状商品が“主人公”となる展示会がなかった。たくさんの問い合わせを受け、求められていたんだなと思った」(リード エグジビション ジャパン八木友佳里さん)

 3日間で、3展示会合わせて4万5000人の集客を見込む。Drink JAPANは第2回を2017年に開催することが決定している。次回の出展受付も開始し、既に申し込みを受けているという。

 さて、この展示会はB2B向けの商談展のため、基本的に業界関係者以外は参加できない。ふだんなにげなく飲んでいるドリンクがどのようなスゴワザで作られているのか、裏側をのぞいてみよう。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集