インタビュー
» 2016年09月29日 07時44分 UPDATE

コンセプトは「世界初」 イケメン大暴れ『HiGH&LOW』が10代女子の心をツカむ理由 (1/4)

LDHグループ総出演の総合エンターテイメントプロジェクト『HiGH&LOW』。コンテンツとメディアミックスの成功例として学ぶべき点が多い本作は、何を目指して生まれたのか? 日本テレビ植野浩之プロデューサーに聞いた。

[青柳美帆子,ITmedia]

 『HiGH&LOW』というタイトルを知っているだろうか。EXILE TRIBEや三代目J Soul Brothers、劇団EXILEなどが所属するLDHグループが総出演して大暴れする青春作品だ。テレビシリーズ(日本テレビ)2クールを皮切りに、7月には映画『HiGH&LOW THE MOVIE』(松竹系)を公開し、興行収入は20億円を超えた。さらにコミックス展開やCDリリース、ライブまで行うという大規模な“総合エンターテインメントプロジェクト”となっている。

 この記事を読んでいる読者の中には「EXILEは1人も分からない」「どうも自分はターゲットではなさそうだ」と思う人もいるかもしれない。実際、その印象はある意味では正しい。映画を観た76万人の多くは出演者ファンのティーン層だ。

 大人にはピンと来ない、でもティーンの心には確実に届いている――そんな『HiGH&LOW』は、コンテンツとメディアミックスの成功例として学ぶべき点が多い。同シリーズを手がける、日本テレビ植野浩之プロデューサーに聞いた。

ALT LDHグループ総出演の総合エンターテイメントプロジェクト『HiGH&LOW』(C)2016「HiGH&LOW」製作委員会

『HiGH&LOW』というアーティストを作る

――『HiGH&LOW』は、どういった経緯で生まれた企画なんでしょうか。植野プロデューサーは、テレビ版の企画から関わっているんですよね。

ALT 日本テレビ植野浩之プロデューサー

植野: 「テレビ版の企画から」と言うと語弊があるかもしれません。そもそも『HiGH&LOW』は、“テレビ版が好評だったので、映画に進出する”……という企画ではないんです。もともとの始まりは2年くらい前で、「ブランドを作ろう」という話をしていたところにあります。日本テレビはテレビ局ですが、動画配信の「Hulu」を始めとしていろいろなところと連携するようになりました。そういう状況下で、“テレビでコンテンツを放送する”だけではなくて、“1つのコンテンツをさまざまなメディアで活用する”ことが会社の命題となっていた。

 どういうものを作れるかを社内で話し合っていたタイミングで、昔から付き合いが長かったHIROさん(EXILEのリーダー・LDH代表取締役)と食事をしました。日本テレビの命題についてお話ししていたら、HIROさんも「実は僕らも同じことを考えていたんです」という話になった。

――1つのコンテンツを他メディアに展開することを、LDHさんも考えていた。

植野: そうです。“テレビ番組”を作るためにコンテンツを作るのではなくて、コンテンツありきでやっていきたいと。『HiGH&LOW』という1つのコンテンツをどうやって作っていくか模索しながら、企画を考えていきました。

――『HiGH&LOW』というアーティストの出演先をどこにするか考えていくようなイメージですね。

植野: 企画を考えるときは、初めからコンセプトを考えています。僕は「誰もやったことがない」とか「初めて」という言葉が好き。“テレビと映画に展開”までは、結構普通ですし、僕もやったことがある。でも、そこにコミックが加わって、CDが加わって、SNSをやって、さらにライブまで加わったら、聞いたことがないじゃないですか。……というか、できないですよ。そこにネットとの連携などを含めたら、世界初と言えるんじゃないか――それが『HiGH&LOW』のコンセプトです。

ALT クロスメディア展開する本作。ドラマと映画だけでなく、コミックやCD、ライブにまで展開する

 ビジネス的な視点は、コンセプトの後から考えました。根幹にあるのは「どうしたら世界初と言えるか?」「どうやれば驚きを作れるか?」。だから『HiGH&LOW』は企画が始まったときから“総合エンターテインメントプロジェクト”という言い方をしています。

――プロジェクト全体に対する反応はいかがですか?

植野: 盛り上がっていますね。夏休みの時期には、日本テレビ前のスペースでリアル店舗でフードやグッズを販売する「HiGH&LOW THE BASE」というイベントを行っていましたが、ものすごい売り上げでした。普通は“テレビで宣伝して、映画の興収でもうける”というスキームかもしれませんが、『HiGH&LOW』はそうではない。既存のスキームとは違う当たり方を狙っていましたし、その通りに今動いています。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集