ニュース
» 2016年10月21日 17時45分 UPDATE

トヨタ、燃料電池バスを17年から販売 都が路線バスに採用

トヨタ自動車は、燃料電池(FC)バスを2017年初めから販売すると発表。

[ITmedia]

 トヨタ自動車は10月21日、水素を燃料とする燃料電池(FC)バスを2017年初めから販売すると発表した。まず2台が東京都交通局が運行する路線バスとして使用される。20年の東京五輪・パラリンピックに向けて、東京都を中心に100台以上のFCバス導入を目指す。

photo 2017年に販売を始める「トヨタFCバス」

 FCバスの販売は国内で初めて。日野自動車と共同で進めてきたFCバス開発の経験を踏まえ、自社開発した。18年からは新型のFCバスを投入し、導入拡大を目指す。

 FCバスには、燃料電池車(FCV)「MIRAI(ミライ)」向けに開発したシステムを採用。エネルギー効率が高いことに加え、走行時に二酸化炭素や環境負荷物質を排出しない性能を有する。

 また、大容量の外部電源供給システムを搭載。235キロワット時の電力供給能力があり、災害発生時などに電源として利用できる。

 全長10.5メートル、幅2.5メートル、高さ3.3メートル。乗車定員は最大77人。

 都交通局の導入は、国土交通省の「地域交通グリーン化事業」から支援を受けて行う。同事業は運送会社やタクシー会社などを対象に、燃料電池車や電気自動車の導入を後押しするのが狙いで、バスの場合は車両本体価格の2分の1を補助する。

photo 「トヨタFCバス」

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集