連載
» 2016年10月28日 07時06分 UPDATE

ライザップに挑戦してみた:ライザップはなぜ「結果にコミットできる」のか (1/4)

ライザップに行くと、なぜ痩せることができるのか。前回、代謝を上げ、エネルギー消費を高めるための「筋力トレーニング」と、太りやすい原因となる糖質をカットする「低糖質食事法」について触れたが、痩せるメソッドのポイントは、もうひとつある。それは……。

[上阪徹,ITmedia]

 ライザップに行くと、なぜ痩(や)せることができるのか。前回はロジックとして、代謝を上げ、エネルギー消費を高めるための「筋力トレーニング」と、太りやすい原因となる糖質をカットする「低糖質食事法」について触れたが、ライザップの痩せるメソッドのポイントは、もうひとつある。

 自らライザップを2カ月経験し、『ライザップはなぜ、結果にコミットできるのか』(あさ出版刊)を書くプロセスではっきりと理解したのは、トレーナーの存在の大きさだった。

 どうしてあれほど急激に痩せられるのか。あんなに短期間に結果を残すことができるのか。たとえロジックを理解していても、確実に痩せることは簡単ではないだろう。なぜなら、当然のことながらダイエットには通常、苦しさも伴うからだ。

 そこで、そうした苦しみについてマンツーマンでメンタルフォローをしてくれるのが、ライザップに入会するとゲスト(顧客はこう呼ばれる)一人ひとりに付く担当トレーナーなのである。

 ライザップというと「無茶なことをさせられるのではないか」「とんでもなく苦しいことが待っているのではないか」といった印象を持っている人も少なからずいるようだが、私は取材でびっくりする話を聞くことになった。

 ライザップでは、定めたプランの期間、例えば2カ月なら2カ月を終えたあと、継続のプログラムや月に一度、二度などの安価な延長プログラムが用意されているのだが、ゲストの実に7割ほどが、こうしたサービス延長を申し込むというのだ。しかも、新しいゲストの約3割は、紹介や口コミによるものだという。

 もし、定められたプランの内容がひどい状況だとしたら、どうして延長したり、人を紹介しようなどと考えるだろうか。ライザップに満足していたからこそ、そうするのだと思うのだ。このとき大きな役割を果たしているのが、トレーナーの存在だと私は感じた。

ライザップを体験した人の満足度が高い理由は?
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集