ニュース
» 2016年11月02日 12時37分 UPDATE

電通、「子育てサポート企業」認定を辞退 新入社員の自殺問題の影響で

東京都労働局は、女性新入社員の自殺問題を受けて、電通による「くるみん認定」辞退の申し出を承認した。

[ITmedia]

 厚生労働省は11月1日、電通が「子育てサポート企業」認定(通称:くるみん認定)の辞退を申し出て、これを承認したと発表した。

 くるみん認定は、一定の期間内に、育児休業の取得率向上や労働条件の整備などの目標を達成した企業が対象。

photo くるみん認定取得の流れ

 くるみん認定を受けた企業は、商品や広告に認定マークを表示し、子育てサポート企業であることをアピールできるほか、社屋の新築・増改築の際に支払う税金を割り増し償却できる税制優遇措置が設けられている。認定を受けた企業は今年6月末時点で2570社。

photo 認定企業に付与される「くるみんマーク」

 電通では昨年12月に女性の新入社員が過労のため自殺する事件が起き、長時間労働の常態化が問題視されていた。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集