ニュース
» 2016年11月02日 19時00分 UPDATE

エンジンで発電、新感覚の加速性 日産ノート「e-POWER」発売

日産自動車は主力小型車「ノート」に新パワートレイン「e-POWER」搭載モデルを追加。新たな電動化技術を提案する。

[加納由希絵,ITmedia]

 日産自動車は11月2日、新しい駆動方式のパワートレイン「e-POWER」搭載モデルを追加した新型「ノート」を発売した。ガソリンエンジンで発電した電気を使用し、100%モーター駆動で走行する技術を開発。加速性向上や低燃費を実現した。電動自動車(EV)「リーフ」に続く、新たな電動化技術を提案する。

photo 新パワートレインを搭載した新型「ノート」

ワンペダル感覚を可能に

 e-POWERは、エンジンや発電機、インバーター、モーター、バッテリーなどを搭載したシステム。発進時はバッテリーからの電力で車を動かし、バッテリー残量や車速に応じてエンジンを始動して充電する。EVと同様にモーター駆動で走行するが、外部電力からの充電は不要。ハイブリッド車(HV)のように、ガソリン給油のみで走行できる。

 モーター駆動ならではの加速性が強み。EV開発で培った大出力モーターの制御技術を活用し、発進時の加速、走行時の再加速ともに、反応がよく滑らかな加速性を実現した。最大トルクは254N・mと、「2リットルターボエンジンに匹敵するビッグトルク」という。

 また、新しい走行モード「e-POWER Drive」では、アクセルとブレーキによる運転操作を簡単にして「ワンペダル感覚」を可能に。アクセルペダルを戻すだけで大きく減速できるため、ブレーキペダルを踏む回数を約7割減らせるという。

 燃費性能は、「e-POWER S」グレードで1リットル当たり最大37.2キロ。トヨタ自動車の小型HV「アクア」の37.0キロをわずかに上回り、小型車でトップとなる。

photo 「e-POWER」の一体型パワートレイン

業界のエポックに

 同日、横浜市の本社で新車発表会を開いた。あいさつした西川廣人共同最高経営責任者は「EVの技術を駆使した新たな電動化を提案し、国内市場で存在感を強めたい」と強調。国内事業を担当する星野朝子専務執行役員は「e-POWERの開発には10年をかけた。業界のエポック的な存在になれば」と期待感を示した。

 また、タレントの柳沢慎吾さんが事前に乗り心地を体験。「アクセルひと踏みでこんなにスピードが出るのかと驚いた」と語っていた。

 今後、乗り心地を体験してもらうため、全国で試乗キャンペーンを展開する。

 ボディーカラーは新色5種類の全13色。価格は税込139万3200円から。e-POWER搭載グレードは177万2280円から。

photo 新型ノートをPRする柳沢慎吾さん
photo
photo
photo
photo
photo

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

新着記事

news109.jpg
国内モデルも3月予約開始:
news081.jpg
オートモーティブワールド2017:
news079.jpg
羽田空港、ハウステンボスの狙い:

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -