ニュース
» 2016年11月10日 14時03分 UPDATE

ソフトバンク、自転車シェアリングに参入 IoT活用

ソフトバンクがIoTを活用し自転車シェアリングサービスに参入。

[ITmedia]

 ソフトバンクは11月10日、IoT(モノのインターネット)を活用した自転車シェアリングに参入すると発表した。第1弾として11日から東京都中野区にシステムを導入。今後、各地の同業者と提携し、東京を中心に全国的な展開を目指す。

 IoTを活用した自転車シェアリングシステム「HELLO CYCLING」を開発。利用者は、登録しておいた交通系ICカードを自転車の操作パネルにタッチすることでロックを解除して利用でき、予約も不要。スマートフォンやPCから駐輪場を検索し、自転車の利用予約や決済などをすることも可能だ。

 サービス運営事業者は、GPSと通信機能を搭載した「スマートロック」と専用の操作パネルを、保有する自転車に取り付けることで同システムを導入できる。管理サイトで自転車の利用状況をリアルタイムで確認でき、注文管理や売り上げ集計も行える。

 第1弾として、シェアリングサービス(東京都新宿区)が採用。中野区で「シェアペダル NAKANO」として11日から提供する。27日まで、1時間当たり100円、終日800円で利用できる。

 ソフトバンクグループが従業員のアイデアを事業化する制度「ソフトバンクイノベンチャー」を通じ、1日に設立した新会社「Openstreet」が事業を展開する。自転車店「サイクルベースあさひ」を展開するあさひなど5社とパートナー契約を結び、事業者によるサービス運営をサポートしていく。

photo 「HELLO CYCLING」のロゴマーク
photo スマートロックと操作パネル
photo スマートロックの取り付けイメージ
photo 駐輪場「ステーション」の検索画面=左、自転車の予約画面=右

 利用手順は、以下の通り。

  1. 「HELLO CYCLING」のウェブサイトから会員登録を行い、利用する駐輪場「ステーション」を選択
  2. 自転車、利用時間、決済方法を選択
  3. 「ステーション」到着後、メールで届いた暗証番号を自転車の操作パネルに入力、またはICカードをタッチし利用開始
  4. 利用後は最寄りの「ステーション」に自転車を返却し、利用開始時と同様に暗証番号の入力かカードのタッチを行って終了

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集