ニュース
» 2017年04月12日 15時06分 UPDATE

収益改善図る:首都圏のスリーエフ、「ローソン・スリーエフ」に転換

スリーエフとローソンが、「スリーエフ」など3ブランドを「ローソン・スリーエフ」ブランドに転換すると発表。

[ITmedia]

 スリーエフとローソンは4月12日、首都圏のコンビニエンスストア「スリーエフ」など3ブランド計281店を「ローソン・スリーエフ」ブランドに転換すると発表した。

photo ローソン・スリーエフの店舗

 対象は神奈川県・東京都・千葉県・埼玉県の店舗。両社は2016年4月に資本・業務提携を発表し、同年9月から千葉県・埼玉県のスリーエフ90店舗をローソン・スリーエフに転換したところ、新たな顧客層の獲得などの効果があったため、対象の拡大を決めたとしている。

 スリーエフは、神奈川県を中心に首都圏に計539店を展開しているが、16年2月期は営業赤字。17年3月の全店平均日商は、ローソンの約52万円に対し、スリーエフは約40万円にとどまっている。両社は今後、地域密着型の店舗運営を目指して協業を進めるとしている。

 ローソンは17年2月、群馬県に基点を置くコンビニチェーン「セーブオン」約500店をローソンブランドに転換する契約を締結している。同社は関東圏での店舗数拡大に注力し、業界最大手のセブン-イレブンと、同2位のファミリーマートへの追い上げを図る。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集