ニュース
» 2017年04月17日 11時15分 UPDATE

大型らくらくメルカリ便:メルカリ、大型商品の配送サービス開始 ヤマトと提携

国内最大手のフリマアプリを運営するメルカリが、家具や家電など大型商品の配送を手軽にする新サービスを開始。ヤマトホームコンビニエンスと提携した「大型らくらくメルカリ便」で、大型商品の出品数増加を狙う。

[ITmedia]

 国内最大手のフリマアプリを運営するメルカリが4月17日、家具や家電など大型商品の配送を手軽にする新サービスを開始する。ヤマトホールディングス傘下のヤマトホームコンビニエンスと提携した「大型らくらくメルカリ便」で、大型商品の出品を後押しする。

メルカリ×ヤマトの大型出品サポートサービスが開始

 メルカリでは一般的に、出品者側が梱包し配送を手配する必要がある。大型商品の場合はその手配が面倒で、出品数が少ない状態にあった。ユーザーからも「大型商品を送る手段が分からない」「梱包が出来ない」「出品時の値付けが難しい」など、大型の商品をもっと簡単に取引したいという要望があったという。

 新サービスでは、出品者は大型の家具・家電の梱包や集荷を、ヤマトホームコンビニエンスが提供する配送サービス「らくらく家財宅急便」に任せられる。購入者側も搬入や設置までを任せられるため、出品者と購入者ともにメリットが大きい。料金はサイズに応じて決まり、約4000円〜3万円ほど。

 メルカリは日米合計で6500万ダウンロードを突破したフリマアプリ。月間の流通額は100億円、1日の出品数は100万品を超えている。メルカリとヤマトホールディングスは、2015年4月に「らくらくメルカリ便」という配送の手間を減らすサービスを展開しており、ユーザーから好評という。

左から、メルカリ小泉文明社長、ヤマトホームコンビニエンス市野厚史社長(=メルカリプレスリリース)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集