ニュース
» 2017年05月22日 15時58分 UPDATE

海外展開を本格化:NewsPicksが米国進出 「WSJ」発行元と提携

ユーザベースが、「NewsPicks」の米国版を開発すると発表。経済紙Wall Street Journalの発行元と合弁会社を設立し、サービス開発に注力していく。

[ITmedia]

 ユーザベースは5月22日、経済ニュース共有サービス「NewsPicks(ニューズピックス)」の米国版を提供すると発表した。開始時期は未定だが、米最大の経済紙Wall Street Journalを発行する米Dow Jonesと合弁会社「NewsPicks USA」を設立し、提供開始に向けて開発を進める。

 ユーザベースは海外展開を重要な成長戦略と位置付けており、第1弾としてメディア先進国である米国への進出を決めたとしている。

photo ユーザベースのサービス「NewsPicks」

 NewsPicksは、日本の新聞社やネットメディアから配信された経済記事のキュレーションと、オリジナル記事の提供を行うサービス。SNSとしての側面も持ち、ユーザーは興味を持った記事へのコメントと、「Pick」と呼ぶフォロワーへの共有が可能だ。

 ライブドア創業者の堀江貴文氏など、ビジネス界の著名人も「プロピッカー」として参加している。

photo ニュース記事のコメント欄

 Dow Jonesと提携した理由は、メディア業界トップクラスの知名度を持ち、世界各国のメディアや経営層と密接な関係を構築しているためという。NewsPicks USAでは、Dow Jonesが持つ有識者との人脈を生かし、プロピッカーやユーザーの獲得に注力するとしている。

photo 米Dow Jonesが運営する「The Wall Street Journal」のウェブ版

 米国には、USA TODAYやNew York Timesなどの大手紙をはじめ、各州に多くのメディアが存在するが、記事の配信を受けるメディアは「現時点では未定」(広報担当者)。独自記事の執筆担当者も決まっておらず、今後、米国ユーザー向けに最適なサービス形態を協議していくという。

photo ユーザベースによる発表

 今後の海外戦略については、「米国以外の国にも積極的に進出したいと考えているが、詳細な計画については適切な時期が来れば発表する」(同)としている。

 経済ニュースの名門Dow Jonesとの提携による米国進出がサプライズとなり、同社株価(東証マザーズ)は22日、前営業日比で値幅制限の上限(ストップ高)となる700円高(+15.22%)の5300円に上昇した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集