ニュース
» 2017年08月04日 11時13分 UPDATE

4日の取締役会で正式決定:トヨタとマツダが資本提携か EVを共同開発

トヨタ自動車とマツダが資本提携を行う方向で最終調整に入ったと、日本経済新聞などが8月4日報じた。

[ITmedia]

 トヨタ自動車とマツダが資本提携を行う方向で最終調整に入ったと、一部報道機関が8月4日報じた。

photo トヨタの公式サイト
photo マツダの公式サイト

 同日付の日本経済新聞によると、トヨタがマツダに5%程度出資し、マツダもトヨタに一定額を出資する案を軸に協議しているという。

 両社は2015年から業務提携を行っているが、資本提携によってさらに関係を強め、電気自動車(EV)の基幹技術・制御技術の共同開発を進める方針という。

 両社の主力事業である米国事業でも連携し、共同で米南部に新工場を建設する方向で検討を進めるとしている。

 一連の報道に対し、トヨタとマツダはそれぞれ「当社が発表したものではない」とコメント。両社ともに「4日に開催する取締役会で付議する予定。開示すべき事項が発生した場合には速やかにお知らせする」としている。

photo トヨタによるコメント
photo マツダによるコメント

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集