コラム
» 2017年09月28日 05時30分 公開

マネーの達人:「生涯現役」のススメ 豊かな老後を過ごすためには? (1/2)

老後を明るく豊かに過ごすために、今からできることは何でしょうか? 老後不安を解消する「生涯現役」という生き方をおすすめします。

[和田勉,マネーの達人]
マネーの達人

 一言で老後と言っても、人によって捉え方はさまざまです。会社を退職する60歳以降を老後という人もいれば、年金を受給する65歳以降を老後という人もいるでしょう。

 例えば、経済的な見方で、公的年金や退職金以外に準備した資金を、生活費として使い始める年齢を老後生活の開始時期とした場合、平均65.1歳という調査結果があります(生命保険文化センター 平成28年度「生活保障に関する調査」より)。

 つまり、一般的に65歳以降の生活は、それまでの現役時代の蓄えを「食いつぶす」形となる場合が多いということです。

photo 老後を明るく豊かに過ごすためには?(写真と本文は関係ありません)

老後の資金

 では、あなたに質問です。

「老後にいくら必要か知っていますか?」

 例えば夫婦2人が60歳から85歳まで生きたとすると、以下の計算になります。

22万円 × 25年 × 12カ月 = 6600万円

 ひと月22万円は、夫婦2人が暮らすため最低限必要となる金額です。もし、あなたが年に数回旅行に行ったり、お孫さんに何か買ってあげたりしたいと思うなら、月35万円、25年で約1億円が必要となってきます。どちらも総額だけ見ればすごい金額ですね。

 保険のシミュレーションなどでは、公的年金が3600万円ぐらい支払われるとして、残り最低3000万円を保険で賄いましょう、というのがよくあるパターンです。

       1|2 次のページへ

copyright (c) "money no tatsujin" All rights reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集