ニュース
» 2017年10月06日 15時26分 公開

2週間ぶりの更新:任天堂、年初来高値を更新 時価総額トップ10入り

任天堂が年初来高値を更新。「ミニスーファミ」の好評や業績上方修正への思惑で買いが続いた。

[ITmedia]

 任天堂(東証1部)が10月6日の株式市場で一時前日比1390円高の4万3930円を付け、年初来高値を更新した。9月20日以来、2週間ぶりの更新となる。終値は前日比1130円高(+2.66%)の4万3670円だった。

 5日に発売した「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」が好評な上、「Nintendo Switch」の好調で業績の上方修正への思惑もあるようだ。

「ミニスーファミ」好調や業績上方修正への思惑で年初来高値を更新

 6日終値ベースの時価総額は6兆1866億円。時価総額ランキングで三井住友フィナンシャルグループを抜き、ゆうちょ銀行に次ぐ10位になった。

任天堂の株価(=Yahoo!ファイナンス)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集