ニュース
» 2017年11月02日 18時09分 公開

給与に不満:4人に1人が「自社はブラック企業」だと思っている

4人に1人が自社を「ブラック企業」と認識――MS&AD基礎研究所調べ。

[ITmedia]

 4人に1人が自社を「ブラック企業」と認識している――。MS&AD基礎研究所の調査でこんな結果が出た。

photo 自身の勤め先は「ブラック企業」だと思うか

 年代別に見ると、20代の31.0%が自社をブラック企業と認識。年齢が上がるごとに割合は減少し、50代では12.0%まで下がる。

 業種別で割合が最も高かったのは、福祉関連従事者(50.0%)だった。同社は「業務の特性として負わなければいけない責任が大きい一方、責任と報酬がアンバランスとなっていることがたびたび指摘されており、そういった現状が反映されている」と分析している。

 勤め先に対する不満として最も多かったのは「給与水準」(46.1%)。他には、「昇給制度」(25.6%)、「有給休暇の取得のしやすさ」(21.3%)、「人間関係・職場の雰囲気」(20.9%)――などが多く挙がった。

photo 勤め先への不満

 8月10〜14日に、ネットを使って調査し、20〜60代の男女1000人が回答した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集