特集
» 2017年11月21日 11時00分 公開

HR Tech最前線:“社風”に合った人を採用できる「ミツカリ」が目指す世界 (1/5)

AIが応募者の価値観やタイプを分析し、応募者と企業を「社風」でマッチングさせるサービス「ミツカリ」――。既に700社が導入するなど急成長しているという。

[鈴木亮平,ITmedia]

〜人財を見つける・育てる「HR Tech最前線」〜:

 人事における採用・配置・評価・管理といった業務をテクノロジーで最適化する「HR Tech」が加速している。HR Techは人事業務をどう変革し、そして企業の成長にどう寄与するのだろうか。本特集では先進企業の事例を紹介し、HR Techの“いま”をお伝えする。


 「せっかく採用してたのに、すぐに辞めてしまう」――。こうした課題に悩んでいる経営者、人事担当者は少ないくない。今年、厚生労働省が実施した調査でも新卒社員の31.9%が3年以内で退職したという結果が出ている。

 離職の理由は、業務内容や福利厚生など人それぞれだが、昔から各種調査で明らかになっているように「社風が合わないから」「上司と合わないから」という“価値観のズレ”を理由に挙げる人がやはり多い。

 しかし、応募者が自社と「合う」のか「合わない」のかについては、面接官が属人的に判断するしかなく、また、どこに配属されるのかにもよって変わってくる。結局、実際に“中”に入るまでは分からないものである。

 そうした中、AI(人工知能)が応募者の価値観やタイプを分析し、自社の社風とのマッチング度を可視化させるサービスが登場した。それが、ベンチャー企業ミライセルフが提供する「mitsucari適性検査(ミツカリ)」だ。

 1年半前にリリースしたばかりだが、既に700社が導入するなど急成長している。ミツカリは採用のカタチをどのように変えていくのだろうか――。同社の表孝憲社長に話を聞いた。

photo AIが応募者と企業を「社風」でマッチングさせる
       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集