ニュース
» 2017年11月27日 14時25分 公開

IT業界に絞ると78%:会社員の69%が「副業・兼業をしたい」 その理由は……

会社員の69%が「副業・兼業をしたい」――ロバート・ウォルターズ・ジャパン調べ。

[ITmedia]

 会社員の69%が「副業・兼業をしたい」――人材紹介会社のロバート・ウォルターズ・ジャパンの調査でこんな結果が出た。

photo 副業・兼業をしたい会社員の割合

 理由は「収入を増やしたい」(50.5%)が最も多く、次いで「起業・転職に向けて将来の可能性を広げたい」(21.9%)、「本業のためのネットワーキング」(15.1%)――と続いた。

photo 副業・兼業をしたい理由

 業界別に見ると、IT業界では78%が副業をしたいと考えており、「他の業界に先駆けて副業の意向が浸透しつつある」(同社)ようだ。

 副業をしたくないと答えた会社員は31%。理由には「(本業が忙しくて)余裕がない」(36.8%)、「本業のパフォーマンスが落ちる」(32.2%)、「会社が許可していない」(19.5%)――などが多く挙がり、「会社の制度よりも働き手側のマインドセットの方が重い足かせになっている」(同社)と分析している。

photo 副業・兼業をしたくない理由

 10月23日〜30日にネットを使って調査し、同社が運営する求人サイト「ロバート・ウォルターズ」に登録するビジネスパーソン293人が回答した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集