インタビュー
» 2018年01月10日 08時00分 公開

水曜インタビュー劇場(ユニーク公演):「アイロンいら〜ず」ヒットの裏に、サンコーの“まずは売ってみる”戦略 (1/6)

ユニークな商品を次々に販売しているサンコーが、家電にチカラを入れている。弁当箱サイズの炊飯器やハンガーにかけるだけでシャツを乾かすことができるアイテムを販売したところ、いずれも売れた。ヒットの裏側で、同社はどのような手を打っていたのか。話を聞いたところ……。

[土肥義則,ITmedia]

 仰向けに寝ながらでもノートPCが使えるスタンド、USBに接続すると足元を暖かくしてくれるスリッパ――。

 ユニークな商品ばかりを扱っているサンコーが、家電にチカラを入れている。2017年にお茶碗2杯分のご飯を炊くことができる弁当箱サイズの炊飯器を販売したところ「ひとり暮らしの男性を中心に売れた」(サンコー)。ハンガーにかけるだけで温風によってシャツや靴下などを乾かすことができるアイテムも「予想以上に注文が入った」(同)という。

 そんななかで、昨年最も売れた商品は何か。「アイロンいら〜ず」(7980円、税別)である。「なにそれ? 変わったネーミングだなあ」と感じた人も多いと思うので、簡単に商品を説明しよう。アイロンいら〜ずを使えば、シャツを洗濯したけれどもアイロンをかけるのが面倒……といった不満を解消してくれるのである。使い方は簡単。脱水後のシャツを乾燥エアバッグにセットして、電源を入れると吹き出し口から温風が出てくるので、30分ほどでシャツのシワを伸ばしてくれるのだ。

 布団乾燥機のシャツ版のようなこの商品は、なぜ売れたのか。サンコー広報部の○(土へんに谷)晋介(えき・しんすけ)さんに聞いたところ、アイデア勝負だけではなく、ヒットの確率を高める手を打っていることが分かってきた。聞き手は、ITmedia ビジネスオンラインの土肥義則。

2017年にサンコーが発売した商品の中で「アイロンいら〜ず」が最も売れた
       1|2|3|4|5|6 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -

ITmedia 総力特集