ニュース
» 2018年01月24日 14時57分 公開

十数件の特許の使用差し止めを申し立て:グリー、特許侵害で「クラクラ」Supercell提訴 「話し合いを拒否された」

グリーは、Supercellが開発・運営するスマートフォン向けゲームアプリ「クラッシュ・ロワイヤル」「クラッシュ・オブ・クラン」が特許権を侵害したとして提訴したことを明らかにした。

[ITmedia]

 グリーは1月24日、Supercellが開発・運営するスマートフォン向けゲームアプリ「クラッシュ・ロワイヤル」「クラッシュ・オブ・クラン」がグリーの特許権を侵害したとして、特許の使用差し止めを求める仮処分を東京地裁に申し立てていることを明らかにした。損害賠償を請求する訴訟も起こしているという。

photo グリーの発表

 グリーは十数件の特許について侵害されたと主張している。2016年9月にSupercellに特許権侵害の可能性を通知し、話し合いでの解決を提案したが、「Supercellは話し合いを拒否し、ゲームアプリの配信を継続した」ことから、17年に提訴に踏み切ったという。

photo Supercellは「クラクラ」から一部機能を削除

 Supercellは1月23日、グリーの主張を受け、「クラッシュ・オブ・クラン」から「レイアウトエディタ」機能を削除すると発表(関連記事)。「特許権侵害の事実はないと確信している」とし、係争が解決した場合は同機能が復活することを示唆している。

 グリーはSupercellの対応について「ゲームアプリのお客さまに不便が生じている点については、ゲーム会社である弊社としても大変残念」とし、「早期に弊社との話し合いに応じて両社間で適切な合意がなされ、事態が解決されることを切に願っている」とコメントしている。

 スマホ向けゲームの知的財産を巡っては、コロプラの人気タイトル「白猫プロジェクト」に特許を侵害されたとして、任天堂が昨年末、配信差し止めと損害賠償の支払いを求めて東京地裁に提訴している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集