ニュース
» 2018年02月28日 13時45分 公開

内定期間中の活動も評価:メルカリ、新卒の初任給を「能力別」に 「最速にスキルアップ」促す

メルカリが新人事制度「Mergrads(メルグラッズ)」を導入。新卒社員の初任給を一律にせず、能力を評価して提示する。内定期間中の活動も評価し、「最速にスキルアップ」することを促すという。

[ITmedia]

 メルカリは2月28日、4月以降に新卒入社する社員と内定者を対象に、新人事制度「Mergrads(メルグラッズ)」を導入すると発表した。新卒社員に対し、個人の能力や経験に応じた年収を、学年・時期を問わずに提示する。エンジニア、プロデューサー、デザイナー職が対象。

メルカリが新卒入社する社員と内定者を対象にした新人事制度の導入を発表

 メルカリは背景に「現在の日本では、新卒新入社員に提示される給与は初任給として一律に決定しているケースが多く、個々人の能力や経験が反映されない。メルカリは2017年から新卒採用を本格化し、多様な学生との接触を通じ、『それぞれのスキルや経験に差があり、一律の初任給では適切な評価が難しい』と感じていた」ことがあるとし、「誰でも最速にスキルアップして評価される仕組み」を整えるために新人事制度を導入したという。

 内定期間中の活動も正社員と同様の体制で評価し、入社前にスキルや経験を身に付けた場合、内定時に提示した額面よりも初任給が上がる可能性があるという。また、海外出張費用負担、プログラミング学習、語学学習などのインプット支援も行う。内定期間中のスキルアップを促進することが狙い。

「Mergrads(メルグラッズ)」の内容

 一律の初任給制度を撤廃し、個々人の能力に応じた給与体系を導入したIT企業には、サイバーエージェントなどの例がある。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -