ニュース
» 2018年03月20日 18時01分 公開

コード付き掃除機はもう開発しない:“コードからの解放”――ダイソン、60分動くコードレス掃除機「V10」発売 (1/2)

ダイソンが、新型コードレス掃除機「Dyson Cyclone V10」を発表。小型・軽量かつ高性能のモーターを採用し、操作性と吸引力を高めた点が特徴。バッテリーの持続時間も60分に伸びた。

[濱口翔太郎,ITmedia]

 ダイソンは3月20日、新型コードレス掃除機「Dyson Cyclone V10」を発表した。前モデルの「V8」よりも小型・軽量かつ高性能のモーターを採用し、操作性と吸引力を高めた点が特徴。バッテリーの持続時間も60分に伸びた。デザインは前モデルを踏襲し、パイプ状のヘッドを採用。本体は鮮やかなオレンジ、クリーナーはパープルでカラーリングしている。

photo 新型コードレス掃除機「Dyson Cyclone V10」を発表するジェームズ・ダイソン氏

もうコード付き掃除機は開発しない

 会見には、英Dyson創業者でチーフエンジニアのジェームズ・ダイソン氏が登壇し、「コードレスこそが掃除機のベスト。当社はもうコード付き掃除機は開発しない」と明言した。

 「コンセントを抜き差ししながら、時間をかけて掃除するのはスマートではない。『V10』はユーザーをコードから解放し、あらゆる場所を簡単に掃除できる製品だ」(ダイソン氏)

 ダイソン氏は「競合他社もコードレス掃除機を出しているが、『V10』はより軽くてパワフル。こうした掃除機こそが日本市場に求められると考えている」と自信を見せた。

価格は約7〜10万円

 ダイソン直営店とダイソン公式オンラインストアで同日発売し、28日から家電量販店でも販売する。布団用や隙間用など各種ツールが付属し、シーンに応じて付け替えられる。価格はオープンだが、同ストアでは税込6万9984円〜9万9144円で販売されている。

 サイズは全て250(幅)×1232(奥行き)×245(高さ)ミリ。重量は2.58キロ。フル充電に要する時間は約3.5時間。

photo 新型コードレス掃除機「Dyson Cyclone V10」

モーターは毎分12万5000回転

photo 「ダイソン デジタルモーター V10」

 125グラムと軽量の新モーター「ダイソン デジタルモーター V10」は、最大で毎分12万5000回(前モデル比14%増)のペースで高速回転できる。パイプヘッドの中央部に配置することによって空気の流れを効率化し、高い吸引力を実現したという。

 モーター内部には、現在地の気圧や高度、気温、天候といった情報を取得する圧力センサーを搭載。使用する環境に応じて、回転数などを最適なものに自動調整するという。

 ダイソンの解説担当者は「富士山頂でも海抜ゼロの東京湾付近でも、最適な使い心地を維持できる点が魅力だ」と自信を見せる。

 吸い込んだ空気とごみは、12個設置した円すい状の機構「サイクロン」の内部で高速回転させる。遠心力によってごみを分離し、ダストカップ内に落とす仕組みで、ダイソンの従来製品と同じく紙フィルターは使用していない。

photo 「サイクロン」の断面図
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -