ニュース
» 2018年04月04日 17時23分 公開

訪日外国人客の取り込みに注力:岩手県釜石市と楽天が連携 市内に「楽天ペイ」導入

岩手県釜石市は4月4日、楽天と地域活性に向けて包括連携協定を結んだ。市内の店舗への「楽天ペイ」の導入によるキャッシュレス化や、体験ツアーへの協力などで訪日外国人観光客の取り込みを図り、地域活性化につなげる。

[中澤彩奈,ITmedia]

 岩手県釜石市は4月4日、楽天と地域活性に向けて包括連携協定を結んだ。市内の店舗への「楽天ペイ」の導入によるキャッシュレス化や、体験ツアーへの協力などで訪日外国人観光客の取り込みを図り、地域活性化につなげる。

phot 楽天の決済サービス

 市内のタクシー事業者や飲食店、商業施設に楽天の決済サービス「楽天ペイ」の導入を促進していくことで、クレジットカード決済を普及させ、訪日外国人にも旅行しやすい地域作りに取り組む。今後は楽天が市内の事業者向けにセミナーなどを開催し、導入や使い方についてのサポートなどを行う。導入にかかる費用は全額、事業者が負担する予定。

phot Voyaginの公式Webサイト

 楽天傘下で、訪日外国人向け旅行体験ツアーなどを提供するVoyagin(東京都渋谷区)とも連携。現地体験ツアーを提供するなどし、訪日外国人向けのコンテンツを強化する。

 2019年には釜石市内のスタジアムでラグビー・ワールドカップの試合が開催される。訪日外国人の増加が見込まれる中、より多くの観光客に市をアピールし再訪につなげたい考えだ。

 釜石市の野田武則市長は「観光など今まであまり力点を置いていなかった分野でも、楽天のノウハウを活かしながら地域振興を図っていきたい」と語った。

 17年12月には、民泊事業を手掛ける楽天LIFULL STAYとも連携協定を結んでおり、宿泊施設不足に対応するため、空き家を活用した民泊事業を開始していた。

phot 左からVoyaginの高橋理志社長、岩手県釜石市の野田武則市長、楽天の中村晃一上級執行役員、楽天LIFULL STAYの太田宗克社長

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -