ニュース
» 2018年04月10日 16時19分 公開

LINEとの違いは:「+メッセージ」なぜ開発? 3大キャリアが異例の共同会見 (1/4)

大手キャリア3社が、コミュニケーションアプリ「+(プラス)メッセージ」を5月9日にリリースすると発表。メッセージサービスでは「LINE」がユーザーに広く浸透しているいま、なぜキャリアはこうしたサービスを始めるのか。各社が異例の“共同会見”で報道陣の質問に応じた。

[濱口翔太郎,ITmedia]

 大手携帯電話事業者(キャリア)のNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクがメッセージサービスの分野で協力する。電話番号だけで長文のメッセージ交換、写真・動画のやりとり、スタンプの送受信、グループトーク――などを可能にし、従来のSMS(ショートメッセージサービス)の課題を克服したアプリ「+(プラス)メッセージ」を5月9日にリリースする。

photo 大手キャリア3社が異例の共同会見を開催した(NTTドコモ藤間氏=左、KDDI金山氏=中央、ソフトバンク千葉氏=右)

長文送信に対応、スタンプ無料

 SMSを進化させたRCS(リッチコミュニケーションサービス)として提供する。キャリアを問わず、最大全角2730文字を送信可能にしたほか、絵文字の共通化にも対応。約500種類のスタンプも無料で用意した。音声メッセージや地図情報の送受信、「既読」の表示、QRコードの表示と読み取り――なども実装した。(関連記事

 スマホの「電話帳」と連動するため、不明な差出人からの連絡を簡単に識別できる点も特徴だ。仕事用の端末に導入し、ビジネスチャットとしても活用できる。

 当初は一般ユーザーのみを対象とするが、企業の公式アカウント開設にも順次対応し、ビジネスの幅を広げる予定。MVNO(仮想移動体通信事業者)への導入も検討を進めていく方針だ。

photo 「+(プラス)メッセージ」のデモ画面。ダブルチェックが「既読」を指す

 ただ、メッセージサービスではコミュニケーションアプリ「LINE」がユーザーに広く浸透している。すでに「LINE」誕生から7年が経過しているが、なぜキャリアはこのタイミングで手を組んだのか。

 3社は同日、都内で共同会見を開き、報道陣からの質問に答えた。キャリアの広報担当者は「われわれが横並びで会見するのは過去にほとんど例がない」と口をそろえる。各社は“異例”の共同会見で何を語ったのか。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -