調査リポート
» 2018年04月19日 13時34分 公開

賛否両論:「出戻り社員」は古巣で活躍している? 同僚の評価は……

企業は一度退職した社員の「再雇用」をどう捉えているのか――エン・ジャパン調べ。

[ITmedia]

 一度退職した社員を再雇用したことがある企業は72%に上る――エン・ジャパンの調査でこんな事実が分かった。理由は「即戦力を求めていたから」(72%)、「人柄を知っており安心だから」(68%)、「本人の強い意向があった」(39%)などの声が集まった。

 「中途採用が難しいため」(23%)、「採用・教育コストを抑えるため」(18%)との意見もあり、“出戻り”は採用の負担軽減や経費削減にも一役買っているようだ。

photo “出戻り社員”を再雇用した理由

復帰後の評価は?

 復帰後のパフォーマンスや周囲の反応はどうだろうか。調査では「とても良い」が19%、「まあまあ良い」が64%という結果に。「あまり良くない」(8%)、「とても悪い」(1%)と不評なケースも散見された。

 好評だった企業に感想を聞くと、「他社を経験したことで自信の弱点を見つけ、自ら律しながら業務に当たっている。在職時よりもマネジメントの面でスキルアップしていた」と、転職した経験をプラスに変えているとの意見が出た。

 一方、不評だった企業からは「もともと在職中の評価が低く、引き継ぎもなく逃げるように退職した。経営層の意向で受け入れ、波風を立てながらも戻ってきたが、結局半年ほどでまた辞めてしまった」と厳しい声が。出戻っても古巣になじめず、再度退職する人もいるようだ。

photo “出戻り”を受け入れた企業の感想

今後も「再雇用したい」が7割

 今後“出戻り社員”を再雇用する予定があるかを聞いたところ、最多だったのは「自社に必要な能力があれば再雇用したい」(69%)。「積極的に再雇用したい」「在籍する社員が許せば再雇用したい」(共に13%)も多かった。「今後も再雇用する予定はない」は5%にとどまった。

photo 今後の再雇用に関する方針

 肯定派の企業は「(人材が)辞めた原因は会社にもある。改善して『戻ってよかった』と思われる企業を目指したい」とコメント。

 否定派の企業は「退職時に多かれ少なかれ他の社員に迷惑をかけている。戻ってくるのは倫理的におかしい」と指摘している。

 調査は2018年2月28日〜3月27日にかけて、エン・ジャパンが運営する人事向け情報サイト「人事のミカタ」を利用する企業661社を対象に、インターネット上で実施した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -