ニュース
» 2018年04月20日 17時25分 公開

インターンは「労働者でない」と認識:厚労省“ブラック企業リスト”更新 外国人の賃金搾取した「国際友好協会」追加

厚生労働省が、労働基準関係法違反の疑いで送検された企業のリストを更新。福井県の一般社団法人「日亜国際友好協会」などがリスト入り。同協会は外国人インターン生から賃金の一部を搾取し、計254万円の利益を得ていた。

[ITmedia]

 厚生労働省は4月20日、労働基準関係法違反の疑いで送検された企業のリストを更新した。今年3月までの分として120社を追加した一方、公表日から1年が経過した企業などを削除し、掲載企業は469社となった。

 昨年5月に初公開。公表から1年がたったため削除されたが、当初は電通本社、日本郵政、パナソニックなどの大企業が名を連ねる“ブラック企業リスト”として話題を呼んだ。

photo 更新された“ブラック企業リスト”。「日亜国際友好協会」がリスト入りしている

 今回の更新では、日本とアジアの人材交流を支援するとうたう、福井県の一般社団法人「日亜国際友好協会」(福井市)がリスト入り。

photo 「日亜国際友好協会」の公式Webサイト

 同協会は外国人インターン生10人から賃金の一部を搾取し、計254万円の利益を得たとして石川県の七尾労働基準監督署が送検。同じく2人から計42万円を搾取したとして、福井県の福井労基署にも送検されていた。

 同協会は公式Webサイトで「インターンシップ生は労働者ではないと認識していました」「今後は一層の内部体制の強化と法令順守に努めます」との声明を発表している。

photo 「日亜国際友好協会」による声明文

大規模な賃金未払いも

 労働者に対する大規模な賃金未払いが発覚した企業も多かった。リスト入りした大阪府の家具店「飯坂インテリア」(八尾市)は、従業員1人に約510万円の退職金を支払っていなかった。

 愛知県のコンサルティング会社「綜研名古屋」(名古屋市)は、従業員2人に1年8カ月にわたって計約1250万円の定期賃金を支払わなかった。福島県の建築事業者「MYホープ」(福島市)も、22人の従業員に4カ月間にわたって計約1250万円の定期賃金を支給していなかった。

photo 1250万円もの賃金が未払い

 このほか、クレーンの転倒事故を起こしたにもかかわらず、労働基準監督官の質問に虚偽の陳述を行ったとして、中堅ゼネコンの「奥村組」(大阪市)もリスト入りした。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -

ITmedia 総力特集