ニュース
» 2018年05月21日 17時28分 公開

M&A企業、商社が高年収:上場企業の平均年収、2位はヒューリックの1530万円 1位は……?

上場企業の平均年収(2017年)は?――東京商工リサーチ調べ。

[ITmedia]

 東京商工リサーチの調査によると、上場企業の中で2017年の平均年収が最も高かった企業はM&A(企業合併・買収)アドバイザリーのGCAで、1559万円だった。

photo GCAの公式Webサイト

 2位は不動産業のヒューリックで、平均年収は1530万6000円。3位は朝日放送(現・朝日放送グループホールディングス、1515万8000円)、4位はM&A仲介の日本M&Aセンター(1418万8000円)だった。

 5位以下は、三菱商事(1386万2000円)、伊藤忠商事(1383万8000円)、ファナック(1318万3000円)、住友商事(1255万1000円)、丸紅(1221万3000円)、三井物産(1213万5000円)――と続き、5大商社が全てランクインしていた。

photo 2017年の上場企業の年収ランキング(東京商工リサーチの調査を基に編集部作成)

伸び率最高は通販・コンサルの「パス」

 平均年収の伸び率が前年比で最も高かったのは、通信販売やコンサルティングを手掛けるパスで、76.6%増の800万2000万円だった。現在は経営再建中で、事業再編によって給与の低い社員が退職した影響という。2位はゴールドウィン(47.2%増の638万円)、3位は日本伸銅(43.9%増、575万8000円)がランクインした。

photo パスの公式Webサイト

上場企業全体の平均年収は599万1000円

 17年の上場企業全体の平均年収は599万1000円(前年比0.6%増)で、6年連続で前年を上回った。業種別では建設業が695万3000円(2.7%増)がトップ。不動産業(675万5000円、0.2%減)、電気・ガス業(673万4000円、2.8%増)が上位を占めた。最下位は小売業の475万円(0.8%増)だった。

photo 上場企業の平均年収の時系列変化(東京商工リサーチ調べ)

 調査は、全証券取引所の上場企業2681社を対象に実施。有価証券報告書を基に平均年収を算出した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -