ニュース
» 2018年06月28日 11時19分 公開

ユーザーはバックアップしてから再度DLを:ソフトバンク、Android版「+メッセージ」配信再開 ロゴも刷新

ソフトバンクが、「+メッセージ」Android版の配信を再開した。ロゴマークも刷新した。既存ユーザーはバックアップした上でアプリを削除し、再度ダウンロードしなければデータが消えるため注意が必要。

[ITmedia]

 ソフトバンクは6月28日、不具合によって配信を停止していたメッセージアプリ「+(プラス)メッセージ」Android版の配信を再開した。同アプリの新規ユーザーは、「Google Play ストア」からダウンロードして利用できる。配信再開に合わせ、アプリのロゴマークも刷新。下部にソフトバンクのロゴが入った。

photo 新しいアプリのロゴ(=中央)

 今後のアップデートは、今回配信する新しいアプリでのみ行う。そのため、既存のユーザーはデータをバックアップした上で古いアプリを削除し、再度ダウンロードする必要がある。バックアップせずに削除した場合は、これまでの送受信データが全て削除されてしまうため注意が必要という。

photo ソフトバンクによる注意喚起

ユーザーの誤解を生んで配信停止していた

 「+メッセージ」は、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクのユーザーが電話番号だけでコミュニケーションできるアプリ。長文のメッセージ交換、写真・動画のやりとり、スタンプの送受信、グループトーク――などが可能で、Android版は5月9日にリリースした。

photo メッセージアプリ「+(プラス)メッセージ」の画面

 ただ、ソフトバンクは当初、Android端末ではSMS(ショートメッセージサービス)/MMS(マルチメディアメッセージサービス)アプリ「SoftBankメール」が自動更新されて「+メッセージ」に置き換わる仕組みを採用していた。

 だが、それを知らないユーザーが「新しいアプリが勝手にインストールされた」と誤解。誤ってアンインストールし、過去のメール履歴が消えてしまうユーザーが続出した。ソフトバンクはこれを受け、リリース後すぐに配信を停止していた。

 混乱を防ぐため、6月28日から「SoftBankメール」の配信も再開。「+メッセージ」「SoftBankメール」をそれぞれ別のアプリとして提供し、ユーザーが好みに応じて使い分けられる仕組みに変更している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -