ニュース
» 2018年07月10日 06時00分 公開

Pontaのデータを分析:おじさんはローソンの100円ビールと一緒に何を買っているのか (1/2)

ローソンが販売している高アルコール・低価格なプライベートブランド(PB)のビールが売れている。同社の調べによると、30〜50代の“おじさん”がビールと一緒によく購入している商品があるという。

[昆清徳,ITmedia]

 ローソンは高アルコール・低価格なプライベートブランド(PB)のビールとして「ローソンセレクト ゴールドマスター」シリーズを販売している。通常タイプのアルコール度数は6%で、350ミリリットル缶が108円(税込、以下同)、500ミリリットル缶が148円となっている。アルコール度数を4%に抑えた糖質70%オフのタイプも同価格で販売しており、いずれも「第3のビール」だ。

 ゴールドマスターは18年5月に国内醸造に切り替えたことも手伝い、6月の販売数が前年同期比で約3割伸びた「ヒット商品」(広報担当者)になった。さらに、ローソンは同商品を7月10日から約800店あるローソンストア100でも販売する。コンビニでは大手ビールメーカーが製造する第3のビールが140円前後で販売されているが、ゴールドマスターは税抜き価格が100円なので、ローソンストア100との親和性は高い。

 サントリーの「ストロングゼロ」シリーズが大ヒットしたことが象徴するように、高アルコール系飲料の分野が伸びている。ビールのアルコール度数は5%前後が一般的だが、ゴールドマスターの6%というのは“やや強め”のビールだ。

photo 350ミリリットル缶の税抜き価格は100円(出所:ローソン公式Webサイト)

おじさんがビールと一緒に買っているもの

 国内醸造に切り替えることで商品力がアップしたゴールドマスターだが、どのような商品と一緒に購入されているのだろうか。

 ローソンでは買い物でお得なポイントがたまるPontaカードを発行しているが、ここで得られたデータから顧客の購買動向が見えてきた。

 ゴールドマスターが売れる時間帯は午後4時〜11時で、「でか焼鳥」や「おかずコロッケ(北海道コロッケ)」といった総菜と一緒に、30〜50代の男性が購入している。

 でか焼鳥は17年1月から販売されている総菜で、従来の焼鳥より重量を約20%増やした「ローソン史上最も大きい焼鳥」(同社リリース)だ。17年12月末までの累計販売数は1億1000万本を突破し、従来商品の16年販売数と比べて5倍も売れた大ヒット商品だ。18年1月にはタレを改良したり、焼く時間を増やしたりしてより香ばしさをアップさせた。価格は127円で、「ももタレ」「もも塩」「かわタレ」「ねぎま」の4種類がある。

 おかずコロッケ(北海道コロッケ)は1個80円で、北海道産の男爵いも、玉ねぎ、小麦粉、牛肉を使用している。

 いずれも、ローソンが近年強化している総菜で、月〜金曜の午後4時〜9時59分までに2個以上購入すると割引となる「夕方特割」セールの対象商品だ。

photo ローソンのでか焼鳥(出所:ローソン公式Webサイト)
photo ローソンのおかずコロッケ(出所:ローソン公式Webサイト)
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -