ニュース
» 2018年07月26日 15時00分 公開

「完全取得」を目指す:積水ハウス、男性社員の育休1カ月を必須に 現状は「平均2日」

積水ハウスは9月、男性社員が必ず1カ月以上の育休を取得する制度を導入する。現状は平均2日間という男性社員の育休取得。長期間取れるようにサポートする。

[ITmedia]

 育児休業を取得する男性は増えている。しかし、女性のように長期間休んで育児に専念するという例はまだまだ少ないようだ。

 積水ハウスは7月26日、男性社員が必ず1カ月以上の育休を取得する制度を9月に導入すると発表した。男性社員の長期間の育休取得を促進する。

photo 積水ハウスは男性社員が必ず1カ月以上の育休を取得する制度を9月に導入すると発表(出典:積水ハウスの公式Webサイト

 今回導入する制度では、子どもが誕生してから3歳になる前日までに1カ月以上の育休を取得してもらい、最初の1カ月は有給にする。分割して取得することもできる。対象者は、3歳未満の子どもを持つ男性社員。子どもの人数ベースで1371人が対象になるという。

 同社はこれまでも、男女問わず育休取得を推奨してきた。2017年度までに、対象者のほぼ全員が育休を取得しているというが、男性社員の場合は平均取得日数が2日にとどまっている。広報担当者は「男性の場合、数週間などまとまって取得することは少なく、1日や2日というケースも多い」と話す。

 これまで、女性社員に対して育休の最初の1カ月を有給にする制度はあったが、男性社員は対象ではなかった。この制度を男性社員にも拡大し、長期間の育休取得を促す。

photo 積水ハウスが発表した「男性社員1カ月以上の育児休業完全取得」の取り組み(出典:積水ハウスのニュースリリース)

 業務との兼ね合いで短期間の育休取得にとどまっていた男性社員も多いことから、円滑に育休取得ができるようにサポート体制も整備する。その一環として、今秋から対象者とその上司向けの研修を実施。スムーズに育休が取得できるように、具体的な業務計画を立てる。「(研修で)休みを取る時期などを考えてもらう。周囲の人たちとの関係について考えるきっかけにもなる」(広報担当者)

 政府は2020年までに男性の育休取得率を13%とする目標を掲げている。積極的に取り組む企業もさらに増えていきそうだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -