ニュース
» 2018年07月31日 20時16分 公開

ZOZOSUITの“ゲリラ配布”も視野:PBに積極投資のZOZO、「女性用スーツ」など発売へ ZOZOSUITでオーダーメイド (1/2)

スタートトゥデイが、PB「ZOZO」の今後の戦略を発表。8〜9月にネクタイ、ニット、長袖Tシャツを発売。10月以降は女性用スーツ、コートなどを展開する予定という。

[濱口翔太郎,ITmedia]

 ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイは7月31日、2018年4〜6月期決算会見を開き、PB(プライベートブランド)「ZOZO」の今後の戦略を発表した。8〜9月にかけてネクタイ、無縫製のニット、長袖Tシャツを順次発売する。10月以降は女性用スーツ、コート、防寒用のインナーなどを展開していくという。

photo スタートトゥデイがPBを拡充する

PB製品を拡充

 ネクタイは採寸用ボディースーツ「ZOZOSUIT」で体のサイズを計測しなくても、簡単に注文できるようにする予定。長さや幅を変えて1商品当たり35サイズをそろえ、多様な体形に対応していく。

 ニットは3D裁断を採用してフィット感を高め、肌に触れている部分がかゆくならない着心地にする。長袖Tシャツは、袖の長さを1センチ単位で調整可能にし、袖が余るケースを防ぐ。

 女性向けのスーツはセットアップで販売し、フルオーダーメイドとする。同社の前澤友作社長は「男性用スーツを発表した際、『フルオーダーではない』などの批判を受けたが、事実と異なる。メンズ・レディースともに、顧客一人一人に合わせた型を作り、スーツを仕立てていく」と強調した。

 男性用のインナーはネクタイと同様、ZOZOSUITで計測しなくても買える仕様を検討している。

 前澤社長が公式Twitterで発表済みだが、PBでの靴やブラジャーの販売も目指す。すでにアパレル業界での経験を持つ商品開発担当者の中途採用を始めており、足やバスト周りの計測技術は実用化のめどが立っているという。

男性用スーツの販売状況は?

 前澤社長によると、7月3日に発売した男性用スーツは7月31日時点で2万2459セットを売り上げたという。発売当初は価格を上下セットで2万4800円(税別)に設定しているため、売上額は約5億円に上る。

 「猛暑の中でもスーツが売れている。秋口になって涼しくなると、もっと売れそうだ」と前澤社長は自信を見せる。「生地はネイビーの無地とヘリンボーンが売れている。シャツは白が人気だ」という。

 需要が急増しているスーツだが、現在は生産中で、発送は10月頃を予定する。前澤社長は今後の生産体制について、「実績が出始めたことにより、提携する工場で大きな製造ラインを確保できる状況になった。生地が不足することや、生産が後手に回ることはないだろう」と語った。

photo スーツの人気が沸騰中という
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -